フリークのブログ

自動車の整備を、もっと身近に、もっと分かりやすく!!

「それって幾らになるの??」にも、明確にお答えします(^^)


テーマ:

広島県福山市から、ATFの圧送交換でご来店頂けました。

ハイレベルのチューニングが施されている86です!

 

 

 

 

趣味でサーキットを走られているそうで。

 

 

 

 

 

スーパーチャージャーも付けられています。

足回りにもかなり手が入っていました。

 

 

 

 

 

今回お客様がチョイスされたATFが、SUNOCO RACING ATF です。

 

 

 

 

 

トランスミッションオイルクーラーホースを差し替えて、トルコン太郎を接続します。

 

 

 

 

 

 

エンジン始動。

 

 

 

 

 

 

 

 

元々非常に綺麗なATF。

今回は綺麗にする事よりも、新しいATFに完全交換する事が目的。

 

 

 

 

 

ATFオーバーフロープラグが錆びていましたので、

 

 

 

 

 

綺麗に掃除をしてガスケットも交換。

 

 

 

 

 

ATF油温が42℃~47℃の間で、油量調整をする様になっています。

オーバーフローチューブから排出されるATFが糸状になった所で、

油量調整完了となります。

 

 

 

 

 

一緒にお持ち込み頂いた、WAKO'S CORE701。

使用して問題無い事だけ確認しておきたかったので、

WAKO'Sの開発部に電話をして確認。

 

全く問題ないという事で添加しました。

 

CORE701の注入分があるので、

ATF油量調整の際、調整油温範囲内の高めの温度で調整しておきましたのでOK。

 

 

 

 

今回もまた、お客様に学ばせて頂きました!

 

実は、前回のATF交換から約2,000kmしか走行されていないそうです。

(前回のATF交換も、トルコン太郎を使って圧送交換されているそうです)

 

圧送交換前のATFと交換後のATF、たった2,000km使用ですが、

結構黒ずんで来るものなんですね!

 

単純に、倍の4,000kmだとこの倍の黒さに、

10倍の20,000kmだと、この10倍の黒さになるという事でしょうから

(一概には言い切れませんが)、

やっぱりATF交換は必要だと感じました!!

 

先日お越し頂いた別のお客様からも、

「作動油なんだから、無交換でいい訳が無いですよね!」と言われ、

妙に腑に落ちたのを思い出しました。

 

 



今回の修理ご請求額は、 ¥ 10,800- となっております。


ご用命、ありがとうございました<(_ _)>



<参考データ:車両走行距離 22,100km>


 

ブログランキングに登録しています。
クリックして頂けるとランキングが上がりますので、お願い致します(^^)
人気ブログランキングへ

 

 

★愛媛新聞社の「マイベストプロ」に掲載されました

 

 

★愛媛の社長TVに掲載されました



★株式会社フリークのホームページはこちら

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今回は西条市からお越しのヴェロッサです。

このブログを見付けて頂いて、ご来店下さいました(≧▽≦)

 

 

 

 

独創的なフロント形状のセダンです。

大人の色気をまとっています。

 

 

 

 

 

現時点でのATF量と汚れを確認。

量は適量!

でも、汚れは・・・・・

 

 

 

 

まずは、ATオイルドレンからATFを排出。

真っ黒に汚れています!!

 

 

 

 

 

オイルパンを取り外します。

 

 

 

 

 

取り外したオイルパン。

ガスケットは液状の為、この後ゴシゴシと削り取る地道な作業が待っています(笑)

 

 

 

 

 

鉄粉吸着用磁石には、たっぷりの鉄粉が!

 

 

 

 

 

 

ガスケットを削り取り、オイルパン底部も綺麗に掃除。

 

 

 

 

 

磁石も綺麗に鉄粉を除去して、定位置に装着します。

 

 

 

 

 

ATFストレーナーの新旧比較です。

写真左が取り外したものですが、黒いのは表面に付いた汚れと鉄粉です!

こんなに真っ黒になってしまうんですね。

 

 

 

 

 

 

新品のストレーナーを装着です。

 

 

 

 

 

トルコン太郎を接続。

 

 

 

 

 

まずは、オイルパン脱着に伴って抜けたATF4リットルを充填します。

 

 

 

 

 

いよいよ圧送交換開始です!!

 

 

 

 

 

 

 

 

交換前の充填量も含め、総額20リットル交換。

 

 

 

 

 

 

トルコン太郎接続時と接続解除時、それぞれに抜けてくるATFを瓶に採取して、

新旧比較の確認です。

 

元々はこんなに真っ黒でしたが、

 

透明度の高い赤色のATFになりました(^^)/

 

 

 

 

今回のトラブル修理では、上記内容も含め以下の作業を行っております。


・ATオイルパン脱着清掃

・ATFストレーナー交換

・ATオイルパンガスケット交換

・ATF(AISIN AFW+)20リットル交換


今回の修理ご請求額は、 ¥62,500 - となっております。


ご用命、ありがとうございました<(_ _)>



<参考データ:車両走行距離 137,730km>

 

ブログランキングに登録しています。
クリックして頂けるとランキングが上がりますので、お願い致します(^^)

人気ブログランキングへ


★愛媛の社長TVに掲載されました~(^^)




★株式会社フリークのホームページは → こちらです

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

香川県からスイフトのCVTフルード交換でご来店頂きました。

 

ZC71はCVTフルードがミッション本体から外に出る構造ではない為、

通常はトルコン太郎での圧送交換が出来ません。

 

ですが、

フリークで作ったアタッチメントを使用する事により、

圧送交換が可能となります!!

(アタッチメントに付いて興味のあるプロの皆さま、良かったらこちらも→フリーク

 

 

 

 

約3時間のお預かり。

その間は代車で松山観光して頂いています。

 

 

 

 

走行距離はもうすぐ15万キロ。

おや!?エンジンチェックランプも点灯していますね。

後でこちらもチェックです。

 

 

 

 

 

CVTオイルパンとクーラーです。

オイルパン底のドレンプラグはオーバーフローチューブ(量調整用)の為、

フルードの抜き替えに使える訳ではありません。

 

 

 

 

 

 

ビフォーアフター比較用でCVTフルードを採取。

この小瓶1本分位は抜けます。

 

 

 

 

 

オイルパンを取り外し。

 

 

 

 

 

 

フルードストレーナーも取り外し。

 

 

 

 

 

ストレーナーを綺麗に掃除して再取付。

 

ん??掃除??

 

そうなんです・・・

このストレーナー、部品としての供給が無いって・・・

 

スズキ部品に、嫌がられるのも承知で4回確認しました(^^;

3回目、4回目は整備書のイラストをコピーもして、

「ほら!!ねっ!!ここにあるでしょ!?」って言って調べて貰いましたが、

それでもやっぱり部品供給はありませんと・・・

 

いやいやいや・・・

これは供給しないとダメでしょう・・・

バルブボディとセットなの??

普通に取り外せましたよ!?

「交換」自体、前提ではいって事でしょうか?

 

少々納得いかないままではありますが(^^;

取り外して、中に溜まっているCVTフルードを排出し、

清掃をして再取付させて頂きました。

 

 

 

 

 

取り外したオイルパンです。

今回のパン脱着はこちらがメイン。

 

 

 

 

 

オイルパンの底には鉄粉吸着用の磁石が3つ取り付けられています。

どれ位鉄粉が吸着されているんだろう??って、指でプチュッと押してみると・・・

かなりの厚みがあるのが分かります。

 

 

 

 

 

磁石を取り外して綺麗にしますが、

取り外すだけで吸着された鉄粉が流れ出し、

いやはやこんな状態に。

灰色は全て鉄粉です。

 

 

 

 

オイルパンも磁石も綺麗に掃除(^^)

 

ちなみに、上に伸びているチューブが「オーバーフローチューブ」です。

この車に、オイル量を測るレベルゲージは装着されていません。

オイル量の調整は、CVTフルード油温が35℃~45℃の間の時に、

このオーバーフローチューブの底にあるドレンプラグを取り外して、

規定量以上のCVTフルードを排出する事により調整します。

 

 

 

 

 

 

オイルパンガスケットを新品に交換。

 

 

 

 

 

 

オイルパン取付用のボルトも綺麗に掃除。

締付トルクは約9Nです。

デジタルトルクレンチを使って、均等に締め付けて行きます。

 

 

 

 

 

圧送交換を可能にするアタッチメントを装着して、トルコン太郎を接続。

オイルパン脱着に伴い、排出されたCVTフルード分3.5リットルをまずは補充。

そしてエンジン始動。

スイフト内部に流れている真っ黒に汚れたCVTフルードがトルコン太郎に流れてきます。

 

この状態でまずは規定量本当に入っているのか計測。

コンピュータ診断機を接続して、油量調整温度まで上がった所でドレンプラグを外します。

 

まっっったく垂れて来ません(^^;

どうやら、CVTフルード量、減っている様です。

約1リットルを補充。

ようやく溢れて来たので、これで圧送交換に移れます。

 

 

 

 

 

写真右から、

 

・スイフトの中に現在流れているCVTフルード

  (これでも、4.5リットルは新品CVTフルードが混ざっています)

・最初に採取したCVTフルード

・これから注入していく新品のCVTフルード

 

です。

 

 

 

 

 

どんどん交換。

 

 

 

 

 

 

抜き取られて来るCVTフルードに、少しずつ赤みが増してきました。

 

 

 

 

 

交換とフラッシングを繰り返していくことにより、

 

 

 

 

赤みと透明度が出て来ました。

当初のCVTフルードと比べると、もう格段の差があります!!

 

最後に、再びコンピュータ診断機を使ってCVTフルード油温を計測。

油量調整の設定温度まで少し冷やしてやってから最終の油量調整を行います。

 

 

 

 

 

ついでにエンジンチェックランプの原因を探索。

距離も結構走られていますし、

この後出て来ますが、エンジンオイルの劣化などから、

EGRの汚れや機能低下が考えられます。

 

一先ずフォルトメモリーは消去しておきました。

また再び点灯した場合、EGRの点検清掃(場合によっては交換)をお勧めします。

 (私が過去にEGRを掃除したブログも参考に→こちら

 

 

 

 

 

 

CVTにもフォルトメモリーが。

タービン回転センサーのフォルトが入っています。

調べてみると、現時点ではこのエラーは検知していない様ですので、

少し様子を見て頂きます。

 

タービン回転センサーのトラブルも考えられますので、

再びエラーが発生するようでしたら、センサー点検をご検討下さい。

 

 

 

 

 

 

圧送交換用アタッチメントを取り外す際に採取したCVTフルードが写真左側。

真っ黒で墨汁の様に汚れていたフルードが、こんなに綺麗になりました(^^)/

 

 

 

 

 

一通り作業が完了したので、

最後にいつもの入庫点検を実施。

 

エンジンオイル量や汚れのチェック・・・・・・・

 

レベルゲージの先端にも全然付かない( ゚Д゚)

この状態で高速走行されて来たんですね。

これは危険!!

 

WAKO'Sのオイルを一先ず補充。

2リットル入れて、ようやくレベルゲージFULLのラインに到達!

 

元々のオイルはかなり劣化している事が予想されます。

今回補充したオイルは、汚れを落としてもくれますし、

汚れを取り込んで、次回交換時にしっかり排出してくれるタイプの物です。

 

年末年始で時間の空いた時などで、早めのエンジンオイル交換をお願い致します。

 

 

 

 

今回のCVTフルード圧送交換では、上記内容も含め以下の作業を行っております。


 ・CVTフルード(AISIN CFEx)交換

 ・CVTオイルパンガスケット交換

 ・CVTフルードストレーナー脱着清掃

 ・CVTフルードストレーナーOリング交換

 ・エンジンオイル補充


今回の修理ご請求額は、 ¥58,560 - となっております。


ご用命、ありがとうございました<(_ _)>



<参考データ:車両走行距離 148,630km>

 

ブログランキングに登録しています。
クリックして頂けるとランキングが上がりますので、お願い致します(^^)

人気ブログランキングへ


★愛媛の社長TVに掲載されました~(^^)




★株式会社フリークのホームページは → こちらです

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

四国中央市からトルコン太郎での圧送交換でご来店のお客様。

合わせて、デフオイルの交換と、スパークプラグの交換をご依頼頂きました。

 

お車はレクサスIS350ですので、ATFクーラーはミッションに直付けの為、

ATFクーラーラインが存在しません。

 

ATF交換は出来ない構造ですが、

ワンオフで作成したアタッチメントを使う事で、交換が可能になります。

(現在更に改良中!!興味のあるプロの方はお問い合わせ下さい(^^)/ )

 

 

 

 

レクサスIS350です。

 

 

 

 

まずは診断機を接続して、車両コンピュータが記憶している様な不具合が無いかをチェック。

無料の入庫点検の一部です。

 

 

 

 

 

ATFクーラーを取り外す際に出て来るATFを比較用に採取。

 

 

 

 

専用アタッチメントと取り付けて、

 

 

 

 

 

エンジンを始動。

トルコン太郎にレクサス内で流れているATFが流れ込んで来ます。

 

 

 

 

 

 

圧送交換をスタートします。

 

 

 

 

 

6リットル交換しても、まだまだ真っ黒です(^^;)

 

 

 

 

 

診断機を繋いで、ATF油温を管理しながら作業を進めて行きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最終、ここまで綺麗になりました。

合計20リットルの交換です。

 

 

 

 

 

油量調整温度になるのを診断機で確認しながら作業です。

 

 

 

 

 

調整温度なった所で、

ATF油量調整プラグを抜いて最終の油量調整を行って作業完了です。

 

 

 

 

 

続いてはデフオイルの交換です。

 

 

 

 

ドレンプラグを抜くと、そこには驚くレベルの鉄粉が!!

 

 

 

 

綺麗に掃除します。

こんなに細いんです(^^)

 

 

 

 

抜けたデフオイル。

真っ黒に汚れています。

新しく、WAKO'S RG7590LSDを充填しております。

 

 

 

 

最後にスパークプラグの交換。

 

 

 

 

左バンクは少しだけ作業がしにくいですね。

 

 

 

 

右バンクは比較的簡単。

次々と交換を進めて行きます。

 

 

 

 

まずは左バンクが完了。

 

 

 

 

 

残り右バンクも完了ですが、

右バンクの3番シリンダーに装着のスパークプラグ。

少しオイル食っているかな??

今後経過観察していきましょう!

 

 

 

 

今回のトラブル修理では、上記内容も含め以下の作業を行っております。


 ・ATF(AISIN AFW+)20リットル交換

 ・ロングライフクーラント(冷却水)補充

 ・デフオイル(WAKO'S RG7590LSD)交換

 ・ドレンプラグガスケット交換

 ・スパークプラグ6本交換


今回の修理ご請求額は、 ¥ 70,000- となっております。


ご用命、ありがとうございました<(_ _)>



<参考データ:車両走行距離 147,850km>

 

ブログランキングに登録しています。
クリックして頂けるとランキングが上がりますので、お願い致します(^^)

人気ブログランキングへ


★愛媛の社長TVに掲載されました~(^^)




★株式会社フリークのホームページは → こちらです

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

往年の名車 30ソアラ。

こんな綺麗なソアラに会えるなんて(^^)

 

 

 

 

ゴールドのアルミが似合います!!

 

 

 

 

ATFの量と汚れのチェック。

量も問題無く、色も結構綺麗です!!

 

真っ白いウエスに取っても、ピンク色が目立ちます。

 

でも・・・

 

 

 

 

実際にガラス瓶に取ってみると、結構真っ黒なんですよね。

 

白いウエスであれだけピンク色だったのに。

ウエスに取って真っ黒のATFなんて、どれだけ汚れている事か。

 

 

 

 

 

 

比較用に瓶に回収した残りは、量を計測するために別容器に採取。

 

 

 

 

 

 

ATFのオイルパンを取り外します。

 

 

 

 

 

結構べったりと塗られた液状ガスケット。

過去に取り外した経緯がありますね!

 

 

 

 

 

ATFストレーナーも取り外して、ガスケットの残りカスも綺麗に取り除きます。

 

 

 

 

 

 

取り外したATFストレーナーです。

 

 

 

 

 

 

黒色かと思いきや、実はこれは汚れです。

本当はシルバーなんですね。

 

 

 

 

 

フィルター部には細かな鉄粉がたくさん吸着されています。

 

 

 

 

 

 

オイルパン側のガスケットも綺麗に取り除き。

 

 

 

 

 

 

鉄粉吸着用磁石には、驚くほどの鉄粉は溜まっていません。

この辺りは過去に掃除されたのでしょう。

 

 

 

 

 

 

磁石も含め、全体を綺麗に掃除。

 

 

 

 

 

 

新しいATFストレーナーです。

 

 

 

 

 

 

 

 

ストレーナーを装着。

 

ATFオイルパンに液状ガスケットを塗布して、

いよいよATFの交換を開始します。

 

 

 

 

 

 

オイルパン脱着に伴って抜けた3リットルのATFを先に補充してからエンジン始動。

現在ソアラの中に流れているATFがトルコン太郎に流れてきて、

いくつかのフィルターを通って戻って行くモードでしばらく洗浄を行います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

交換スタート!!

 

 

 

 

 

5リットル交換完了。

 

 

 

 

10リットル交換完了。

 

 

 

 

 

あと10リットル交換しますが、

ここからは新しいATFに切り替えます。

 

お客様がお持ち込みのA・S・H(アッシュ)のATFです。

 

 

 

 

 

 

1リットル缶が10本の、合計10リットルご用意頂きました。

ただ、トルコン太郎に設置できるのは20リットルペール缶になりますので、

空になったATFペール缶に10リットル全てを移します。

 

 

 

 

 

そして再びATF交換を開始。

 

 

 

 

 

油量調整で最後に2リットル位は使うと予想して、

合計8リットルの交換を行いました。

 

 

 

 

 

合計18リットルのATF交換を行ったところで油量計測。

少し不足気味なので、ATFを足して油量調整を行っていきます。

 

 

 

 

 

 

 

少し補充しては油量計測を行い、

 

 

 

 

 

 

やはり、残っている2リットルを綺麗に使い切ったところで、

ATFレベルゲージはぴったりとFULLラインに合いました。

 

 

 

 

 

 

お持ち込み頂いたATFは綺麗に使い切りました。

モニターガラスには全く上がって来ません。

 

 

 

 

 

 

 

 

トルコン太郎の接続解除の際に少し抜けるATFを採取。

新旧比較すると、いかに綺麗になったのかがよく分かります。

 

 

 

 

 

このエンジンもよく触らせて貰いました。

懐かしくなって、記念に撮影させて貰いました(^^)

 

 

 

今回のATF交換では、上記内容も含め以下の作業を行っております。


・ATFオイルパン脱着清掃

・ATオイルパン用液状ガスケット

・ATFストレーナー

・ATF(初期洗浄 AISIN AFW+)

・ATF(お持ち込み A・S・H ATF)


今回の修理ご請求額は、 ¥ 41,150- となっております。


ご用命、ありがとうございました<(_ _)>


 

 

ブログランキングに登録しています。
クリックして頂けるとランキングが上がりますので、お願い致します(^^)

人気ブログランキングへ


★愛媛の社長TVに掲載されました~(^^)




★株式会社フリークのホームページは → こちらです

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。