フリークのブログ

自動車の整備を、もっと身近に、もっと分かりやすく!!

「それって幾らになるの??」にも、明確にお答えします(^^)


テーマ:

今回のブログはATFやCVTFの圧送交換を行っている、

プロの整備工場さん向けです。

 

トヨタヴィッツ(NSP130)のCVTフルード圧送交換を可能にする

アタッチメントが出来上がりました。

 

この型式周辺のヴィッツやシエンタなどに装着されている

CVTフルードクーラーを専用アタッチメントに取り換える事により、

トルコン太郎をワンタッチ接続する事が出来て、

圧送交換を可能にします。

 

 

 

 

 

CVTフルードクーラーを、

 

 

 

 

専用アタッチメントに交換する事で、

トルコン太郎がワンタッチ接続できます(専用アダプターも必要です)。

 

 

 

 

エンジン始動でトルコン太郎内にフルードが流れ込んできます。

あとはいつもの様に圧送交換を開始して下さい。

 

 

 

油量調整には診断機が必要ですが、

診断機を使わずに油温を検出する方法もあります。

ファイネスを参考に、油量調整温度とシフト位置を合わせてから

オーバーフローさせて下さい。

 

 

中には、非接触式温度計をお使いの方もおられると思います。

診断機での検出温度と一番近似値の温度を表示する場所はどこか調べてみました。

 

 

 

 

診断機での検出温度は、現在55.6℃です。

(油量調整は既に終わっています)

 

 

 

よく、「オイルパンの所で温度を測る」と聞きますが、

実際は16℃程低い数字を示します。

(他車種で全て同じ条件とは言い切れませんのでご注意下さい)

 

 

 

 

ミッション本体側面で測定すると、

(場所は赤外線ポインターを参考にして下さい)

 

 

 

 

診断機と近似値の温度を検出しました。

 

非接触式による油温検出は、

ミッション本体側面での測定がいいかも知れませんね。

 

 

専用アタッチメントをご希望の方は、

当社ホームページの「ネットショッピング」をご覧下さい。

 

 

 

 

 

ブログランキングに登録しています。
クリックして頂けるとランキングが上がりますので、お願い致します(^^)

 

 

★愛媛新聞社の「マイベストプロ」に掲載されました

 

 

★愛媛の社長TVに掲載されました



★株式会社フリークのホームページはこちら

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

フリークさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。