フリークのブログ

自動車の整備を、もっと身近に、もっと分かりやすく!!

「それって幾らになるの??」にも、明確にお答えします(^^)


テーマ:

高知県からお越しのお客様、

エンジンマウントやスパークプラグ交換、

そしてATFの圧送交換をご依頼頂きました。

 

作業完了までの間、映画鑑賞で時間潰しされるそうです(^^)

 

まずはスパークプラグの交換から作業をスタート!

 

 

 

 

車はスバルのR2です。

 

 

 

 

スーパーチャージャー付のエンジンですので、

インタークーラーの取り外しからスタート。

 

 

 

 

プラグコードの先端にエンジンオイルの付着が見られます。

慌てて部品の在庫状況を確認するも、

納品時間や、全体の作業時間を鑑みても、

ここに手を付けてしまうと本日の納車は厳しいという結果に・・・

 

やむなくこの点のみ作業を見送ります。

 

お客様には、地元の整備工場さんでの、

ヘッドカバーガスケットとプラグホールガスケットのセット交換を

お願いして、他の作業に移っていきます。

 

 

 

 

新しいスパークプラグです。

 

 

 

 

そしてこちらが、取り外したスパークプラグです。

2番・3番・4番のシリンダーでのオイルの漏れを確認。

 

 

 

 

 

続いて、エンジンマウントとミッションマウントの交換に移ります。

 

 

 

 

右側エンジンマウントを交換する為には、

冷却水ホースやエアホース、エアクリーナーボックスなどを

取り外す必要があります。

エアホース関係が特に硬化している為、

なかなか外れてくれません。

スバル車に多いですね(^^)

ヒートガンを使いながら作業をします。

 

 

 

 

フロントバンパーとバンパーブラケットを取り外すと、

エンジンマウントを固定しているボルトにアクセス出来ます。

 

 

 

 

 

右側エンジンマウントの新旧比較です。

 

 

 

 

エンジンマウント交換完了。

 

 

 

 

 

ドライブベルトも取り外していたので、元に戻して調整です。

 

 

 

 

続いてミッションマウント。

 

 

 

 

新旧比較です。

 

 

 

 

交換完了!

 

 

 

 

 

最後に、リアのエンジンマウント。

 

 

 

 

新旧比較です。

 

 

 

 

交換完了。

 

 

 

 

取り外した各マウントはどうだったの!?

 

はい。

写真の通り、細かなひびがあちこちに見られました。

多少の振動を起こしていた可能性は高いです。

このままひびがもう少し深くなっていきますと、

一気に破断を引き起こします。

 

 

マウント関連の作業が完了しましたので、

いよいよCVTフルードの交換に移ります。

 

 

 

 

まずは油量チェックとその他現状の確認。

 

オイルパンの底面に、CVTフルードの付着が見られます。

 

考えられる原因は、

ミッション上部に付いているCVTフィルターのOリング不良によるオイル漏れ。

それと、

 

 

 

 

フルードバイパスホースを取り付けているボルトパッキンの劣化。

 

 

 

 

ボルトパッキンに付いては、同サイズの在庫がありますので交換しておきます。

CVTフィルターに付きましても、

今回の作業での交換部品に入っています。

既に手元に新品の用意がある為、こちらもOK!!

 

 

 

 

 

オイルパンを取り外す為、まずはCVTフルードを排出。

コーヒーの様な色をしています。

 

 

 

水だし・・・いや、排出されてきます。

 

 

 

 

と、ここで。

「お前ら、ちゃんとやってるか~」的な顔をしてボス登場。

最近は「会長!」と呼ぶ人もいるせいか、

少し調子に乗っている様(笑)

 

 

 

 

気を取り直して、オイルパン取り外し。

 

 

 

 

 

取り外したオイルパンです。

 

 

 

 

底に取り付けられている磁石には、大量の鉄粉が吸着。

 

 

 

 

オイルパンの底に溜まっていた汚れや鉄粉を綺麗に掃除。

古い液状ガスケットも綺麗に取り除きました。

 

 

 

 

CVT本体側。

こちらからは、CVTフルードストレーナーを取り外し。

 

 

 

 

ストレーナーの新旧比較です。

取り外した左側のストレーナーは、フィルター部分が黒くなっています。

 

 

 

 

 

そしてこちらがCVTオイルフィルター。

側面に明記されている通り、CVT専用です。

 

ストレーナー、フィルターの交換を終え、

オイルパンも元通りに戻しましたら、

次はいよいよトルコン太郎を接続です。

 

 

 

 

現時点ですでに排出されているCVTフルードは約4リットル。

その分を先に充填しておいて、圧送交換を開始します。

 

 

 

 

 

それにしてもここは、西日が非常に強い(^^;

 

 

 

目のくらむ眩しさにひるまず、どんどん交換!!

新しく、工場長として入って貰った古味君に影を作って貰いながら撮影。

影が無いと色が飛ぶ(^^;

写真の機能、もう少し勉強します!!!

 

 

 

 

 

交換前と後のCVTフルードを、比較用の瓶に取って新旧比較です。

透明度、色合い、粘度、全てにおいて違いがはっきり出ています。

 

 

こちらのブログを書く終える前に、

早くもお客様から交換後のインプレッションを頂きましたので、

そちらを掲載させて頂きます(しかも、事後承諾です!!)。

 

  ↓   ↓   ↓

 

 

昨日は有り難うございました。

昨日の帰路、驚きました!

加速の際のウィーンという騒音がなくなり、非常にスムーズに加速するようになりました!

そして、苦労して頂いたエンジン・マウント交換等の効果でしょうか、停車アイドリング時の振動・騒音がほぼ気にならないレベルに低減致しました!!

わざわざ松山まで行った甲斐がありました!

次はステップワゴンもCVTフルード交換して頂きたいと思っております。
 

- - - - - - - - - - - - - - - - - - 

 

これは嬉しい感想を頂きました!

これだけ体感して頂けて、そしてご満足いただければ、

私としても整備士冥利に尽きます!!

 

距離をものともせずお越し頂き、本当にありがとうございました。

 

 

 

 

今回のメンテナンスでは、上記内容も含め以下の作業を行っております。


・CVTオイルパン脱着清掃

・CVTオイルパンガスケット交換

・CVTフルードストレーナー交換

・CVTフルードフィルター交換

・CVTバイパスホースパッキン交換

・エンジンマウント(右側)交換

・エンジンマウント(リア側)交換

・ミッションマウント交換

・スパークプラグ交換


今回の修理ご請求額は、 ¥ 112,000- となっております。


ご用命、ありがとうございました<(_ _)>



<参考データ:車両走行距離 105,700km>

 

 

ブログランキングに登録しています。
クリックして頂けるとランキングが上がりますので、お願い致します(^^)

 

 

★愛媛新聞社の「マイベストプロ」に掲載されました

 

 

★愛媛の社長TVに掲載されました



★株式会社フリークのホームページはこちら

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

フリークさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。