フリークのブログ

自動車の整備を、もっと身近に、もっと分かりやすく!!

「それって幾らになるの??」にも、明確にお答えします(^^)

最初はお客様への整備内容報告で始めた「説明書」のつもりでしたが、

当社に来店される方々から、感想や応援を頂く様になり、

次第に県外の方々からも問い合わせや感想を頂く様になりまして、

もはや後戻り出来ないところまで来てしまいましたあせる


解りやすい写真撮影を心がけ、

普段はあまり見れない部分の写真なども多く掲載する様に勤めていますグッド!


主旨はあくまでもお客様向けの説明ではありますが、

整備に興味のある方も、是非ご覧下さいニコニコ


ネットを見ていても、「その作業って一体いくら位なの??」と思われる事が多いと思います。

ですので、ブログの最後には基本全てに請求額を入れております。

同じ症状でお困りの方の参考にでもなればと思います。


よろしくお願いいたします。



★フリークで車を買うと、どんな整備をしてくれるの?

      → フリークの納車点検整備


★フリークで車検をすると、どんな整備をしてくれるの?

      → フリークの車検点検整備


★フリークでは、どんなトラブルを直しているの?

      → フリークのトラブル修理


テーマ:

ブレーキを踏むと、
「ゴリ・・ゴリ・・ゴリ・・・」 と音がするという症状でお預かりしました。

試運転してみますと、
ブレーキを踏むと確かに「ゴリ・・・ゴリ・・・ゴリ・・・・」と音がします。

どうやら右前タイヤの辺りから音が出ている様です。

リフトで上げてタイヤを空転させてみますと、
何と、タイヤが左右に揺れています(-_-;)
ゆらゆらゆ・・・と、左右にゆれるんです・・・
(今度から、こういうのは動画でお伝え出来るようにします(^^;) )



順を追って点検を進めていきます。


まずはタイヤもしくはアルミホイールの歪みをチェック。

ホイールバランサーで点検するが、単体で回すと特に歪んでいる訳ではない。
バランスも問題ない。
念の為にバランス調整。
装着後、やはりゆらゆらゆら・・・

左前のタイヤと入れ替えて空転させてみるも、やはりゆらゆらゆら・・・


続いて、タイヤを外して空転させます。

ブレーキローターがゆらゆらゆら・・・

揺れるブレーキローターがブレーキパッドを左右に揺らします。
それに伴って、ブレーキキャリパーも左右に揺れます(^^;)

この症状の原因となる可能性があるものを順に排除していきます。

ブレーキキャリパーも取り外し、空転させるが

やはり、ゆらゆらゆら・・・


これは足廻りの部品交換が必要だと判断。


たまたま当社に部品取りのワゴンRがあったので、
取引のある部品商さんに、念の為の各部品の適合確認。

足廻りも含め、殆ど適合する事が確認出来たので、
今回の修理はドナーからの部品提供にて、順に交換を進めて行くという、
ちょっと整備士らしからぬ方法で修理を進めていきます(^^;)
(それってただの、部品交換屋さんやん!!という声には耳をふさぎ((+_+)) )


この状況で次に疑うのは、ハブとナックル!

ドナーからクランケへと移植します。

タイヤを付けて空転させます。

ゆらゆらゆら・・・・(-_-;)

(正直、原因は恐らくナックルだと検討を付けていたので、ここでガックリ・・・_| ̄|○ )


うーーーん。


次に疑うはドライブシャフトです。

再びドナーからクランケへ。

タイヤを付けて空転させます。

ゆらゆらゆら・・・(T_T)



何これ???



スタッフに車に乗って貰い、
左前タイヤをロックして、右前のみ回転させながら、
じぃぃぃ~~~~~っと車の動きを凝視!!

無い頭をフル回転させ、原因として考えられる箇所を順を追って考えながら、
各部の回転を凝視していくと、

ん??

小刻みだけど、ドライブシャフトのAT側の付け根で、
物凄く微量だけど、・・・揺れている??


もしかして、・・・デフ???


ドナーがそばに居てくれるって、
こんな有難い事はない!!



 
今回のドナー、白のワゴンR君!!




 

 
部品がどんどん外されていき・・・





 
エンジンとミッション(AT)を取り外し。





 
今回のクランケ。
黒のワゴンR君!!






この子のエンジンとミッションも取り外し。



 


 
クランケの方が、エンジンオイルの管理が良いので、
ミッションのみ移植します。




 

  
不具合の可能性のあるミッションを切り離し、




 

 
ついでにクランクシャフトリアシールも交換。

うん!やはりエンジンはクランケの方が良い!!
 

続いてドナーのミッションをクランケのエンジンに移植して車に搭載。


他に取り外している部品を全て組み付けてエンジン始動。

無事、ゆらゆらゆら・・・ は、直りましたーー(≧▽≦)


あ~、良かった!

今回は本当にドナーに助けられました(^^)




 
誰か、このエンジン要りませんかね!?(笑)

要らないか・・・(笑)
 





今回のトラブル修理では、上記内容も含め以下の作業を行っております。


 ・オートマチックトランスミッション(中古)
 ・クランクシャフトリアシール
 ・ATF
 ・エンジンオイル
 ・オイルエレメント
 ・LLC(冷却水)


ご用命、ありがとうございました<(_ _)>


 
 <参考データ:車両走行距離 89,600 km>


 

ブログランキングに登録しています。
クリックして頂けるとランキングが上がりますので、お願い致します(^^)

人気ブログランキングへ


★愛媛の社長TVに掲載されました~(^^)




★株式会社フリークのホームページは → こちらです
AD
いいね!した人  |  コメント(2)

テーマ:

 車検をご用命頂きありがとうございました<(_ _)>


車検整備の内容を、写真付きで解りやすく紹介しております。
整備の内容だけでなく、同時にお車の状況を把握する事も出来ると思いますので、
ぜひ、最後までお付き合い下さい(^^)


◆◆お願い◆◆


本文中に専門用語なども出てまいります。
理解しにくい内容になってしまうかも知れませんが、
解説付きのだらだらと長い文章になる事を避ける為、
専門用語の使用についてはご理解下さい。
なるべく解りやすくお伝え出来る様、努めてまいります<(_ _)>


◆◆◆◆◆◆◆


今回のお客様は広島からお越し頂きました、
前々からお付き合い頂いているお客様です(^^)

現在お車のナンバープレートは「山口」です。
車検の整備&お話を進めて行く中で、
1ナンバー貨物への変更も決まりました。


まずは車検整備を進め、その後に貨物登録の為の準備に移っていきます。



それでは説明に移らせて頂きます。

 
 
お預かりをして特に目立つのが、
エンジンが掛かっている間中ずっと響いてくる「カン!カン!カン!カン!!!・・・」
という非常に嫌な音(-_-;)

そして、ドライブベルトが滑って発生する「ギューーーーー!!!」
という音。

ベルト鳴きは、エンジンが温まっても消えず、
アクセルを踏むたびに、ご近所中に鳴り響いています(^^;)






 
バキュームホースには結構深いヒビが。





 
インマニ周辺のバキュームホースもヒビだらけです。

しかも、何箇所か抜けていました(^^;)
意外と問題ないのね(笑)




 
ベルトの鳴きが凄いので、まずベルト調整を。
ベルトの劣化は殆ど無かったので、交換の必要はありません。
当然ですが、全てのベルトを調整しています。




 
お客様からのご要望もあり、
予防整備の為、サーモスタットを交換。


 

 
こちらもお客様からのご要望、
ラジエータのアッパーホース、ロアホースの交換。




 
ホースバンドも新しくしています。



 

 
それぞれの口の部分には多少の経年劣化が見られますので、
念には念を入れて、WAKO'Sのガスケットメイクを塗布。




 
 
タービン冷却用の冷却水ホースを抜きます。


 

 
こんなじょうたいだったので(^^;)




 
新品に交換。





 
外したついでに、タービンの軸にガタが無いかも確認。

ラジエータの口から新しい冷却水を充填し、しっかりとエア抜きします。
 



 
オイルエレメントも、




 
新しい物に交換です。




 
エンジンオイルには、WAKO'SのFOを添加です。

FOはオイル上がりを防いでくれる添加剤ですが、
添加する事で、エンジンの圧縮も回復してくれます。
ディーゼルエンジンに非常に相性のいい添加剤です。

既に別の新しい商品に変更になっていますので、
過去に在庫していた余り物ではありますが(^^;)

当然サービスでの添加です(^^)




 
デフオイルも交換します。




 
 
まっっっくろです!!
新しく充填したのは、WAKO'SのRG7590LSD です。





 
ATフルードも交換です。





 
プロペラシャフトなどのジョイント部に付いている
グリースニップルからグリースを充填。




 
パワステフルードが少し減っていたので、こちらには
漏れや泡が出る事を防いでくれる、ATとパワステ専用の添加剤を補充。


 



 
エンジンが掛かっている間中鳴り響いている
「カン!カン!カン!カン!!!・・・」という音。

しかもエンジンチェックランプが点灯中!

この年式は診断機が接続出来ないから、短絡しての診断モード突入~


 

 
エンジンチェックランプの点滅回数と間隔で、エラーコードをチェック。
燃料の噴射タイミングコントロールバルブが故障と出たので、
診断のフローチャートをイスズさんから頂いて、
故障個所を更に明確に。

原因はやはりタイミングコントロールバルブと分かったので交換。

噴射のタイミングが、ピストンの動きと合っていなかった為、
あの嫌な「カン!カン!カン!!」という音が出ていたのですね。

交換後、あの嫌な音は消えました。

あと、異常に多く出ていた黒煙も消えました(^^)
燃料噴射のタイミングがずれた事による弊害、色々とありますね。




 
夏場、エアコンの効きが悪かったという事で、
マニホールドゲージを接続してみますと、
う~ん、確かにガス量が少ない。




 
エアコンガスの充填と合わせ、 
もしどこからか少しずつ漏れていたらいけないので、
漏れ箇所の判断がし易い様に、蛍光剤入りのエアコンコンディショナーも
同時に充填しておきました。


他にも、EGRを脱着して清掃したり、お持ち込み頂いたタイヤの交換。
せっかく付けているETCが使えない(電源が入らない)という事などの相談を受け、
それらも合わせて修理しています。


そしてここから、1ナンバー取得へ作業を進めていきます。

まずは現状での状態を、陸運局の検査官に見て貰い、
変更必要箇所や車両寸法や重量の計測をして貰ってから作業を勧めます。





 
現在の車両重量が2,564kg。
出来る限りの減量を行って、5人乗車で登録したい。

そして、装着したままでは車両の高さが大幅に高く計測・記載されてしまう
天井に装着のジェットバック(?)も、減量も兼ねて取り外し。




 
車内に積まれている荷物はすべて撤去。





 
背面タイヤも取り外し、





 
ヒッチメンバーも取り外します。


ここまで減量して、5人乗りの1ナンバー登録の許容範囲には入りましたが、
出来ればあと35kgの減量が出来れば、少しだけ重量税を安く出来たのですが、
もうこれ以上の減量は無理でした・・・(T_T)



 

 
セカンドシートはリクライニングすると貨物登録が出来ないので、
シートを直立状態で固定します。




 
穴をあけて、シートが後ろに傾かない様に固定。




 
セカンドシートはこんな感じで、直立に固定です。
この状態で、荷室スペースも確保できましたので、
無事1ナンバー登録です。


 

 
最大積載量ステッカーも必要ですよ。

 


 
構造変更申請合格後の書類です。
この書類を元に、車検証が作成されました。



 

 
ついでに、バッテリーを満充電に。




上記交換部品も含め、今回の車検で交換した部品や作業した箇所は、


 ・エンジンオイル交換
 ・オイルドレンパッキン交換
 ・オイルエレメント交換
 ・ブレーキフルード交換
 ・ロングライフクーラント(冷却水)交換
 ・フロントワイパーゴム左右交換
 ・ドライブベルト調整
 ・サーモスタット交換
 ・サーモスタットパッキン交換
 ・ラジエータアッパーホース交換
 ・ラジエータロアホース交換
 ・ホースバンド6ヶ所交換
 ・バキュームホース交換
 ・EGR脱着清掃
 ・ATF(WAKO’S HYPER-S)交換
 ・デフオイル(WAKO’S RG7590LSD)交換
 ・タイミングコントロールバルブ交換
 ・ETC配線引き直し
 ・管ヒューズ1A交換
 ・エアコンガス充填
 ・エアコンコンディショナー(蛍光剤入り)充填
 ・最大積載量ステッカー
 ・燃料代(軽油)3000円分


以上となります。


交換を必要としなかった部品につきましても、
各所点検・調整・清掃・グリースアップなど行っております。


今回の車検ご請求額は ¥ 286,700- です。 
   (上記費用には、諸費用が含まれています。
   今回は新規登録も含まれますので、自動車税やナンバープレート代なども
   含まれての金額となっております)

 

ありがとうございました<(_ _)>

 
 <参考データ:車両走行距離 112,100 km>

 

 

ブログランキングに登録しています。
クリックして頂けるとランキングが上がりますので、お願い致します(^^)

人気ブログランキングへ


★愛媛の社長TVに掲載されました~(^^)




★株式会社フリークのホームページは → こちらです
AD
いいね!した人  |  コメント(2)

テーマ:

車検をご用命頂きありがとうございました<(_ _)>


車検整備の内容を、写真付きで解りやすく紹介しております。
整備の内容だけでなく、同時にお車の状況を把握する事も出来ると思いますので、
ぜひ、最後までお付き合い下さい(^^)


◆◆お願い◆◆


本文中に専門用語なども出てまいります。
理解しにくい内容になってしまうかも知れませんが、
解説付きのだらだらと長い文章になる事を避ける為、
専門用語の使用についてはご理解下さい。
なるべく解りやすくお伝え出来る様、努めてまいります<(_ _)>


◆◆◆◆◆◆◆


それでは説明に移らせて頂きます。

 

 
今回は、四国中央市からのご来店のお客様です。
外車専門の部品商さんから、当社を紹介されたとの事で、
こういった形で入庫いただける事も、非常にありがたい事です。




 
まずはエンジンオイル交換を。
この型のベンツは、通常吸引器でオイルを吸い取りますが、
容量8リットルに対し、6リットルちょっとしか吸い取れませんでしたので、
念の為にドレンプラグも取り外して排出。

でも、こんな感じでしか排出されず。

どうやら、2リットル程減っていた様です。



 

 
オイルエレメントも交換です。
真っ黒に汚れています。


 

 
新しいエレメントに交換。



 

 
エンジンオイルは、WAKO’S PRO-STAGE を使用します。

8リットル充填。
 



 
ATFがメチャクチャ漏れています。
一晩置いておくと、子供の手のひら大位の量が下に落ちています。

AT周辺をしっかりと掃除をしてから一晩おくと、漏れていた箇所が分かりました。
原因は、ATオイルパンガスケットと、EGSカプラーでした。




 
 ATFを排出。





 
オイルパンを取り外し。


 

 
今回はATFフィルターは交換せず、漏れ修理のみとなります。
バルブボディの汚れなどは、出来るだけ掃除をしておきました。





 
取り外したATオイルパンは、
この後綺麗に掃除をして、


 

 
組み付け。





 
EGSカプラーは、ATオイルパンよりも少し上に装着されています。


 

  
ハーネスを取り外します。
この赤矢印のカプラーからもかなり漏れています。


 

 
新品のカプラーです。
Oリングが2箇所装着されていますが、
それが漏れの原因となっているのでしょう。
部品代は安いので、今回は部品アッセンで交換します。
(ちなみに、Oリング単体での部品供給はありません)
 


 

 
充填するATFは、メルセデスベンツ承認オイルを使用します。




 
診断機でATFの油温を管理しながら、
規定温度となった所でレベルゲージで量を確認。

 
 



ATFもエンジンオイルも、レベルゲージはありません。
矢印左がエンジンオイルで、右がATFです。




 
ATFの油量は、ベンツ専用のレベルゲージを使用して、
油量計測温度になった事を確認して油量確認。

ちょうどFULLのラインで合わせています。




 
漏れもちゃんと止まっています。


 
 

 
ATFでベトベトになっていたアンダーカバー は、
綺麗に掃除をして装着しています。



 

 
フロント左ラジアスアームのブーツが破れています。



 

 
パックリと破れています。






取り外してみると、中のグリースも殆ど無くなっている状態。
 ボールジョイントも金属同士が擦れてかなり劣化しているでしょう。




 
新品に交換。


 


 
装着。






 
走行中に、稀に変な挙動があるという事ですので、
原因ははっきりしていませんが、
念の為、エアマスセンサーを取り外し。





 
センサー部を洗浄して再取付。
サービスで行っておりますので、様子を見てみて下さい。


 

上記交換部品も含め、今回の車検で交換した部品や作業した箇所は、


 ・エンジンオイル(WAKO’S PRO-STAGE 10W-40)交換
 ・オイルエレメント交換
 ・WAKO’S クーラントブースター添加
 ・ブレーキフルード交換
 ・フロントワイパーブレードセット交換
 ・フロント左ラジアスアーム交換
 ・ATF漏れ修理
   ATオイルパンパッキン交換
   AT EGSカプラー交換
   ATF(メルセデスベンツ専用フルード)交換
 ・エアフロセンサー脱着清掃
 ・タイヤ裏表入れ替え


以上となります。


交換を必要としなかった部品につきましても、
各所点検・調整・清掃・グリースアップなど行っております。


今回の車検ご請求額は ¥ 232,500- です。 
   (内、諸費用は 108,480円です)

 

ありがとうございました<(_ _)>

 
 <参考データ:車両走行距離  166,520km>

 


 

ブログランキングに登録しています。
クリックして頂けるとランキングが上がりますので、お願い致します(^^)

人気ブログランキングへ


★愛媛の社長TVに掲載されました~(^^)




★株式会社フリークのホームページは → こちらです
AD
いいね!した人  |  コメント(2)

テーマ:
たまには、取扱商品の宣伝でも(^^;)


和光ケミカルから出ている、

究極のガソリン添加剤 『WAKO’S CORE 601』!!

入荷いたしました(^^)


 




COREシリーズは非常に高く・・・

究極のエンジンオイル添加剤 『WAKO’S CORE 502』 も、

非常に高い!!! →  フリークのブログ記事


今回のガソリン添加剤も、これまた高価に決まっている!!!

と、思っていたのですが、

1本3,240円(税込)という、何だかちょっとお安く感じる価格で販売しています!!
 
  ( CORE 502 のせいで、金銭感覚狂ってるかも・・・(笑) )


営業の方いわく、「パワーアップを絶対に体感できる添加剤です!!!」ですって!


興味のある方は、是非お問合せ下さい(^^)



CORE 601 に付いて → 詳しくはこちら





ブログランキングに登録しています。
クリックして頂けるとランキングが上がりますので、お願い致します(^^)

人気ブログランキングへ


★愛媛の社長TVに掲載されました~(^^)




★株式会社フリークのホームページは → こちらです
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

 昨日のR56ミニの修理の続きです(^^;)


実は、Oリングを交換したバキュームポンプに付いて、
当初から、
「本当に取付面のOリングなのか??」
という不安がありまして、

これはお客様にもお伝えしていた事ですが。



バキュームポンプの取付面と、
バキュームポンプ本体にある部品自体にある合わせ面、
漏れるとしたらこのどちらかですが・・・

両者があまりに接近していて、どちらから漏れているのか非常に分かり難い為、
先に取付面のOリングの交換を行いました。

だって、Oリングは 500円 なのに、
もしバキュームポンプ本体が原因となると、
なんと 約6万円 もします!!!
(本体のみしか部品供給がありませんので、本体丸ごと交換以外に方法が無い!)


本体の不良となると、あまりの出費になりますので、
お客様には、先にOリングを交換して様子を診させて下さいとお伝えし、了解を頂いて、
Oリングの交換を行いました。

結果、しばらくの間エンジンをかけておいてもオイルは全く漏れて来ず、
「おっ!!やっぱりOリングが悪かったのかな!?」と思い安心していたのですが、

不安があったので、念の為もう一晩お預かりをして翌朝確認!




 
朝になると、再びオイルが溜まっている(T_T)

どうやら、エンジンが止まっている時に漏れる様です。

くそ~~!!
やっぱり本体からだったか・・・( ゚Д゚)

かといって、6万円の出費は辛すぎる・・・

BMWさんごめんなさい。
勝手に分解してみます(^^;)

 

 
バキュームポンプを再び取り外し。


 

 
バキュームポンプを二分割。

おっ!
中にOリングがあります!
こいつが原因だな!

 


ロータリーポンプなんですね!

ポンプ自体も楕円なので、当然Oリングも楕円。
一応、大きさ&太さ&形状&耐油性能が近似値のOリングを探してみましたが、
どうしても、楕円形状という点で一致するものが無く、

仕方ないので、液状ガスケットを使い、コーキングを行います。



 

 
部品、及びOリングを脱脂し、綺麗に掃除します。





 
Oリング組み付けの溝にコーキング塗布、
Oリングをはめ込んで、
蓋の方の当たり面にもコーキングを塗布。



 

 
使ったのは、ドライブジョイのコーキング剤です。




 
蓋を組み付け。



 

 
再び組み付けて、まずはエンジン始動。
オイルの漏れが無い事を確認し、一先ずは作業完了。

この状態で経過を観察していきます。



このブログを見て頂き、同じ作業を検討される諸兄方々へ。

お問合せ頂きましたら、以後の経過をお伝えいたしますので、
必ず事前にお問合せ下さい。

本来は、アッセン交換する事が基本となっている部品ですので。


 

ブログランキングに登録しています。
クリックして頂けるとランキングが上がりますので、お願い致します(^^)

人気ブログランキングへ


★愛媛の社長TVに掲載されました~(^^)




★株式会社フリークのホームページは → こちらです
いいね!した人  |  コメント(9)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。