ジオターゲティング

最初はお客様への整備内容報告で始めた「説明書」のつもりでしたが、

当社に来店される方々から、感想や応援を頂く様になり、

次第に県外の方々からも問い合わせや感想を頂く様になりまして、

もはや後戻り出来ないところまで来てしまいましたあせる


解りやすい写真撮影を心がけ、

普段はあまり見れない部分の写真なども多く掲載する様に勤めていますグッド!


主旨はあくまでもお客様向けの説明ではありますが、

整備に興味のある方も、是非ご覧下さいニコニコ


ネットを見ていても、「その作業って一体いくら位なの??」と思われる事が多いと思います。

ですので、ブログの最後には基本全てに請求額を入れております。

同じ症状でお困りの方の参考にでもなればと思います。


よろしくお願いいたします。



★フリークで車を買うと、どんな整備をしてくれるの?

      → フリークの納車点検整備


★フリークで車検をすると、どんな整備をしてくれるの?

      → フリークの車検点検整備


★フリークでは、どんなトラブルを直しているの?

      → フリークのトラブル修理

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2015年04月28日(火) 09時04分13秒

WISHとプレオが入庫しました~

テーマ:新しい展示車

新しく加わった展示車のお知らせです(^^)



 
平成24年式 ウィッシュ Sモノトーン
148万円でプライスです!

詳しくはこちら!!→ http://www.mjnet.co.jp/ucar/detail/ID/292510/



 
平成14年式 プレオ LSリミテッド(スーパーチャージャー)
19万円でプライスです!

詳しくはこちら!!→ http://www.mjnet.co.jp/ucar/detail/ID/292509/


興味のある方見に来て下さいね(^^)

ブログランキングに登録しています。
クリックして頂けるとランキングが上がりますので、お願い致します(^^)

人気ブログランキングへ


★愛媛の社長TVに掲載されました~(^^)




★株式会社フリークのホームページは → こちらです
AD
2015年04月18日(土) 22時34分30秒

フリークでのお支払いで、各種カードが使える様になりました!!

テーマ:ブログ
前から要望がありました、カードでのお支払い。

大変お待たせいたしました。
フリークでも、カードのご利用が可能になりました。



 
スマートペイ決済になりますので、
納車先(例えばご自宅や勤務先)でのカード支払いも可能です。


ただし、ちょっとだけ制約があります。

①端末の設定により、1回払いしか受付できません。
    →分割払いご希望の方は、当社でカード決済した後、カード裏面のカスタマーセンターに連絡をして頂いて、支払回数の変更を手続きして下さい。

②新車や中古車のお買い上げでは、使用出来ません。

以上、2点のみ、制約がありますのでご注意下さい。


カードで支払ってポイントを貯めている方、
これからは是非カードもご利用下さい(^^)



ブログランキングに登録しています。
クリックして頂けるとランキングが上がりますので、お願い致します(^^)

人気ブログランキングへ


★愛媛の社長TVに掲載されました~(^^)




★株式会社フリークのホームページは → こちらです
AD
2015年04月16日(木) 02時13分13秒

トラブル修理-スズキ セルボ(HG21S) エンジンチェックランプ点灯

テーマ:トラブル修理

走っていると、エンジンチェックランプが点灯したとの事でご来店。

多分ラムダセンサー(O2センサー)だろうと高をくくっていましたが、
診断機にかけると、
『 P0401 排気ガス再循環システム レベル低 』  

・・・ なんじゃこりゃ??

排気ガス再循環システム(以降EGR)に、センサーなんか噛んでるの??

近くのスズキディーラーメカニックに相談してみたら、
診断機によって、見当違いのエラー表示があるそうで(^^;)

その時は、「EGRがチェックランプ点灯させるなんて、
  さすがにないでしょう~」と話していたのですが・・・。



後日再びお預かりして、今度は専用のテスターにて検査。

当日私は予定があり、ディーラーさんに行けなかったのですが、
丁寧にプリントまで頂いて帰ってきました。



 
どうやら、本当にEGR系統のトラブルらしいです・・・(^^;)

直噴DIエンジンのEGRには、センサーが噛んでいるそうです。



 
お預かりして、点検を進めていきます。


 

 
疑わしいEGRはエンジンルームの奥の方。




 
インタークーラーを取り外し、
スロットルボディを取り外します。


 

 
続いて、EGRに向かっているパイプを取り外し・・・・・・

ん?

通路が殆ど詰まっています(^^;)


 

 
EGRパイプも、かなりの詰まり様。

こりゃ、EGRの作動レベル低と出るはずです。


 

 
パイプを取り外します。
このまま、EGRも取り外し。




 
左から、
インタークーラー、スロットルボディ、EGRです。




 
取り外したスロットルボディです。
見た目は綺麗ですが・・・



 
 
裏側は真っ黒に汚れています。

専用のクリーナーを使って、汚れを綺麗に掃除します。




 
続いてEGR。
分解して洗浄していきます。



 
宇宙人(^^)

奥の方まで真っ黒です。




 
宇宙人(^^)  (笑)
奥の方まで真っ黒なんです(笑)



 
ん???

って、感じの顔しています(^^)

宇宙人(^^)





汚れが溜まっている奥の方まで、
専用のクリーナーを使ってしっかり洗浄します。

しつこい汚れを溶かして掻き出してきます。




 
一部は歯ブラシを使って、ゴシゴシ!!!




 
宇宙人が、片目をつぶっています(^^)

ではなくて、、、

奥にあるバルブがしっかり見える位、きれいになりました。
(撮影では、奥まで光が届きませんが)

 



 
さて、問題のパイプです。
強力な洗浄剤を吹き込みますが、
途中の湾曲している辺り、完全に詰まっている様で、
洗浄専用の液剤がなかなか奥まで侵入していきません。




 
長いノズルを使って掃除をしながら、
液剤を注入していきます。

ものすごい真っ黒な汚れが、奥からあふれ出してきます。

これ、土曜日に作業していましたが、
翌日曜日も出勤し、時々液剤を注入。

その後、パーツクリーナーとエアーガンを併用しながら清掃し、
月曜日には、汚れの殆どを取り除く事が出来ました。






パイプが付いていた、エキゾーストマニホールドのホールも清掃します。



 
 
ブラシと洗浄剤を使って、しっかりと洗浄。
汚れがどんどん流れ出してきました。


 

  
こちらも、きれいに掃除ができました。


 

 
今回清掃したのは写真の3点。
スロットルボディ、EGRパイプ、EGRです。

すべてを元通り組み付け直し、
エラーコードを消去。

その後試運転を重ね、
再びチェックランプが点灯しないことを確認し、作業終了としました。



今回の修理に際して、ヒントを頂いたスズキ自販松山さん(http://sj-matsuyama.jp/)、
ありがとうございました!!

今回のトラブル修理では、上記内容も含め以下の作業を行っております。


 ・スロットルボディ 脱着清掃
 ・EGRパイプ 脱着清掃
 ・EGR 脱着清掃
 ・EGRパイプガスケット 2枚交換
 ・EGRバルブガスケット 1枚交換
 ・スロットルボディガスケット 1枚交換
 ・エンジンコンディショナー 1本使用


今回の修理ご請求額は、 ¥ 15,000- となっております。


ご用命、ありがとうございました<(_ _)>


 
 <参考データ:車両走行距離  km>



 

ブログランキングに登録しています。
クリックして頂けるとランキングが上がりますので、お願い致します(^^)

人気ブログランキングへ


★愛媛の社長TVに掲載されました~(^^)




★株式会社フリークのホームページは → こちらです
AD
2015年04月15日(水) 00時05分53秒

用品取付-ダイハツ コペン(L880K)スポーツコンピュータ、ストラットタワーバーの取付

テーマ:部品・用品の取付

今回はコペンのカスタムです(^^)




 
リフトで上げてタイヤを取り外し、カスタムの準備に入ります。


 

 
交換部品です。




 
まずはブレーキ周りからスタート!
ブレーキローターを、Dスポーツのスリット入りローターに交換。




 
ブレーキパッドも相性重視でDスポーツのスポーツパッドに交換です。





 
作業の途中、ブレーキキャリパーピストンが、
ブーツを踏みつける様な形で一部を破ってしまっているのを見つけました。
次回車検時に、ダストブーツの交換を含め、
キャリパーオーバーホールをお勧め致します(^^)



 
右側が終わったので、続いては左側です。
ビフォーアフター写真を撮りました。

純正ではこんな感じだったのが、、、

 

 
交換後、この様になりました。

 

 
ブレーキフルードの交換も行います。
使用するフルードはWAKO’SのDOT4です。

真っ黒に汚れていますね。


 

 
しっかりと交換する事により、
綺麗な透明に変わりました。





作業完了後の写真ですが、仕上がった足回りはこんな感じです。
Dスポーツカラーである黄色がチラッと見えます。
激しく自己主張していないところもいいですね。

ちなみに、ブレーキパッドシムは、見た目重視の為取り外しています。


 

 
お客様がお持込のエンジンオイルに交換です。
まずは古いオイルを排出。

 

 
 オイルエレメントも交換です。
前も、Dスポーツを使われていたんですね。




 
コペンのオイルエレメント交換はちょっとコツが必要です。
エンジンの真下から見た写真ですが、
エンジンマウントの狭い隙間からエレメントを差し込み、
そのまま腕ごと中に突っ込んでくるっと回して装着します。

取り外す際はオイルまみれになりますので注意が必要ですが、
それよりも、
手が少し大きめって方は、交換自体が無理な気が・・・(^^;)


 

 
コンピュータも交換します。


 

 
コンピュータを取り外して、Dスポーツコンピュータに交換します。
カプラーの脱着は、専用の工具を使用しています。
 



 
 交換完了!!




 
続いて、コンピュータに同梱されているスパークプラグに交換します。


 

 
 コンピュータを交換する事により、
新しいスパークプラグに変更されること、
そして、燃料はハイオク仕様となります。




 
プラグ装着の際は、出来るだけ電極開口方向が吸気側を向く様(インデクシング)に、
調整しています。
(本格的に向きを徹底したい場合は専用のシムが必要です。
  ただ、プラグメーカー&スポーツパーツ問屋&部品商に問い合わせをしましたが、
  どこも取り扱いがありませんでした。
  某オークションサイトでは見つけましたが、結構割高だったので諦めました)

 

 
ちなみにこちらが、元々装着されていたスパークプラグです。


 

 
続いては、ストラットタワーバーの取付です。

ワイパーアームやカウルトップ、両側フェンダーも取り外します。


 

 
フェンダーを取り付けているボルトの錆の進行が進んでいました。


 

 
こちらのボルトも。


 

 
フロントバンパー、フェンダー、カウルトップ などを取り外しました。




 
フェンダー周辺の錆びているボルトを点検していきます。


 

 
フェンダーを取り付けているステーの固定ボルトも錆びていました。


 

 
こちらはステンレスボルトに交換しました。




 
他のボルトや、プラスチックリベット、
クリップ類など、錆や経年劣化が進行している物を新調します。

 
 

 
ボルトを取り付ける際は、ナット側の錆の進行を防ぐため、
スレッドコンパウンドを塗布して装着しています。


 

 
交換したボルトやクリップたちです。
(なんだかこの交換がメインみたいな流れですが・・・(^^;) )


 

 
バッテリーボックスも交換して、リレーボックスの位置も変え、
装着するストラットタワーバーと干渉しないようにします。


 

 
専用のバッテリーボックスです。


 

 
ようやく、ストラットタワーバーを装着(^^)
ボンネットもダンパー式に変更になりました~!


 
今回の用品取付けでは、上記内容も含め以下の作業を行っております。


 ・スポーツECU交換
 ・専用スパークプラグ交換
 ・スポーツブレーキディスクパッド交換
 ・タイプRブレーキディスクローター交換
 ・ブレーキフルード(WAKO’S DOT-4)交換
 ・ストラットタワーバー プラスGTバージョン取付
 ・フェンダーボルト交換
 ・フォンダーライナーグロメット交換
 ・フェンダーライナープラスチックリベット交換
 ・カウルトップルーバープラスチックリベット交換
 ・エンジンオイル交換
 ・オイルエレメント交換
 ・ラジエータキャップ交換


今回のご請求額は、 ¥ 185,600- となっております。


ご用命、ありがとうございました<(_ _)>


 
 <参考データ:車両走行距離  20,850km>


 

ブログランキングに登録しています。
クリックして頂けるとランキングが上がりますので、お願い致します(^^)

人気ブログランキングへ


★愛媛の社長TVに掲載されました~(^^)




★株式会社フリークのホームページは → こちらです
2015年04月08日(水) 06時17分50秒

車検整備-T様 トヨタ アルテッツァ(SXE10) 

テーマ:車検・点検整備

車検をご用命頂きありがとうございました<(_ _)>


車検整備の内容を、写真付きで解りやすく紹介しております。
整備の内容だけでなく、同時にお車の状況を把握する事も出来ると思いますので、
ぜひ、最後までお付き合い下さい(^^)


◆◆お願い◆◆


本文中に専門用語なども出てまいります。
理解しにくい内容になってしまうかも知れませんが、
解説付きのだらだらと長い文章になる事を避ける為、
専門用語の使用についてはご理解下さい。
なるべく解りやすくお伝え出来る様、努めてまいります<(_ _)>


◆◆◆◆◆◆◆


それでは説明に移らせて頂きます。

 

 
まずはリフトに上げてタイヤを取り外し、各所点検を行います。




 
現在11万キロを超えたところで、
タイミングベルトはまだ交換していません。

今回の車検で交換する事になりました。



 
補器類のベルトを取り外し、車両ハーネスもホルダーを除去、
圧縮上死点を出してから、クランクプーリーを取り外します。

 
 

 
タイミングカバーも取り外し。
カムシャフトプーリーとクランクシャフトプーリーの合いマークを確実に合わせます。



 
60Nmの荷重をかけて2分間保持し、
オートテンショナーロッドを縮めます。

 


 
タイミングベルトを取り外しました。






今回のタイミングベルト交換は、
走行距離が11万キロまで到達した事から行っていますが、
今回の車検が最後となり、
乗られてもあと1万キロ程度との事ですので、
各テンショナーを点検し、問題の無いテンショナーの交換を見送りました。

合わせて、ウォーターポンプの点検も行い、
異音や漏れが無かったので、こちらも再利用させて貰いました。




 
スパークプラグも10万キロごとの交換指定となっていますので、
新品に交換します。




 
取り外したものと比べると、
摩耗を目視確認し難い白金プラグとはいえ、
先端の摩耗を確認する事が出来ます。



 
スパークプラグを元通り組み付けて、
タイミングベルトのカバーも元通りに戻し、
車両ハーネスを固定していきます。



 
エンジンに入る空気をきれいにしてくれるエアーエレメントです。
写真左が取り外したものです。
真っ黒に汚れていて、エレメント部の詰りも酷いので、交換させて貰いました。




 
ブレーキフルードを交換。





 
クラッチフルードも交換。




 
エンジンを始動してからしばらくの間、
エンジンルームから「うぉぉぉ~~ん」という異音が出ていたそうでして。

調べてみましたら、パワステポンプからの唸り音でした。




 
 調べてみましたら、どうやらアルテッツァのウィークポイントの様ですね。
オイルタンクとオイルクーラーパイプがよく詰り、
それが原因でポンプから異音が出る様です。

ポンプ交換だけでなく、タンク交換やパイプ交換も必要となる様で、
見積もりすると結構高額でしたから、今回の修理は見送りします。

オイルタンク内のパワステフルードを吸引器で吸出し、
新しいパワステフルードに交換をしております。



 

 
バッテリーは、交換の必要が無かった為、
充電器にて満充電しておきました。




 
ボンネットを支える棒、これを収納する際のホルダーが破損していましたので、
新品に交換しております。


上記交換部品も含め、今回の車検で交換した部品や作業した箇所は、


 ・エンジンオイル交換
 ・オイルドレンパッキン交換
 ・オイルエレメント交換
 ・ブレーキフルード交換
 ・クラッチフルード交換
 ・ロングライフクーラント(冷却水)交換
 ・スパークプラグ交換
 ・エアーエレメント交換
 ・エアコンクリーンフィルター交換
 ・ボンネットアームホルダ交換
 ・タイミングベルト交換
 ・オートテンショナーベアリング交換
 ・エアコンパワステベルト交換
 ・オルタネータベルト交換
 ・パワステフルード交換
 ・フロントワイパーラバー左右交換


以上となります。


交換を必要としなかった部品につきましても、
各所点検・調整・清掃・グリースアップなど行っております。


今回の車検ご請求額は ¥ 164,800- です。 
   (内、諸費用は 86,880円です)

 

ありがとうございました<(_ _)>

 
 <参考データ:車両走行距離  111,000km>

 

 

ブログランキングに登録しています。
クリックして頂けるとランキングが上がりますので、お願い致します(^^)

人気ブログランキングへ


★愛媛の社長TVに掲載されました~(^^)




★株式会社フリークのホームページは → こちらです
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇