ジオターゲティング

最初はお客様への整備内容報告で始めた「説明書」のつもりでしたが、

当社に来店される方々から、感想や応援を頂く様になり、

次第に県外の方々からも問い合わせや感想を頂く様になりまして、

もはや後戻り出来ないところまで来てしまいましたあせる


解りやすい写真撮影を心がけ、

普段はあまり見れない部分の写真なども多く掲載する様に勤めていますグッド!


主旨はあくまでもお客様向けの説明ではありますが、

整備に興味のある方も、是非ご覧下さいニコニコ


ネットを見ていても、「その作業って一体いくら位なの??」と思われる事が多いと思います。

ですので、ブログの最後には基本全てに請求額を入れております。

同じ症状でお困りの方の参考にでもなればと思います。


よろしくお願いいたします。



★フリークで車を買うと、どんな整備をしてくれるの?

      → フリークの納車点検整備


★フリークで車検をすると、どんな整備をしてくれるの?

      → フリークの車検点検整備


★フリークでは、どんなトラブルを直しているの?

      → フリークのトラブル修理

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2014年07月17日(木) 09時46分37秒

トラブル修理-ダイハツ ムーヴ(L150S)こんな所からの水漏れ??

テーマ:トラブル修理

冷却水が漏れているとの事で入庫されました。



 
この型のムーヴ、まさかの所から漏れるムーヴです(^^;)

まず加圧テストをして、2箇所からの水漏れを確認。

まず1箇所目、ウォーターポンプのポンプ側付け根から漏れていました。
(この車のウォーターポンプは、ポンプ部分とハウジング部分の2つに別れます)




 
漏れた冷却水の一部が固まって残っているのが、
ポンプ部分とハウジングとの当たり面です。




 
ハウジング交換歴のないこのウォーターポンプは、
新車の時からの紙パッキンが装着れています。

ここも漏れるので、今回はウォーターポンプアッセン(ポンプ部分もハウジングもセット)で
交換をしておきます。





 
水漏れ対策として、紙パッキンから金属のパッキンに変わっています。







新品のウォーターポンプアッセンです。




 
当たり面を綺麗に掃除して装着します。





 
そして2箇所目は、エンジンの奥側にセットされている、
エキゾーストマニホールド(以降、エキマニ)の当たり面からの水漏れ修理です。

写真は、既にエキマニを取り除いた状態です。





 
エキマニの端に、なぜか水の通り道があります。

中に冷却水が溜まっているのが分かります。





 
ここです。





 
この部分に装着されている目くら蓋のパッキン。




 
経年劣化でガッツリと破れています(^^;)





 
もちろん、同時にエキマニのガスケット(というより、ゴムパッキンですが)も
交換となります。







取り外したエキマニに、それぞれのパッキンを装着。

写真左のパッキンが、今回2箇所目の水漏れ原因となっています。
こりゃ、このパッキンが破れると水は漏れますよね・・・。



元通りエンジンに取り付けて、新しい冷却水を充填。

しっかりとエア抜きを行い、再度加圧テストの結果、
水漏れがきちんと止まっている事を確認して、今回の修理は完了です。




今回のトラブル修理では、上記内容も含め以下の作業を行っております。


 ・ウォーターポンプアッセン交換
 ・マニホールドガスケット交換
 ・マニホールドガスケットウォーターライン交換
 ・冷却水充填


今回の修理ご請求額は、 ¥ 60,000- となっております。


ご用命、ありがとうございました<(_ _)>


 
 <参考データ:車両走行距離  116,900km>




 

ブログランキングに登録しています。
クリックして頂けるとランキングが上がりますので、お願い致します(^^)

人気ブログランキングへ


★愛媛の社長TVに掲載されました~(^^)




★株式会社フリークのホームページは → こちらです
PR
2014年07月11日(金) 21時15分25秒

新車お買い上げありがとうございます-Y様 スズキ アルトラパンショコラ(HE22S)

テーマ:新車販売

ラパンショコラ をお買い上げ頂き、ありがとうございました。


ディーラーではなく、当社を選んで頂き、本当に感謝いたします。

 

ディーラーでの購入よりも、何かしらお得を感じて頂ける事はないかと思い、

値引き面以外にも、出来るだけのサービスを行っております。




ラパンショコラ、かなり可愛いです!!!





 
テールレンズも可愛い!!





 
ナビは当社にて、パナソニックのCN-R300Dを取り付けました。
バックカメラも一緒に取り付けています。

カメラの設置場所はここ。




 
リアゲートの内側に取り付けています。




 
純正ですと、この様にカバーを付けてカメラを装着しますので、
あんまり可愛くないのです(^^;)




 
綺麗に写ります。





 
フルセグTVも視聴可能です。

ナビのGPSアンテナは、
ダッシュボード裏の見えない所に設置しておきましたので、
ダッシュボード周辺もすっきりですよ。



納車までお待たせ致しました。


ありがとうございました<(_ _)>

 

ボディーにはガラスコーティングを施工し、
完全硬化の後に、ザイモールワックスを塗布しておきました。

燃料満タンにして納車させて頂きました。

ありがとうございました m(__)m


ブログランキングに登録しています。
クリックして頂けるとランキングが上がりますので、お願い致します(^^)

人気ブログランキングへ


★愛媛の社長TVに掲載されました~(^^)




★株式会社フリークのホームページは → こちらです
PR
2014年07月08日(火) 16時45分17秒

トラブル修理-トヨタ アルファード(ANH10W)エンジン回転数が不安定

テーマ:トラブル修理

アルファードのアイドリングが不安定との事で、お客様から連絡を頂きました。


症状としては、

 ・エアコンを付けていると回転数が500rpm程度まで下がる事がある。
 ・信号待ちなどの時にニュートラルに入れると、回転数が2500回転位まで上がったまま、少しの間下がらない。
 ・自宅駐車場に戻ってきた際、試しにニュートラルでエンジンを空ぶかししたらエンストした。

などです。


お客様の方で既にインターネットでも色々調べられていまして、
症状と共にそれらネットでの情報も教えてくれました。

お客様から伺った情報を踏まえた上でトヨタに確認しましたら、
多少間違った情報も流れている様ですので、
気になる方は最寄りのトヨタさんに確認してみて下さい。


トヨタのサービスから聞いた内容は、

 ・アイドリング不安定の症状が出ている車であれば、車検証情報などから検索をし、該当車種という事であれば、割引修理をするサービスキャンペーンを行っています。
 ・ISCバルブ交換対象、およびスロットルボディー交換対象があります。
 ・特に、年式や走行距離の縛りは設けていません。

という事でした。
リコール修理などと違い、有償修理となりますのでご注意下さい。

ただ、比較的割り引かれた価格での修理が可能です。
9万円近くかかる修理が、約4万円程度で出来るというレベルですが・・・(^_^;)


ちなみにこちらのアルファードは、ISCバルブ交換対象車種には入っていましたが、
修理の見積もりが45,000円位掛かるという事でしたので、
ダメ元で、フリークでの整備を行ってみました。


※ ISCバルブとは、アイドリングをコントロールしている部品です。
  



 
問題となっているISCバルブを取り外します。




 
中、見えるでしょうか!?




 
なんと!なんと!!

こんなにもカーボンが蓄積していました。

これでは、さすがに何か知らの不調を来すはずです(-_-;)





 
綺麗に掃除をしました。




ついでにエアフロも清掃しておきました。

お預かりしている間での症状の再発は無くなり、
その後納車させて頂いてからの経過も伺っておりますが、
10日程度経ちましたが、以後調子はいい様です(^^)





今回のトラブル修理では、上記内容も含め以下の作業を行っております。


 ・スロットルボディー脱着
 ・スロットルボディー前後ガスケット交換
 ・スロットルボディー清掃
 ・ISCバルブ清掃


今回の修理ご請求額は、 ¥ 7,300- となっております。

(同時に、ルームミラーの交換も行いました。そちらの費用は税込8,100円です)


ご用命、ありがとうございました<(_ _)>


 
 <参考データ:車両走行距離  km>

ブログランキングに登録しています。
クリックして頂けるとランキングが上がりますので、お願い致します(^^)

人気ブログランキングへ


★愛媛の社長TVに掲載されました~(^^)




★株式会社フリークのホームページは → こちらです
PR
2014年06月28日(土) 16時29分19秒

車検整備-K様 トヨタ ライトエースバン(CR27V) 

テーマ:車検・点検整備

車検をご用命頂きありがとうございました<(_ _)>


車検整備の内容を、写真付きで解りやすく紹介しております。
整備の内容だけでなく、同時にお車の状況を把握する事も出来ると思いますので、
ぜひ、最後までお付き合い下さい(^^)


◆◆お願い◆◆


本文中に専門用語なども出てまいります。
理解しにくい内容になってしまうかも知れませんが、
解説付きのだらだらと長い文章になる事を避ける為、
専門用語の使用についてはご理解下さい。
なるべく解りやすくお伝え出来る様、努めてまいります<(_ _)>


◆◆◆◆◆◆◆


それでは説明に移らせて頂きます。


まず入庫時の問診で、
「ハンドルから手を放すと左に取られていく」と伺いました。
当社に入庫時で既にホイールアライメントはテスターのあるお店で調整済みとの事です。

ホイールアライメント調整済み、タイヤも新品に交換済、
以上の事から、
まずは足廻りの各所採寸を行いました。

左右での狂いが無い事を確認し、
各回転部分の転がり抵抗を調べていきます。


フロントのブレーキローターに何キロの荷重を与えると転がり出すかを計ると、
右側は1.4キロで動き出すのに、
左側は6.5キロまで荷重しないと動き出しません。

手で回しても、明らかに左右の重さが違います(^_^;)

ブレーキピストンの戻りが悪い様で、
少し引きずり気味の様です。



フロントブレーキキャリパーキットを使って、オーバーホールを行います。
写真は、オーバーホールに必要なキャリパーキットという部品です。





ブレーキキャリパーピストンも取り外し、綺麗に掃除をします。





キャリパーに使われているゴム類・シール類を全て新品に交換し、
ブレーキキャリパーを組み上げます。






続いて、フロントハブも分解します。
ハブキャップを取り外すと、ご覧の通りグリースが凄い状態になっています。



 
ハブを取り外します。




 
ハブベアリングも取り外して、
中のハブグリースを新品に詰め替えます。




 
まずは古いグリースを全て取り除き、綺麗に洗浄します。





新しいハブグリースを詰めて、ベアリングにも詰めていきます。



 
ハブシールは無条件で交換となります。



 
アウター側のテーパーベアリングも組み付け、
規定トルクで締め付けてロック、ハブキャップを取り付けて完成です。




 
続きまして、お客様からご依頼の、フィルターも含めたATFのメンテナンスです。




 
ATFを抜き取って、ATFオイルパンを取り外します。




 
ATFフィルター(ATFストレーナー)も新品に交換です。




 
バルブボディも清掃し、新品のフィルターを組み付けます。



 
取り外していたオイルパンの底に溜まっている汚れも、




 
綺麗に掃除をします。





新しく充填するのは、WAKO’Sの高級ATF、
HYPER-Sです。




オイルエレメントの交換し、



 
エンジンオイルを充填します。




スペアタイヤの空気圧を調整。



 
タイヤの空気圧も調整。



 
規定トルクで締め付けて、車検整備完成です。



上記交換部品も含め、今回の車検で交換した部品や作業した箇所は、


 ・エンジンオイル交換
 ・WAKO’S FV(フォアビークル)添加
 ・オイルエレメント交換
 ・ブレーキフルード交換
 ・ロングライフクーラント(冷却水)交換
 ・フロントワイパーラバー左右交換
 ・フロントブレーキキャリパーオーバーホール
 ・フロントハブグリース左右交換
 ・フロントハブシール左右交換
 ・ATF交換
 ・ATFオイルパンガスケット交換
 ・ATFストレーナー交換
 ・ATFストレーナーガスケット交換

以上となります。


交換を必要としなかった部品につきましても、
各所点検・調整・清掃・グリースアップなど行っております。


今回の車検ご請求額は ¥ 120,000- です。 
   (内、諸費用は 59,476円です)

 

ありがとうございました<(_ _)>

 
 <参考データ:車両走行距離  119,450km>

 

 

ブログランキングに登録しています。
クリックして頂けるとランキングが上がりますので、お願い致します(^^)

人気ブログランキングへ


★愛媛の社長TVに掲載されました~(^^)




★株式会社フリークのホームページは → こちらです
2014年06月20日(金) 20時43分56秒

突然ですが、ご報告です。

テーマ:整備ブログ

友人が経営していた店舗が、病気の為急遽閉める事となりまして、


すごく急なお話しですが、、、


その後を引き継ぎ、株式会社フリークの2店舗目として出店する事にしました。

 

初めてそのお店に顔を出したのがちょうど1週間前。

このままテンポ早く計画を進めて行って、

出来れば7月頭にはその店舗で本格的に活動を開始したいと考えています。

 

現時点での方針は、R56号店の方は私、野間が一人で回していきます。
(ちなみに、支店名も何も決まっていません)

サービス内容は、今までその店舗で行っていた作業をほぼ踏襲していきます。
(もちろん、軽整備は行える様にしておきます)

 


この出店を、後々『チャンスだった』と振り返る事が出来るのか、

それとも、『失敗だった』と振り返る事になるのか、

それを決めるのはこれからの自分。


無い頭と、少々くたびれて来た体を精一杯フル稼働させて、

胸を張れる結果を出せる様に頑張ります!!

 


堀江は、今まで通り『株式会社フリーク』の本社として営業を続けていきますので、

今後とも、よろしくお願い致します。


   株式会社フリーク 代表取締役社長 野間雄司

 

 

旧店舗『タイヤファクトリーゼロ』さんの情報ページではありますが、
場所や住所などはこちらのサイトを参考にして下さい → こちら




工場内には車が4台収納できます。




 
ダブルアームのタイヤチェンジャー。




 
高性能ホイールバランサー。





四輪ホイールアライメントテスターもあります。




 
ホイールアライメントテスター専用リフトです。




 
まだまだ片付け中ですが・・・(^_^;)





ブログランキングに登録しています。
クリックして頂けるとランキングが上がりますので、お願い致します(^^)

人気ブログランキングへ


★愛媛の社長TVに掲載されました~(^^)




★株式会社フリークのホームページは → こちらです

[PR]気になるキーワード

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>