ジオターゲティング

最初はお客様への整備内容報告で始めた「説明書」のつもりでしたが、

当社に来店される方々から、感想や応援を頂く様になり、

次第に県外の方々からも問い合わせや感想を頂く様になりまして、

もはや後戻り出来ないところまで来てしまいましたあせる


解りやすい写真撮影を心がけ、

普段はあまり見れない部分の写真なども多く掲載する様に勤めていますグッド!


主旨はあくまでもお客様向けの説明ではありますが、

整備に興味のある方も、是非ご覧下さいニコニコ


ネットを見ていても、「その作業って一体いくら位なの??」と思われる事が多いと思います。

ですので、ブログの最後には基本全てに請求額を入れております。

同じ症状でお困りの方の参考にでもなればと思います。


よろしくお願いいたします。



★フリークで車を買うと、どんな整備をしてくれるの?

      → フリークの納車点検整備


★フリークで車検をすると、どんな整備をしてくれるの?

      → フリークの車検点検整備


★フリークでは、どんなトラブルを直しているの?

      → フリークのトラブル修理

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2014年08月30日(土) 17時46分57秒

タイヤ交換とトラブル修理-Y様 スズキ ジムニー(JA12W)

テーマ:部品・用品の取付

お電話でタイヤの問い合わせを頂いて、ご来店頂きました。

ちょっと特殊なタイヤで、

走破性の高いマッドテレーンというタイプのタイヤです。






まずはリフトで上げてタイヤを取り外し、




 
古いタイヤを抜き取って行きます。

が、

ここでちょっとしたトラブルが(^^;)

タイヤの中にチューブが入っているホイールと、

入っていないホイールがそれぞれ2本ずつ。



実際、悪路を走破するジムニーにはチューブを入れる事があります。

(滑りやすい悪路を走破する時、タイヤの空気圧を0.5位まで落として、グリップ力を上げるのですが、その際、チューブの無いタイヤですと、タイヤとホイールの間に泥が入ってパンクしたり、タイヤとホイールの接点が外れてパンクしたりという事があるんです。でも、チューブが入っているとそういったトラブルを防ぐ事が出来ます)

ただ、さすがに2本だけってことは無いでしょう(^^;)




 
タイヤと、中に入っていたチューブを取り外しました。




 
チューブが入っていた理由はこれ。




 
空気を入れるエアバルブは、ホイールの内側から外に向いて装着しています。

この穴の内側にしっかりと張り付いて、空気が漏れるのを防いでいるのですが、

このホイールはエアバルブの当たり面が錆びてボロボロになっています。


ちなみに、タイヤチューブが入っていなかった2本も同じ様な状態になっていて、

エアバルブをちょっと触ると、その周辺からシューシューと空気が漏れ出しました。

エアバルブは装着出来ないので、タイヤチューブを入れていたんですね。





 
結局、タイヤ交換でお預かりする事となり、

タイヤチューブをあと2枚取り寄せました。

(県内のどのタイヤメーカーも在庫していなかった為、本州から送って貰いました)




 
無事に組み付け(^^)




 
新品のタイヤに交換完了。

全てのタイヤ内部にタイヤチューブが装着されていますので、
これでパンクの心配もありません。





古いタイヤは、もうツルツルですね。

処分です。




さて、続いては、

後付のキーレスが付いているのですが、

そのキーレスのヒューズがよく飛ぶそうでして(^^;)


まずは付けている状態を確認。




 
運転席ドアですが、




 
配線が挟まれてペッチャンコになっています。




 
ウィンドーレギュレータ近辺も危なっかしい感じです。




 
配線を一度取り外して、




 
配線チューブで保護していきます。




 
内側も勿論。




 
配線の保護完了。





助手席側も。



 
ん??

こっちは配線の被覆も剥がれて、中身が見えています。




 
絶縁テープで保護して、




 
こちらもチューブで保護。




 
ドアを閉めた状態の運転席側です。

車内側に折れ込むようにしておいたので、
もう挟み込むことはありません。





 
助手席側ももう大丈夫です。



ここからは、後日追加作業となった、
リアハッチバックドアの配線処理です。




 
こちらの配線もチューブで保護していきます。





 
ドアロックモーターまでの配線をしっかりと保護。






ギボシ接続されていた配線のギボシ部分が絶縁されていませんでした。




収縮チューブで金属部分を絶縁し、




絶縁テープでしっかりと固定。




タイヤも新品になって、格好良さが更にアップしましたね(^^)

キーレスのヒューズ飛びに関しては様子を見て頂き、
再び不具合が出る様でしたら、是非ご連絡下さい。




今回の用品交換では、下記用品を取り替えております。

 ・タイヤ(TOYO TRANPATH 195R16 MT) 4本交換
 ・タイヤチューブ 2本


今回の修理ご請求額は、 ¥67,100 - となっております。


ご用命、ありがとうございました<(_ _)>


 
 <参考データ:車両走行距離  105,700km>


 

ブログランキングに登録しています。
クリックして頂けるとランキングが上がりますので、お願い致します(^^)

人気ブログランキングへ


★愛媛の社長TVに掲載されました~(^^)




★株式会社フリークのホームページは → こちらです

AD
2014年08月29日(金) 10時33分23秒

ETC取付-W様 トヨタ イスト(NCP110) 

テーマ:部品・用品の取付

ETCの取付です。


日常的に行っている、普通の作業です(笑)

わざわざこんな内容とお思いでしょうが、

まぁ、

お付き合い下さい(^^;)


いつも、ブログを書くからには、写真もたくさん掲載して、

内容も興味深く、説明も色々とあって、

・・・なんて考えながらやっているのですが、

ちょっと小休止みたいな感じで、

軽~いブログも書いてみようかと、へそ曲がりが思いつきまして(^^)



あんまりブログ書かないと、

「あいつ、仕事してるのか???」なんて思われるでしょうし(笑)


では、

軽~いブログ、どうぞ!!




 
イストにETCを取り付けます。

純正ETCは本体も高く、ブラケットも高い。
なので今回は、アルパインのブラケットを使って、
パナソニックのETCを取り付けます。

まるで、何かに反抗しているかの様な組み合わせ(笑)




 
純正ETC装着場所は、通常カードホルダーになっています。

まずはカードケースを取り外します。




 
写真右が、車両から取り外したカードケースで、
写真左が、アルパインETC専用の取付ブラケットです。

アルパイン専用ですが、パナソニックのETCも取り付けられます(^^)



 
この通り。




 
各スイッチの操作性を失わないレベルまで奥に入れておきます。




 
少し離れて見たらこんな感じです。
殆ど目立ちませんし、でも手を伸ばせば簡単にアクセス出来ますし、
乗り降りの際にも一切邪魔になりません。



今回のETC取付費用は、

 ・ETC本体(パナソニック CY-ET909KDZ)
 ・ETCセットアップ
 ・ETC取付工賃
 ・ETC取付ブラケット

上記全て込みで、ご請求額は、 ¥19,440 - となっております。


ご用命、ありがとうございました<(_ _)>



 

ブログランキングに登録しています。
クリックして頂けるとランキングが上がりますので、お願い致します(^^)

人気ブログランキングへ


★愛媛の社長TVに掲載されました~(^^)




★株式会社フリークのホームページは → こちらです
AD
2014年08月28日(木) 16時06分17秒

トラブル修理-マツダ デミオ(DW3W)バックしようとしても前進する

テーマ:トラブル修理

一緒に月一バドミントンをしている友人の車です。

2~3ヶ月前に、

「最近登り坂で、回転は上がるのに走らなかったり、
 バックレンジに入れてもすごく重い感じでゆっくりしかバックしないんだけど、
 フリークでATオイルの交換ってして貰えるの??」

と言われていました。


車検の時にディーラーでATオイル交換をお願いしたそうですが断られたそうです。

一応OKはしたのですが、症状の原因によっては、無駄に終わるかもという事も伝えました。



ただ、その友人が住んでいるのは、
私の住んでいる松山市から約60km離れた別の市でして、
その後も何度か連絡を取り合ったのですが、
時間がある時にでも行くよ!と言われていたので待っていました。

そんな矢先に、

「車が、Nのレンジに入れても前進する!!
 それどころか、Rのレンジに入れても、アクセル踏めば前に向いて走り出すんだけど!」

との電話が(^_^;)


とにかく当社まで距離がありますので、
まずは近くのマツダディーラーに持って行ったそうですが(もちろん前進のみで)、
出た見積もりは60万円!!
リビルト交換で修理しても35~40万円!!
そして当然、直す事よりも買い替えを勧められ、
新車と中古車を見て回る羽目になったそうです(^_^;)

ま、私でも、このデミオに愛着が無いというのであればそうしていたと思いますが(笑)
(だって、もうすぐ25万キロですし)


結局、
ディーラーでは上記内容以外の修理は出来ないとの事だったそうで、
頑張って前進のみで約60kmの道のりを走って来店されました。



途中にあるちょっとした峠道で、止まりそうになったらしいです(^^;)





 
走行距離はもうすぐ25万キロ!!
今まで一度もATF交換をした事がありません。




 
ATFの量は大丈夫ですが、この汚れ方は凄いです!!!




 
今回は中古のATを探して来て、
それを移植する事に決まりました。

早速リフトアップして、作業を進めて行きます。




 
ラジエータを取り外しました。
AT車のラジエータの多くは、
ATFの温度を下げるATFクーラーの役目も担っています。

あとで掃除するので、しばらくそこでまっておくんだよ。




だんだんと、ATが丸見えとなって来ました。




ATFを全て抜き取ります。



 
すっごい色になったATFです。
色もすごいですが、臭いも強烈です!!!





エンジンオイルも排出。



 
AT本体とりはずし。





こちらはエンジンの後ろ側。
ここにATが引っ付けられています。




 
せっかくここまで取り外しているので、
エンジンの後ろ側にあるクランクリアシールも新品に交換しておきます。




 
新品に交換しました。
AT本体を取り外さないと、交換出来ない場所です。




 
ドライブシャフトも取り外していますが、
シールとの接触部分に錆が付着しています。




 
綺麗に掃除しておきました。
この後、シールも新品に交換します。



中古のATに付いている消耗部品を交換して行きます。





 
先程のドライブシャフトが差し込まれている部分のシール、
「サイドシール」も左右交換です。


 
新品は柔軟で密着がよく、オイル漏れをしっかりと防いでくれます。


中古のATを車両に戻して組み付けて行きます。




 
ラジエータの掃除です。
水の流れる通路と、ATFの流れる通路が別々です。

汚れたATFがまだ内部に残っていますので、
洗浄剤を使ってしっかりと清掃します。





古くなって硬化していたATクーリングホースも交換しておきます。



 
新しいホースを取り付けて、




 
AT側のATF通路に接続。





SUNOCOのATFを充填します。



 
規定量に合わせていきます。



 
エンジンオイルも注入。




冷却水も新品を注入。



 
各所点検の後、エンジン始動。

その後何度かの試運転を重ね、
再度リフトアップしては点検。

最終、各油量を確認・調整し、完成です。

車検も今年2月に受けたばっかりだし、
まだまだ引き続いて乗って行きたいとの事でしたので、
すごく喜んで貰えました。


今回思った事ですが、

「ATFの交換をしてからバックしなくなった」などとよく聞きますが、
本当にATFの交換が引き金になっているのかな??
近い将来壊れる過程にある車があり、
たまたまその少し前に、ATF交換をしたというだけなのかも・・・と思いました。

確かに、ATFの特に新油は洗浄効果が高く、
交換する事により配管内壁に付着した汚れを掻き落とし、
それら汚れが詰まる事で不具合に繋がると、昔から聞かされてはいましたが。

どこまで正しい情報なのだろう・・・。

このデミオも、当初相談された時にATF交換をしていたら、
「ATFの交換が引き金になって、ATが壊れたのかも」と考えたかと思います。

因果関係を立証するのが難しい機関ですね。




今回のトラブル修理では、上記内容も含め以下の作業を行っております。


 ・AT本体(中古)載せ替え
 ・クランクリアシール交換
 ・デフサイドシール左右交換
 ・ATFクーラー用ホース(IN/OUT)交換
 ・ATF交換
 ・エンジンオイル交換
 ・冷却水交換


今回の修理ご請求額は、 ¥ 144,000- となっております。


ご用命、ありがとうございました<(_ _)>


 
 <参考データ:車両走行距離  249,400km>


&nbsブログランキングに登録しています。
クリックして頂けるとランキングが上がりますので、お願い致します(^^)

人気ブログランキングへ


★愛媛の社長TVに掲載されました~(^^)




★株式会社フリークのホームページは → こちらです

AD
2014年08月17日(日) 09時39分03秒

トラブル修理-走行中、周期的にハンドルが左に取られる

テーマ:トラブル修理

香川に単身赴任で出ている同級生が帰って来たのですが、

「車をゆっくり動かしただけでも、ハンドルが グンッ! グンッ! と左に取られる」

「高速乗ったけど、もの凄い揺れと騒音で怖すぎて走れない」

と連絡が入りました。



とは言いながらも、もうすでに愛媛入りしていて(^_^;)

もうすぐ松山に入るとの事でしたので、そのまま寄って貰う事にしました。


早速試運転、

そしてリフトアップ、


写真を撮りましたので、見て頂くのが早いかと。





左前のタイヤです。
このタイヤ、クルクルと回していくと、





一カ所だけ、内側だけがボコンッと大きく凹んでいます。
(赤い矢印の場所です)


聞けば、ここ最近2~3週間乗っていなかったそうです。

恐らく、その時に接地していた場所が、この様に変形したのだと思います。


このタイヤはインターネットで購入した韓国製のタイヤでした。



ご予算の事もあるでしょうし、

ネットで売られている凄く安いタイヤを否定する訳ではありません。

(実際、当社でもお客様からのご希望があれば、ネットでアジアンタイヤを仕入れる事もあります)
 
それよりも、溝の少ないタイヤで騙し騙し乗られている方がよっぽど危険だと思いますし。



ただ、この手のタイヤは、溝がしっかりある時はいいのですが、

写真の様に溝が無くなってくると、

異常な摩耗をするタイヤがあります。

今までも、八角形に変形摩耗したタイヤを交換した事もありましたし。



故に、ある程度溝が減ってきたら、早目の交換をお勧めします。


そして、

フリークでもメーカー正規ルートより取り寄せられる廉価タイヤもあります。

実質ブリジストン製品となる 「ファイアストーン」 や、

TOYOタイヤの対米ブランドとなる 「NITTOタイヤ」 などは、

アジアンタイヤに負けないプライスを実現している上、

「日本」の技術がしっかりと注ぎ込まれたハイクオリティタイヤとなっています。

気になる方は是非お問い合わせを(^^)





今回のトラブル修理では、上記内容も含め以下の作業を行っております。


 ・フロントタイヤ2本交換
   (ファイアーストーン 215/60R17)
 ・タイヤエアバルブ2本交換


今回の修理ご請求額は、 ¥ 29,800- となっております。


ご用命、ありがとうございました<(_ _)>


 

 

ブログランキングに登録しています。
クリックして頂けるとランキングが上がりますので、お願い致します(^^)

人気ブログランキングへ


★愛媛の社長TVに掲載されました~(^^)




★株式会社フリークのホームページは → こちらです
2014年08月14日(木) 15時40分30秒

お買い上げありがとうございます-H様 日産マーチ(AK12)

テーマ:納車点検整備

マーチをお買い上げ頂き、ありがとうございました。


お買い上げ頂きましたマーチの納車整備です。


お買い上げ頂いたお客さまに、どの様な整備を行っているのか、

その内容を少しでもお伝え出来ればと考え、作業風景を撮影しております。


◆◆お願い◆◆


本文中に専門用語なども出てまいります。
理解しにくい内容になってしまうかも知れませんが、
解説付きのだらだらと長い文章になる事を避ける為、
専門用語の使用についてはご理解下さい。
なるべく解りやすくお伝え出来る様、努めてまいります<(_ _)>


◆◆◆◆◆◆◆


それでは説明に移らせて頂きます。





茶色のマーチです。




 
ロアアームボールジョイントブーツにヒビが入っていました。
車検には問題ありませんが、交換をしておきます。



 
古いブーツを取り除いて、古くなったグリースも取り除いて
綺麗に掃除をします。




 
新しいグリースに詰め替え、




 
新品のブーツを装着。





 
ブーツの新旧比較です。




 
タイロットエンドのブーツも交換します。





グリースとブーツを新品に交換です。



 
前のブレーキパッドです。
残量が微妙でした。
迷ったので、交換です(^^)
(写真左側は新品を取り付けています)




 
フロントブレーキパッド、4枚とも新品に交換です。




 
後ろのブレーキはしっかりとした残量がありましたので、
調整などのメンテナンスを行います。

表面を綺麗に磨いて、



 
パーツクリーナーで汚れを清掃。




 
摺動部分に専用のグリースを塗布し、
ブレーキ調整を行っております。





ブレーキフルードタンクです。
フルードの交換をしますが、
当社ではしっかりと全量交換しております。



 
上の写真と比べて頂くと、フルードの色が透明になっているのが分かると思います。




 
古いエンジンオイルを排出し、オイルエレメントを交換します。




 
新しいエンジンオイルを充填。




 
冷却水も交換しています。




 
エンジンに入る空気を綺麗にするエアーエレメントです。
手前が新品です。



 
古い方は、埃・汚れが溜まっていますので交換です。





エアコン用のフィルターも新品に交換です。




 
スロットルボディーの写真です。
アクセルを踏むと、写真の部品の奥の丸い蓋が開いて、
空気を多く取り込むようになり回転が上がります。

回転を制御している部分で、センサーも付いていますので、
汚れているのはよろしくありません。




 
専用のクリーナーで綺麗に掃除し、
コンピュータ学習をし直して調整しています。




 
ワイパーゴムも新品に交換です。




 
タイヤは、現在スタッドレスタイヤが装着されていましたので、
新品の夏用タイヤに4本とも交換です。




 
ドアロックシステムに異常がありましたので、
全てのドアのロックモーターを交換します。




 
1台分入荷しました。




 
新旧比較です。




 
各ドアにそれぞれ装着されていますので、






全て交換していきます。



 
交換の際に取り外したドアノブの当たり面も、
綺麗に掃除をしておきました。





使い慣れているという事で、お母さんの乗られている車に付けたナビと
同じ物をご希望されました。





i-podケーブルはこの場所に出してきています。
使わない時は収納できるようにしています。



 
ルームクリーニング、及びボディー磨き&コーティングを行って完成です。



上記交換部品も含め、今回の納車点検整備では、


 ・エンジンオイル交換
 ・オイルドレンパッキン交換
 ・オイルエレメント交換
 ・冷却水交換
 ・ブレーキフルード交換
 ・バッテリー交換
 ・フロントブレーキディスクパッド交換
 ・フロントロアアームボールジョイントブーツ左右交換
 ・タイロットエンドブーツ左右交換
 ・エアーエレメント交換
 ・エアコンクリーンフィルター交換
 ・タイヤ4本交換
 ・タイヤエアバルブ4本交換
 ・ドアロックモーター4個交換
 ・ナビ取付
 ・USBケーブル取付
 ・i-podケーブル取付
 ・日産用車両ハーネスキット取付
 ・日産用オーディオフェイスパネル取付


以上を作業しております。

交換を必要としなかった部品につきましても、
各所点検・調整・清掃・グリースアップなど行っております。

 


納車点検整備終了後の名義変更の際には、

 ・希望ナンバーサービス
 ・燃料満タン納車

も行っております。

 


納車までお待たせ致しました。


ありがとうございました<(_ _)>



 

ブログランキングに登録しています。
クリックして頂けるとランキングが上がりますので、お願い致します(^^)

人気ブログランキングへ


★愛媛の社長TVに掲載されました~(^^)




★株式会社フリークのホームページは → こちらです

[PR]気になるキーワード

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>