ジオターゲティング

最初はお客様への整備内容報告で始めた「説明書」のつもりでしたが、

当社に来店される方々から、感想や応援を頂く様になり、

次第に県外の方々からも問い合わせや感想を頂く様になりまして、

もはや後戻り出来ないところまで来てしまいましたあせる


解りやすい写真撮影を心がけ、

普段はあまり見れない部分の写真なども多く掲載する様に勤めていますグッド!


主旨はあくまでもお客様向けの説明ではありますが、

整備に興味のある方も、是非ご覧下さいニコニコ


ネットを見ていても、「その作業って一体いくら位なの??」と思われる事が多いと思います。

ですので、ブログの最後には基本全てに請求額を入れております。

同じ症状でお困りの方の参考にでもなればと思います。


よろしくお願いいたします。



★フリークで車を買うと、どんな整備をしてくれるの?

      → フリークの納車点検整備


★フリークで車検をすると、どんな整備をしてくれるの?

      → フリークの車検点検整備


★フリークでは、どんなトラブルを直しているの?

      → フリークのトラブル修理

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2014年10月30日(木) 09時39分36秒

お買い上げありがとうございます-N様 フィアット500(31212)

テーマ:納車点検整備

フィアット500 をお買い上げ頂き、ありがとうございました。


お買い上げ頂きました フィアット500 の納車整備です。


お買い上げ頂いたお客さまに、どの様な整備を行っているのか、

その内容を少しでもお伝え出来ればと考え、作業風景を撮影しております。


◆◆お願い◆◆


本文中に専門用語なども出てまいります。
理解しにくい内容になってしまうかも知れませんが、
解説付きのだらだらと長い文章になる事を避ける為、
専門用語の使用についてはご理解下さい。
なるべく解りやすくお伝え出来る様、努めてまいります<(_ _)>


◆◆◆◆◆◆◆


それでは説明に移らせて頂きます。




真っ赤なフィアット500です。
ただ、このアルミホイールはスパルタン過ぎて、
少々お好みと違っていましたので、



 
純正アルミホイールを仕入れて、
タイヤを新品に交換。




納車点検整備を進めて行きます。




 
エンジンオイルのフィラーキャップ、何故か割れています(^^;)
しかも、開こうとしても開きません。
延々と空回りし続けます。



 
無理矢理取り外しました。
ある程度の力が掛かると、空回りする仕組みです。

でも、閉める際に、空回りしているのも無視して締め付け続けると、
閉まり過ぎてしまう事により、
次に開こうにも、開ける為に掛かる力がグリップトルクを上回る為、
空回りしてしまいます。

力いっぱい閉めればいいというものではありません。




 
割れてもいましたので、新品に交換しております。




 
こちらのホースも、締め付けトルクを無視した結果、故障していました。

ホースはヒーターホースと言いまして、
暖房に使う熱くなった冷却水をヒーターコアに運ぶホースです。

一部分、内部空気が抜けにくい構造となっている為、
エア抜きが付いているのですが・・・



 
写真下の新品と比較するとよく解りますが、
エア抜きのドレンは、周辺にギザギザのコマが付いていて、
真ん中にはマイナスの切欠きが付いています。

恐らく、前に車検をした整備工場さんで、
こちらも思いっ切り締めこんだのでしょう。

周辺にギアが付いているタイプは、
手で回して閉めたので、ちょうどいい締め付けトルクを得られます。

恐らく、真ん中の切欠きにマイナスドライバーを差し込んで、
しっかりと締めこんだのでしょう。
頭の部分が割れて、ボルト部分が内部に残ってしまっています。

締め付けトルクの管理は、大切という事です。


ちなみに、このドレンプラグのみは部品供給が無い為、
ホースアッセンブリ―交換となります。




 
新品のホースに交換しております。





バッテリーも新品交換です。





ETCは、前に乗っていた車からの移植を依頼されましたが、
日頃からお世話になっている方ですので、
せめてものお礼、新品にさせて頂きました。

取付は、フィアット500の基本の場所。




 
ダッシュボードを取り外し、配線を取回して来ます。




 
プルダウントレイの内側にセットします。




 
こんな感じに装着されます。
使い勝手も良く、トレイを収納すると見えなくなります。




 
少し離れて撮影。




 
キーレストランスミッターの電池も交換しております。




 
高温スチームを使っての車内クリーニング、





ボディーのコーティングも施工して、納車準備完了です。




後日、別の車の件でお伺いした際、
お店のマスコットカーみたいに飾られていました(^^)



 
松前町にある「ジラソーレ」さんです。
ここでお食事すると、幸せ気分に包まれます~(^^)




上記交換部品も含め、今回の納車点検整備では、


 ・エンジンオイル交換
 ・オイルドレンパッキン交換
 ・オイルエレメント交換
 ・ヒーターホース交換
 ・バッテリー交換
 ・エンジンオイルフィラーキャップ交換
 ・ワイパーブレードセット交換
 ・純正アルミホイール交換
 ・タイヤ 4本交換
 ・タイヤエアバルブ 4本交換
 ・キーレストランスミッター電池交換


以上を作業しております。

交換を必要としなかった部品につきましても、
各所点検・調整・清掃・グリースアップなど行っております。

 


納車点検整備終了後の名義変更の際には、

 ・希望ナンバーサービス
 ・燃料満タン納車

も行っております。

 


納車までお待たせ致しました。


ありがとうございました<(_ _)>


 <参考データ:車両走行距離  23,700km>


 

ブログランキングに登録しています。
クリックして頂けるとランキングが上がりますので、お願い致します(^^)

人気ブログランキングへ


★愛媛の社長TVに掲載されました~(^^)




★株式会社フリークのホームページは → こちらです
AD
2014年10月24日(金) 10時28分46秒

この車、何だか臭くない?? 気になる嫌な臭いをスッキリ解消!!(エアキャタライザー)

テーマ:部品・用品など
和光ケミカル(WAKO’S)から新商品が出ました!!
(と言っても、3ヶ月位前ですが(^^;) )

新しい商品は、試してみないと解らないってことで、
重症クランケを探しておりましたが(笑)

居ました!!
もの凄くタバコ臭い、ヤニだらけの車が!!

早速試してみました!!

結果は・・・、

タバコの臭い、全くしなくなりました!!!
私はタバコを吸わないので、特にタバコ臭に対しては敏感ですが、
全然臭いません!!
効果は1年間です。

それでは、施工の様子をご覧下さい(^^)


※ちにみに、施工している車はタバコ臭い実験台の車ではありませんよ!!!
  当社で販売した中古車への施工の様子です。




WAKO’Sのエアーキャタライザー!!!




 
まずは、新品にしたエアコンクリーンフィルターに、
専用の強化スプレーを吹き付けて、陰干しします。




 
車内を清掃後、不要な物を全て降ろして、
「空間浄化スプレー」をセット。
車内を浄化します。
(憑きものがとれる訳ではありません)

この工程は1時間程度掛かります。




 
陰干ししたエアコンクリーンフィルターに、
専用フィルターシートを取り付けて作業終了です。




 
施工証明書も付きます。




 
チラシ。


施工料金は10,800円です。

施工の際には、エアコンクリーンフィルターの交換が必要となりますので、
施工をご希望される方は事前に車検証の情報を教えて下さい。

※エアコンクリーンフィルター代金は別途掛かります。
※車内清掃は、汚れの程度に応じて別途費用が掛かります。


★中古車で買ったけど、何だか前の人の臭いが・・・
★禁煙したから、染み着いたタバコの臭いをどうにかしたい・・・
★お客様から下取りした車が臭うという車屋さん・・・
★ペットの臭いが染み着いてしまって・・・

という方、是非お試し下さい。
代車もありますので、ご連絡頂ければ予約しておきますよ(^^)v




ブログランキングに登録しています。
クリックして頂けるとランキングが上がりますので、お願い致します(^^)

人気ブログランキングへ


★愛媛の社長TVに掲載されました~(^^)




★株式会社フリークのホームページは → こちらです
AD
2014年10月22日(水) 15時03分09秒

トラブル修理-BMW Z3-3.0(E40/CN30)ベルトテンショナー交換+冷却水漏れ修理

テーマ:トラブル修理

いつもフリークのステッカーをお願いしている方が、
お仕事下さいました~(^^)

連絡頂いた時点で、既にBMWディーラーさんにて、
ドライブベルト交換の見積もりをされていました。

それらに絡めて、他何かあれば一緒に作業して欲しいとの事で(^^)





早速リフトアップです。

リフトに上げられて足ブラブラ状態で、
ボンネットまでパッカーンと開かれて、
これで格好良く見える車は珍しい(笑)




 
ドライブベルトもヒビが入っていてアウトですが、
底から見上げると、冷却水の跡が!
 


 
クーリングファンやファンシュラウドを取り外すと、
エンジン前面の各所に付着する冷却水痕!

ミラーを使って見てみると、
やはりウォーターポンプの様です。




 
メカニカルシールから漏れています。




 
今回はドライブベルトの交換だけでなく、
オートテンショナー本体とプーリー、
それに伴って交換が必要となるボルト類を交換、
そしてプラス、ウォーターポンプです。




 
ウォーターポンプを取り外しました。
写真の左が新品、右が取り外した物です。



 
Oリングもペッチャンコ。
ここから漏れるのも時間の問題だったと思います。




 
ウォーターポンプの外れたエンジンルームです。




 
続いて、赤い矢印の、
オートベルトテンショナー、
アジャスティングプーリー、
テンショナープーリー、
を取り替えていきます。




 
古い部品を取り外しました。




 
写真左が取り外したオートテンショナーで、
写真右が新品のオートテンショナーです。

部品間違いではありません。
新しいオートテンショナーは、
スプリング式からダンパー式に変更になっているのです。

形、全然違いますけど大丈夫。




 
ほらね(笑)



 
続いて、ウォーターポンプを組み付けます。

クーリングファンやベルト用プーリーを取り付ける際に、
クルクルと回転させる必要があります。
空回しはメカニカルシールに対して良くありませんので、
組付け前にウォーターポンプ内に冷却水を注ぎ、
少しでもダメージ軽減する様潤滑しておきます。

ちなみに、ラジエータに貼っている段ボールは、
作業中、万が一にもラジエータのフィンなどを気付付けない為のカバーです。



 
ウォーターポンプ先端に付くプーリーは、
ボルト位置が均等ではありません。
作業される方は、SSTの掛かり具合をよく確認して作業して下さい。



 
ドライブベルトです。
手前のベルトは特にひどい状態です。




 
新しいベルトです。






ベルトを組み付けました。
BMW、なんて作業性がいいんでしょう(^^)
ま、クーリングファンが取り外された状態ではありますが。

あ、BMWのクーリングファンは、ちゃんとSSTを使って取り外しましょう。



 
BMW純正ロングライフクーラント(LLC/冷却水)を充填します。
写真では解り難いですが、
まさに、「ブルーハワイ」色です(^^)

しっかりエア抜きを行い、
漏れが止まっている事を確認して作業終了です。






ちなみに、
このZ3オーナーさんに作って頂いているフリークのステッカーです。





新しくロゴマークが加わりました。
このロゴマークは、フリークのお客様でデザイナーの方が作成してくれました(^^)





今回のトラブル修理では、上記内容も含め以下の作業を行っております。

 ・オルタネータベルト交換
 ・コンプレッサーベルト交換
 ・ボルト M8×105
 ・ボルト M8×50
 ・ボルト M8×35
 ・ボルト M10×25
 ・プロテクションキャップ
 ・アジャスティングプーリー交換
 ・フラットワッシャー 2枚
 ・ベルトテンショナー交換
 ・ベルトテンショナープーリー交換
 ・ベルトテンショナープーリーキャップ
 ・ウォーターポンプ交換
 ・BMW純正ロングライフクーラント


今回の修理ご請求額は、 ¥ 103,850- となっております。


ご用命、ありがとうございました<(_ _)>


 
 <参考データ:車両走行距離  91,760km>


 

ブログランキングに登録しています。
クリックして頂けるとランキングが上がりますので、お願い致します(^^)

人気ブログランキングへ


★愛媛の社長TVに掲載されました~(^^)




★株式会社フリークのホームページは → こちらです
AD
2014年10月21日(火) 16時07分30秒

トラブル修理-トヨタ アルファード(ANH10W)エンジンルームより異音+水漏れ修理

テーマ:トラブル修理

朝、エンジンを掛けると、
「ウォーーーン! ウォーーーン!!」
という変な音がしたそうです。

例えて言うなら、発情期の猫が夜鳴いている感じです(^^;)

ただ、その1回以降は色々な状況下で試してみても、異音が出ず(-_-;)

でも、聴診器でそれぞれの回転軸の音を聞いてみると、
オルタのベアリングから明らかに異音が!!

テスターにあてると、発電電圧低下との診断が。

もうすぐ13万キロ。
オルタもお疲れの様ですので、リビルトに交換します。





オルタネータです。
ボンネットを開けると、すぐ目に入る場所に鎮座。
(既に配線やブラケット類を取り外した写真です)





外れました。




 
もう一つ、よく漏れるウォーターポンプをチェック。
オルタを外さないとたーーーいへん見辛い場所にあります。




 
鏡を使って見てみると・・・
ありゃりゃ・・・



 
先端のベルトプーリーを取り外すと、
その内側には固形化した冷却水が・・・。




 
ウォーターポンプの交換を了承頂いたので取り外しました。
漏れています(-_-;)




 
新旧比較です。




 
ウォーターポンプを取り外した、当たり面を、





綺麗に綺麗に掃除をして、脱脂します。





 
そして組み付け。





リビルトのオルタも続いて取付。



 
オルタネータを診断してみると、その回復具合が明瞭です。
写真左が交換前で、右が交換後です。
水漏れも止まり、これで安心して遠出出来ますね(^^)



今回のトラブル修理では、上記内容も含め以下の作業を行っております。

 ・オルタネータ(リビルト)交換
 ・ウォーターポンプ交換
 ・スーパーLLC充填


今回の修理ご請求額は、 ¥61,880- となっております。


ご用命、ありがとうございました<(_ _)>


 
 <参考データ:車両走行距離  128,800km>


 

ブログランキングに登録しています。
クリックして頂けるとランキングが上がりますので、お願い致します(^^)

人気ブログランキングへ


★愛媛の社長TVに掲載されました~(^^)




★株式会社フリークのホームページは → こちらです
2014年10月20日(月) 17時22分08秒

トラブル修理-BMW M3(E46/BL32)エアバルブを触ると空気が漏れる

テーマ:トラブル修理
週末は、香川県から 「主治医を探して来ました」~とご来店(^^)

エア圧センサー付タイヤエアバルブを装着していたのですが、
どうやらそこからエア漏れしている様で。

4本ともエアバルブを交換して終了です。

格好良かったから、写真撮らせて頂きました(^^)

次の車検も入庫してして頂けるそうで。

しっかり診させて頂きます!!



珍しい、ミッション車の左ハンドルM3です。

診させて頂いているM3はやっぱりシーケンシャルが多いのですが、
ミッション車もいいですね。



ブログランキングに登録しています。
クリックして頂けるとランキングが上がりますので、お願い致します(^^)

人気ブログランキングへ


★愛媛の社長TVに掲載されました~(^^)




★株式会社フリークのホームページは → こちらです

[PR]気になるキーワード

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>