ジオターゲティング

最初はお客様への整備内容報告で始めた「説明書」のつもりでしたが、

当社に来店される方々から、感想や応援を頂く様になり、

次第に県外の方々からも問い合わせや感想を頂く様になりまして、

もはや後戻り出来ないところまで来てしまいましたあせる


解りやすい写真撮影を心がけ、

普段はあまり見れない部分の写真なども多く掲載する様に勤めていますグッド!


主旨はあくまでもお客様向けの説明ではありますが、

整備に興味のある方も、是非ご覧下さいニコニコ


ネットを見ていても、「その作業って一体いくら位なの??」と思われる事が多いと思います。

ですので、ブログの最後には基本全てに請求額を入れております。

同じ症状でお困りの方の参考にでもなればと思います。


よろしくお願いいたします。



★フリークで車を買うと、どんな整備をしてくれるの?

      → フリークの納車点検整備


★フリークで車検をすると、どんな整備をしてくれるの?

      → フリークの車検点検整備


★フリークでは、どんなトラブルを直しているの?

      → フリークのトラブル修理

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2014年08月17日(日) 09時39分03秒

トラブル修理-走行中、周期的にハンドルが左に取られる

テーマ:トラブル修理

香川に単身赴任で出ている同級生が帰って来たのですが、

「車をゆっくり動かしただけでも、ハンドルが グンッ! グンッ! と左に取られる」

「高速乗ったけど、もの凄い揺れと騒音で怖すぎて走れない」

と連絡が入りました。



とは言いながらも、もうすでに愛媛入りしていて(^_^;)

もうすぐ松山に入るとの事でしたので、そのまま寄って貰う事にしました。


早速試運転、

そしてリフトアップ、


写真を撮りましたので、見て頂くのが早いかと。





左前のタイヤです。
このタイヤ、クルクルと回していくと、





一カ所だけ、内側だけがボコンッと大きく凹んでいます。
(赤い矢印の場所です)


聞けば、ここ最近2~3週間乗っていなかったそうです。

恐らく、その時に接地していた場所が、この様に変形したのだと思います。


このタイヤはインターネットで購入した韓国製のタイヤでした。



ご予算の事もあるでしょうし、

ネットで売られている凄く安いタイヤを否定する訳ではありません。

(実際、当社でもお客様からのご希望があれば、ネットでアジアンタイヤを仕入れる事もあります)
 
それよりも、溝の少ないタイヤで騙し騙し乗られている方がよっぽど危険だと思いますし。



ただ、この手のタイヤは、溝がしっかりある時はいいのですが、

写真の様に溝が無くなってくると、

異常な摩耗をするタイヤがあります。

今までも、八角形に変形摩耗したタイヤを交換した事もありましたし。



故に、ある程度溝が減ってきたら、早目の交換をお勧めします。


そして、

フリークでもメーカー正規ルートより取り寄せられる廉価タイヤもあります。

実質ブリジストン製品となる 「ファイアストーン」 や、

TOYOタイヤの対米ブランドとなる 「NITTOタイヤ」 などは、

アジアンタイヤに負けないプライスを実現している上、

「日本」の技術がしっかりと注ぎ込まれたハイクオリティタイヤとなっています。

気になる方は是非お問い合わせを(^^)





今回のトラブル修理では、上記内容も含め以下の作業を行っております。


 ・フロントタイヤ2本交換
   (ファイアーストーン 215/60R17)
 ・タイヤエアバルブ2本交換


今回の修理ご請求額は、 ¥ 29,800- となっております。


ご用命、ありがとうございました<(_ _)>


 

 

ブログランキングに登録しています。
クリックして頂けるとランキングが上がりますので、お願い致します(^^)

人気ブログランキングへ


★愛媛の社長TVに掲載されました~(^^)




★株式会社フリークのホームページは → こちらです
AD
2014年08月14日(木) 15時40分30秒

お買い上げありがとうございます-H様 日産マーチ(AK12)

テーマ:納車点検整備

マーチをお買い上げ頂き、ありがとうございました。


お買い上げ頂きましたマーチの納車整備です。


お買い上げ頂いたお客さまに、どの様な整備を行っているのか、

その内容を少しでもお伝え出来ればと考え、作業風景を撮影しております。


◆◆お願い◆◆


本文中に専門用語なども出てまいります。
理解しにくい内容になってしまうかも知れませんが、
解説付きのだらだらと長い文章になる事を避ける為、
専門用語の使用についてはご理解下さい。
なるべく解りやすくお伝え出来る様、努めてまいります<(_ _)>


◆◆◆◆◆◆◆


それでは説明に移らせて頂きます。





茶色のマーチです。




 
ロアアームボールジョイントブーツにヒビが入っていました。
車検には問題ありませんが、交換をしておきます。



 
古いブーツを取り除いて、古くなったグリースも取り除いて
綺麗に掃除をします。




 
新しいグリースに詰め替え、




 
新品のブーツを装着。





 
ブーツの新旧比較です。




 
タイロットエンドのブーツも交換します。





グリースとブーツを新品に交換です。



 
前のブレーキパッドです。
残量が微妙でした。
迷ったので、交換です(^^)
(写真左側は新品を取り付けています)




 
フロントブレーキパッド、4枚とも新品に交換です。




 
後ろのブレーキはしっかりとした残量がありましたので、
調整などのメンテナンスを行います。

表面を綺麗に磨いて、



 
パーツクリーナーで汚れを清掃。




 
摺動部分に専用のグリースを塗布し、
ブレーキ調整を行っております。





ブレーキフルードタンクです。
フルードの交換をしますが、
当社ではしっかりと全量交換しております。



 
上の写真と比べて頂くと、フルードの色が透明になっているのが分かると思います。




 
古いエンジンオイルを排出し、オイルエレメントを交換します。




 
新しいエンジンオイルを充填。




 
冷却水も交換しています。




 
エンジンに入る空気を綺麗にするエアーエレメントです。
手前が新品です。



 
古い方は、埃・汚れが溜まっていますので交換です。





エアコン用のフィルターも新品に交換です。




 
スロットルボディーの写真です。
アクセルを踏むと、写真の部品の奥の丸い蓋が開いて、
空気を多く取り込むようになり回転が上がります。

回転を制御している部分で、センサーも付いていますので、
汚れているのはよろしくありません。




 
専用のクリーナーで綺麗に掃除し、
コンピュータ学習をし直して調整しています。




 
ワイパーゴムも新品に交換です。




 
タイヤは、現在スタッドレスタイヤが装着されていましたので、
新品の夏用タイヤに4本とも交換です。




 
ドアロックシステムに異常がありましたので、
全てのドアのロックモーターを交換します。




 
1台分入荷しました。




 
新旧比較です。




 
各ドアにそれぞれ装着されていますので、






全て交換していきます。



 
交換の際に取り外したドアノブの当たり面も、
綺麗に掃除をしておきました。





使い慣れているという事で、お母さんの乗られている車に付けたナビと
同じ物をご希望されました。





i-podケーブルはこの場所に出してきています。
使わない時は収納できるようにしています。



 
ルームクリーニング、及びボディー磨き&コーティングを行って完成です。



上記交換部品も含め、今回の納車点検整備では、


 ・エンジンオイル交換
 ・オイルドレンパッキン交換
 ・オイルエレメント交換
 ・冷却水交換
 ・ブレーキフルード交換
 ・バッテリー交換
 ・フロントブレーキディスクパッド交換
 ・フロントロアアームボールジョイントブーツ左右交換
 ・タイロットエンドブーツ左右交換
 ・エアーエレメント交換
 ・エアコンクリーンフィルター交換
 ・タイヤ4本交換
 ・タイヤエアバルブ4本交換
 ・ドアロックモーター4個交換
 ・ナビ取付
 ・USBケーブル取付
 ・i-podケーブル取付
 ・日産用車両ハーネスキット取付
 ・日産用オーディオフェイスパネル取付


以上を作業しております。

交換を必要としなかった部品につきましても、
各所点検・調整・清掃・グリースアップなど行っております。

 


納車点検整備終了後の名義変更の際には、

 ・希望ナンバーサービス
 ・燃料満タン納車

も行っております。

 


納車までお待たせ致しました。


ありがとうございました<(_ _)>



 

ブログランキングに登録しています。
クリックして頂けるとランキングが上がりますので、お願い致します(^^)

人気ブログランキングへ


★愛媛の社長TVに掲載されました~(^^)




★株式会社フリークのホームページは → こちらです
AD
2014年08月06日(水) 21時01分26秒

トラブル修理-ダイハツ ムーヴ(L900S)リア足廻りよりゴトゴト音

テーマ:トラブル修理

段差を乗り越えるたびに、後ろの足廻りからゴトゴトと音がするとの事で入庫されました。

オーナー様はこちらのブログでもたまに出てくる真っ赤なミニの方でして、

56号店が自宅に近いとの事で、

今回は奥様や子供さんが乗られているムーヴをご入庫頂きました。



「そうそう!ついでに診ておいて欲しいとこがある!!」

と言われたので作業指示書に記入していってると、

あれよあれよと・・・

沢山のご注文を頂きました(^^)


さて、順に取り掛かって行きます。





①走行中、リア足廻りよりゴトゴト音


早速走行テストをしてみますと、
確かに、段差を乗り越えた時に後ろの足廻りから
「ゴトゴト、ゴトゴト・・・」と聞こえます。

リフトアップして見てみれど、特にこれと言って音の原因となる程の何かは無く、
怪しいなと目星を付けていたTEINのショックを取り外してみました。

すると、ショック下に組み込まれているショックブッシュが随分と痩せていて、
指でちょっと強く押すと、ブッシュだけがポロン・・・て(^^;)

本来はプレスで圧入されている部品だけに、
ほぼ犯人確定!!といった感じで、ブッシュの在庫を問い合わせ。

他に疑わしい個所が無いか、
ショックも含めて改めて再点検しましたが特に見当たらず、
納期・金額に問題が無かった為、早速発注→早速組み付け。

念の為に上側のブッシュも交換させて頂き、
走行テスト後の経過は良好!!

耳に付く嫌なゴトゴト音は完全に消えました(^^)





ブッシュ交換完了後の写真です。



②タイヤ交換

現在装着しているタイヤの劣化が気になるとの事で、
メーカー指定で交換のご依頼を頂きました。

現在はエコタイヤ装着ですが、
ブレーキのタッチがプアになった点も気になっているとの事で、
今回はYOKOHAMA の Sドライブに決定。
サイズも変更して、155/55R14に4本とも交換です。


 
タイヤ交換後の写真です。
写真、使いまわしております(笑)




③ATFが汚れていたら交換して欲しい

今までATFを交換していないとの事で、
もうさすがにどこのディーラーやショップでも断られるレベルです。
それはもうフリークでやるしかないでしょう(^^)




 
ATFオイルパンを取り外しました。
ATFフィルターとバルブボディーが見えています。




 
取り外したオイルパンの内側です。
写真では解り難いと思いますが・・・、





 
鉄粉を吸い付ける磁石にもびっしりと鉄粉が付いています。
磁石で吸い付けきれなかった鉄粉は、オイルパンの底にたまっていました。





 
ATFフィルターも同時交換します。





 
オイルパンは綺麗に掃除をし、ガスケットも当然新品に交換して組み付けます。





 
バルブボディーも掃除をし、新品のフィルターを取り付けて、





 
オイルパンを元に戻し、WAKO’Sの高性能ATF「HYPER-S」を充填します。


その後のお客様の感想で、
「シフトの入りが全然違う!走りもいい!!」との事でした。




④ラジオアンテナの土台が割れているので交換して欲しい


ラジオアンテナの土台が割れています。



 
何か所にもクラックが入っています。
経年劣化です。

ただ、この土台を変えるには、アンテナごと交換が必要です。





 
手前が古いアンテナ、奥が新品です。





 
Aピラーにアンテナの土台跡が。





 
綺麗に掃除をして組み付けます。





 
アンテナケーブルはメーター裏からオーディオに向かって引き込まれていました。
新品も同じ経路を辿って取付しています。





 
やっぱり、新品は気持ちがいいですね!!!





⑤セキュリティーを取り外して欲しい。

現在ドアのロック&アンロックは、セキュリティリモコンで行っていますが、
そのリモコンのスイッチが何とも怪しい感じになって来て、
いつ押しっぱなしになるか、
いつセキュリティが発砲する、
気が気でならないとの事ですので、ごっそりと取り外します。





 
まずはエンジンルーム内のサイレン。
でも、どんなにこの写真内を探しても、サイレンはありませんよ。
取り外した後の写真ですので(T_T)

撮り忘れました。
それ、最近多いとか、言わないで下さい。







セキュリティリモコンと、純正リモコンです。
セキュリティリモコンは、純正集中ドアロック配線を使用して取り付けていますので、
純正リモコンは全く使えない状態です。




 
色んな機械が付いていますので、配線を一気に引っ張り出してきて、
セキュリティ中心に取り外していきます。
セキュリティ配線から更にいくつかの機械へ電源が分岐されていますので、
それらは車両に残す為、まとめていきます。

こんな配線、見るだけで嫌になるって方もおられると思います。
私は得意です(笑)
例えばもつれた釣り糸など、時間が許すなら、ほどけるまでやってます。

変なとこに得手がありますよね。

話しは全然違いますが、
私、料理、食器洗い、掃除、大好きです。
毎朝、出勤前に脱衣場やフローリングの上をコロコロやってます。
洗濯も好きですし、更に、洗濯干しも大好きです。

でも、何故か、取り込んだ洗濯物だけは畳むの苦手です。
やろうとは思うんですが。
余程に時間がないと、まず畳まないですね。

ま、どーーーでもいい話しですけど。

さて、得手不得手の話から、作業の方に戻ります(^^;)






セキュリティは、運転席ドアのドアロックモーター配線をカットして割り込ませていました。
このせいで、純正リモコンは使えなくなっていたのですね。

元通りに戻します。




 
追加で付けている3つのメーターやETCなどの電源を新たに取り直して、
パネルを元通りに組付けます。

と、この前に、実はちょっとアクシデントがありまして、
当初オーディオ裏のアクセサリー電源から、ETCと油温計の電源を取っていました。
すると、油温計は電源が入らず、
ETCは電源オン時の確認音が長く鳴り続けます(ピピピピピ・・・・・・)。

結局、オーディオ裏ACCは電圧低下を起こしていたのか、
各機器を動作させる程の電源が取れていませんでした。

その為、今回は急遽シガーソケット裏から電源を拝借しています。
(リスクについてもお客様に説明し、了解の上取らせて頂きました)

電源を取り直した途端、油温計は元気に動きだし、
ETCも電源オンと同時に「ピッ!!」と一回だけ元気よく鳴りました(^^)





 
作業ついでにですが、
運転席ドアの内張りに付いている取っ手の固定ビス。
錆びて崩れていて、ドライバーが噛みません。





 
綺麗な黒ビスに交換しておきました。







作業全て完了です。

ゴトゴト音から始まった作業は、総額10万円の作業となりました



今回のトラブル修理では、上記内容も含め以下の作業を行っております。

 ・TEINショックブッシュ リア上下1台分交換
 ・ラジオアンテナアッセン交換
 ・タイヤ(155/55R14 YOKOHAMA Sドライブ)4本交換
 ・タイヤエアバルブ交換
 ・ATFオイルパンパッキン交換
 ・ATFフィルター交換
 ・ATFフィルターOリング交換
 ・ATF(WAKO’S HYPER-S)充填
 ・セキュリティ取り外し
 ・純正キーレストランスミッター電池交換


今回の修理ご請求額は、 ¥ 100,000- となっております。


ご用命、ありがとうございました<(_ _)>


 
 <参考データ:車両走行距離  110,070km>


 

ブログランキングに登録しています。
クリックして頂けるとランキングが上がりますので、お願い致します(^^)

人気ブログランキングへ


★愛媛の社長TVに掲載されました~(^^)




★株式会社フリークのホームページは → こちらです
AD
2014年07月25日(金) 13時28分57秒

あっ!!!という間にお盆休みですよ~(^^) ETCやナビの取付はお早めに!

テーマ:部品・用品の取付

もうすぐ8月。

お盆休みも目前です。

ETCは休日利用で30%オフ!!

上手に利用して、得しちゃいましょッ ヽ(^o^)丿




 
殆ど新車に近い状態のアクセラです。




 
ETCを取り付けます。
マツダ純正ビルトインキットを使うとサンバイザー裏に格納できるのですが、
部品代が5,000円を越える事や、
天井の一部をカットしますので、工賃も少しプラスで頂く様になる為、
見た目も大切ですが、連休前のお財布の中身も確保しつつ、
取付を進めて行きます。




 
今回のETCは、





 
助手席前のグローボックス内に装着する事になりました。

アンテナ部分にスピーカーが内蔵されたタイプのETCですので、
本体は収納してしまっても問題ありません。




 
電源を取る為に、オーディオを取り外し、その裏から引き込みます。

シガーソケットの裏配線から電源を取る業者さんもよく見受けますが、
シガーソケットには携帯充電器などのジャックを抜き差ししますので、
ちょっとした事からヒューズが飛んでしまう事があります。
ヒューズが飛んでしまうと同時にETCも使えなくなりますので、
お出掛け途中なんかだと、結構困りものなのです(-_-;)

当社では、そういったトラブルを極力回避する為、
オーディオ裏電源からのETC電源引き込みを行っています。




 
はいっ!!
ここに付きました(笑)

お察しの通り、完成写真、取り忘れです。

先日アップのbBの呪いが、もしかしてまだ続いているのか・・・・(恐)



今回の用品取付で使用した部品は、

 ・ETC(CY-ET909KDZ)

以上となります。


ご請求額は ¥ 17,280- です。 





さて、続いては、フィアットパンダへポータブルナビ取付です。

シガーソケットから簡単に電源を取れるタイプではありますが、
少しでも綺麗に収まる様に、殆どの配線を隠してしまいます。





パンダのシガーソケットは、エンジンを切っても鍵を抜いても、
電気はずっと流れっ放しです。
ドイツ車にも多いタイプですね。
呪いではないので、何も怖くないです(笑)

ナビ電源はオーディオ裏から取ります。





 
ナビの取付場所から配線を取回していくのですが、
間にメーターパネルがありますので、メーターを取り外してその裏を通します。

メーター裏に刺さっているメーターケーブルは、
エンジンルームから簡単に外せますよ。





 
お客様ご希望のこの位置に取り付け完了。
視線の移動も少ない上に、邪魔にもなり難い場所でした。


今回の用品取付で使用した部品は、

 ・ポータブルナビ(パナソニック CN-GP540D)
 ・延長差し込みジャック(サービス)


以上となります。


ご請求額は ¥ 34,990- です。 

ありがとうございました<(_ _)>



ブログランキングに登録しています。
クリックして頂けるとランキングが上がりますので、お願い致します(^^)

人気ブログランキングへ


★愛媛の社長TVに掲載されました~(^^)




★株式会社フリークのホームページは → こちらです

2014年07月24日(木) 12時34分47秒

◆夏の怪談?? トラブル修理-トヨタ bB(NCP31)夜中に勝手にオーディオが・・・

テーマ:トラブル修理

バッテリーが上がってエンジンが掛からないという連絡を受け出動!

56号店のすぐ近くの方だったので、

取りあえずはバッテリーを積んで現地に。




現場でまずは、現状確認と問診。

エンジンを掛けようと鍵を回すのですが、

うぃ・・・・うぃ・・・・うぃ・・・・・・・・

バッテリーが弱すぎて、エンジンが掛かりません。



伺うと、

前日にも同じ様な症状になったそうで、

純正ナビが動かなくなり、メーター照明も薄くなり・・・

取りあえずはケーブルを繋いでエンジンを掛けて出勤したそうですが、

仕事が終わって帰ろうかとしたらまたエンジンが掛からない・・・



問診の内容から、発電機の機能低下が疑わしいなと思いながら、

代車と入れ替えてお預かり。





 
装着されていたバッテリーの容量は20%位まで下がっていて、

さすがにこれではエンジンは掛けられないでしょう。

半年前に交換したばっかりの、パナソニックのカオスが付いていました。
(高性能・高級バッテリーです)

充電器にかけて充電をしながら、予備のバッテリーで診断を進めて行きます。



真っ先に疑っていたオルタネータですが、

56号店には2種類のオルタテスターがありますが、

そのどちらでテストをしても、問題無しと出ます。



その後満充電されたバッテリーも個別でテストしますが、

こちらも問題なし。



暗電流(エンジンを切っている状態で流れている電流)を計測しても、

基準の数値で問題無し。


うーーーん・・・

何故バッテリーが上がるのだろう??



色々考えながらその日は仕事を終え、

翌朝出勤してきてエンジンを掛けようとすると・・・・

鍵を回しても、全く何も反応しません・・・。


バッテリー、外してた????

と思う位、全く反応なし。


完全にバッテリー上がりです。

バッテリーの容量、殆どゼロ。

そして暗電流、問題無し。



充電システムには問題がなく、バッテリーも問題ない。

エンジンを切って、車もロックされている状態で一晩置いている間にバッテリーが上がる。


以上の事から、夜中に何らかの理由で電気が消費されていると考えました。

しかもそれは毎回ではなく、時折にしか発生しない症状であると・・・。


うーん、ちょっと苦しいかな・・・・とは思いつつ、

その路線で調べて行こうと決め、

その日は一先ず仕事を終わらせて堀江の本社に行って用事を済ませ、

改めて56号店に戻ってきたのが夜中の1時頃。


事務所に入ると、隣りの作業場の方から何やら白いぼんやりとした光が・・・・

この店舗、出るなんて聞いてないよぉーー!!と思いつつ確かめに行ってみると、


なんと、純正ナビのモニターが勝手に光っているではありませんか!!

もちろん、鍵は抜いていて、ドアロックも掛かっています。


慌わててエンジンを掛け、そして再び切って鍵を抜いても、

モニターは真っ白に光ったままで、電源が落ちません。


暗電流を計測すると、がっつり消費し続けています。



良かった。

原因は、オルタでもなくオバケでもなく(笑)、

純正ナビでした。

こんなこと、あるんですね。



結局、ナビを取り外す事によって暗電流は落ち着きましたので、

ナビ本体の取り外しでお客様にお伝えし、

結果、新しいナビを装着する事になりました。




 
取り外していくと、所々で信じられない配線処理がされていました。

写真の配線、外れています。

これ、ビニールテープで引っ付けているだけでした。


全て修正しています。





 
見え難いと思いますが。

配線の被服を剥いて中の導線を出し、

それぞれをクルクルクルと結んでいるだけという処理もあり、、、

こちらも修正済み。





ETCは純正を装着していましたので、

そちらはそのまま使える様に加工します。


純正ハーネスの中から、ETCに電源を供給している配線を割り出し、





ETCに繋がっている配線の中身です。

 


 
その中から、常時・ACC・アースをとります。





 
装着したのはこのナビです。

DVD映画も観れて、地デジもフルセグという優れものです!



最後、取り付け完了写真を撮り忘れるという呪いに掛かってしまいましたとさ(笑)





今回のトラブル修理では、上記内容も含め以下の作業を行っております。


 ・ナビ イクリプスAVN-G03
 ・配線キット
 ・トヨタ用取付スペーサー
 ・バッテリー充電


今回の修理ご請求額は、 ¥ 86,180- となっております。


ご用命、ありがとうございました<(_ _)>


 
 <参考データ:車両走行距離  114,300km>




 

ブログランキングに登録しています。
クリックして頂けるとランキングが上がりますので、お願い致します(^^)

人気ブログランキングへ


★愛媛の社長TVに掲載されました~(^^)




★株式会社フリークのホームページは → こちらです

[PR]気になるキーワード

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>