うーん・・・黒人では先日アップしたマーヴィンゲイの「ミッドナイトラヴ」で頂点に行き、その後プリンスが頑張りました。「アラウンドワールド・インア・デイ」「パレード」で尋常ではない才能を発揮し、「サイン・オブ・タイムス」でトドメを刺しました。このアルバムは聴きまくりましたね。僕は20歳でつぼ○で働きまくっていました。

白人バンド・・・うーん、やはりザ・スミスですね。思入れとかではなく。音楽的に解析できます。ストーンローゼスが出てきて「終わった」と感じました。

私はちょっと聴くのが早すぎましたね。9歳ですから。早熟ではありません。ある意味、病的です。9歳でクリームのジャケ買いに失敗したってヤバイでしょw

紐を解いていくとやはり初期パンクで終わりましたね。その後ニューウェーブが出てきましたが、PILの一枚、ジョイ・ディヴィジョンの「クローサー」ぐらいですね。後は衰退していきます。ニルヴァナ?知りません。オアシス?知りません。レディオヘッドの「キッドA」。恐ろしく退屈なアルバムで恐ろしく暗く陰鬱な気分になります。ミシェルガン?ブランキー?彼らは客がただ暴力的に暴れ、全く自分達の音楽を聴いてない、観ていないと分かっていたのでしょうか?

坂本龍一・・・・芸大作曲家出ているんなら、「弦音楽の為のアダージョ」ぐらいの曲を書いて欲しいですね。環境とか言ってる場合じゃありません。

ストーンズもクラプトンももう引退して欲しいですね。彼らは「セレブ」です。僕は1985年ぐらいのクラプトンが好きなんですが(ドナルド・ダックダンと一緒にやっていた頃)。セレブの音は聞きたくありません。なんか整形しまくりのハリウッド女優を見ている気分になります。一度だけドームを体験しましたが、音がディレイ(こだま)して返ってくるんですよ。しかも実物は米粒。彼らは十分その辺知ってる。なんか騙されてる気分になります。

ブログやればロクデモナイやつと再会するし。散々な目にあうし。うんざりな毎日が続いてます><

AD