きょうはいそがしいため、

またもや毎日新聞 さんから引用。


コンフェデ杯:
ブラジル優勝 南米対決、4-1で圧勝

サッカーのコンフェデレーションズカップは最終日の29日(日本時間30日未明)、ドイツのフランクフルトで決勝が行われ、ブラジルがアルゼンチンとの南米ライバル対決を4-1で制し、4大会ぶり2度目の優勝を果たした。ブラジルは前半11分にアドリアーノのゴールで先制。同16分にカカ、後半2分にロナウジーニョ、同18分にアドリアーノがゴールを奪い、アルゼンチンの反撃を1点に抑え、攻守に圧倒した。

 得点王は、通算5ゴールを挙げたブラジルのアドリアーノが獲得した。

▼試合経過

 試合は立ち上がり、組織力に勝るアルゼンチンが支配した。リケルメを中心に長短を折りまぜたパスをつなぎ、両サイドからのクロスボールを中心に攻撃を仕掛けた。しかし、前半11分、そんな試合の流れをブラジルの圧倒的な個人技が断ち切った。右サイドを攻め上がったシシーニョからのパスをペナルティーエリア手前で受けたアドリアーノが、相手のタックルをかわし、難しい体勢から強引にシュート。鋭い弾道のボールがゴールネットを揺すった。

 さらに同16分、左サイドでボールを受けたロビーニョがペナルティーエリア手前のカカへパス。巧みなトラップでボールをコントロールしたカカが右足を振りぬいてゴール右隅へ決め、ブラジルが2点をリードした。

 アルゼンチンは、相手ゴール前まで攻め込む回数では上まわったものの、最後の局面でサイドからのクロスボールに固持するあまり、中央に人数をかけて守るブラジルを前に好機が生まれず、逆に後半2分、右サイドを突破したシシーニョの低いクロスからロナウジーニョが右足ボレーで決め、ブラジルが決定的な3点目を奪った。

 以降はブラジルが余裕を持ったパスまわしでアルゼンチンの守備をいなし、両サイドバックも頻繁に攻撃参加。同18分には、右サイドのシシーニョの絶妙のクロスボールをゴール前のアドリアーノがヘディングで決め、4-0。直後にアルゼンチンがアイマールのヘディングシュートで1点を返したものの、ブラジルは最後まで守備的になることなく好機を作り続け、試合終了。世界屈指の“個人技の競演”はブラジルの圧勝という思いもよらない結果に終わった。【デジタルメディア局 大江直彰】

■3位は地元ドイツ 延長の末、メキシコに4-3

 決勝に先立ってライプチヒで行われた3位決定戦、ドイツ-メキシコ戦は、延長戦の末、ドイツが4-3でメキシコを降した。点の取り合いとなった試合は延長前半7分、ドイツのバラックがFKを直接決め、決勝点を挙げた。

▼試合経過

 試合は、両チームが交互に主導権を握り、点を奪い合う見ごたえのある展開となった。準決勝までの4試合で2失点と守備の堅さを誇るメキシコを相手に、序盤は攻めの形を見出せなかったドイツは、時間の流れとともに、同4試合で11得点を挙げた攻撃陣が力を発揮。前半37分、ダイスラーのパスをシュバインシュタイガーがワンタッチではたき、パスを受けたポドルスキがペナルティーエリア手前から左足で豪快に決め、先制点を挙げた。自陣でボールを奪われるミスから同40分、メキシコに同点ゴールを許したが、直後の同41分には、相手ゴール前での巧みなパス交換から最後はシュバインシュタイガーが冷静に決め、ドイツが再びリードした。

 しかし、後半開始早々にドイツのハンケが悪質なファウルで退場となると、数的優位になったメキシコが攻勢に転じ、後半13分、右サイドからのクロスボールをゴール前のボルヘッティが頭で合わせ、同点に。ドイツはバラックらが気迫のプレーでボールを奪い返して好機をねん出し、同34分、左CKのボールがゴール前でこぼれたところをフートが押し込み3-2としたが、メキシコは同40分、右サイドのFKからのボールを再びボルヘッティが頭で決め、試合は延長戦に突入した。

 シーソーゲームとなった試合に決着をつけたのは、ドイツの大黒柱、主将バラック。延長前半7分、ペナルティーエリア手前で得たFKをバラックが直接狙うと、ボールはメキシコ選手の壁を越えてゴール左に決まり、死闘に決着がついた。【デジタルメディア局 大江直彰】

毎日新聞 2005年6月30日 5時44分




ブラジルはドイツ戦のときより、ブラジルのサッカーができてたんぢゃね?
アドリアーノ、きみもMVPだ!!
に対してアルゼンチンはブラジルの堅い守備にやられましたね
もっといけるかと思ったけど。。。

応援してたのに~リケルメ、途中であきらめ顔だったからね、仕方ないなw

ってか、アルゼンチンがあんなにボコボコにされるとはね、。。

日本戦の時には、そうとう手加減してたんだな。。。

AD

続・コンフェデ

テーマ:

ブラジル×アルゼンチン、勝つのはどっち?


アルゼンチン、優勝候補はいつも言われてるけど、ここ最近、優勝とかそうゆうのなくね?だからアルゼンチンに頑張ってほしい。


でも、ブラジルが勝てば…

ブラジルと引き分けた日本。

ブラジルと肩を並べた日本。

ブラジルが優勝すれば、日本も優勝!!!!




ちょっと強引か!?



1ー0でブラジルの勝ち!と予想します。あはは~

もうすぐ3位決定戦が始まる~~


2ー0でメキシコの勝ち!と予想します。あはは~

AD

今朝、学校に行く途中のことでした。

駅降りて、すたこら歩いていると、


10mくらい前を歩いている人が自転車に突進!


あー、こりゃ、ぼーっと歩いているんかな?


と思った。でも、よく見てみると、白いステッキを持っている!!!


こりゃ大変だ!!!

って思った!走った。駆けつけた。


すぐさま、自転車を起こした。


まぁ、怪我はないみたいだったからよかた☆



放置自転車の恐怖を目の当たりにした。


あと、点字ブロックが無い道だった。



え~、行政の方々。



千代田区の道に

点字ブロックを

敷いてください。






全国民の方々。



放置自転車は

やめましょう。



道幅の狭いところは

駐停車禁止です。

AD

6月のランキング

テーマ:
ランキング表


日付 6月1日 6月2日 6月3日 6月4日 6月5日 6月6日 6月7日
総合
ランキング
22013位 22561位 19485位 20684位 19839位 20935位 20976位
 ジャンル
ランキング
8116位 8393位 6984位 7523位 7114位 7592位 7589位
 訪問者数 6 人 6 人 13 人 5 人 11 人 5 人 8 人


日付 6月8日 6月9日 6月10日 6月11日 6月12日 6月13日 6月14日
総合
ランキング
19652位 20273位 19521位 18833位 15146位 13778位 12723位
ジャンル
ランキング
6981位 7267位 6906位 6584位 4917位 4333位 3872位
訪問者数 16 人 15 人 14 人 15 人 55 人 36 人 37 人




日付 6月15日 6月16日 6月17日 6月18日 6月19日 6月20日 6月21日
総合
ランキング
11929位 11372位 10824位 10656位 10003位 8854位 8390位
ジャンル
ランキング
3552位 3335位 3105位 3039位 2782位 2364位 2205位
訪問者数 37 人 35 人 39 人 26 人 45 人 84 人 56 人




日付 6月22日 6月23日 6月24日 6月25日 6月26日 6月27日 6月28日
総合
ランキング
7364位 5604位 4947位 4754位 4546位 4438位 4440位
ジャンル
ランキング
1844位 1281位 1087位 1048位 984位 947位 953位
訪問者数 108 人 239 人 149 人 81 人 90 人 74 人 50 人


1時間頑張って書いた記事がいきなり消えました。

アメブロさん、サーバどうなってんですか?


もう書く気がしない。

しかたないから毎日新聞 さんから引用。




 サッカーの6大陸連盟王者などが争うコンフェデレーションズカップは26日(日本時間27日未明)、ドイツのハノーバーで準決勝1試合を行い、アルゼンチンが1―1で迎えたPK戦の末、メキシコを降した。アルゼンチンは29日の決勝でブラジルと対戦する。試合は、延長前半終了間際に先制を許したアルゼンチンが延長後半5分にフィゲロアの得点で追いつき、サドンデスまでもつれ込んだPK戦を6―5で制した。
■試合経過
 細かいパスを多用するチーム同士の対戦となった試合は、1次リーグ3試合で8得点を挙げたアルゼンチンがやや優勢に進めた。トップ下に入ったリケルメが抜群のキープ力と効果的なパスでチーム全体の攻撃参加を促し、立ち上がりからメキシコ陣内へ攻め込んだ。しかし、メキシコは、速い囲い込みでボールを奪い返し、時にはファウルで相手を止めるなどして、危険エリアへの進入を阻止。同3試合を1失点に抑えた守備力の高さをいかんなく発揮した。
 メキシコは、カウンターに近い形からミドルシュートなどでアルゼンチンのゴールを脅かし、好機の数ではむしろ上回った。パスまわしを読まれ始めたアルゼンチンは、サビオラが積極的なドリブルから数人を抜き去る突破を何度も見せ、前半終了間際には、ペナルティーエリア内に進入。メキシコの必死の守備からこぼれたボールをソリンがGKの頭越しにシュートしたが、ボールはカバーに入ったメキシコのピネダがクリアした。
 勢いを取り戻したアルゼンチンは後半、開始早々の5分までに、サビオラの飛び出し、フィゲロアのヘディング、リケルメのFKからのシュートで立て続けに決定機を作ったが、得点には至らず、メキシコも後半10分、シーニャがペナルティーエリア手前から放った左足シュートが左ポストをたたくなど、一進一退の展開となった。同14分、アルゼンチンの右CKからのボールをコロッチーニが、同32分、メキシコの左からのクロスボールをボルヘッティがそれぞれヘディングでシュートしたが、両チームのGKが好セーブでしのいだ。
 後半終了間際にアルゼンチンのサビオラ、メキシコのマルケスが退場処分となり、10人対10人となった試合は、無得点のまま延長戦へ。そして、延長前半終了間際、アルゼンチンのCKからの攻撃をしのいだメキシコがカウンターを仕掛け、左サイドを突破したサルシドがペナルティーエリア内に進入してシュート。相手に当たったボールはGKの頭上を越えてゴールへ吸い込まれ、先制点を奪った。アルゼンチンは、再三にわたるゴール前へのクロスや強引なドリブルで怒とうの攻撃を仕掛け、延長後半5分、直前に決定機を外したフィゲロアがゴール前のこぼれ球を執念で押し込み、試合は1―1でPK戦へ突入した。
 両チームとも5人目まで全員が成功したPK戦は、サドンデス方式の6人目で先攻のメキシコが失敗。6人目のカンビアッソが落ち着いて決めたアルゼンチンが決勝に進出した。【デジタルメディア局 大江直彰】
 ◇アルゼンチン、際どく逃げ切る
 120分戦っても決着はつかなかった。PK戦は5人ずつが決め、サドンデスに突入した6人目。先攻のメキシコのキッカー、オソリオのシュートをルクスが止め、アルゼンチンは直後にカンビアッソが決めて死闘に終止符を打った。
 メキシコは強かった。思うままにプレーできないいら立ちから、前半30分過ぎ、アルゼンチンのDFコロシーニがもみ合って倒れたメキシコのFWボルゲッティの後頭部を踏みつけた。主審は故意でないと判断して警告は見送ったが、コロシーニは後半24分にモラレスに体当たりし、左目上に傷を負わせ、交代に追い込んだ。あとはラフプレーの応酬。後半終了間際にアルゼンチンのサビオラ、メキシコのマルケスが相次いで退場し、10人対10人の戦いになった。
 延長前半14分、メキシコDFサルシドのドリブルを止められずに先制点を奪われたアルゼンチンに、敗色濃厚のムードが漂いかけた。だが、延長後半5分、FWフィゲロアが起死回生の同点弾を決めた。今大会4得点目。こぼれ球を左ヒールで浮かせて前に落とし、左足でねじ込む執念のシュートが、再び流れを引き戻した。
 試合後の会見で、ペケルマン監督は「PK戦が終わったあとも、いまだに心臓がバクバクしているよ」と苦笑した。「お世辞にもうまくプレーしたいとは言い難い」とも。だが、この勝負強さこそが、1次リーグ敗退した前回のW杯で欠けていたものでもある。【安間徹】
 ○…国際サッカー連盟(FIFA)はメキシコ―アルゼンチン戦を、前回大会で試合中に急死したカメルーンのフォエ選手の追悼試合にした。2年前のこの日、カメルーンのフォエ選手は準決勝コロンビア戦中に倒れ、競技場内の医務室で亡くなった。中1日という過密日程が災いとなった見方が根強く、今大会は選手の健康面に配慮して中2日と間隔を空けている。FIFAのブラッター会長は「彼の名前は、この大会の歴史に永遠に刻まれる」と故人を悼んだ。
 ▽メキシコ・ラボルペ監督 アルゼンチンと対等に戦っただけに悔しい。後半のコロシーニのタックルは、黄色ではなく、赤いカードが出るべきだった。