• 30 Jun
    • 再び羽田空港国際線ターミナルへ ANA国際線ラウンジ

      寝て起きて、また再び国際線ターミナルへ。到着ロビー階のセブン銀行ATMでキャッシュを下ろし、出発ロビーへ。既に国内線で乗り継ぎチェックイン済みなので、カウンターで荷物を預ける。セキュリティチェックを済まして、制限区域の免税店をプラプラ。TUMIのニューモデルバッグが安かったので、買ってしまった。ALPHA BRAVO 「ゴードン」 トップ・ジップ・クロスボディhttp://www.tumi.co.jp/shop/g/g893070201/52,500円が40,800円。そのまま、ラウンジへ向かう。午前中便のビジネス客で混雑してる。飛行機でゴハン出るのが分かってるんだけど、やっぱり食べちゃうのね。クラムチャウダーが絶品。

      2
      テーマ:
  • 29 Jun
    • 羽田空港 国際線ターミナル 居酒屋「すぎのこ」

      深夜便が「売り」の羽田国際線ターミナルだけど、意外にお店が閉まってしまうのが早い。とりあえずお腹がペコペコなので、24時間営業の居酒屋「すぎのこ」へ。http://www.haneda-airport.jp/inter/premises/tenant/6300500015000000/index.html深夜は割り増しだってさ。タクシーかよっ(まっ、営業してるだけ助かるけど)。シンプルな「和」の感じで、外人さんとか好きそうかも。出発ロビーを見下ろす窓際に陣取り、深夜メニューから食事を選ぶ。とりあえず日本酒。お通し焼き鳥セットうどんお腹がふくれたところで、モノレールに乗り、自宅へ帰って、翌朝に備え、さっさと就寝。

      2
      テーマ:
  • 28 Jun
    • ANA 羽田フライト 特典航空券

      仕事が終わってダッシュで空港へ向かい、最終便で羽田へ。機材変更があったようで、A320でのフライト。Rサイド前方にストレッチャーを配置しているようだ(初めて見た)。http://www.ana.co.jp/share/assist/kizai02.html22時くらいに羽田に到着。そのまま、第2ターミナルから、ターミナル間連絡バスに乗って、国際線ターミナルへ。

      テーマ:
  • 27 Jun
    • 福岡 博多 しばらくぶりの欧風屋台 菊屋

      仕事を終えて、久しぶりの菊屋さんへ。相変わらず繁盛してるらしく満席だったので、道路沿いのフェンスに腰掛けて、20分程待たせてもらった。まずは冷えたシャルドネをグラスでトマトとマッシュルームのオイル煮込み ガーリックたっぷりもう一杯、白をおかわりした後、メルローへ。自家製ピッツァをハーフサイズで。カヴァとカラスミこちらも自家製とのこといつ来ても、美味しいっす。

      4
      テーマ:
  • 26 Jun
    • 長崎 雲仙観光ホテル 洋食ランチ

      前日のディナーは和食をいただいたので、軽めの洋食ランチ「ザ・テラス」をいただくことに。"国見町"蓮三さんの天然酵母パン林農園 しぼったままのぶどうジュース(みかんジュース、炭酸水、白ワインも選べる)ジャルダン・ポタジェ~野菜畑の中の旬の幸~シェフがその日の食材と対話して創りあげる一皿真鯛と牡蠣のソテー オレンジソース本日のいたずらパスタツナとトマト、オリーブのパスタ(パスタは温製、ソースは冷製)季節のデザートマンゴームースとバニラアイスこれで、2900円満足、満足

      テーマ:
  • 25 Jun
    • 長崎 雲仙地獄

      ホテルを出て少し歩くと、デザインを揃えた交番が。老舗の宮崎旅館さんのhttp://www.miyazaki-ryokan.co.jp/前を通って、雲仙地獄への入口を入って行く。見取り図で全体像を把握しつつ、階段を上って行く。目の前に現れたのが、「邪見地獄」そのまま進むと、「大叫喚地獄」蒸気がモクモクだね。「お糸地獄」では、お湯が煮立っているし・・・。たしかに地獄っぽいや

      2
      テーマ:
  • 24 Jun
    • 長崎 雲仙観光ホテル 和食ディナー

      今回、雲仙観光ホテルに来た目的は、夕食を食べるため。数年前にランチを食べて、ムチャ美味しかったので、いつか泊まりたいと思っていた。今回は和食コース「しらぬい」をセレクト。当然、お酒は日本酒。本日のお品書き先付け 一塩の雲丹昆布水 山葵と忍びトマトお吸い物 森山産鼈(すっぽん)豆腐 搾り生姜お造り 新鮮な旬の地魚をお造りに 右下はクジラ蒸し物 南串山産岩牡蠣の香草蒸し鍋物 大村産天然鰻と島原長茄子の鍋仕立て揚げ物 橘湾産鮑と愛野産じゃが芋のコロッケほくほくのアワビ煮物 伊勢海老の国見大根おろし煮冷やし鉢 雲仙抹茶香る長崎牛の湯洗い食事 穴子御飯、赤出汁、香の物水物 フルーツコンポートちなみに、ここにはメイドさんルックのスタッフがいる。萌え~っ7月には東京広尾の名店「アクアパッツア」の日髙シェフも来るらしい。食事後はバーに移って、ラフロイグのソーダ割りマッカラン

      2
      テーマ:
  • 23 Jun
    • 長崎 島原 雲仙観光ホテル 写真重いよ!

      島原から山道を上り、雲仙温泉へ。硫黄を含んだ蒸気が立ち上る道を通って、雲仙観光ホテルへ。http://www.unzenkankohotel.com/キレイに整えられた並木道を進むと、クラシカルなたたずまいのエントランスが現れ、いかにもな感じのドアマンが迎えてくれる。上高地帝国ホテルに似てるね。http://www.imperialhotel.co.jp/j/kamikochiチェックインを済ませ、キレイなお花の飾ってあるロビーを通り、これまたクラシカルな階段を上り、2階へと進む。階段上った正面はスイートかな。アサインされたのは、そのお隣のラグジュアリーツイン(4室のうちの一つ)。今回は一休から、一つ下のデラックスツインで予約したんだけど、アップグレードしてくれたみたい。そこもかしこもクラシカル。ベッドベッドライトテーブル&チェアドレッサーバスタブシンクトイレバルコニーいい感じだね。バルコニーからの眺め緑が目にしみるウェルカムスイーツ自家製マカロン&クッキールームキーも重厚(ピッキングしやすそうだけど)夜はこんな感じになる館内には、図書室があり、リビング代わりにくつろげるようになっている。お堅い本や美術書から、ゴルゴ13&こち亀まで何でもあり、DVDも揃っている。図書室の隣が、シアタールームになっており、ここも貸し切って視聴できるようだ。ビリヤードルームも併設されており、なかなかイイ感じなんだけど、夜10時までって早くないかな。図書室でシャンパンモヒートをいただきながら、釣り雑誌を読みつつ、マッタリしてみた。水分補給が終わった所で、サルファーバス(硫黄風呂)へ。他にお客さんがいないので、写真撮りまくり。成分表示で頭にうんちくを入れて、露天風呂にザブーン。幸せすぎるぅ。

      2
      テーマ:
  • 22 Jun
    • 長崎 島原 「水屋敷」 島原名物「かんざらし」

      せっかく島原に来たので、島原市役所横の商店街アーケードに行き、島原名物の「かんざらし(寒ざらし)」を食べることに「白玉粉で作った小さな団子を「島原の湧水」で冷やし、蜂蜜、砂糖等で作った特製の蜜をかけたもので、口の中でとろけそうな上品な甘さと喉越しのよさが人気の素朴な郷土の味です。中国にも寒ざらしに似たものがあり、「元子」(ユアンツ)といいます。また、団子の中にいろんな種類の具が入っているものがあり、これは「湯団」(ユーディアン)と呼ばれています。寧波(ニンポー)、温州で食べられているといいます。」いただいたお店は、「水屋敷」。http://www.mizuyashiki.com/失礼な言い方だが、いわゆる「シャッター通り」のような商店街の一角にまねき猫グッズを集めたお店があり、中に入ると、日本庭園が。入り口で、ドライブスルーのように注文して、中に進んで行く。立派な日本庭園が広がる。細い縁側を進んで行くと、やっぱり猫だらけ。ここが商店街の中とは思えない落ち着いた眺め。キレイな湧き水の池に、錦鯉やハヤ?などのお魚が。これが、かんざらし&お抹茶セット。きっとご主人は、招き猫が好きなんだろうな。アーケードには、オヤジ猫もいたよ。

      2
      テーマ:
  • 21 Jun
    • 高速フェリー オーシャンアロー 熊本ー島原

      今回乗るフェリーはオーシャンアローhttp://www.kumamotoferry.co.jp/長崎の島原行き。出発の一時間前に着いたので、いっちゃん前ゲットだぜ。遠くから入港してきたフェリー。近づくにつれて、デカいぞぉ。先頭切って、乗り込むぜぃ。ここでエンストしたら、チョー格好悪いよね。無事に乗船。デカいだけあって、たくさん積めるのねデッキへ昇る階段ロワーデッキ客室前の方は差額を払う有料席さらにアッパーデッキへ上がって、サロンシートに陣取ってみた。そこそこクルーズ気分が味わえる。アフトデッキも広々して開放的。「館内」ではなく「艦内」見取り図エンジンは一万馬力ヲタク心をくすぐるうんちくが満載。FURUNOのレーダー(でも回してない)垂直尾翼状の煙突一路、島原へ。30分程で到着。先頭なので、早めにクルマに戻り、サンダーバードの基地のごとくゲートが開いた所で、エンストしないように慎重にスタートぉ「ガリッ」って、おもいっきり下こすってるし。

      テーマ:
  • 20 Jun
    • くまもと海の駅 熊本港

      フェリーに乗るため熊本新港へフェリーターミナルの脇に桟橋があり、くまもと海の駅として登録されているhttp://www.umi-eki.jp/uminoeki/kumamoto.html結構立派な桟橋で、30フィートクラスが4隻くらいは着けられそうだ。一応、立ち入り禁止にはなってるけど、釣り人がたくさん入っていて、ほとんど釣り桟橋になってる。近くには、消防艇が停泊している。

      テーマ:
  • 19 Jun
    • 宇土マリーナ おこしき館 海鮮焼き

      試乗会の合間に、宇土マリーナの物産館で海鮮バーベキュー。材料は隣の物産館で買って、持ち込む形式http://www.okoshikikan.com/pr2/kaisenyaki.html貸し切り状態ヒオウギ貝とサザエ 肉厚馬肉ソーセージ プリップリイイ感じで焼けてきた。バターを合わせて、まいうぅ~。甲イカを撮り忘れ、せせり投入幸せだぁ。

      4
      テーマ:
  • 18 Jun
    • ヤマハ ニューモデル試乗会 YAMAHA AR240 High Output

      前日、山崎のストレートで気持ちよく酔って、キャビンで爆睡。9時頃起きたら、マリーナ仲間のTさんからメールが入っていて「10時過ぎにはマリーナ着くから、ヤマハのニューモデル試乗会行きましょ」とのことだった。もうすぐじゃんということで、ダッシュでシャワーを浴びて、ヨット乗りでもあるレストランのご主人にコーヒーをいただく。Tさん号 ラクシア改 SUZUKI 175x2=350psスズキのメーターが純正のようにインストールされている。多少、波があるけど、気にせずカッ飛んで、宇土マリーナのビジター桟橋に到着。フィッシングモデルのFR32 http://www.yamaha-motor.jp/marine/lineup/boat/fishingboat/fr-32hp/VOLVO D6-370を選択できるようになったようだ。さすがに32フィートあると、ウォークアラウンドでもバウバースが広い。今回のお目当て ジェットボートのAR240http://www.yamaha-motor.jp/marine/lineup/boat/sportboat/ar240/米国からの逆輸入艇で、まだ日本に2艇しか入ってないとのこと「マリンレジャー先進国アメリカで磨き上げられたスポーツボート、AR240 High Output。心臓部には、1.8Lハイアウトプットエンジンを2基搭載。NA(Natural Aspiration)エンジンでありながら、360馬力を絞り出すジェット推進システムは、ジェットボートならではの切れ味鋭い加速性能と卓越したスピード性能、俊敏な運動性能を発揮。また、ロングクルージングに便利な「クルーズアシスト」や、曳き波を立てたくない時にうれしい「ノーウェイクモード」など、操船をサポートする先進の技術も投入。快適なドライビングフィーリングが堪能できます。力強さと美しさを兼ね備えたフォルムに多彩な機能と装備を満載のAR240 High Output。爽快なクルージング、アクティブなスポーツ走行など、走る楽しさとともに、さまざまなマリンスポーツのステージとしてボートライフを鮮やかに演出します。」なぜか香川登録「ジェット推進システムが生み出す卓越の運動性能、そして、クルーズアシスト機能が快適な操船をサポートします。またアレンジ可能なシートや、広いスイミングプラットフォーム、ボートと海を結ぶ前後のラダーステップが多彩なマリンプレイを演出。全方位、遊ぶ楽しさのエネルギーを感じさせるスポーツボートです。」バウシート カッ飛ぶ時は座りたくないな。渋めのコンソール180x2=360psのエンジン結構なお値段いよいよ試乗マリーナを出るまではプロに任せて、Tさんも、くつろぎモード。いよいよステアリングを代わるTさんが、なぜか不気味な笑みを浮かべる。この後、試乗艇なのに当然のごとくフルスロットルをかまし、とても写真撮れる状況ではございませんでした、ハイ。皆様はイメージ動画でお楽しみを(こんな感じの状態だった)。その後自分も、フルスロットルかましたのは言うまでもない。ボートがトビウオのような状態で、きっと全身筋肉痛だな。第2ラウンドは場所をあらためて、ラクシアで並走しながら、競走っいい歳したオッサン達が子供のようにはしゃいだ一日だった。

      テーマ:
  • 17 Jun
    • マリーナで終日飲んだくれ

      二連休だったので、一号車FCカブリオレでマリーナへ。ちょうどお昼時で、天気もよかったので、マリーナのレストランでまったり。お上品にコロナビールをグラスで飲んでみた。一日10食限定のおまかせランチ 本日はタコのトマトパスタパワーボートの試運転中バースに移動してSonny号へ、こないだ上架してメンテしたばっかりなのに、イグニッションコイルが不調で、修理依頼する。気を取り直して、タフブックに入れたNewPECのポイント登録をしつつ、近所のコープで買って来た焼き鳥とワインを投入。Bourgogne Pinot Noir Les Vendangeurs Bouchard Aine & Filsブルゴーニュ・ピノ・ノワールレ・ヴンダンジュール ブシャール・エイネ・エ・フィス我ながらナイスセレクション 焼き鳥にぴったりウイスキーモードに切替え、マリーナの夜は更けて行くのであった。

      2
      テーマ:
  • 16 Jun
    • ANA アップグレードポイント プレミアムシート・アップグレード

      今回はアップグレードポイントを使って、プレミアムシートにしてみた。(国際線でアップグレードポイントを使うのは断念して、国内線でちょこちょこ使っていくことにした)メニューにも様々なお酒が。でも、運転するので飲めないーっ気を取り直して、匠味のお弁当。http://www.ana.co.jp/dom/inflight/premiumclass/pc_meal2.html本日のおしながきは彩りもキレイで、ボリュームも多すぎず、満足でございました

      テーマ:
  • 15 Jun
    • ANA 羽田空港第2ターミナル 北ピアラウンジ

      帰りのフライトもプレミアムチェックインで、今回はしばらくぶりに。北ピアラウンジへ。比較的、人が少ない。みんな本館南の方へ行ってるのかな。お酒飲みたいんだけど、クルマ運転するので断念。天気も悪いまま。

      テーマ:
  • 14 Jun
    • 鎌倉 七里ケ浜 「bills(ビルズ)」

      眠い目をこすりながら早起きして、首都高へGO本日の目的地は、神奈川県鎌倉市七里ガ浜1-1-1ドシャ降りの雨なので、おとなしく走って湘南へ。到着したのは、関東では「世界一の朝食」と呼ばれているビルズhttp://bills-jp.net/さすがに朝からお客さん多いね。晴れてたら、テラスで食べるのは気分いいだろうな。いい波が来てるらしく、サーファーがいっぱい。お目当てのリコッタパンケーキ w/ バナナ、ハニーコームバターオーガニックスクランブルエッグ w/ トーストフワフワ、とろとろで大変美味しゅうございました。が、関西の「世界一の朝食」神戸北野ホテルに座布団一枚http://ameblo.jp/captain-searay/day-20110221.html

      4
      テーマ:
  • 13 Jun
    • 国際運転免許証更新&日本橋高島屋でお買い物

      前回、パスポートを忘れるという痛恨のボケで更新できなかったhttp://ameblo.jp/captain-searay/day-20110507.html国際運転免許証の手続きに、鮫洲へ。手数料を支払い、古い国際免許証とパスポート、国内の免許証を提出して、10分程度で発行(空いてて良かった)4輪と自動2輪がレンタルできるようになった。空いた時間で久しぶりに日本橋高島屋へ。駐車場に着くなり、係のオッチャンが「Sonny様ですよね、いらっしゃいませ」だって・・・。(ちなみに自分、年に数回しかお買い物行かないのに)どうやら、ドアマンのオッチャンが自分のクルマが通り過ぎるのを見つけたらしく、駐車場のオッチャンに無線で連絡してたようだ。よくまあ、クルマと顧客の名前と顔の組み合わせを覚えてるものだなと感心した。ブランドショップを一通り冷やかして、結局買ったのは、CKのサマージャケットとストール。これで、中尾彬みたいに巻き巻きするもんね。

      4
      テーマ:
  • 12 Jun
    • 羽田空港第2ターミナル 「ワールドワインバー by ピーロート」

      夕食を食べるためだけに、わざわざ羽田空港へ。お目当てのお店は、「ワールドワインバー by ピーロート」。http://www.pieroth.jp/index.php?dispatch=pages.view&page_id=84「空港内で〝世界を旅する〟魅惑のワインバ―」というふれこみhttp://www.shotmagazine.jp/know/new_open/world_wine_bar_pierothドイツのインポーター「ピーロート」さんの直営らしい。http://www.pieroth.jp/今日はもう運転しないから、おもいっきり飲めるぜぃ。まずはシャンパーニュからスタート。Boizel Brut Tradition(ボワゼル・ブリュット・トラディション)http://www.pieroth.jp/index.php?dispatch=products.view&product_id=9816455せっかくドイツの会社なので、ドイツワインもいただきましょ。2009 Pieroth Blue Spaetlese(ピーロート・ブルー・シュペートレーゼ)http://www.pieroth.jp/index.php?dispatch=products.view&product_id=138461右から、カビネット、シュペートレーゼ、アウスレーゼの順で甘くなる。(その上にベーレンアウスレーゼ、トロッケンベーレンアウスレーゼという等級があるらしい)ここで、おつまみ盛り合わせを投入。ニュージーランドのソーヴィニヨン・ブランでさっぱり2010 WhiteHaven(ホワイトヘイヴン)http://www.pieroth.jp/index.php?dispatch=products.view&product_id=10000052アルゼンチンの赤「トソ」2009 Pascual Toso Reserve Malbechttp://www.pascualtoso.com/wines/reserve-rangeマルベックドイツと言えば、ソーセージでしょ。赤ワイン連続投入。Provenza Garda Classico Rosso Negresco(プロヴァンツァ ネグレスコ)http://www.pieroth.jp/index.php?dispatch=categories.view&category_id=553続いてグラス2500円のカリフォルニアの赤2004 Heitz Cellar Trailside(ハイツ・セラー・トレイルサイド)http://www.pieroth.jp/index.php?dispatch=products.view&product_id=10000285マーサズ、ベラ・オークス、トレイルサイド・ヴィンヤードが有名。その後、グラス3200円のスーパースパニッシュPago de Cirsus Opus II Selection(パゴ・デ・サルサス オーパスII セレクション)http://www.pagodecirsus.com/en/pago-de-cirsus/opus11/テンプラニーリョ、シラー満を持して、フォアグラ登場オリン スウィフト セラーズのフラッグシップThe Prisonerhttp://www.orinswift.com/wines/the_prisoner.phpジンファンデル、カベルネソーヴィニヨン、シラーまたイイお店を見つけてしまった。今日も飲み過ぎだぁ。

      テーマ:
  • 11 Jun
    • アウディ芝浦 Audi A7 スポーツバック デビューフェア

      車検整備に出してあったアウディを引き取りに芝浦へ。一ヶ月前は工事中だった看板が完成してた。ちょうど出たばっかりのAudi A7デビューフェアをやっていたようだベージュのインテリア イイねぇ。渋めの紺メタリックと茶色味がかったガンメタリックの2台。この角度が、一番スポーツバックっぽいかな。こちらはTT-RS。6速MTだったのが、7速SATになったみたいだね。マジ欲しいっす。

      テーマ:

プロフィール

Sonny

性別:
男性

読者になる

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。