オンナがサイコー!?

元気ハツラツ日本女子! 恋にシゴトに萌えるのだ!! 今日もオトコを手玉に取って、強く可愛くゴージャスに、毎日楽しく生きるのだ!!


テーマ:
執刀医と初対面、先生は身長170cmちょっと、やせ形で眼鏡をかけていてとても優しそう。
初めましての挨拶のあと、いろいろ世間話をしてみたが、先生は「仕事だから」ではなく、ましてや「金のため」でもなく、「どう患者を救うか」について没頭し研究し続けた結果として現在の地位に登りつめたらしいことがわかった。
日本の病院の先生のように「この症状にはこの治療」と言う、型にはまったマニュアル式のやりとりではなく、僕の話を真剣に聞き、それぞれの事象についてどのような解決方法をとるか、一方的に上からものを言うのではなく話し合いで決定していくタイプの先生だ。
先生の物腰からは医者然とした威圧的、高圧的な雰囲気は全く感じられず、親しみをおぼえる。

昨日の検査結果の報告が良好であったことを伝えたあと、術式の説明をしてくれた。

術式は反転法と言うものだ。

まず、竿の大部分を切除する。竿を包む皮は平たく引き延ばして一時保管する。
袋の部分は大きいヒラヒラと小さいヒラヒラに加工される。
竿の一部は感覚器官として加工される。
新たな箇所に尿道を移動し、大切な部分となる穴をあける。
穴の内部はただの肉壁なので、最初に保存しておいた皮を裏返しにして皮膚移植する。

これで完成。

僕は性転換手術と同時にのど仏も削って目立たなくなるようにしてもらうことにした。

まず、のど仏付近を真横に切り裂く。
出てきたでっぱりを削る。

これで完成。

豊胸手術についても聞いてみた。
先生は手術に実際に使用されるパットをたくさん持ってきて説明してくれた。
まず、豊胸手術をする場合、先生は何CCのパットを使用するか決めなければならない。
僕はCカップくらいになるようにお願いしてみたが、術後の完成が何カップになるかはわからないそうだ。
普通サイズのパットを手にとって、これならたぶん君の希望に近くなるよ、と説明されたパットはちょっと小さいような気がする。僕の胸板は広いので標準サイズの物だと左右に思い切り離れたバストになりそう。
この問いに先生の答えはイエスで、実際にかなり左右に大きく離れたバストになってしまうと言う。
裸になるとかなり不自然だが、服を着た状態なら大丈夫とのことだった。

せっかくのバストも不自然に大きく左右に離ればなれになっているのは嫌だったので、別の大きなパットを自分の胸に合わせながら、これはどうだろう?と質問してみると、大きすぎて不自然ではないか、と言われた。
僕なりにEカップくらいまでなら許容ですが、、、と質問すると、もっとずっと大きくなるかもしれない、と先生は答えた。

かなり長時間にわたってカンファレンスしたが、性転換手術のあと、胸が多少は大きくなるかもしれないのでそれを見極めてからでも遅くない、との結論になり、今回の豊胸手術は見送りになった。
AD
いいね!(0)  |  コメント(47)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。