2015年11月21日

秋終盤でもまだ暖かい日が続く

テーマ:秋探し
時雨のあと

この冬は暖冬の予想が出ていたが、確かに今のところ毎日暖かく時雨がちの日が多い。去年の今頃はもっと寒かった。寒いより暖かいのがいいのに決まっているが、暖冬の関東は降水量が増える傾向にあるので、また大雪に見舞われる冬がやってくるのかもしれない。

11月○日
はっきりしない時雨空が続いて、天気予報は当てにならない。雨間をぬっての外出でなんとか用事を片付ける。
  大根を時雨の合間に買いに行く

11月○日
だんだん冷えてくると思っていると、妙に暖かい日があったりする。この日は10月初旬並みの暖かさで日中は半袖で快適なほど。翌朝はまた冷え込んでいるのではあるけれど。
  小春日のあとに風邪ひく気の緩み

11月○日
酒は百慮を排す。うっとうしい気分を払ってくれる、はずなのだが、世の中の面倒ごとは百では済まない、こともあるかも。
  もめ事も飲んでまぎれぬ時雨空

11月○日
このところ雨の降る日が多い。切れの悪いはっきりしない天気が多いが、雨も雨後のしっとりした風情もまた好きだ。地面にへばりつく濡れ落ち葉は乾くまで放置決定。
  落ち葉かき今日は休みの時雨あと



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015年11月15日

冬へ向かう

テーマ:秋探し
秋のベンチ


季節は行きつ戻りつしつつも確実に冬へと進んでいる。仕事や旅行であちこちに行くこともあるので、よけい季節の行ったり来たりを感じるようだ。

11月○日
秋も終盤はとにかく夜が長く、読書の秋といきたいが、本を読み始めるとすぐに眠くなって知らないうちに落ちていることばかり。
   本に伏しいつか寝落ちの長い夜

11月○日
秋から冬への移行期は朝夕と昼の温度差が大きく、何を着て良いものか迷う。出がけに着ていった厚い上着も気温体温の上昇と共に邪魔なものに。
   寒暖差朝霧晴れて上着脱ぐ

11月○日
凛と冷えた朝の空気に触れる日が増えてきた。どこかで火をたいて暖をとっているのだろうか朝の空気に炭やたき火のにおいがかすかに混じってきた。
   北風に炭の香混じり冬立ちぬ

11月○日
近くの沼地にも鴨の群れが飛来していた。草木が枯れて寒々とした岸辺もまたにぎやかになった。
   群鳥の渡り来たりて冬湖岸


11月○日
朝早い移動のために出かけた田舎のバス停は刈り取りの終わって静まった田んぼの中にポツンとあった。昇ってきた朝日が田んぼ一面の霜を照らし、きらきらとまぶしかった。
   霜光る田畑の前でバスを待つ


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015年10月29日

秋の日はつるべ落とし、秋から冬へも駆け足で季節が過ぎていく

テーマ:秋探し
秋の夕暮れ

10月○日
秋は夕暮れ。確かに秋の暮れ時というものは美しいもので、何気ない周囲の眺めを魔法のような光景に変えてしまう。だがそれもほんの一時。暮れ落ちる日と共にたちまち光は色を失い、すべては闇の中に没してしまう。
   浮雲に残照一時闇迫る

10月○日
秋の夜の空気というものは落ち着いて静寂があたりを支配する。静けさの中でひとり盃を傾けるのも良いが、古い友が集えば、昔の話で盛り上がり、たちまち笑いが静けさを打ち破る。これがまた良い。
  長き夜の静寂破る同窓会

10月○日
十月も後半となると、列島に雪の便りもちらほら聞こえてくる。私の行ったところは雪はまだだが、朝早い移動で使ったバス停の前は一面の畑で、日を浴びた霜がきらきらとまぶしかった。
  霜光を全身に浴びバスを待つ

10月○日
朝の冷え込みが本格化してきた。冷え込みと共に寝起きのからだがこわばり、古傷も痛む。それでもこの程度の寒さならまだ少し動けば体も温まり目も覚めてくる。
  朝寒に一駅歩いて血が巡る

10月○日
秋の夜長は灯下読書に親しむ、といきたいところだが、いつの間にやらこの世とも本の中とも違う世界に移動してしまっていることが多い。読書の秋より睡眠の秋。
  本に伏しいつか寝落ちの長い夜



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015年10月17日

静けさと寂しさと、落ち着いた空気

テーマ:秋探し
コスモスの原

10月○日
丘の上に登ると風が好き勝手放題に吹き抜けている。夏は牧草地だが、秋はコスモスでいっぱいだ。風がやってきて通り過ぎてく道が見える。もちろん風自体は見えないし、どこから来てどこに行くのかも見えないのだけれど。
   風渡るコスモスの丘の中に立ち
     秋去り冬来る彼方眺める


10月○日
夜になるとやかましいほどの大音量であたりを包んだ虫の声も、秋が進み気温の低下と共にだいぶおとなしくなってきた。今は静寂の中にたまにぽつりと鳴く虫がいる程度。
   我包む虫の音いつか風となり

10月○日
日が暮れるのがはやく物寂しい秋の晩でも、盛り場に出かけ得る機会があると、一時寂しさを忘れることもできる。人嫌いで厄介な他人は避けて過ごしたいと思っていても、結局人間は人間から離れられない。
   ネオン街素見騒きの夜長かな

10月○日
郊外に出かけ朝早く無人駅から電車に乗る。田んぼの中にぽつんとある駅はひとけもまばらで、驚くほど静かだ。
   秋の田の氷雨に煙る静けさや

10月○日
秋晴れの日も多いが、周期的に雨が降る。雨も降るたびに冷えて季節を推し進めていくようだ。
雨の日は嫌いではないが、バス待ちの傘の列も待ち時間もいつもより長くなる。
  氷雨降り無言のバス列長くなる






いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015年10月03日

秋の進展

テーマ:秋探し
秋の標識

9月○日
会社も世間も煩わしいことはなくならないが、毎日ずっと快食・快眠・快便、
人生の良い時期は短い、屁のようなストレスに悩んでいるヒマはない。

 無為一日悔やむ間もなく日が暮れる

9月○日

スーパームーンだかなんだかでマスコミが騒がしい。誰もかれものせられて上を見上げている。みんな普段空なんか見もしないくせに。月は月に変わりなんかないのだから酒でも飲んでいた方がまし。

 名月や酔いに身任す秋の晩


10月○日

今年はもうキンモクセイが咲き、散ってしまった。寒さの訪れがはやいのだろうか。日中はまだまだ暑いが日が沈むとたちまちひんやりした空気が忍び寄ってくる。秋の夜の空気はしんとして動かない。

 さざ波も立たぬ海照る月の晩

10月○日

食欲の秋。秋の世界を凝縮したような果物が多数出回っている。幸福、口幸。

 柿食えば口中溢れる秋奔流

10月○日

日増しに秋らしさが進展する。昼の日差しは強いようでも、あっという間に夕闇が迫ってくる。

 秋更けて灯火の下で魚買う


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2015年09月23日

秋の日は照っても暮れてもさびしかろ

テーマ:秋探し

秋の日

あっという間に彼岸も中日に達し
いっとき昼と夜とが均衡する日、
しかも祝日。

連休だが、会社のごたごたから逃れても
世の中のごたごたから逃れることはできない。
 
一日の終わり、何も思わず
何も考えず、ただ酒を満たした盃の上に
心を遊ばせるだけ。





いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2015年09月05日

秋の旅

テーマ:秋探し
ワイン

どうしたわけか8月も下旬からあっという間に涼しくなって
あんなに暑かった夏はあっけなくどこかへ行ってしまった。

そもそも今年の夏は冷夏だと
長期天気予報では言われていたはずだが、
夏になってみればとんでもない猛暑の連続で
話はころっと変わりこの先はも高温が続くとか
言うことになっていたと思う。
 
変転の予想
分かってはいるが、天気予報は三日より先のことは
ネコや下駄ほどもあたらない。
お天気占いと改称すべきである。 
 
まあ早々と涼しくなったのは良いのだが、
今度は毎日毎日雨が降る。
夏の終わりの長い雨、という歌があったが
毎日洗濯もしなければならず
仕事にも行かなければならない現実の生活者には
これがまた厄介だ。
 
先日も出張先での休日に
どこかちょっと息抜きに観光でもと思ったのだが
やみ間のない雨に降り込められてしまい、
結局朝から酒を片手に窓の外を眺めて過ごしただけだった。


グラス手に秋雨眺める旅の窓
 

 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015年08月09日

夜風虫の音月明かり

テーマ:秋探し
夕暮れ2
 
まだまだ日中の厳しい暑さは続いているものの
ひと頃の狂ったような猛暑と熱帯夜の日々はようやく治まり
何とか普通の夏の日が過ごせるようになってきた。
 
日が落ちれば涼しいとまではいかないが
落ち着いた夜風に包まれる。
今も開け放った窓から射し込む月の光が作る
床の模様を踏んで虫の音に耳を傾けているところだ。

目にははっきりと夏が後退していく様は見えないものの
日が沈んだ後にはこっそり少しずつ季節の主役脇役が
入れ替わりを始めているのである。

密やかに夜ごと虫の音新しき 



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013年11月17日

夕暮れ時の自転車乗り

テーマ:秋探し
11月にしては暖かい今日の午後、
郊外をさしたるあてもなく自転車で徘徊しておりました。
 
4時を過ぎると急速に日が陰り、着脱式のライトを持ってきていなかった私はのんびりした散歩が一転し、帰路を急ぎ向かい風の中、懸命にペダルをこぐことになったのですが、途中ふと振り返ると、まさに日が沈もうとしているところでありました。
 
そこで車や人の行き交う中、ちょっと路肩で停車し、無理に首と肩をひねって、夕日に携帯のカメラを向けてパシャリ。

だからこの写真をご覧になる方も、体と首を横にご覧になると、当時の私の姿勢と状態がおわかりになりますよ。


$酒とホラの日々。-11月の夕暮れ月の夕暮れ



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013年10月12日

夏の亡霊と酒飲みの幸福

テーマ:秋探し
酒とホラの日々。-夏の背
10月も半ばだというのにまだまだ暑く
連日30度を超える真夏のような気候が続いている。
一時は涼しくなったはずなのに、ぶり返し居座る暑さは
ことのほか体にこたえる。
また引っ張り出した半袖の夏服を着てふらふらと歩く私などは、
まるで間違って真夏世界に紛れ込んだ亡霊といった風情である。 
 
とはいえ10月頃この時期ならではの楽しみと云うものもあって、
中でも夏を越して角が取れまろやかさを増した日本酒の出荷がある。
春先にできた新酒を夏越しさせて、
秋になって樽から出して出荷したものを”ひやおろし”と称して
季節限定で売っているものがあって、
これなどは独特の風味で季節の進展を感じさせてくれるのである。
 
よい酒に巡り会えたら長っ尻の夏の暑さも関係がない。
ただもう酒盛りだけが待ち遠しく、
暑い昼間でさ早く日が暮れ夕方になってくれるのを
ひたすら待つだけの通過時間帯なのである。



いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。