2015年08月20日

夏の疲れがにじみ出て

テーマ:夏集め
南瓜

8月も下旬。
まだまだ暑いとは言ってもそこここに
季節の移ろいのサインが見える。

雲はすでに夏の一色ではなく、
低い空には乱れたくもが行き交って夏の終わりの雨を
降らせるようになっているし、朝夕の風は
炎暑と対立してがんばってきた体の緊張を緩めてくれる。

そのせいか毎年夏の疲れが出てくるのもこの頃だ。
今週は夏の疲れがどっと、と言うわけではなく
じわじわと滲み出すように出てきて
どことなく本調子ではない。

秋の前の庭仕事であるとか、
この時期にやるべきことは多いのだが
いい加減にしておかねばならない。

暑さの盛りの休息も大切だが、
暑さのピークを過ぎた後に体をケアするための
静養もまた大切だと思う。

そうしてほったらかしにされた庭でも季節は動き
朝夕の虫の音も次第に高くなってきたし
掃く花にはばらばらになったセミの羽などが混じる。

庭も樹も、自然環境の一部としてある人間環境もまた
季節の移ろいにさらされている。
 
  夏越して褪せた空より疲れ雨





AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2015年08月13日

失っていく夏への想い2015

テーマ:夏集め
夏の夕暮れ

お盆の時期ともなると、
すべてが夏一色という気候でもなくなって、
そこここにわずかながらも季節の巡りを
感じずにはおられません。

朝夕の空気の変化
濃くなった夕焼けの色
高いところに現れた雲の群れ

地面に落ちたセミ
夜ごとに高まる虫の声
道ばたの草のふくらんだ実の色
 
これらはどれも
夏の頂からその先の秋への道を見晴らす
眺めに他なりません

こうして草の実の一つ色づくごとに
私たちは夏を少しずつ失っていくのでしょう。
 
毎年やってきては去っていく夏への想いは
人それぞれ様々でしょうが
夏の終わりには人の心を揺さぶる独特な
空気が満ちているようです。
 
夕暮れ時にはふと立ち止まり
過去から何度も繰り返してきた夏の終わりの
気分を振り返ってみるのも悪くありません。
 



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015年08月08日

立秋

テーマ:夏集め
羊雲

今朝早く秋のような羊雲の断片が現れた。
もちろん地上は蝉が鳴き、
照り返しに蒸された空気がよどんでいる。
猛暑の予報は相変わらずだが、
高い空にはわずかに秋の空気が
流れ込んでいるのかもしれない。
 
そうでなくてもそう思いたい。
 
成層の 色に驚く 夏の朝
 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015年08月06日

雨に願いを

テーマ:夏集め
夏花木
毎日毎日、猛暑と熱帯夜で
熱と疲れが蓄積されていく。
ひと雨降ってもらって、
一度地熱をリセットしたい。

天気予報は毎日、
「ところによっては雷雨の恐れ」と
期待を持たせることを言うのだけれど。

 夕立の 期待は今日も 裏切られ

 
 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015年08月05日

できることなら毎日でもやってみたい

テーマ:夏集め
夏バッタ

耐え難い夏の酷暑のただ中にいて、
エアコンにも頼らずこの厄難を避ける唯一の妙法は、
やることがあっても働かず、
木陰の風通しの良いところにでもいて、
たまに冷たいものでも飲んで、
ひたすらのんびり過ごすことである。
 
南国の 大王となる 夏の午後
 
 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015年07月19日

梅雨明け

テーマ:夏集め
梅雨明け2

 
梅雨が明けて、昨日までの湿気が残る地表に強烈な日差しが照りつけて
熱と湿度に倒れそうになった今日が今年の日本の夏の始まりの日。
 
息も絶え絶えなんとか倒れずに夕方を迎え
庭で植物に水をやっていると
葉陰から出てきたコガネムシが
暮れ色の空へ、沈んだ日を追いかけるように
ブン、と飛んでいった。

明日も晴れるらしい

夕暮れ









いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015年06月28日

今年の暑さ対策

テーマ:夏集め
shop2

今年は休日の外出には半ズボンをはくことにした。
ハーフパンツお出かけの解禁である。
なに、今まで長ズボンしかはいていなかったのか、
と言われるかもしれないが、そうなのである。
これまで大人になってからの私は、
ほとんど長ズボンしかはいていないのである。

毎年私は何か新しい暑さ対策を導入しているのだが、
毎年ともなるといい加減ネタも尽きてくるので、
ハーフパンツはくことをいままでとっておいた、と云うこともある。
それと同時に、大人の男の半ズボンなど見れたモノではない、
何よりエレガントでない、と言う思い込みもあったが、
対暑ネタがなくなってきたと同時に、どうしたわけか、
あきらめがついたというか、
半ズボンへの抵抗がなくなってきたせいもある。

ヨーロピアンファッションはアンチ半ズボンかもしれないが、
ここは日本で、夏は熱帯に近い。
半ズボンはシックでない、大人っぽくないとか言う輩は、
日本から出て行くか、豚にでも食われてしまうが良い。
長袖長ズボンで汗まみれの方が不快である。
ここはヨーロッパではない、アメリカの男たちの潔さを見よ。

こうして宗旨替えを行った私はさっそく、
半ズボンを買いに行ったのだが、私はももが太い。
スリムなパンツはウエストに合わせるとももと尻がぴちぴちになる、
でもだぶだぶのデカパンははきたくない、
というような事情もあって、
品選びは難航したが、なんとか妥協策を見いだせた。

妥協策というのが、街中で海パン(サーフパンツ)を
はくという店側の提案なのだが、
なんとはいてみるとこれがまた具合がよい。
(サーフパンツはストレッチ素材なので)
ちょっと初めは戸惑ったが、
海パン自体、外着なのだからどこではこうと同じことである。

ただ、半ズボンをはくと、自然と足下が気になり、
それ用の靴も買うという余計な出費が伴ったのは予定外ではあったのだが。

こうして一連の行動を書いてみると
我ながらバカみたいだと思うが、とにかく半ズボンは涼しい。
脚を外気にさらすのは気持ちが良い。
 
とにかく今年も本格的な今年の夏をお迎えする用意は調った。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015年06月27日

梅雨の中の休日

テーマ:夏集め
雨滴
昨日から降り始めた雨は、当初の予報に反し、
今日になってもむせぶように降り続いている。
重い雲が垂れ込める暗い休日の朝。

咲きそろった花木も雨水をたっぷりとまとい、
首を垂れるように傾いている。
のろのろとベランダに出て空を見上げると、
まとわりつくのは雨ばかりではなく、
一週間の抜けきらない疲れが
あちこちにまだ残っているのが分かる。

起きるのだけでももおっくうだが、
昼は外で食事をする予定だ。
これからのはっきりしない天気を思い、
ぐずぐずしながら今日着る服を考えていると、
顔に当たる霧雨が夕べの酒をほんのすこし
流してくれたような気分になってきた。 
さて出かけるか。
 
 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2014年08月18日

夢の後の夢

テーマ:夏集め
晩夏の陽

昨日まで夏のイベントで賑わった街頭は
気むずかしい顔をした人間が急ぎ足で通り過ぎていく。
通勤電車には雑踏が戻って、灰色に人波が
町へとまたあふれ出すようになった。
 
お盆の休み期間が過ぎたら夏ももはや終盤。
一抹の寂しさを抱えながらも
この時期ふと気がつくと、早くなった夕暮れの光に照らされる
赤みを帯びた景色に見とれている。
 
祭り終え 彼方に去りし 夏の夢
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2014年08月15日

失っていく夏への想い

テーマ:夏集め
夏後半の雲
 
夏も後半、まだまだ暑い日は続くものの
照りつける日差しはだいぶ斜めになってきたし
暮れはじめる時もだいぶ早くなってきた。
この時期はなんだか不安というか
落ち着かない気分がそこはかとなく漂う。
 
別に日が短くなったせいでもないだろうが
たぶん、ひとつには残り少ない夏休みとうんざりする宿題を
比べて眺めた子供の頃の体験が、トラウマとなって
いい大人になった今でもこうして心を苛むのだろう。
 
どうも学校体験は全体として幼い心を傷つけ
その後の長きにわたる人生に負の記憶を
刻んでいたような気がする。
もちろん、学校や教師への恩はあるが怨もまた多大なものだ。

いや、別に私の勉強がどうというわけではない。
これでも余は幼少のみぎり、神童とか生き仏かと言われ、
東京の大学の先生が面会に来たとか
チベットの偉い坊さんがわざわざ訪ねてきたりしたくらいなのだ。
(注 : あまりに昔なので記憶に誤りがあるかもしれない)
 
まあ、教育は大事だが何でも教育で解決できるわけではない。
 
そんな屈折した記憶を抱えながらも、それでも私は夏は大好きだ。
夏の空気、食べ物、まぶしい光・・・。
 
この夏食べたスイカは大小取り混ぜて8個だったが、
スイカにもそろそろスの入ったのが出回るようになってきたし
果物の主力は梨やブドウに移ってきた。 
地上は暑くても見上げる空には秋の雲が混じる。
 
日が暮れれば夜ごと次第に虫の声が大きくなってきて
いつのまにか気付けばすっかり秋の景色の中にいるのも
もうそんなに遠いことではないのだろうなあ。
 



(タイトル「失っていく夏への想い」は、数年前に晩夏の寂しさについて書いた時nonponoさんにいただいたコメントで、晩夏もまたいいものでそれは失っていく想いとか、と云うようなことがあったのをふと思い出したものです)
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。