2015年09月27日

いつまでたってものんびりするのが下手な私

テーマ:ブログ

海岸のベンチ

秋のまとまった連休も今日で終わり。

あれもやろうこれもやろうと思っていたのに

私はいったい何をして暮らしていたのだろう。

あふれかえる秋の行楽情報に急き立てられ、

新商品のチェックにうつつを抜かし、

タダのサービスにまんまと乗せられて

せわしなさの中に永久に満たされることのない

欠乏感をかき立てられ続ける情報と
市場経済社会にもてあそばれる愚者の休日を

地でいった日々だったかも。


分かっていることではあるのだけれど

多すぎるモノと情報は心の自由を奪う

幸せは簡素な暮らし。


広い世界に自由に心を遊ばせることに充実を見いだそう、

なんてもう自分でこのブログでも何年も言っているのに

いつまでたってもバカは直らない。

自由で豊かなシンプルライフは到達する状態でなくて

日々向き合い解決されるべき課題なのだな。

 



2015年09月23日

秋の日は照っても暮れてもさびしかろ

テーマ:秋探し

秋の日

あっという間に彼岸も中日に達し
いっとき昼と夜とが均衡する日、
しかも祝日。

連休だが、会社のごたごたから逃れても
世の中のごたごたから逃れることはできない。
 
一日の終わり、何も思わず
何も考えず、ただ酒を満たした盃の上に
心を遊ばせるだけ。





2015年09月05日

秋の旅

テーマ:秋探し
ワイン

どうしたわけか8月も下旬からあっという間に涼しくなって
あんなに暑かった夏はあっけなくどこかへ行ってしまった。

そもそも今年の夏は冷夏だと
長期天気予報では言われていたはずだが、
夏になってみればとんでもない猛暑の連続で
話はころっと変わりこの先はも高温が続くとか
言うことになっていたと思う。
 
変転の予想
分かってはいるが、天気予報は三日より先のことは
ネコや下駄ほどもあたらない。
お天気占いと改称すべきである。 
 
まあ早々と涼しくなったのは良いのだが、
今度は毎日毎日雨が降る。
夏の終わりの長い雨、という歌があったが
毎日洗濯もしなければならず
仕事にも行かなければならない現実の生活者には
これがまた厄介だ。
 
先日も出張先での休日に
どこかちょっと息抜きに観光でもと思ったのだが
やみ間のない雨に降り込められてしまい、
結局朝から酒を片手に窓の外を眺めて過ごしただけだった。


グラス手に秋雨眺める旅の窓
 

 
2015年08月20日

夏の疲れがにじみ出て

テーマ:夏集め
南瓜

8月も下旬。
まだまだ暑いとは言ってもそこここに
季節の移ろいのサインが見える。

雲はすでに夏の一色ではなく、
低い空には乱れたくもが行き交って夏の終わりの雨を
降らせるようになっているし、朝夕の風は
炎暑と対立してがんばってきた体の緊張を緩めてくれる。

そのせいか毎年夏の疲れが出てくるのもこの頃だ。
今週は夏の疲れがどっと、と言うわけではなく
じわじわと滲み出すように出てきて
どことなく本調子ではない。

秋の前の庭仕事であるとか、
この時期にやるべきことは多いのだが
いい加減にしておかねばならない。

暑さの盛りの休息も大切だが、
暑さのピークを過ぎた後に体をケアするための
静養もまた大切だと思う。

そうしてほったらかしにされた庭でも季節は動き
朝夕の虫の音も次第に高くなってきたし
掃く花にはばらばらになったセミの羽などが混じる。

庭も樹も、自然環境の一部としてある人間環境もまた
季節の移ろいにさらされている。
 
  夏越して褪せた空より疲れ雨





2015年08月13日

失っていく夏への想い2015

テーマ:夏集め
夏の夕暮れ

お盆の時期ともなると、
すべてが夏一色という気候でもなくなって、
そこここにわずかながらも季節の巡りを
感じずにはおられません。

朝夕の空気の変化
濃くなった夕焼けの色
高いところに現れた雲の群れ

地面に落ちたセミ
夜ごとに高まる虫の声
道ばたの草のふくらんだ実の色
 
これらはどれも
夏の頂からその先の秋への道を見晴らす
眺めに他なりません

こうして草の実の一つ色づくごとに
私たちは夏を少しずつ失っていくのでしょう。
 
毎年やってきては去っていく夏への想いは
人それぞれ様々でしょうが
夏の終わりには人の心を揺さぶる独特な
空気が満ちているようです。
 
夕暮れ時にはふと立ち止まり
過去から何度も繰り返してきた夏の終わりの
気分を振り返ってみるのも悪くありません。
 



2015年08月09日

夜風虫の音月明かり

テーマ:秋探し
夕暮れ2
 
まだまだ日中の厳しい暑さは続いているものの
ひと頃の狂ったような猛暑と熱帯夜の日々はようやく治まり
何とか普通の夏の日が過ごせるようになってきた。
 
日が落ちれば涼しいとまではいかないが
落ち着いた夜風に包まれる。
今も開け放った窓から射し込む月の光が作る
床の模様を踏んで虫の音に耳を傾けているところだ。

目にははっきりと夏が後退していく様は見えないものの
日が沈んだ後にはこっそり少しずつ季節の主役脇役が
入れ替わりを始めているのである。

密やかに夜ごと虫の音新しき 



2015年08月08日

立秋

テーマ:夏集め
羊雲

今朝早く秋のような羊雲の断片が現れた。
もちろん地上は蝉が鳴き、
照り返しに蒸された空気がよどんでいる。
猛暑の予報は相変わらずだが、
高い空にはわずかに秋の空気が
流れ込んでいるのかもしれない。
 
そうでなくてもそう思いたい。
 
成層の 色に驚く 夏の朝
 
 
2015年08月06日

雨に願いを

テーマ:夏集め
夏花木
毎日毎日、猛暑と熱帯夜で
熱と疲れが蓄積されていく。
ひと雨降ってもらって、
一度地熱をリセットしたい。

天気予報は毎日、
「ところによっては雷雨の恐れ」と
期待を持たせることを言うのだけれど。

 夕立の 期待は今日も 裏切られ

 
 
 
2015年08月05日

できることなら毎日でもやってみたい

テーマ:夏集め
夏バッタ

耐え難い夏の酷暑のただ中にいて、
エアコンにも頼らずこの厄難を避ける唯一の妙法は、
やることがあっても働かず、
木陰の風通しの良いところにでもいて、
たまに冷たいものでも飲んで、
ひたすらのんびり過ごすことである。
 
南国の 大王となる 夏の午後
 
 
 
2015年07月26日

今年の夏の味わい方

テーマ:生き延びる
夏木立2015


今年もついに盛夏に至ってしまい、
日本の夏らしい蒸し暑い毎日が続いております。
冷涼な土地に移住はもちろん、長期の避暑にも行けない私としては
毎度不快な暑さをいかに
やり過ごすかに心を砕いている(財布もはたいている)
わけではありますが、いいかげんネタ切れの今年は
暑さを暑いまま楽しむという方向に向かっております。

すなわち、
・扇風機・エアコンは迷わず使う
    (まあ温度は控えめに)
・暑いところへどんどん出かけて汗をかく
  (そのかわり一日何回でもシャワーを浴びて着替える)
・休日は昼寝する(それもタイルの焼けた暑いベランダで寝ると
         なんと岩盤浴効果がある!)
・ビールは心のガソリン
    (たしかに夏の暑さ何するものぞと言う気分になる)
・冷酒は食欲増進剤
    (夏ばてなどしない。もちろんしたことないが)
・泡盛は南国の香りのする夏の酒
   (もちろん通年飲んでますが)
・夏のワインはロゼ(辛口で軽くてさっぱり系が夏向け)

・・・なんだ、飲んでいれば暑さなんて関係ないのかも。
仕込みから夏越しの日本酒、「冷やおろし」の出回る夏の終わりが楽しみだぜ。




Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。