2012年08月28日

しみったれ徒歩旅行

テーマ:散歩

旅に出るのはわくわくするが、
大観光地や名所旧跡、大人数が押し掛ける有名店などが苦手である。
ついでに言うと、飛行機も嫌いだし、新幹線に乗るのもあまり楽しくない。
 
自由を求める旅人には、体力勝負で人ごみや時間との競争のような旅は
ふさわしくないのである(笑)。
 
もっとも、人に話すときには○○寺院へ行ったとか、
友人の何某に会いに行くとか
もっともらしいことを告げるのだが、これは表向き。
説明が面倒なのだ。
 
もちろん私とて大観光寺社に参詣しないこともないし、
行った先の友人と酒酌み交わしもするが、
主目的は一人でぶらぶらすることにある。
 
なんでもない田舎町や街道からはずれた野道を
ほっつき歩くことを私は好むらしい。
また、ローカル線の鉄道や停車場、バスの待合などで
握り飯を食ったり、ぼーっとあたりを眺めているのもいい。
  
テーマパークや国宝の神社仏閣、あるいは有名都市をめぐる旅と
比べると、なんともしみったれた旅であることか。
 
いったい私は何をしているのだろうか。
 
人は苦手だが別に嫌いなわけではない。
私の旅については、こんな説明ではどうだろう。
・・・私は知らない街の知らない人々がそれぞれに
日常を積み重ねているその場面に一時おじゃますることで、
ああやっぱり私も彼も誰もが同じなんだと追確認しているのだと。
人はどこにあっても、ささやかな暮らしを組み立て、
日々の生活をいとおしみ、小さな幸せを願う。
こんな当たり前の事実を見知らぬ土地で再確認することで
自分の日常のありがたさを改めて感じることができるのかも
しれない。
  
だからなのだろう、旅から帰ったときにほっとした穏やかな気分に
浸ることができるのは。
 
こんな旅には忙しいスケジュールや大観光施設などとは無縁の、
しみったれたやつが一番だ。
 
$酒とホラの日々。-徒歩旅行

 
<徒歩旅行>
こんな本も出ていた。私のしみったれ旅とあまりに似ていてびっくり。


 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2012年08月26日

残暑無風

テーマ:夏集め
$酒とホラの日々。-無風
  
連日の酷暑。強い日差しの上に風もなし。
風向計も所在なく日に焼かれてじっと佇むだけ。

  
  
  
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012年08月24日

旅と日常と、待つということ

テーマ:ブログ
$酒とホラの日々。-休暇の山

先日ちょっとした旅行に出かけ、
列車やバス・船の乗り継ぎを繰り返す中で
否応なく「待つ」という時間に向き合うことが何度もあった。
不慣れな田舎で公共機関を使うにはすべてが切れ目なく進むわけではない。
到着待ち、出発待ち、移動待ち。
自分ではどうしようもなくただ待つだけの時間というのが
いたるところに出現する。待つことは旅の一部、まさに待つことこそ旅。
 
ふと気が付けば、普段の私たちは、通販の買い物にしても、
人との待ち合わせにしても、
ジャストインタイムで受け取り、また落ち合うことができるように
極力待つことを排除する仕掛けの中を暮らしているようだ。
昔は本屋でほんの取り寄せたら十日から二週間くらい待つのは普通だったし、
携帯のない時代は、慎重に待ち合わせの場所と時間を決めて
確実に落ち合えるように、一方の到着が遅れてもただひたすらじっと待った
ものだった。
 
旅ではそんな忘れていたただ待つだけの時間に向き合うことになって、
どこか不思議な感覚を思い出すことになった。

とはいえ、一見、待つことを
極力排除したかのような私たちの日常にしたって、
実のところ今という時間を消費して、忙しさを脱する時を待ち、
平日にあっては休日を待ち焦がれ、いつも日常の次の場面を
待っていることの繰り返しであるともいえる。
 
私たちはいったい何を待っているのだろうか。
 
旅で出会った待つという時間は、それは本当に
何でもない時間ではあったのだけれど、
どことなくいとおしい時間と空虚だった。
 
その何もない時間に向き合う満ち足りた無念無想は
ひょっとしたら、やがて私たちが帰す空無に似ているのかもしれない。
 

 
 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。