2005年02月27日

『預金封鎖』・『スクリーンの中の戦争』 

テーマ:本読み
「預金封鎖」副島隆彦 / 祥伝社黄金文庫

私は子供の頃亡くなった祖父から何度か、第二次大戦後のまもなくの、「預金封鎖」の話を聞いたことがあります。
一生懸命ためた預金が自由に引き出しもできなくなってそのうちに物価は上がり、お金の価値はどんどん下がって結局蓄えが蓄えとして機能することはなかったというものでした。

だからなのでしょう、いずれ国家が破綻に瀕して行き着く先は高度のインフレと統制経済・預金封鎖による国民の金融資産の収奪であろうというのは規定の事実として私の意識にはずっと以前から刷り込まれていました。

この本では、昨今の具体的な金融政策とその結果の事実をふまえて「2005年以降の数年の内」にアメリカ発の金融恐慌とハイパーインフレに端を発する、「統制経済と預金封鎖」が2005年以降数年内に現実のものとして現れるという予想をしています。

日本もアメリカも返済の目処の立たない国債の乱発とその場しのぎのでたらめな金融政策で破産寸前というのは現実感はなくとも誰もがどこかで見聞きしたことはあるでしょう。でもその行き着く顛末を具体的に提示されて心穏やかでいられる人は多くないのではないでしょうか。
自分の将来に希望をつなぐ(はずだった)貯金やその他の蓄えが合法的に巻き上げられ、また価値をなくしていくということなのですから。たとえばこれまで貯蓄2000万円あるから家でも買おうかともっていたら、ある日発動された預金封鎖で銀行預金ばかりかタンス預金も自由に使えず、やっと使えると思ったらなんと20%を税金で引かれ、物価急上昇のインフレで貨幣価値千分の一になってしまって、先の2000万は今日は実質1万6000円、家を買おうと思っていたけど、1万6000円しかないから、家は買えないけどまあ一杯行こうかというようなものですね。
が、しかし、金融資産を多く抱えて金融資産が人生の目的の人には大きな痛手となるでしょうが、私のような多くの貧乏人には少々の金融資産の目減りを受け入れれば諦めもつく範囲かも知れません。そもそもたいした蓄えがなければ収奪され要もありませんし、60年前もそうだったように、これからなにが起きようとも日常は続いていくのでありますから。


で、「スクリーンの中の戦争」坂本多加雄 / 文春新書

本書は「戦争映画」についての論評ではありますが、一貫して扱われるテーマは戦争という異常な事態を通して考える人間の「日常」です。
戦争を直接知らない私達は、第二次大戦の日本の国粋主義も、アメリカが今もって負の遺産を引きずっていると言われるベトナム戦争も、現代の条件とは異なる理解不能な異質で異常なものと深く考えずに片づけてしまいがちです。でも著者は戦時の異常な状況を日常と紙一重であることを解き明かしていきます。

たとえば蔓延するファシズムについて、その積極的な担い手はごく普通の商店主や教員、小地主、僧侶や神官、自作農らだったことを、映画のシーンを通して説得していくわけです。「ファシズムは没落した中産階級の思想と言われ、上流階級や労働者のものでなく、生活基盤を脅かされている中産階級の出身者の危機感の産みだしたラディカルなイデオロギーである。」
「理想とは理想通りに現実を動かすためにあるわけではなく、ある現実を整理したり、現実を目標づけるためにある」

また、普通の市民とは別に日常生活にうまく適合できない、不器用で世間ずれのできないアウトサイダー的な人間が戦時体制に過剰に適応していく様をとらえて次のようにも述べます。「日常生活の中のアイデンティティの欠如した人間は、何らかの理念に依存しなければやりきれない部分がある」

まさに、人生・世の中の適合・不適合は平時・非常時それぞれその時に置かれた状況次第ということかもしれません。

しかしながら、多くの普通の人間の中には戦争中にもそれこそミッドウェー開戦に参加しながら飯炊きばかりしていた人間もいるわけですし、個人よりも国家の戦時体制一辺倒でいながら様々な個人的には悲哀を味わった人も多いはずです。人間は、時代がどんなに異常な事態を演出しようとも自分の日常と折り合いをつけて妥協点を見いだし生きて行かねばならないのです。それは戦中においても平時に戻っても、いつの時代も同じことなのです。
「人はこの世に生まれ、出会いと別れを経験し死んでいく。日常とはこの原型の上になり立つ世界である。」

・・・この先金融崩壊で経済社会が激変しようとも、人間の日々の営みは続いていくのでありましょう。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年02月26日

古書衝動殺人事件

テーマ:本読み

先日、地方都市の郷里の友人から聞いたところによると、そこでは
旧タイプの古本屋は絶滅してしまったとのこと。(県庁所在地なのに!)
幸いにしてうちの近くには新古書店でないない昔ながらの古本屋がまだ二軒あって
私の本屋巡り散歩ライフに彩りを添えてくれております。

昔ながらの個人商店の本屋や古本屋の衰退は目を覆うばかりですが
本屋なんて、まして古本屋なんて便が良くて安けりゃどうだっていいと
思ってる人も多いということかもしれません。もちろんそれ以前に本離れの
今の風潮による絶対的な書籍に対する需要が減っていることはあるでしょう。
でも、そもそもデフレの時代にあって書籍は値段の下方硬直性もまた
本の大量リサイクルを行なう新古書店の躍進を招いたことも否めません。

よく本を買う私としても「本は安くない」とは常々思っていますが
本の適正価格とはどれほどのものなのでしょう?
私の本を買うという決定はどのように下されるのか、考えてみると「衝動買い」以外のケースなんてほとんどないように思えます。(アレ?)
新刊買うのも古書を買うのも、町の店で買うのもインターネットで買うのも
仕事や試験の参考書以外はみんなどれも衝動買いの結果。
衝動買いの対象に適正価格を設定するなんて、できるわけありませんね。

で、先日突如思い立ってブック・○フへ「衝動売り」行った結果
買取値はこんなところでありました
DVD(映画)     定価の40%
DVD(音楽)     定価の30%
DVD(ドキュメント) 一律600円
CD       400円~10円まで、ほとんど100円
単行本ハードカバー   最高150円
漫画本         一律100円

私は基本的に本には線を引きながら読むので
売りに行ける本はあまりないので次回はいつになりますことやら。
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2005年02月24日

ロシア人もびっくり?

テーマ:
なんでもWHOには、年間アルコール摂取限度値と言うのがあるそうで、
これが年間8リットルで、日本酒に換算すると約28升、つまり一週間あたりでは5合強。
日に二合とか、あるいはビール瓶2本とか飲んでいたら年間アルコール摂取量は14リットルにもなり、これはロシア人並!
(ロシア人は13リットルなんだそうな)

今まで量的制約を気にしたことはなかったのだけれど、
というより、日に二合相当かつ週に一度は休肝日、オレって健康的~!と思っていたのに、アル中人口世界最高(?)で平均寿命59才のロシア人並の酒量とか言われるのは、ちと気になりますかな。
健康のために飲まないのか、健康だからこそ飲んで楽しいと居直るのか、
人生は次々に厄介な選択を迫られるようになっているようです。
ま、ここはこの際「適当」という選択(?)にて御免、ですかな。

そして木曜までの今週の酒量は一升五合(日本酒換算値)
WHOがなんだ!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。