人生初インフルエンザだよ

テーマ:
学級閉鎖も縁がなく、
26年間インフルエンザには全くもって縁のなかった私。

それが、


社員待遇を辞めたばかりで新しい保険証が届いていないこの時期に、



新型インフルエンザに罹ってしまいました。




どんだけ空気読まんの、自分。。。。






事の発端は20日木曜日。
会社へ行った後に協働ステーションさんの講座へお邪魔し、


何かだるいな~咳が止まらんし、と思ったため
「今日は飲みに行かないの~?」と突っ込まれつつ自宅に帰り、
バタリと倒れて寝てみましたが、


翌朝金曜日の熱:37.5度(平熱35.5度)





うわぁ。



普段は多少の熱でも出かけちゃうタイプなので
ソーシャルエナジーカフェのインターンシフトやら
夜7時半から入っていたFASIDコース同期懇親会幹事業やら
色々なタスクが頭を駆け巡りましたが、


うちの某理事から言われた
「初動が大事だよ」
という言葉を思い出して、止む無くキャンセル・引継ぎの手筈に入りました。



ひと通り電話とメールを済ませた後は昏々と眠り、
昼過ぎに起きだして熱が39度まで上がっていたため更に眠り、
18時を過ぎた頃に帰宅した母にたたき起こされて病院へ連行され、


「もう受診時間過ぎてますよ!」と看護婦さんに怒られながら
インフルエンザ検査を受けること1分。
(ねこじゃらしみたいなのを両鼻に突っ込まれる)




看護婦さん:「あらっ、でちゃったわね。インフルエンザよ~。
       良かったわ~ちゃんと受け入れられて」








なぬうっ!!(°Д°|||)

生まれてこの方、インフルエンザのイの字も縁が無かったこの私が!
きっと死ぬまで縁がなかろうと勝手に自信満々で暮らしてきたのに!

(しかも保険きかないと検査費高い。1万円くらいするのね)





その後先生には

「あ~これはね、A型ですね。ほら見て、Aのところに線が入っていますでしょう。Cは比較って意味ですからね、鼻の粘膜がきちんと取れてますよってサインなんですけどね、これははっきりともうA型ですね。A型っていいますとですね、香港型と新型の二種類があるんですが、この簡易検査だとこれはどちらか分からないわけですね。しかしですね、やはり傾向はありましてですね、11月くらいまでは香港型が流行り、その後は新型が増えているんですね。ですからこれはほぼ100%新型と見て良いでしょうね。まぁでも発症したその日に来てくださったことでですね、現在は特効薬がございますから、すぐに治りますよ。今晩だけちょっとがんばってくださいね。」

ということをずばーーーっと20秒くらいで説明される。
(私がお世話になっている江戸川台クリニックの院長は
 診断が非常に的確なのですが、ものすごいマシンガントークなのであります)





という訳で、ばっちりタミフルをいただいてきました。
早く新しい保険証届いて~(>_<)




そして実感する、実家暮らしの有り難さ。
お腹がすいたらご飯が出てくることの有り難さ。
ママさんパパさん、ありがとう。。。




そうそう、インフルエンザにかかると、
なにやら熱が下がって2日たたないと外出できないそうですね。
熱は今日下げるので、火曜日からは出歩けるはず。


本当は日曜日にCAPEDSミーティングが入っていたのですが…。
切ない思いであちこちリスケ調整中の並木でした。
いやぁみなさん、予防が大事ですよほんと!!!
AD