おうちギャラリー写真教室

テーマ:

久しぶりの写真教室。

年度末は皆忙しく、あっという間に5月になりました。

 

写真は奥が深く、わかった気になっていても教えていただくとまた知識が増えます。

知らないことばかり。

今回は広角レンズと望遠レンズの違いについてのお勉強。

広角レンズはケイタイのカメラなどと同じで、背景が広く入ってしまいます。

その点、望遠レンズだと撮りたいものにフォーカスできる。

 

最近は単焦点レンズばかり使っているので、久々にマクロレンズも使ってみなければ。

 

撮影実習は、「ブランチをかっこよく撮る」

おうちギャラリーに差しこむ午後の光をうまく使って写真を撮りました。

 

 

手作りの天板もこうしてみると使える。雰囲気を出してくれます。

 

 

セリアのクッキングシートの上にキッシュをのせてかっこいい料理写真を。

 

撮りたいもの、主役を決めて脇役で引き立たせる。ピントをしっかりと主役に合わせて撮りたいです。

 

 

室内だけどガーデンランチっぽく。

荒っぽい板も雰囲気を作ってくれます。

 

俯瞰だとこんな感じ。

 

 

板を斜めに置いて、板目を生かしました。

 

 

ハンズで買った、どこかで使っていた板が雰囲気を作ってくれます。

 

最近はこういう雰囲気の写真が好きです。

ナチュラルでクリアで優しくて、ちょっとかっこいい。

めざす写真です。

 

 

 

 

 

 

AD

お料理家の岩木みさきさん主催のワークショップを行いました。

 

 

お料理を撮影するには欠かせない写真用天板。

これはいつも同じだと面白くないのでリースをしているそうです。

ただ、結構お値段が張る。

というわけで手作りしました。

 

講師はダイニングプランナーの梅津貴宏さん。

お料理家さんのための写真教室も開催してくれています。

 

几帳面な先生。まずはタイムスケジュールの確認です。

マイペースな生徒たちがこの時間配分通りにできるかは疑問ですが・・・

 

 

 

まずは下地作り。

ベニヤに蜜蝋のワックスを塗っていきます。

 

 

 

 

下塗り完成。

ここまではものすごい勢いで塗ってます。時間、巻いてます。

 

次はクラッキング剤を塗って、ひび割れの準備。

そして好きな色のペイントを塗る。

 

思った通りのひび割れにするにはかなりな練習が必要だと実感しました。

納得のいくものにはなかなかならない。

 

ただ、主役は天板ではないので写真で撮ればなんとかなるものです。

ちょっとエイジングが進んだ板に見えてきました。

 

 

なんだかいい感じ。

 

 

それぞれによく見えてくる。

 

 

蜜蝋だけの板もわざと傷をつけてかっこよくしました。

 

出来上がり。

それぞれ好きな色で作ってみました。

先生の意向とはずれていったけれど、生徒は満足。マイペースな面々です。

 

最後にランチで交流会。

ハードだけど楽しいワークショップでした。

 

 

 

 

AD
インテリアフラワーブランシュ定期レッスン。春はミモザのブーケとハーブガーデンのアレンジ。

{BD45D01B-D44F-4D59-9223-5C15C0F8C6DD}

{BC912322-B2D5-4D2A-BA64-04561FFFE059}

おうちギャラリーからはお花の色に合わせてゴールデンキーウイのカクテルをお出ししました。キーウイも細かく刻んで入っています。スプーンで召し上がっていただきました。

{D3AFEF27-7B62-4E27-9CAD-792522ED5295}

{78F9EF20-8CF1-49EA-906C-874484A9C7E7}

ランチつきレッスンはいつも好評です。

Nao先生は引き出しの多い人。いつも色々なアイディアが湧いてでます。それを話しながら整理して、おうちギャラリーで実現できるように企画をする。それも私のお仕事です。

この夏も、面白いことを企画中。白いスペースが活きる!

{FC27C2C5-841D-4465-BECB-396BF9037AC7}

プチイベントをやりたい方、ご相談に応じます!
キッチンスペース、B1ギャラリースペース、両方同時になど、色々なご利用方法があります。
渋谷駅から徒歩5分の一軒家レンタルスペースです。
AD