関東平野の端っこで

「関東平野の端っこ」でブログを始めました。
今も、ある意味「関東平野の端っこ」

旅の事、アーチェリーの事、日々の事
徒然なく綴ってみたいと思っています。

 2月に引っ越して,転勤して
毎日バタバタ,バタバタ,バタバタ...

夏になり,仕事が忙しくなり
バタバタ,バタバタ,バタバタ...

ちょっと余裕がでてきたので
ブログ再開してみます.

思い切ってタイトルも変えちゃいました!
 



テーマ:

なんとなく

「肉じゃが」が食べたくなりました。

自分の為に作るのって
あんまりなかったかも。

image

熊本のお酒お酒
「れいざん」大吟醸と共に。

やっぱり、美味しいラブラブ

肉じゃがも、お酒も。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

長らくお休みしていたアメブロ。

再開する事にドキドキ

なんとなくFace book に移行してしまってたけれど
そうじゃないと気づいて随分時間が経って・・・

そんな話を、友達にしていたら
背中を押されました。


image


久々にアメブロを開いてみようとすると
IDもパスワードも忘れ大変でしたが
無事にログインできました。

こんな更新していないのに
訪ねてくれている人もいるようで。
ありがとうございます。

今朝、インターネットの怖さを目の当たりにしましたが
懲りずに再開します!

これからも、よろしくお願いしますラブラブ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

車で約3時間


世界遺産のハロン湾へ

ハロンジンジャー号で1泊。



事前調査では

1泊する必要はない

とかも見たけれど


この3時間往復は

かなりしんどいので


ハロン湾に到着した時点で

1泊にして良かったと思った。


さて、8時にホテルピックアップ。

今回も、プライベート車

シーズンオフだったのかな?


途中、こんなバイクを追い抜いたり


桜並木の樹(こ)の下で-ipodfile.jpg

おじさんの後ろにアヒルの顔だけででてます。

この下には、ブタさんが数匹網の中に。

まさにドナドナ。



途中お土産さんで

お手洗い休憩後


11時過ぎにハロン湾到着。


小さな船で、お泊りの船に向かいます。


桜並木の樹(こ)の下で-ipodfile.jpg

今回は、ハロンジンジャー号



お食事処はこんな感じ。
桜並木の樹(こ)の下で-ipodfile.jpg

今回は、カップル4組と

11名の団体様。


しかし、団体様はなぜか乗船時間に間に合わず

後から、小さい船で追いかけてきました。


おじいちゃん、おばあちゃんと、孫たちの

メキシコ人のファミリー旅行だそうです。

自由な人たちでした。



お部屋はこんな感じ。


桜並木の樹(こ)の下で-ipodfile.jpg

広くはないけれど

船の中とは思えない感じ。


もちろん、シャワーとトイレはついてます。

シャワーブースは大理石張り。



さて、船に乗ったらまずランチ。



お洒落な生春巻き。


桜並木の樹(こ)の下で-ipodfile.jpg

スープがあって


エビとサラダ


桜並木の樹(こ)の下で-ipodfile.jpg


メインのお魚。

桜並木の樹(こ)の下で-ipodfile.jpg

どれも、美味しかったです。

量も多かった。


デザートは、フルーツたっぷり。


桜並木の樹(こ)の下で-ipodfile.jpg


食後は、水上生活者の家を見学。



船が止まったとたん

子供を連れて、お土産を売りにやってくる。


ココからは、小さ

な手漕ぎボートに

乗り換えて、村を見学。



先祖代々、船の上で生活をしているそうで。


桜並木の樹(こ)の下で-ipodfile.jpg

ふつうの家が水上に並んでいる。


犬を飼っていたりもする。



桜並木の樹(こ)の下で-ipodfile.jpg



買い物は週に1回、陸に大きな船が行くそうで。


しかし、浄水、下水に関しては

毎日、配給と、回収があるそう。


きっと、世界遺産を守るために

政府がやっているのでしょう。


いくら、代々水上生活をしているといえど

なんでこの人たちは

陸に上がって生活をしないのだろう。

そんな疑問は解決されないまま。



鍾乳洞も見に行きました。


桜並木の樹(こ)の下で-ipodfile.jpg

これは、秋芳洞の方が全然よい!



水上生活者たちは、この鍾乳洞に上がり

生活をしていた人もいたのだそうですが


世界遺産になった事により、

追い出されたそうです。


ここには、結婚パーティをする会場もありましたが

世界遺産になった今、莫大な料金を政府に

支払わなけれいけなくなったそうで

今では、ほとんど使われていないとか。



世界遺産になったために

現地の人が生活を変えなければいけない

そんな事実をユネスコは知っているのだろうか

なんて思いつつ。



ハロン湾での夕日


桜並木の樹(こ)の下で-ipodfile.jpg



船に戻って、アクティビティ!

ベトナム料理教室。


「揚げ春巻き!」


桜並木の樹(こ)の下で-ipodfile.jpg

習ったので、これは今度披露します!


そして、お夕食。

バイキング。


お夕食の写真がなぜかないんです・・・。


魚介に、お肉系と楽しみました。



食後は、

船は、すでにアンカーを下したあとだったので

無人の運転席に乗り込みました。


桜並木の樹(こ)の下で-ipodfile.jpg

外は寒いので、ちょっと星空を眺めてから

船の中で、爆睡となりました。





桜並木の樹(こ)の下で-ipodfile.jpg

AD
いいね!した人  |  コメント(2)

テーマ:

6時前、夜行列車がハノイの駅に到着。


ホテルへ向かう。


クリスマスイブと言うこともあり

ちょっと贅沢をして

インターコンチネンタル・ウェストレイクハノイ

レイクビューに宿泊。


インターコンチの

クリスマスツリーは


ベトナムの人がかぶっている傘?で

出来てました。



新鮮なツリー。


桜並木の樹(こ)の下で-ipodfile.jpg


お部屋は、落ち着いたちょっとアジアンテイスト。


桜並木の樹(こ)の下で-ipodfile.jpg


バスルームも今時。

もちろん、バスタブ+シャワーブース。


桜並木の樹(こ)の下で-ipodfile.jpg

今回、美人の元同僚に

旅行の手配をお願いしたのですが

その、彼女からのプレゼントで

アーリーチェックインをさせていただき

早朝の到着にもかかわらず

快適な時間を過ごせました。


朝食も頂きました。

またまた、フォー!


桜並木の樹(こ)の下で-ipodfile.jpg

もちろん美味しいです。



今日は、陶器の町、バチャンへ。


タクシーで30分位。

現地で、タクシーに、待ってもらって

またそのタクシーで帰ってきます。


あまり家の中のものも増やしたくないので

少しだけ、見てきました。



バイクでこんなもの運んでたり

ドキドキする状態を目にしました。


桜並木の樹(こ)の下で-ipodfile.jpg


購入したのは

「幸せになるツボ」


ではなく、


ちょっと可愛い花瓶。

この、編んだバックに入れてくださいます。


桜並木の樹(こ)の下で-ipodfile.jpg

なんと、約800円


この他、お皿を数枚購入しました。


タクシー代が3000円弱なので

お安いお買い物ではないかもしれないけれど

色々見て回って楽しいお買い物でした。




そして、お部屋に戻ってサンセット。


優雅なひと時


桜並木の樹(こ)の下で-ipodfile.jpg



お夕食は、ホテルで豪華に!


って思ったのですが、

なんと、ココでもクリスマスメニュー。


クリスマスメニューは、

シェフの手抜きとボッタくりだとしか

昔から納得がいかないので

街中へお食事に。



チャーカーラヴォンと言うお店で

雷魚のブンチャー。


桜並木の樹(こ)の下で-ipodfile.jpg


フライパンの中の雷魚と

米の麺、ハーブ、そしてスープをかけて

いただきます。


お味はとっても美味しい!

これで、15万ドン。

約600円


ガイドブックにも書かれてるし

お店のおねーさんも

英語で15万ドンと書かれたものを

始めに持ってきた。


あとから、ベトナム人に聞くと

それは、高いんじゃない?

って言われた・・・・


よく考えたら、日本のラーメンと

変わらない値段だものね。


でも、とっても美味しかったので

良しとしましょう。



そして、クリスマスイブ最後に


桜並木の樹(こ)の下で-ipodfile.jpg

ホテルのバーにて乾杯


Merry X'mas!!



そうそう、ホテルの1階のお手洗い

こんなお洒落に、タオルが置かれました。



桜並木の樹(こ)の下で-ipodfile.jpg















いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

朝から、すごい霧。

そして、少し体調不良。

暖炉の横で、朝食に
フォーをいただく。
photo:01



毎日、フォーを食べてるけど
飽きない。

やっぱり、私、麺好き。


チェックアウトまで、
部屋でのんびり過ごす。

今夜は満室らしく
出発まで、部屋の利用は不可能。


ランチに出掛ける。

photo:02



生春巻きと、カボチャスープ。
こちらではカボチャスープにも
レモングラスの味がした。


お昼過ぎても街は霧。

photo:03



何も見えないし、
今夜はまた夜行列車だし、
ロビーで、暖炉の火の番をしながら
のんびりと過ごす事にした。

photo:04



ロビーで、機織りをしている。

織り機の、構造が、日本の織物と一緒。

織物と云えば、日本の物だと思いがちだったが
元々は大陸から伝わってきた物なんだと
再認識。

そうはいっても、日本の織物は
とても繊細なんだと、これも再確認。

さて、夜になったら再び駅へ

駅でトウモロコシを焼いていた。

photo:05



約40円で購入。

モチモチしているけど
味は特にない。

日本の食べ物って
果物にしろ、トウモロコシにしろ
美味しく作られていると思った。


さて、夜行列車に乗って
再びハノイへ。






iPhoneからの投稿
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

写真では、山の中にポツリと
建っていそうなビクトリアホテル。

意外と街中でびっくり。

空いているお陰で
到着後、直ぐにお部屋を利用させてもらえた。

photo:01



カントリーな雰囲気のお部屋

photo:02



アメニティが面白い。

サパの街は
こんな、景色もある中
photo:03



こんな、マーケットもある。
photo:04



歩いて回れる小さな街。

しかし、寒い。
完全に、準備不足しょぼん

午後からは、少数民族の村にいく
オプショナルツアーへ。


ラオチャイ村。
山の上で、車を降りて
村の中をあるく。

photo:05



一面のライステラス。

1段1段の、幅の狭さに驚く。

photo:06



道の直ぐ横に水牛。

photo:07



田には、鴨やヒヨコがいっぱい。

これがココでは当たり前なのだろうけど、
米作りの原点を見ている気がする。

photo:08



ブタさん、昼寝。

今日のガイドさん
若い女の子。

この村の出身らしい。

どこで英語を学んだのか尋ねると
ツーリストから、と。
あとは、Googleの翻訳を使って。
彼女が子供のころは、学校が
まだなかったそうだ。

学ぶ気持ちが、あれば
どんな環境でも学べる。

そして、それに早くに気付いた事で

民族衣装を着たお土産売りではなく
ガイドという仕事を手に入れた。

人生いかようにもなる。
彼女から学んだ。




iPhoneからの投稿
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:


ハノイ駅から夜行列車に乗る。

21:50発

photo:01



この灯りの具合と、
錆びれた感。

どうしても、頭の中のBGMは
ドナドナ。

photo:02



列車はホテルの専用車両。

photo:03



室内も美しい。
運良く、4人部屋を二人で貸し切り。

photo:04



ビールとおつまみを持ち込み
食べて、飲んで、寝る。

意外と爆睡。

photo:05



そして、ラオカイ駅到着。

ここからは、ホテルの専用車にて
サパへ。

約1時間。

すごい坂道を上がっていく。



iPhoneからの投稿
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

2時間の時差のお陰で
丁度早起きな時間に目覚めた。

ホテルの朝食をいただく。
お野菜タップリスープなどの
コンチネンタルブレックファースト。

8階レストランからの景色
photo:01



細い、そして高い建物が印象的。


少しお洒落なテラスなどから
昔、フランス領だった面影をかんじさせる。
他のアジアより、お洒落な感じがするのは
その為だろうか。

朝食後は,軽く市内観光。
photo:02



こんなお洒落なベーカリーがあったりする。

photo:03



教会。
まるで、パリに来た感じ。

photo:04



遠足に来たらしき、子供達。
勝手な想像だけど、
裕福な家庭の子供達だと思う。



そして、ランチはローカルのお店で。
ブッチャーと呼ばれる炭火肉団子と
鳥の出汁に、麺と、香草を
入れて食べる。

photo:07



なかなか美味しい。
けど、衛生面が少し気になったり。

photo:06



街をあるけば
生春巻きの皮をグレープみたいに
作っていた

photo:08



こういうのを、見て歩くだけで
結構楽しい。

午後からは、水上人形劇をみる。

photo:09



こんな、伝統芸能もあるんだ。
と、認識。
ちなみに、カメラの持ち込み、約40円。

夜は少しお洒落なフレンチヴィラの
レストラン。オーラックハウス。
photo:10



photo:11



夜行列車の時間まで、
ゆっくりとお食事しました。












iPhoneからの投稿
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
photo:07



一足お先に、冬休み。

いやいや、ずーっと休みやん!
って、声が聞こえそうですが。

前日は、色々とモタモタしていたので
結局、睡眠時間は1時間。


5時に起きて、成田へ迎いました。
NEXが寒くて、大変。


初めての、ベトナム。
そして、ベトナム航空。


Webチェックインとか、ないみたいで久々、チェックインに1時間ほどならびました。


まぁまぁ空いているので
運良く、足の広い席ゲット。

快適な空の旅でした。

機内食は、和食をチョイス。

photo:01



カツ丼の玉子あんかけ
白和え、ひじき

まではよかったのですが

それに、海苔巻きとパンという
ツッコミどころ満載のメニュー。


ハノイ到着後は、そのままホテルへ。1泊だけなので、ふつーのホテル。


さて、街へ。

泊まる所が、旧市街なので
1歩外へでると、すごい。

photo:02



ベトナムって感じ。
縦横無人にバイクがやってくるなか
止まったら負けと言わんばかりに
突っ切って道路を渡る。

アジア~って、感じだけど
街のパワーが伝わってくる。
好きかも。ココ。


フォーを食べに出掛けたけど、
お目当てのお店は閉店。

近くのベトナム家庭料理のお店へ。

念願のフォー。

photo:03



美味しいドキドキ

photo:04



生春巻き。
周りが少し乾燥しているけど
パクチーも入ってて美味しいドキドキ


photo:05



途中こんな景色も眺めつつ
食事を終えて、

軽くマッサージ。

上手いわけでもなく
下手なわけでもなく。

まぁ、よしとしよう
って感じ、


初日の為、早めに部屋に戻り
今夜は早めの就寝。

photo:06



ホーチミンビールと
海苔巻き味のポテチ。
意外と美味しかったです。





iPhoneからの投稿
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

打ち上げが終わった後は

十数名で、手打ちパスタの会。

バジル、高級ベーコン入りペペロンチーノ

生たらこ入りパスタ

3種類も作ってくれた。


どれも、これも、めっちゃ美味しかった。

そして、半分以上女子なのに

凄い争奪戦が繰り返された。


お箸にとってものを引きずり落とす

大人げない男子もいたり。



6月に知り合ったばかりなのにみんなで、

一つのお皿にがっつける、

いつの間にかそんな関係になっていた事が

うれしく思える。

お昼から12時間近く一緒にいるのに

いや

木曜日から、毎日一緒にいるのに

話が尽きない、飽きない、そして笑いが絶えない

この人たちが好き。

関西弁チームも初めは二人しかいなかったのに

(私を除く)

今や、5名に。

(最後の一人は、この日にカミングアウト)

あまりにも、かしましいので

カシマシユニットを結成する事に。

主に、前座担当。


さて、来年がまた楽しみ。



いいね!した人  |  コメント(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。