前回は、ペルソナ設定をする際のポイントをお伝えさせて頂きました。

 

今回はそのペルソナをどのように広報活動に活かしていくのかです。

 

ポイントは2つです。

 

1)何を訴求すれば良いかがわかる

・ペルソナ様の生活スタイル、趣味嗜好などがわかれば普段、何に困り、どんなことを求めているのかが分析できるので、そのニーズに向けた内容を訴求することができます。

 

・お客様が求めているものは「モノ」ではなく「モノがもたらしてくれる自分にとっての価値」ですので、自社の技術やサービスにより付加価値を感じて頂け、共感してもらうきっかけになります。

 

 

2)お客様を主語にして考えることができる

・「こんな媒体で打ち出したい」「こんな内容を入れたい」という言葉の主語を「ペルソナ様はこういった内容を求めているから、こんな内容で打ち出そう」といった具合に主語がペルソナ様(お客様)になり、スタッフ間の共通理解も生まれます。

 

また、ペルソナ設定をしっかりと行うことで、誰に向けた内容なのか不明確なコンテンツが作られたり、余計な費用を使って成果が出ないというエラーが起こりにくくなります。

 

是非1度ペルソナ設定にトライしてみてください♪

AD