ピアノを習い始めて(年少さん)

テーマ:



こんにちは

       〜cantabile〜です音符


春からNEW新たにご入会いただいた生徒さんは

年少さんから小学校高学年まで計5名キラキラ


始めの1ヶ月で、お家での色々な変化を

お家の方からご報告いただいていますラブレター



年少さんのAちゃんは、
手先の所作が変わったとか。


指を独立させてたくさん動かしてあげるように

遊びを通してピアノを弾く手を作っていくのですが


お母さんは手先の所作を見て、

初めてピアノを弾く手に感じて驚いたそうでウインク


普段の生活ではあまりない動かし方を

ピアノではするんですよね。


特に親指、1の指グッ


グーグーパーパーの動きで動かす方向と、

ピアノを弾くときに、動かす方向は全く違います

ピアノを弾くときに1の指の安定って

ものすごく重要!!!!!!


だから親指は丁寧に見てあげないと

後々とても苦労しますアセアセ



それから指の独立ですね!



そういうことを、理論ではなく

遊びながら体得させてあげられたらいいなグリーンハーツ

と考えて年少〜年長さんまでは

特に気をつけています注意



その成果が1ヶ月で見えてきたのか〜照れと、

所作が変わったと聞いて嬉しくなっちゃいましたルンルン





それからもうひとつの変化


それは、
文字に興味を持つようになったということ



音符を読むとき、

何本線があって音符の玉がどこにあるか

玉が線に刺さっているのか挟まってるのか



よーく観察しますよね


それまで、まる、さんかく、しかく等の

形の違いくらいしか区別してなかった年齢です



よーく観察するようになったら、

同じ文字や違いが分かるようになる



そうしてきっと文字にも興味が湧いたのでしょう


思わぬ相乗効果と言うのでしょうか


ピアノを習い始めて良かったですうえ


と言ってくださって私も嬉しいですルンルン



同じ時期にピアノを習い始めても

みんなが同じようにはなりません



でも、ピアノを早く始めた生徒さんの中には、

どれみふぁそらし のひらがなを最初に覚えた

子が少なくありません



ピアノをきっかけに文字を早く覚える子は

多いです!!




観察眼も身に付くのかも知れないですね 目