まとめ

テーマ:
月1更新。

日本からまたアメリカに来た。
だいたい1ヶ月。
くぎりをつけるためにまとめてみます。。


1月は1、2、3日連続で朝からバイト。
一年の初めの挨拶はバイトの人達へ...
夏と同じ場所でバイトしてましたが、バイト仲間の同い年の女の子に
「今度はいつ帰ってくる?また来てね。」
って言われたから夏も絶対にそこで働きます!


5日は小学校の成人を祝う会的なやつ。
僕は成人式に行かなかったからコレが成人式代わりでした。

正直なところ、

「思い出は思い出のままでいいんだな...」

2次会でのあのノリって...
僕のいままでいた世界とは別世界。
なんかみんなホストやキャバ嬢みたいな奴ばっか。
正直、1次会まででよかったかな。

帰り道2人でグチってたよね、Oさむ君。


7、8日は京都へ。

僕にとっては初の京都。

銀閣寺には感動しました。
わびさびを実感したって感じです。

銀閣寺





ここまで書いてたのはそこまで重要な事ではありません。
僕が1番書きたかったのは22日。

Design for Social Innovations

という国際シンポジウムに行ってきました。

参加したデザイナーさんは僕の大尊敬している柴田文江さんや川崎和男!


柴田文江さんといえばauのsweetsやオムロンのけんおん君のデザインで有名。
sweets

柴田さんが参加したセッションは第一部の

『文化的多様性&暮らし』

と言うもの。

ここで内容を書こうとしたらスゴい長さになっちゃうので控えます。

そして川崎和男さん!
川崎さんといえば医学博士でありメガネやテレビや人工臓器のデザインで有名ですよね。

詳しくは→ http://www.mammo.tv/interview/059_KawasakiK/

FORIS.TV

彼の話は結構辛口で楽しめました。
特にプラズマテレビに対する批判とか松下に訴えられそうとかw

川崎さんのプラズマテレビ批判はこっち→http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20051012/nanao.htm


今回は注射針のデザインや肺に直接投入するタイプの薬のデザインに関しても話ていられました。


kawaki


そういえば、どっかのインタビューに彼がこう言ってたのがとても印象深かったです。


たとえばエルメスのスカーフは、実に美しく直角にきれいに縫ってあるんです。つまりブランドものというのは、いかに丁寧な仕事がしてあるかとか、いかに長持ちするかとか、といったことなんですね。フランスの20代の子がエルメスやヴィトンのバックとかを持っているかというと持っていないわけです。逆に日本の無印良品「MUJI」をかっこいいと言っているわけです。ですから、どの程度の女性になった時にそれが似合うのかとか、そういうことをわかった上で彼女たちはそれを持つんですね。そういう意味で本当の「良さ」「豊かさ」というのはどこにあるのかということを、もう一度考え直さないといけないと思います。




今回の日本への里帰りはこのシンポジウムだけでも十分有意義だったと思えました。

ただ1つ後悔している事は、

お昼休み終わりに会場へ戻るエレベーターから降りた時に普通にお一人で立ってた柴田さんに話かければよかったということ...
AD

negative space

テーマ:
って言葉の使い方が正しいかはわかりませんが、それっぽいからこの言葉でいきます。
そして普通の事を書かしていただきます。


今の部屋は僕が寝室を使い同居人がリビングを使っています。
当たり前ですがリビングの方が広くだいたい僕の部屋の2.5倍ぐらいあるのですが僕の方が家賃を高く払っています。
理由は簡単で、部屋にトビラがなければ落ち着かないから。
冷蔵庫にモノを取りに幾度に自分の行動を見られるのはよほど鈍感な人以外耐えられないとおもいます。

そして今日はルームメイトが珍しく部屋の掃除をしていました。
ですが、どうにもキレイに見えない。
部屋が広くて元がいいので家具のレイアウトも失敗はほぼないはずなのですが...

じっくりと見回してみると問題点を発見。

棚です。

棚に隙間がないぐらいびっしりに埋められた物達。
見てて目障り。

いくら家具では埋め尽くされないからといっても、ほんの一部分でもごちゃつくとすべての空気にゆがみを作ります。

正直、家具だけであまり小物のない部屋って何か特別な事をしなくてもキレイに見えちゃうじゃないですか。
その物の良さを引き立てるために周りに何も置かなかったり。


当然の事ですが、
デザインでも余白ってすごく大切。
やたらと付け加えすぎたら見ててうんざりする。
でも付けなさすぎると淋しいとか面白みがないとか批判される。
なるべく無駄を削除しながらも、面白い無駄を絶妙なぐあいに入れてみる。
なんかややこしい...

プロの人達ってそこのバランスが上手なんですよね。だからプロって言うんでしょうが。

例えていうなら深澤直人さんのshelf-X。

X

X型のささえが真ん中に入っているから本が隙間なく入らない。
このデザインってすごく無駄を省いているけど、余白をあえて作るっていうおもしろい無駄ともとれる行為を絶妙に取り入れていると思う。

無駄って言葉って結構ダメな意味で使われるけど、ちょっとした無駄な行為がなきゃ私生活で息が詰まりそう。
そんでもってその無駄が面白いものだとそれだけで普段が楽しくなるし。


話を戻しますが、ごちゃごちゃしとあまりいいアイディアが浮かばないとも思う。
その時に入らなくていい情報まで入り集中できないというか。
だから机の上や周りとか僕の視野に自然と入る部分にはなるべくモノを置かないようにしてます。
あと、何かやったら絶対に机の上をちゃんとぬれたタオルで掃除。
クリアな状態の時にはクリアなモノが浮かぶ。
僕はそう思いますけどねw

結局なにが言いたいかっていうと、
余白が大切。

ただそれだけです。



そういえば先日友達と卒業してからの事を話してた。
僕は企業でデザインしたくて、相手はのびのびとやりたいらしい。
「ルイ君は卒業したらフリーでやってけそうじゃない?」
いや、僕には1人でやっていくようなそんな度胸とか自信とか実力はまだありません...
AD

It's Our Secret

テーマ:
連休が終わってしまった。
思い返せば宿題ばっかりでした。
だって平日よりも絵を描いてた気が。
絵は毎日描かなきゃ腕がスグに落ちるっていいますし。

ここまで連休をエンジョイしなかった人間ってあまりいないんじゃないかなぁ...と。



で、本題。
ASさんから『マイミクさんに関する秘密のバトン』をもらったのでちゃんとやらせていただきました。

てか僕のマイミクって今現在でも交遊がある人ってあんまりいないんですよね...


1* なし。
2*みんな。
3*もう女性みなさんですよ。
*4* REALFLEETさん ←スゴいですよ。
*5* .... 誰だろ。
*6* RONさん。 漂ってる雰囲気がイイ感じです。
*7* 絶対にDAIDAIさんだよ... あ~でも意外と逆かも。
*8* ちびけんさん(横井) お前はそうだ。
*9* もう、みなさんですよ。
*10* REALFLEETさん。できれば僕の上司に...
*11* DAIDAIさん  あはははは。
*12* みなさんそうですよ。
*13* ...誰かな?
*14* 僕よりもコレな人はいない...
*15* DAIDAIさん
*16* ASさんw
*17* 女性みんな。
*18* DAIDAIさん、あっきぃさん、Tomoさん
*19* DAIDAIさん
*20* DAIDAIさん
*21* RONさん
*22* タマさん
*23* DAIDAIさん
*24* みなさん
*25* RONさんとASさん
*26* ってかお酒じたい好きじゃないし。
*27* ちびけんさん
*28* 言えないでしょ。
*29* そっち系に間違われるけど違います!!
*30* 僕w
*31* あみさん
*32*ちびけんさん
*33*REALFLEETさん
*34*DAIDAIさん
*35*samさん
*36*DAIDAIさん
*37*いないいない。
*38*ASさん
*39*そこまで性格わるくないですよ...
*40*てかNANAをあまりしらない。
*41*。。。
*42*Mayumiさんかな?
*43*みんなしてるんじゃないかな?
*44*クニさん
*45*ちびけんさん
*46*タマさん!
*47*Mayumiさん 雰囲気とかもね。
*48*じゅんこさん。  ここら辺で名前をいれておかないと... って事で。
*49*あみさん ←好きそうだな...
*50*僕。
*51*いらん!!
*52*RONさんとASさん。
*53*マイミクに年下いないじゃん!!
*54*DAIDAIさん


DAIDAIさん、10回も出てきました。
よろこんでやってください。

てかホントに限られた人しか出てきてない。
そんだけうわべだけのつきあいだらけなんでしょう。
・・・


人間関係に対しての自分がイヤになります。

本物。

テーマ:
グランドセイコー 『グランドセイコー』と聞いてわかる人ってあんまりいないかもしれません。

髪の毛よりも細いゼンマイなどを人の手でミクロン単位で1個1個作業している続ける最高の性能を持ったSEIKOの最高峰ブランド


今まで父が腕時計を付けている姿を見た事がなくいい年になったんだしと父の日に兄弟でお金を出し合ってグランドセイコーをプレゼントしました。

グランドセイコーと同じ金額を出せば『ロレックス』や『オメガ』『ブルガリ』なども買えます。

ただ、外見やブランドに気をとられずしっかりとした中身のあり続ける人で居続けて欲しいって事もこめてGSにしました。

「普通の時計に大金使うなんてアホ」とか「それじゃあ女にモテない」とか言われることもあります。

みんなに見せびらかしたり自慢したい、女にモテたいとかチャラついた考えなら欧米の時計を買えばいいと思います。
否定はしませんし、腕時計1つもモテたらたいしたもんです。

ただ、GSには欧米時計にはない純粋なすばらしさを持っています。

SD

僕はデザインについて勉強してます。

だから外国製の腕時計の斬新なデザインはすばらしいとも思います。
他にはない華というものを見て取れます。

ただ、デザインは中身の引き立て役でもなくてはならないでしょ。

時計はあくまでも秒を刻み、持つ人に時を教えるモノである。
GSのデザインにはどこまでも正確無比な時計であろうとする時計本来のカタチが見えると思います。
シンプルだけどその1つ1つのラインがクオーツやメカニカルの正確さを引き立てています。

ゴージャスでもないし付けてもモテないかもしれません。
だけどいったん腕に付けたらなんか気が引き締まるような不思議な感覚。
こういう魅力を持った時計はあまりないと思います。



プロダクトデザイナーの深澤さんが言ってました。

「ある種の筋の通った日本的な美学があってそういう美学を持った人がする時計です。」


そんな人間になるには僕にはあと10年は必要みたい。
外観などにばかり気をつかわず、この時計のように中身のしっかりした筋の通った『本物』の人間になった時に自分用に買いたいです。