中学一年生レベル英語力で海外旅行

海外旅行をする前に、いろんなブログで情報収集して助かっているので、自分も少しでも誰かの役に立てばと思ってやってます。


テーマ:
宿の喫煙場所で煙草を吸いながらビール飲んでいると、別室のコリアン(イケメン)から「俺ら、これからクラブに行くけど一緒に行かない?」と誘われた。

その時は断ったけど、よく考えてみたら「海外のクラブ」って行ったこと無いし、どんなもんか見に行ってみようと、コリアン逹とは別行動で一人で高雄のローカルなクラブに潜入してみた話!

別に音楽好きでもないし、かつてクラバーだった覚えもないし、そもそも10年以上、日本でもそういう場所に足を踏み入れてもないんですけど、どういう感じなのか興味が湧いたので、ちと偵察っていうか。

行こうと決めて、Googleで検索。
一番上でhitしたページを見て、自分らが泊まっている美麗島から一番近い「Brickyard」という箱に行ってみることにした。



場所はこの辺。
MRT中央公園駅の近く。
自分は美麗島から、散歩がてら歩いて行った。徒歩15分くらいかな?

土曜日の23時すぎの高雄の街は、人通りこそ少ないけれど、全く不安は無かった。
バンコクの21時のほうが多少気を貼る感じ。東京の夜と大差ない印象。


23時30くらいだけど、早くも入場の行列があったのですぐに場所は分かった。

旅行中は常時ビーチサンダルで過ごしてたんだけど、クラブに行くので一応スニーカーに履き替えて来た。

だけど、台湾人はみんな長ズボン。自分はスエットのハーフパンツであることに気づく。

並んでる前の台湾人に「Excuse me? Do they have a dress code?」とか聞いてみる。

若い奴は英語が通じる印象だったけども、意外と通じない。
「ハーフパンツおーけー?」とか問い直す。

とりあえず「めいびーどんうぉーりー」みたいな話だったので、ひと安心。

IDチェック(パスポートでok、何歳以上なら大丈夫なのかは知らん)と、入場料300TWD(one drink券が貰える)、約1000円を支払って、いざ潜入!


手振れ半端ねえですけどね。
箱の大きさは、渋谷にあったnutsくらいかな?

見たところ外国人は、ファランと黒人がそれぞれ3、4人づつ、日本人らしき奴はいなかった。あとは台湾人が7、80人ってところか。

ドリンクは多分100TWDで一律。ハイネケンを頼んだら「nothing」と言われたので、「please your recommend beer !」と、barカウンターの姉ちゃんに笑顔で言ったら、すっげえ無愛想にグラスビールを出された。
何があかんかったのか…。



 

外巻きに見ていてもつまらないので、DJブースの前に移動。台湾ポップスかな?24時前なのに結構アガってる。
そりゃ高雄のMRTの終電は23:30とかだからねえ。渋谷あたりとは時間の感覚が違うのかもしれない。
 

アガってきたー!
基本はオールミックス系で、ご多分に漏れずピットブルみたいなアレがヘビロテしてるんだけども、時折流れる台湾ポップスでフロアがアガる。
これがエキゾチックでとても心地いい。

動画追加できないから続く!

Manabuさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。