マラソン医療

テーマ:

おつかれさまです。

本日は、つかれました(笑)

そして充実していました。


関東から、志の同じカテーテル治療もされている放射線科の先生が見学にお越しになられ、

3件のカテ以外に、本日のニャンコの業務の80%近くにおつきあい下さいました。


自分のしているカテーテル治療、IVR治療という範疇のひとつですが、

ごの業界の先生方は、初対面で一緒に手技をしても、

スキルが同レベルですと加速度的に同調して、手技の精度が高くなりスピードが倍増します。

そんな感じでした、本日も。


いつも一人で何でもかんでも、手技中の病棟指示もやってますけど、

見学に来られた先生をことごとく使ってしまって、随分助けて頂きました。

(ほんま、申し訳なかったですが、助かりました〜。今日は非常に忙しかったので・・)



いい治療ができたと思います。

一人の時も精一杯良い治療をしていると自負しますが、自分一人よりも二人は2倍以上の能力が発揮できます。手術手技は、そういうものです。


全て、患者さんの同意を得てから治療に入って頂きましたが、

術中のリアルな駆け引きも、ダイレクトで接して頂き、これが良かったかどうか皆さん違うかもしれませんけど、突き詰めた治療をしていたことは逆にご理解頂けやすかったカナと思いました。



帰り際に、

「マラソンみたいな1日でした、(ビールがうまい!)」

とお言葉頂き、確かに、カテの合間も全力で病棟診療からICを繰り返しているスタイル、

自分の患者さんがニャンコの体を心配してくださってますが、

そんなに深刻ではありませんのであしからず。

むしろ、厄介ごとに巻き込まれたほうが、しんどいだけでして。

皆さんの診療をしていることは、生き甲斐を感じてますし、大丈夫ですから。



いま、全力で力を抜いて(なんかおかしな表現ですが)、1日のカテコラミンを低下させるべく、ほけーっとしてます。



明日も外来に多くの方が来られますが、皆さん、腹をわってお話いたしましょう。


ニャンコも以前、6つに割れていた時がありましたが、いまは影も形もございません。

ジムで鍛えたい、でもそんな時間があったらポケモンやるわな。




お疲れ様でした。

関東の先生に、当院のカテ室の技師、看護師、病棟の看護師の皆さんを褒めて頂けたのは、

この環境を2年かけて構築できて、スタッフの協力と理解を得ることが出来たニャンコにとって

最大の褒め言葉でした。



関西ノリで、明日からも皆さんがんばりましょう。






「吹田徳洲会病院 がんカテーテル治療センター」



最後まで読んで頂いてありがとうございました。よろしければ、↓ ポチッとお願いします。



にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


にほんブログ村 病気ブログ 末期がんへ
にほんブログ村


にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村





AD