春夏秋冬外遊び。整体ママの五感を育てる森のほいくえん日記。

元気で輝く子どもには外遊びが一番。春夏秋冬お外で過ごす森のほいくえん作りを目指して活動する整体師ママの子育て奮闘記。

自然を守りたい、地球をきれいにしたい」という思いを子どもの頃から持ち続けていた私は環境のことを学ぶために大学の生物資源学部に入学。

そこで微生物の世界にのめりこみます。
研究室では環境汚染物質、詳しくは発ガン性物質を分解する微生物を研究し、微生物を使って、人間が汚染した環境を浄化する技術を研究しました。

そして晴れて、その環境浄化微生物を専門に扱う。ベンチャー企業に入社することになり、夢が叶った!世界を救うんだ!と息巻いていました。

我が子が生まれたことをきっかけに、子どもと身体と自然をメールに活動を切り替え、保育士、整体師を経て、今は自宅サロンを営みながら娘と森のようちえんの活動をしています。自然の中で子どもを育てる、丈夫な身体づくりをキーワードにブログ発信中です。

みんなと一緒に「自然を守る、地球をきれいにする」ことを考えたいです。よろしくお願いします。


テーマ:

昨日は私の誕生日でした。

いつものように向かえる朝。

でもたくさんの方からお祝いのメッセージをいただいて

我が子たちからは愛のプレゼントをもらって

生かされていることに感謝して

素敵な一日になりました。

 

森のようちえんでは5月のお誕生日会を。

 

5月のお誕生日会

 

IMG_20170518_151417840.jpgIMG_20170518_151417602.jpg

IMG_20170518_151417707.jpg

棒パン焼いてマシュマロ焼いて持ちより野菜たっぷりのスープ作って

大人9人子ども10人!にぎやかなパーティでした!

 

去年は2,3家族でこじんまりと集まっていた森のようちえんも

ずいぶんと仲間が増えました。

子どもたちが森の中でにこにこ輝く様子を見るのは

やっぱり私の喜びです。

 

IMG_20170518_151417928.jpg

やさしい木漏れ日の中

子どもを真ん中におかあさんたちがリラックスして語り合う

こんな時間が誕生日に過ごせて

私は幸せだなぁと感じます。

 

夕方、ちょっとすきま時間ができたので

わたしへの誕生日プレゼントとして

ひとり森のお散歩へ

 

近所に静かで素敵なお散歩森を発見。

ゆったり鳥の声に耳を澄ませながら

ひとり歩く幸せ

 

森が好き

自然が好き

 

ちょっと落ち込んでいたけど

自然から

子どもから

元気をもらえた誕生日

 

生かしてくれてありがとう

お誕生日は神さまに感謝する日でもあるね

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日は曇り空の月曜日、いつもの学校はお休みして

”教えない学校”勇気づけ学園小学部に

スタッフ兼保護者として参加してきました!

 

 

1年生二人に4年生一人、みんな女子のゆったりな平日クラス。

さぁ、はじめましょう!のあいさつもなしに、さっそく魚とりがスタート!

はじめてのお友達にはにかんでいた子たちも、すっかり仲良しに。

そして通りすがりのおじさんが夢中で魚とりをする子どもたちを見かねて(?)

追い込み漁をレクチャーしてくれました。

 

 

メダカにハゼ(?)、ふなの稚魚がわんさか獲れて子どもたち大喜び!

地域の方の飛び入り講座にスタッフも大喜びでした。

まさに地域と共にある学校の姿!理想だわ~

 

そして今日はみんなで給食を作ろう!とロケットストーブにバ^べキューコンロを持ってきたので、メニューのスープの材料ぎめから子どもたちにお任せ。

春雨にコーンですって!大人では思いつかなかった!

持ちよった野菜とソーセージ、そしてスタッフの希望でキノコをどっさり入れたスープを作ることになりました。

 

そして主食は棒つきパンです。

 

 材料に水をいれてコネコネ。

このとき、ドライイーストを見せて

今、このイースト菌は寝ている状態だけど

お水をあげて、えさ(お砂糖)をあげると

起き出して元気になってたくさん増えてパンがふくらむんだよ~

と言ったら、いちねんせいお目目がキラキラ!

ついでにドライイーストを初めて見た!というスタッフも興味津々。

学びスイッチが入る瞬間でした。

 

(ドライイーストの粒を見て)これが生きているの?

おみずをいれたら元気になるの??

じっけんする!!!!と大興奮!

 

カップにお水を入れて、ドライイーストを入れて

一生懸命観察していました。

ああ~顕微鏡が欲しいっ

(わたしは大学、会社員時代は微生物の研究をしていたので

研究魂がうずきます)

娘ちゃんはこのドライイーストが増えるのがどうしても見たくて

家に帰ってくるなり「じっけんする!!!!」と叫び

お椀にお水を入れて、ドライイーストとお砂糖を入れて

ひと晩置いておくという実験を仕込みました。

そして翌朝、見てみると・・・

お椀の底のほうに白っぽいものがふわふわと濁っています。

「この濁っているのが増えたイースト菌ちゃんたちだよ~」と言うと

もう嬉しくて大喜び。

ああ、顕微鏡で、ぎゅんぎゅん動いている酵母ちゃんを見せてあげたいな~

顕微鏡買っちゃおうかな~と思う親ばか母なのでした。

 

学びって、どこにでもあると思うのです。

とくに生活の場には不思議がいっぱい。

それを体験して、体感すると

もう「知りたい」ことでいっぱいになっちゃう。

勉強しなさいって言わなくても

勉強したい!実験したい!研究したい!

それが本来の子どもの姿なんです。

 

おいしい~も大切な体験だね。

 

火お起こすことも勉強の種がたくさん詰まってる。

どうすれば燃える?

火が出るためには何が必要?

風を送ると炎が上がるね。

灰がたまってきたら火が弱くなっちゃった。どうしよう?

疑問、不思議、うまくいかないことが重なると

頭が働く。身体が動く。やってみようとする意欲が湧く。

試行錯誤して、いろいろやってみることで

分かることがある。分かる喜びがある。

そしてその理屈を知りたくなる。なぜ?どうして?

そうして子どもたちはどんどん探求を始めるのだ。

 

ここでは指示、命令の言葉は一切ない。

何をするのかは自分で決められるし

ごはんの時間もお腹しだい。

スープを煮込んでいる間に

水遊び場をみつけた子たちは

最初は足だけぱちゃぱちゃやってたけど

ついにお尻までつかっちゃった!

つめたい水を全身で感じて研究してる。

ちょうど身体が冷えたころにスープができた。

冷えた身体に温かいスープは沁みて沁みて

なんどもお代わりしたね。

遊びは一番の調味料。

 

たくさん遊んで探求してお腹も満たされて

最後は絵本でお勉強。

ただの読み聞かせではない「考えさせ対話する」読み聞かせ。

遊びやご飯作りの仕事に夢中で取り組んだ子どもたちの集中力は

とても素晴らしく、そして同時にリラックスして楽しんでいるのが伝わってきます。

”やさされごと”ではない、自分から学ぶ姿勢がここにあります。

 

通常の学校では

特にいちねんせいは

はい、ノートを出して、教科書のページをひらいて

ああして、こうして・・・

と事細かく指示が出て、

それに正確に従うことを要求されます。

そして○とバツで評価されて

できるできないで分けられて

そればっかりじゃないと思うけど

自分で決めて自分で取り組むことの

わくわくとドキドキと好奇心の力を知ってしまったら

普通の学校がなんだか残念に思えてしまうのです。

その子の能力はどれくらい発揮できるのかなって。

 

もちろん、お友達がたくさんいるし

いろんな行事も楽しみの一つ。

しっかりと教えてくれることも、知らない世界を知る機会ではある。

けど、いまだ管理、指示が主体の学校の中では

その枠の中だけに留まってしまうから

ときどきでもいいから、学校の枠の外に

子どもを連れて行ってあげたいと思ってしまう。

もっと世界は広いんだよ。

無限の可能性があるんだよ。

 

それに触れられる場のひとつが

この勇気づけ学園だと確信しています。

 

子どもたちの力を信じ、任せ、管理しない。

そして一人一人の子どものいいところを

たくさん勇気づけしてくれて、

子どもはどんどん能力を発揮していく。

この日だけでも、今までやらなかったことに

たくさんチャレンジする姿が見られたと

一緒に来ていたお母さんがとても驚いていました。

そして、私はいつも制限していたかも・・・とも。

たった一日だけでも親子にとって気付きを与えてくれる

勇気づけ学園。

 

親子で参加できる小学部体験会から

大人だけでのんびり散歩しながら勇気づけのおしゃべり会も

体験イベント募集中です

 

こどものやる気と自信をはぐくむには?のヒントが

たっくさんもらえますよ~

 

こちらの書籍も合わせてどうぞ♪

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
八ヶ岳生活も明日で終わり。
駆け抜けました~💓
携帯をいじる暇もなく楽しみ尽くした感じです。

ゴールデンウィーク初日の2日は
ぐうたら村におじゃまして
ひたすら汗かいて畑の作業やら薪作りやら柵作りやらで1日があっという間に過ぎていきました。
写真を撮るのも忘れるくらい、没頭した楽しい時間でした。
火を焚き、かまどでご飯を炊き、木と戯れ、人と語らう。
壮大な山の景色を背景に
あぁ、私はそんな風に
生きる喜びを感じながら
ひたすらに汗を流して生きていきたいんだなと
実感した二日間でした。

更に、一年前に八ヶ岳に移住してきたというご家族と出会い
現地の生の情報をたくさんいただきました!
不動産屋さんも紹介していただき
何の当てもなく来たにも関わらず
スムーズに予定が決まっていきました。
きっと神様が応援してくれている。
それを感じる出会いの予感。

お天気も良く八ヶ岳を満喫♪
こどもの日は子どもたちを連れて大好きな清里へ。


道の駅の芝桜がキレイ。標高が高くなるにつれて桜の花が咲き誇って、地元では桜のシーズンが終わったのになんだか得した気分💓

駅で自転車を借りて、いざ林間サイクリングへ!


木漏れ日が気持ちいい森のサイクリングロード。
しかし、ずっと登り坂💦
最近自転車に乗れる様になった一年生の娘ちゃんはひーこら。
でも頑張って二時間近くかけて登り切りました❗
サイクリングロードの終点から、もう少し足を伸ばして美し森展望台へ。


なんて気持ちが良い青空の道!
15分ほど登ると山頂へ。


気持ちい~💓
360度の大パノラマ!


山頂でいただく八ヶ岳高原ミルクとソフトクリームは最高でした!

あの山この山登りたいね~と夢は膨らみます。

壮大な景色を堪能して、サイクリングロードをゆるゆる下って帰ってきました。
楽しかった~♪


そしてゴールデンウィーク最後の2日間は不動産巡り。
まずは町の様子からと、ぐるりと案内していだだきました。
実際に移住して暮らしている方の家にも案内してもらえ
素敵な暮らしぶりに目がハート😍

敷地は広く家は小さく
シンプルで手作りを楽しむ
豊かな暮らしがありました。
都会に比べて不便ではあるけれど
だからこそ、工夫する楽しみがある
知恵を絞るチャンスがある
小さな喜びの発見に溢れている。
こんな暮らしがしたい
それを目の当たりにできました。

森の中の小さな家

こんな家や


あんな家を


見てまわって
またまた夢が膨れ
目標も見えてきました。

資金がほぼゼロのなか
どうやって夢を現実にしていくのか
道のりはまだ見えていないけれど
きっと私はここに住む
決めたんだから
あとは信じてプロセスを楽しんで行こう🎵
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
朝の仕事を終えて電車に揺られやって来たのは八ヶ岳のふもと。
特急降りて各駅停車に乗り換える駅で
迎えてくれたのは雪をかぶった日本一の富士山!

パワーもらえました❗
これから一週間、八ヶ岳お試し住民になります。
市営住宅の一室を借りて
夢の八ヶ岳ライフを体験♪


さっそく近所の川沿いをお散歩。
空が青い。緑がまぶしい。川のせせらぎ、鳥の声。幸せ~💓


街を一時間歩いて、疲れたぞ💦
さぁ明日からの作戦を練ろう。
こぎれいなお部屋です。
余計な物も何にもないので
じっくり自分の夢と向き合えます。

きっと素敵な場所に出逢えるはず。
移住に向けての第一歩。
楽しんできます!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日はみどりの日。

最高のお天気に恵まれて

森のようちえんで親子撮影会を開催しました。

 

 

ゴールデンウイークということもあって

里山ではボーイスカウトのおにいさん、おねえさんがキャンプをしていました。

 

そこでニワトリさんが二羽こっこ、こっこと歩いていたのですが

その子たちはお夕飯になるということで

鶏をしめる現場に遭遇することができました。

 

小さな子たちは怖がって見ないかな、という

大人の思惑とは別に

みんな興味津々で

ニワトリさんの最後を見守りました。

 

とてもとても良く見ていました。

 

家に帰って来てから

そのときの様子が

よっぽど胸に刻まれたのか

(里山に来ていなかった)パパやにぃにに

「にわとりは気絶させて逆さにして血を集めるんだよ」

「頭を最初に切るんだよ」

と説明していました。

 

いのちをいただく瞬間を

しっかり見守っていた娘ちゃん。

 

このニワトリさん。しめられるまえに卵を産んだんです。

 

娘ちゃん、帰って来てから言うのです。

 

「にわとりさん。いのちを残したんだね」

 

鶏をしめる際に、ボーイスカウトの先生が

「こうしてみなさんは命をいただいているのです」

というお話をしてくれたから

にわとりを食べたら食べた人にいのちが残るってことかな?

と思ったけど

娘の言いたいことはそうではありませんでした。

 

「にわとりさん、タマゴ産んだでしょ。いのちを残したんだね。

死んじゃうってこと分かってたのかな」

 

と言うのです。

 

まいった。これが6歳の頭の中なのか。

 

命を残すこと。命がなくなること。命をつなぐこと。

 

大人がきれいごとを言葉で並べたって教えられないこと

ちゃんと感じて考えている。

 

子どもは天才だ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。