カナダママのブログ

カナダで暮らすママから見た高校生の生活。日本とはちょっと違う〜

カナダ・ブリティッシュコロンビア州・ノースバンクーバーの高校生活をご紹介♪

カナダ高校留学はフロムウエスト http://www.fromwest.net

テーマ:
もう2月、あっという間に2学期も終わりそうです。公立高校では、次の学年の準備が始まりました。先日、息子と娘が9月からのクラス履修のプログラミングシートを持ち帰りました。
前回、ピンクの派手な色の紙のお話をしましたが、今回は、グリーンとベイジュと驚かない色でした。(笑)
カナダの公立高校のシステムは大学のようなクラスと取り方というお話は前回にしましたが、
今度、G9になる息子の方は必須が英語、社会、サイエンス、体育、ライフスキルトーテーション、
選択科目はコンサートバンド、ドラマ、フランス語、フーズ(料理)、テック(エンジニアリング)、テック(ウッドワーキング)、テキスタイル、ビジュアルアートの中から2つ選ぶようです。
G9では、選択科目は2つしかないのですが、大学に行くのに、ランゲージ11(セカンドランゲージ)がいるため、多くの生徒がフランス語を取る事になるため、実際に選べるのは1つのようです。
ただ、ノースバンクーバーではスペイン語が後で取れるので、スペイン語(G11)を取る生徒はG9ではフランス語を取らないという生徒もいるようです。幸い息子は一年に一度あるチャレンジジャパニーズテストというのを1月に受けたので、日本語11に受かっていればフランス語は取る必要がないので、バンドとテック(エンジニアリング)というのをリクエストするとはいってました。希望どおり取れるといいのですが、、、
娘の方はG12の必須科目は少なく、選択科目が幅広くあります。
来年は最後の年ですから、間違いなく卒業に必要なクレジットを取得しておく必要があり、大学に入るのに必要な科目を取っておかないといけません。
そして、G11もそうですが、特にG12の成績が大学に提出する事になりますから、娘も真剣に考えているようです。娘はサイエンスはG11でも取った化学と物理を選ぶようです。
バイオロジー(生物)12も興味あるようですが、3つのサイエンスを取ると大変と聞いて、やめたようです。2月末までに提出との事です。日本の文系、理系とわけるという方法とはちょっと違うので、日本からカナダに高校留学する生徒さんはきっと戸惑うかもしれませんね。


G9のクラス履修
G10からG12の選択科目
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。