2005年07月13日

鼻から胃カメラ

テーマ:暮らしのトラブル

会社の健康診断で引っかかって、

胃カメラを飲むことになった。

少しでもつらくないやり方がないかと、ネットで探したところ、

鼻から飲めるほど管の細い胃カメラがあるらしい。


そこで、ネット検索で見つけた病院で、

鼻から飲む胃カメラ検査を受けてみることにした。


まずは「健康診断結果成績書」を持って受診。

空腹時に時々胃痛があることを話し、

いくつかの病気の可能性を説明されたあと、

検査日の予約をした。


検査前日20:00以降は飲食しない、

といったような注意事項を守りつつ、

検査当日の朝8:35には病院へ。


まず、胃の中をきれいにするための薬を飲み、

左腕の上の方の筋肉に、胃の動きを止める注射をした。

これは細いながらもけっこう痛い。

まあ我慢はほんの一瞬である。


次に右の鼻の穴と左の鼻の穴を交互に塞いで息を出し、

通りの良い方をチェックする。

管を入れる穴を決定したらベッドに横になり、

喉に麻酔ゼリーを流しこんで飲み込まないように5分ほど我慢。

あとから思えば、今回これが一番難しくてつらかった。

あんまり奥まで入れると飲み込みそうになるし、

手前だと舌がしびれてきて、麻酔の意味がないだろうし。

管を入れる方の鼻の穴にも注射器で麻酔ゼリーを注入。

感覚がなくなってきたところで、ゼリーを口から出し、

左側を下にして横になった。


そのあと胃カメラと同じような太さ(5.9mm)で

20cmくらいの長さの管を入れてしばらく待つ。

その管を抜いたらいよいよ胃カメラを入れていくのだ。


目の前には家庭用(?)デジタルビデオカメラのモニタがあって、

胃カメラの画像がリアルタイムで見られるようになっている。

まず見えたのは鼻毛(笑)

「ここが食道の入り口です」などと

医師がモニタに映っている場所を実況中継してくれるので、

興味深く見ているうち、管はどんどん奥の方へ。

問題の十二指腸球部にも特に異常は見つからず、

胃の一部に表面的な炎症(胃炎)が発見されたくらい。

これは胃酸を押さえる薬を飲めば、

2~3日で治るそうだ。

胃と食道もひととおりチェックしたあと、

するすると管を抜いて検査は終了。

1~2時間は飲食しないようにとの注意を受け,

胃薬の処方箋をもらって帰宅した。


呼吸は楽だし、話すこともできるし、

痛みといえば、管が鼻の穴の突き当たりから下に曲がる時に、

ちょっと抵抗を感じたくらい。

バリウムを飲んだ時、というか出す時のつらさと比べれば、

こちらの方が全然楽である。


かかった時間は、検査前の準備に15分くらい、

実際の検査に10~15分くらい。

かかった費用は、会社の保険を使って、

初診時に2000円くらい、検査時に4000円くらい。


バリウム検査は異常を見落とす可能性がある上に、

放射線の被曝量が意外と多いらしく、

発ガンのきっかけになることもあるようだ。

来年からは会社のバリウム検査をことわって、

自費で鼻から胃カメラを飲むことにしようと、

早くも決めている私である。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年07月06日

十二指腸球部の変形

テーマ:暮らしのトラブル

会社の健康診断から約1ヶ月。

忘れたころに結果が来た。


バリウム検査の結果、

「十二指腸球部の変形あり。胃痛があれば胃カメラして下さい。」

とのこと。


むー胃カメラかぁ。

5~6年前、人間ドックに入ったとき、

1回飲んだことがあるが、

どんなだったか、あまり記憶がない。


しかし、「胃カメラ」でググると、

飲むのを躊躇するのに十分な体験談が、続々出てくるではないか。


「十二指腸球部」「変形」「胃痛」での検索だと、

十二指腸潰瘍の可能性が高いようだ。


それじゃあ、ってんで、

「つらくない」「胃カメラ」で調べてみたら、

最近は鼻から飲めるほど管の細い胃カメラがあって、

そんなにつらくないらしい。


「鼻から飲む」「胃カメラ」でやってくれる病院を探してみる。

おお、比較的行きやすい場所に、よさげな所があるぞ。

さっそく診察の予約を入れた。

検査結果も心配だが、

鼻から飲む胃カメラに興味津々である。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年02月05日

トイレがつまった!

テーマ:暮らしのトラブル
(尾籠なハナシですので、食事中の方はご注意ください(^^;)

昼ご飯のあと、ちょっと長めのトイレを済ませて、
いつものように水を流したら、流れていかない!
みるみる水があふれてきて、
あと少しで洋式便器からあふれそうになった。

しばらく待ってみても水かさが減りそうにないので、
トイレ掃除用の柄付きブラシで固形物を押し込んだら、
多少流れていくものの、まだ詰まっている。
勢いよく水を流せば流れるかも、と思ったが、
もし流れなかったらますますヤバイ状態になるに違いない。

いちかばちか運を天に任せて「えいっ」とレバーを一気にひねると、
案の定(?)流れていくどころか、
ついに便器のふちから汚水が床にあふれてしまった(アホ)。

とりあえず、ぞうきんであふれた水を吸い込ませてみたものの、
途方にくれる私の頭の中で流れていたのは、
「水道トラブル5000円、トイレのトラブル8000円、」
という某○ラシアンのCMソングだった。
しかし、修理に来たお兄さんだかおじさんに、
汚水にまみれた便器の中を見られるのは、かなり恥ずかしい。

まあそれは最後の手段として、
とりあえず自力で何とかしようと、
困ったときのGoogle頼み。
「トイレがつまった」検索をかけてみた。
すると、

トイレがつまった場合、
流れないと思って、無理に流そうとはしないでください。
水があふれて、マンションの場合、
階下に漏水を引き起こす恐れがあります。


ひゃあーもうやっちゃってますぅ。
やっぱり運を天に任せる前に、ググってみとけば良かったのである。
そのうえ、

トイレがつまったので、
郵便受けに入っていたチラシの業者に電話した。
見積もりをきいたら8000円位と言われたので来てもらったのに、
来てから「高圧洗浄します」と言われて、
終わってみたら、15万円請求された。


などなど、
トイレ修理は悪徳商法の温床でもあるらしい。

ますます自力で何とかしなければと、
近くのスーパーへゴム製の吸引カップを買いに行った。
(ラバーカップというそうだ)
30分ほどして家に帰ってみると、
その間に少しずつ流れていったらしく、水は引いていたが、
詰まりがとれたわけではなさそうだ。
水を流して水かさを増やしたあと、
説明書を見ながら10分くらい押したり引いたりしていたら突然
「ごごごごぉーっごぽっ」と音がして、一気に水が流れていった。

ググって読んだ体験談によると、
一回流れても、完全に詰まりがとれたとは限らないので、
少しずつ水を流して様子を見るようにとのことだった。
そこで恐る恐る一気に(また一気かいっ!)
レバーを引いてみたら、さーっと流れていつも通りの状態になった。
水洗トイレが正常に流れていくって、
なんてありがたいことなんだろう。

一時は、
先日購入した非常用簡易トイレの使用も検討していたほどだが、
詰まったのが昼間でなく夜だったら、
マジで使わざるをえなかっただろうなあ。

この春から一人暮らしを計画して
あれこれ生活道具を買いそろえている方は、
トイレの掃除ブラシだけでなく、
ぜひラバーカップも買いそろえることをおすすめします(^^;
(ケース入りもありますよん)
AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。