2006年03月22日

鶴の間~西川きよしの回~

テーマ:鶴の間

最近の「鶴の間」は、

ネットしながら横目で観ている(聞いている)ことが

多かったのですが、

今日のゲストが西川きよしだと知って、

思わず座り直しました(笑)


登場したときの鶴瓶も、

まーじビビってましたね。

なんたってあの「やすきよ」のきよし師匠ですからねぇ。

そらー緊張するでしょう。


それにしてもきよし師匠は、さっすが本職!

あの横山やすしを相方にしていただけあって、

どんな球でも打ち返せる名プレーヤーぶりでした。

相手が「右に行こうが左に行こうが前に行こうが後ろに行こうが」

どうとでも返せる二人がコンビを組んだのですから、

それはもう見事に“即興漫才”になっていました。

「やすきよ」を彷彿とさせるパワーもあったしね。


特に、奥さんのことを鶴瓶にヘレンと呼び捨てにされて、

「やすしくんに言いつけるで。

やすしくんにバリカンでこう頭を剃ってもろてやな。

これがほんとのツルベや!」

こんなことよーアドリブで言えますなぁ。


この「鶴の間」も今回で50回らしいですが、

個人的にはベスト1。

まさに「鶴の間」大賞です。


ちなみに、

「鶴の間」新人賞は、

ボビー・オロゴン。


「鶴の間」金の鶴賞は、

ガレッジセール川田。


そして、

単なるフリートークに終わった回が多かったなか、

いちおう志としては漫才を目指しながらも、

漫才にはまったくなっていなかった三宅裕司に

「鶴の間」特別賞を。

そのすれ違いぶりがこの番組ならではの面白さで、

最後に得意分野で場をさらっていったその才能は、

さすがだと思いました。


さぁて、来週のゲストもこれまた“大物”ですが、

ツルベとはテイストが違い過ぎて、

どうも悪い方にすれ違っていきそうな予感(笑)

トークとしては面白いと思うけど。


・・・と思ってたら、

えっ? 来週で最終回なの?!

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2006年02月15日

鶴の間~木村祐一の回~

テーマ:鶴の間

久しぶりになかなか漫才してましたね。

放送作家としての冷静な状況判断か、

場を引っ張ったり、一歩引いたり、

ボケたり、ツッコミしたり、と自由自在。

途中雑談っぽいところもありましたが、

個人的に好きなタレントさんということもあって、

楽しめました。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年02月01日

鶴の間~アンジャッシュ児嶋の回~

テーマ:鶴の間

終了後、

「どうでした?」とアンジャッシュ児嶋に聞かれたラルフ、

「まあ、平均ですね」

「・・・」

同感です!


最近の『鶴の間』は、

“過去最高に意外性のあるゲスト”を

桂三枝以来迎えられていない、

というのが正直なところだった。

(2週連続くりぃむしちゅーというのも、

ある意味“過去最高に”意外性があったが)


まあ、だんだんネタ(芸人)も尽きてきますしね。

しょうがないですけどね。


来週はちょっと久々に意外性のあるゲストかも。

というか、鶴瓶的にはかなり意外性があると思うので、

個人的に見逃せない回だと思っています。




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年08月10日

鶴の間~南キャンしずちゃんの回~

テーマ:鶴の間

うれしそうでしたねー>鶴瓶さん

182cmあるというしずちゃんに上から見下ろされて、

「間近で見たら、けっこう可愛い・・・」

なんて言われて、顔真っ赤でしたやん。


その後も、

「今いちばん会いたい人」が

相方に来た喜びでノリノリでした。


実は南海キャンディーズの漫才って、

1回も見たことないんですよね。

相方の山ちゃんが

バラエティ番組に出てるのは見たことあるんだけども。


なもんで、動くしずちゃんとは初対面の私。

顔に似合わぬ低い声でぼそっとつぶやく“ひと言”の破壊力には、

ノックアウトされました


本日の私的ツボは、

「抱けますか?」(爆)


ええなあ、しずちゃん。

いっかい生で漫才見てみたい。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005年08月03日

鶴の間~ボビー・オロゴンの回~

テーマ:鶴の間

ある意味、過去最高に意外性のあるゲストでしたね。

相方を見た瞬間の鶴瓶の表情も、

「なんで、こいつが出んねん!」

といった感じでした。


そしてある意味、過去最高に

まったく展開が読めない組み合わせでしたが、

見事にオチましたね。

いや~素晴らしかった!


台本がないので、

相手の出方を探りつつ、空振りも多かった前半はともかく、

バラエティ番組での天然ボケキャラをふまえながら、

「漫才」におけるボケの役割を、話している間に理解して、

自らオチに向けての流れを作っていった“ボビ”のクレバーさには、

感心しました。


きちんとネタ合わせをして、ちゃんと漫才をやったら、

けっこう面白いコンビになるんじゃないかな。

今まで見た中では、

いちばん将来性のある(?)組み合わせだと思います。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年07月20日

鶴の間~さまぁ~ず大竹の回~

テーマ:鶴の間

真打ち登場!ってやつですな。


大竹の顔を見た瞬間の鶴瓶も

「おー、ついに来おったな」という表情をしていましたね。


そして、

大竹が出ればぜったい面白くなるだろう、

という期待通りのものを見せていただきました。


これまでの相方は、

ガレッジセールの川田、

雨上がり決死隊の蛍原、

中川家のお兄ちゃん、

キャイ~ンのウド鈴木、

というように、

漫才コンビの中でも「えっ?なんでこっちが出るの?」

って人が出ることが多かった。


その意外性が、

先の読めない展開への期待感に

つながっているところもあったんですよね。


その流れでいけば、さまぁ~ずなら三村が出るであろうところを、

今回、大竹という直球勝負で来ました。

そして見事にキメてくれました。

(オチはちょっと強引だったけど、途中が面白かったからOK)

たまにはこんな風に、

漫才としてふつうに面白い回っていうのもいいな。


この番組の場合、それがいちばん難しいんですけどね。



いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2005年06月29日

鶴の間~明石家さんまの回~

テーマ:鶴の間

三宅裕司のとき以来の、

「コレいったい、どこで落とすつもりやねん!!」

と、テレビに向かってツッコミいれた回でした。


三宅裕司のときはそれでも、

「大人の譲り合い」がお互いにあったため、

最終的にはキレイに落ちましたが、

今回は、

「子供の縄張り争い」が次第にエスカレートしていき、

ついに初の“試合放棄”が実現!


次回のゲストが明石家さんまと知ったときは、

何となくどうなるか想像がつくなあというか、

今までのゲストのような

「いったいどんな風になるのか、想像もつかない!」

というわくわく感はありませんでした。


しかし、


鶴瓶は「ちょっと待て!」から雑談になることが多いから、

今日は「ちょっと待て!」を言わせない、

きっちり漫才をやる、

というさんまの固い決意のもと、

お互い一歩も譲らない主導権争いの結果、

当初の想像を超えた

(ある意味)面白い展開となったのでした。


個人的なツボは、鶴瓶の

「ここ(こめかみの上あたり)打ったら、くーっ!言うで」ってやつ。

腹筋が痛くなるくらいウケました。


いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2005年06月01日

鶴の間~三宅裕司の回~

テーマ:鶴の間

いま火曜深夜に毎週楽しみにしているテレビ番組「鶴の間」

笑福亭鶴瓶が人気芸人と一夜限りのコンビを結成。
しかし!鶴瓶は「誰がゲストなのか」舞台に出るまでわかりません。
台本なし。100%アドリブで漫才&コントを披露します。

(以上、番組HPより)

という番組なのですが、これが面白い!
私はたまたま第1回のガレッジセール川田の回を見てハマりました。
「こんな川田、見たことない!」というテンションの高さと、
鶴瓶とからんで進んでいく予想外の展開に大興奮しました。
『歴史に残る一席』といっても過言ではないでしょう。

見逃すことも多いので、これまで見たことあるのは、
ガレッジセールの川田、
インパルスの堤下、

友近、
笑福亭笑瓶。

それらのすべて失敗なし、というより、

むしろ大成功といっても良いのではないでしょうか。
(私が見ていない回もここまでの回は失敗なしのようです)
一回限りというテンションの高さと、

事前にネタ合わせできないという集中力と、
どんな相手と組んでも合わせられる鶴瓶の才能が合わさって、
すごい番組になっています。

というか、
なっていました(先週までは(^^;)

今週のゲストは三宅裕司だったのですが、
いや~、ぐだぐだでしたね(爆)
ジャンル違いというだけでなく、
鶴瓶と世代が同じ(というか同い年)というのが敗因でしょうか。
今までは年下、後輩ばかりでしたから、
ボケ、ツッコミ、どちらも自在にこなしながら、
鶴瓶がひっぱったり、ついていったりしていたのですが、
お互いに相手の出方をうかがっているうちに時間が過ぎていき、
自分の土俵に引っ張り込もうとしてはちぐはぐな展開になっていく、

みたいな。
最後に観客からお題をもらってやったショートコントで

なんとか「オチ」ましたが、
一時はどうなることかと思いました。
あのネタをふった、あの観客はエライ!
(ちなみに、

「リストラされた直後のサラリーマン二人」という設定でした)

終わったあとの「反省会」がまた笑えるんです。


来週はどうなるかな。

川田の回を超える面白さに出会えることを

楽しみにしています。

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。