朝鮮歴史館

朝鮮半島の歴史を写真を基に日帝時代を中心に紐解いていきます。

史上まれに見る残酷な支配が行われたとする日帝時代の本当の姿はどのようなものだったのでしょうか。


テーマ:
中国新疆ウイグル自治区の武装警察に手榴弾、32人が死傷
(読売新聞 2008/08/04)   


 新華社電によると、中国西北部の新疆ウイグル自治区カシュガルで4日午前8時(日本時間同9時)ごろ、国境警備に当たる武装警察部隊の詰め所で爆発が起き、武装警官16人が死亡、16人が負傷した

 2人がダンプカーで突入し、手榴(しゅりゅう)弾2個を投げつけたという。2人はその後、逮捕された。中央テレビは、武装警察部隊が朝の訓練に向かう途中襲われたと伝えた。警察当局が容疑者の背景や動機などを調べているが、8日に開幕が迫った北京五輪の妨害を狙ったテロの可能性もある。

 新疆ウイグル自治区では、中国からの分離・独立を求めるイスラム過激派勢力の活動が活発化しており、当局は中央アジア諸国との国境警備を強化、テロ活動の封じ込めに乗り出していた。

 昆明のバス爆破事件では、分離・独立勢力である「東トルキスタン・イスラム運動」と同一組織とみられる「トルキスタン・イスラム党(TIP)」を名乗る組織が犯行声明を出し、新たなテロを警告していた。

 中国当局は同組織の事件への関与を否定しながらも、声明に関する情報収集を急いでいた。



中国:国境警備隊に手りゅう弾…16人死亡 ウイグル (毎日新聞 2008/08/04)    

 中国国営新華社通信によると、中国新疆ウイグル自治区カシュガルで4日朝、武装警察の国境警備隊施設がトラックに乗った2人組に襲撃され、手投げ弾の爆発で警官16人が死亡、16人が負傷した。分離・独立運動を抱える同自治区では8日開会の北京五輪を前に厳戒態勢が敷かれていた。五輪直前に治安機関を狙った襲撃事件が発生したことで、五輪の安全開催が不安視されることになりそうだ。

 中国では7月21日に雲南省昆明市でバス連続爆破事件が起きたばかり。この事件では新疆ウイグル自治区の独立を主張する組織「トルキスタン・イスラム党」が犯行声明を出し、五輪を狙った破壊活動を予告していた。今回の襲撃事件との関連は不明だ。

 新華社によると、4日午前8時(日本時間同9時)ごろ、トラックに乗った2人組が警備隊施設に突っ込み、手投げ弾2発を爆発させた。警察筋によると、犯人2人は逮捕されたという。新疆ウイグル自治区では過去にもウルムチで軍トラックを狙った爆破事件や同自治区イリ地区で大規模暴動が起きていた。

 新疆ウイグル自治区では独立を綱領に掲げる非合法組織「東トルキスタン・イスラム運動」(ETIM)が活動しており、中国公安当局が取り締まりを強化している

 昨年1月、公安当局はETIMのメンバー18人の殺害を発表。同組織は中国西端のパミール高原山岳地帯にテロ訓練用のキャンプを設立していたという。

 また、今年4月にはETIM関連のテロ組織2グループが摘発され、45人が拘束された。さらに、米政府系放送局「ラジオ自由アジア」によると先月9日、カシュガルの裁判所でETIMのメンバー2人に死刑判決が下され、即日執行された。自爆攻撃用の爆弾などを製造したというのが理由だ。ETIMは中国だけでなく米国や国連安保理もテロ組織として認定している。

▽新疆ウイグル自治区 中国北西部に位置し、パキスタンやアフガニスタン、カザフスタンなど8カ国と国境を接している。人口は約2050万人で、このうち60.4%がイスラム教徒のウイグル族やカザフ族などの少数民族。中国からの分離・独立を目指す「東トルキスタン・イスラム運動」などの組織が活動しており、中国公安省は03年12月にこれらを「テロ組織」と認定、弾圧を強めている。面積約166万平方キロは、中国全土の6分の1に相当し、石油や天然ガス、希少金属が豊富なことで知られる。

1564654.jpg


水色の旗「キョック・バイラック(Kok Bayraq,青い旗)」↓が長野聖火リレーの時にも振られていましたね。

uporg1387386.jpg


Rome-Tibet-02.jpg

http://specificasia.seesaa.net/article/104165385.html#more


東トルキスタン East Turkistan -Japanese Version-
http://www.youtube.com/watch?v=L1zoho-17Sw

ウイグル(東トルキスタン)大虐殺 
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/china/1175559301/


東トルキスタン、ウイグル、Sherqiy Turkistan,トフティさんを救おう

http://www.youtube.com/watch?v=vgJVN6ybX_k

東トルキスタン / ウイグル族大弾圧 (5-1)

http://www.youtube.com/watch?v=zz4PwTMnXVY

東トルキスタン(新疆ウイグル自治区)における中国共産党の弾圧

http://www.youtube.com/watch?v=L1zoho-17Sw

東トルキスタン(新疆ウイグル自治区)における中国共産党の弾圧

http://www.youtube.com/watch?v=zuzrA-n8o4o


私たちは、生きたいだけなのに・・・・・・
ウイグル(東トルキスタン)の人々に平和と自由を。

中国政府に虐殺されたウイグル人(東トルキスタン人)およそ1000万人以上

内訳
「計画育成」の名目の下に・・・850万人の胎児が虐殺
無差別虐殺により・・・・・・・100万人が虐殺
50回の核実験により・・・・・・75万人虐殺
「政治犯の」名の下に・・・・・50万人虐殺

この真実を皆さん知って下さい。

金子容子さんの緊急救援パレード
金子容子さんの緊急救援パレード

「公安ベッド」の残酷刑を紹介するときに、容子さんはこのように述べた「公安ベッドは一つの鉄のベッドです。彼らは力いっぱいに私の手足を四方に引っ張り、それから手錠、足かせをベッドの縁側にかけたのです。あまりにも強く引っ張られていたため、私はちっとも動けません。彼らが引っ張るときに、私はただ自分の関節のカチカチという音が聞こえてくるのです。非常に痛かったのです。彼らが非常に太いパイプを私の鼻から胃まで入れて、毎日私の胃の中に注射するのです。パイプがあまりにも太かったため、毎回差し込むとき困難を極めました。彼らが便利なように、食事を注ぎ込んでからパイプをそのまま胃の中に残すのです。こうなると、私は横になっているため、中に注ぎ込んだ食事はパイプに沿って逆流し、私の肩、胸、ベッドに流れだしたのです。私は縛られて動きませんが、彼らも拭いたりしないため、暑い日に時間が長くなると、食物は腐敗して異臭を放つようになり、医師、看護士でさえも私に近づこうとしませんでした。下半身は尿管をつなぎ、生理のときには私の下にトイレットペーパーを積むだけでした。私はこのようにベッドの上に二十数日も縛られて、毎日の強制的な食事の注入を除いて、二十数日間誰一人私に近づこうとしませんでした。彼らが私をベッドから出したときに、私の全身は硬直し、動けません。背中の皮膚は腐っていました。長い時間を経てやっと治ったのです。」


http://www.minghui.jp/2004/10/11/ssan_041011_03.htm

日本人の皆さん、日本人妻の金子容子さんという方が、2002年5月24日、北京において法輪功真相資料を配布したことを理由とし、不当にその身柄を拘束され、1年6ヶ月の間残虐な拷問と強迫洗脳を受けていたことをご存知でしたか。

なんと、中共政府に解放するように圧力をかけたのは日本政府が救出したのではなく、カナダ政府でした。

情けないことに、これが現在の日本の政治の実情です。

中国の顔色をうかがって、自国民の命を救うことに積極的に手を打つことが出来ません。

中国に進出している一部の大企業の利益を優先してしまっているのです。

日本の企業が世界に進出し営業を営むことができるのは、日本という拠り所があるからです。

殆どの企業が日本で創業し、従業員も日本で教育を受けているはずです。

世界でも最も恵まれた日本という国だからこそ、安心して経済活動が出来、優秀な人材を確保できるのです。

もし、日本という国がなくなってしまったらどうなるでしょうか。

日本という看板がなくなってしまったらどうでしょうか。

全ての日本人、日本企業が外国で贔屓されるのは、先人たちが築き上げてきた文化・伝統、信用、実績を背負っているからです。

目先の利益にとらわれて、先人達の遺産で恵まれた境遇にいられることを忘れ、日本という国をないがしろにしていたら、いずれ今受けている恩恵は水泡と化すでしょう。


政治を嘆いていても始まりません、国民一人一人が日本を守っていくんだという自覚を持つことが大切です。

AD
いいね!した人  |  コメント(4)

[PR]気になるキーワード