チベット支援団体に電話やメールの嫌がらせ

【3月19日 AFP】チベット(Tibet)人を支援する各国の人権団体は19日、発信者不明の大量の電話やウイルス感染した電子メールによる活動妨害を受けたことを明らかにした。これらの団体は、反中国暴動により中国当局の厳重な取り締まりの下に置かれているチベット自治区の現状を知るために、現地および周辺地域の人々と連絡を取ろうとしていた。

■携帯電話に中国語なまりの電話

 ロンドン(London)に本部を置く人権団体「フリー・チベット・キャンペーン(Free Tibet Campaign)」のMatt Whitticase氏のもとには、18日の午前4時から7時まで、携帯電話と勤務先の電話に何者からか2分おきに電話がかかってきた。

 Whitticase氏は、誰がかけてきたのか分からないとしながらも、いずれも英国の携帯電話の番号で、声には中国語なまりがあったと話している。

「電話の内容は、粗雑で口汚い表現を使った極めて反チベット的な性格のものだった。中国で列車の車内や公共の場所で耳にしていた中国の愛国的な音楽のような音が聞こえた」と同氏。仕事も電話もできないようにするのが狙いとみられる。

■コンピューター・ウイルス送りつける例も

 ニューヨーク(New York)に本部を置く学生組織「Students for a Free Tibet」幹部のLhadon Tethong氏のところにも同じような電話があった。相手は中国語で罵倒してきたという。さらに、電子メールでコンピューター・ウイルスが送られてきた。

「ウイルス攻撃を受けている。まったく恥知らずなことに(送信者は)チベット自治区で助けを必要としている人々を称している。電子メールは、功名に書かれた感情の込もった表現で、画像を開くよう求めている」とTethong氏はAFPに語った。

 さらに別の団体でも、数日前からウイルス攻撃を受け、コンピューターのセキュリティーが侵害されているとAFPに伝えた。

■AFPにもウイルス攻撃

 AFPも18日、電子メールによるウイルス攻撃を受けた。送信者はデンマーク在住と称する人物で、メールには中国軍に撃たれたチベット人の画像だというファイルが添付されていたが、開くとウイルス警告が現れた。

 妨害を受けたいずれの団体も、過去数日間のチベットでの反中国デモで発生した暴力行為に関する目撃証言を求めて、チベットや周辺地域の人々と連絡を取ろうとしていた。

 中国では、ジャーナリスト、人権団体、活動家は、デモ発生が伝えられる地域への立ち入りをほぼ全面的に禁じられている。(c)AFP

http://www.afpbb.com/article/politics/2366968/2752321

「状況悪化なら胡主席来日 歓迎できぬ」 超党派チベット議連が声明

 超党派の「チベット問題を考える議員連盟」(代表・枝野幸男民主党元政調会長)は19日、国会内で総会を開き、チベット騒乱への中国政府の鎮圧行動を「五輪開催国にふさわしく、武力の行使や人権侵害を行わないよう自制を求める」と非難する声明を発表した。

 声明は「報道の自由がない中で、中国政府による一方的なプロパガンダや弾圧がなされている疑義を持たざるを得ない状況が悪化するなら、胡錦濤国家主席の訪日を到底歓迎できない状況になりかねない」としている。

 民主党の鳩山由紀夫幹事長や自民党の馳浩副幹事長、社民党の阿部知子政審会長ら衆参議員27人が出席した。枝野氏は「弾圧している疑いのある国の元首を歓迎していいのか。政府は踏み込んだ対応をとれ」と強調。出席者から「胡主席自身が昔、チベットを弾圧した。人権を顧みない中国は問題だ」(玉沢徳一郎元防衛庁長官)「調査団派遣を求めている欧州連合(EU)議会と連動しよう」(藤田幸久民主党参院議員)などの意見が出た。

 チベット問題では、昨年11月に鳩山氏ら同議連メンバーが訪日中のチベット仏教の最高指導者、ダライ・ラマ14世と会談し、中国側から抗議を受けた。平成13年には、中国側が同議連メンバーに「活動をやめないと所属政党の幹部が訪中しても、中国要人に会えなくなる」と圧力を加えたことが明らかになっており、今後の中国側の反応も注目される。

http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/080319/stt0803191832006-n1.htm


チベットの活動家組織、反中国デモ参加者の遺体写真を公開か

【3月19日 AFP】中国四川(Sichuan)省アバ(Ngawa)県で行われた中国のチベット統治に抗議するデモに関し、米国とインドに拠点を置く学生組織「Students For A Free Tibet」は18日、このデモで中国治安部隊に殺害されたとみられるチベット人デモ参加者の遺体写真を公開した。

 これらの写真が本物だった場合は、14日から各地で続いていた抗議デモで死亡した参加者の遺体写真が、初めて公開されたことになる。

 ロンドン(London)に本部を置く人権団体「フリー・チベット・キャンペーン(Free Tibet Campaign)」も同じ写真を公開し、中国当局がデモ鎮圧のために、中国政府が使用を否定する、殺傷力の高い武器を使用した証拠だとしている。

 中国当局は、チベット自治区の中心都市ラサ(Lhasa)で起きた暴動で、「罪のない市民」13人がチベット人の暴徒によって殺害されたと発表。さらに、武力鎮圧については否定している。

 一方、インド北部ダラムサラ(Dharamshala)を拠点とする亡命チベット代表者議会は「数百人」が殺害されたと主張している。

 これらの写真は、「Students For A Free Tibet」のウェブサイト、http://www.studentsforafreetibet.org/article.php?id=1337で公開されている(注:残虐な写真が含まれています。ご覧になる場合はご了承の上、閲覧してください)。(c)AFP

http://www.afpbb.com/article/war-unrest/2366773/2752724

▽関連記事
http://www.tchrd.org/press/2008/pr20080318c.html
(注:残虐な写真が含まれています。ご覧になる場合はご了承の上、閲覧してください)

【北京五輪スポンサー一覧

コカ・コーラ            Atos Origin            GE
ジョンソン・エンド・ジョンソン  コダック              lenovo
Manulife              マクドナルド            OMEGA
Panasonic             SAMSUNG            VISA
バドワイザー           MIZUNO              DESCENTE
アシックス             味の素               コナミ
Kubota               読売新聞             ウイルコ
野村ホールディングス     佐川急便             Nationa
ExcelHuman           丸大食品             KIRIN
TOYOTA             DOCOMO             YAHOO!JAPAN
JAL                 ANA                LOTTE
intelligensce           日清食品             トーヨーライス
AIU                 はるやま              エステティックTBC

http://www.joc.or.jp/aboutjoc/sponsor/index.html

北京オリンピックを支援する議員の会
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%97%E4%BA%AC%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%94%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%92%E6%94%AF%E6%8F%B4%E3%81%99%E3%82%8B%E8%AD%B0%E5%93%A1%E3%81%AE%E4%BC%9A

会長
河野洋平 自民党(党籍離脱中) 衆議院神奈川17区

会長代理
中川秀直 自民党 衆議院広島4区
鳩山由紀夫 民主党 衆議院北海道9区

副会長
加藤紘一 自民党 衆議院
高村正彦 自民党 衆議院
古賀誠 自民党 衆議院
島村宜伸 自民党 衆議院
谷垣禎一 自民党 衆議院
中馬弘毅 自民党 衆議院
津島雄二 自民党 衆議院
二階俊博 自民党 衆議院
額賀福志郎 自民党 衆議院
福田康夫 自民党 衆議院
町村信孝 自民党 衆議院
森山眞弓 自民党 衆議院
山崎拓 自民党 衆議院
片山虎之助 自民党 非議員(落選中)
岡田克也 民主党  衆議院 
川端達夫 民主党  衆議院
輿石東 民主党  参議院
田名部匡省 民主党 参議院
北側一雄 公明党  衆議院
漆原良夫 公明党  衆議院

その他、合計225人の衆参両院の議員が会に参加している。

ゴー宣 「見てみぬふりされてるチベットでの民族浄化」

http://2sen.dip.jp:81/cgi-bin/upgun/up1/source/up13509.jpg
http://2sen.dip.jp:81/cgi-bin/upgun/up1/source/up13510.jpg
http://2sen.dip.jp:81/cgi-bin/upgun/up1/source/up13511.jpg
http://2sen.dip.jp:81/cgi-bin/upgun/up1/source/up13512.jpg
http://2sen.dip.jp:81/cgi-bin/upgun/up1/source/up13513.jpg
http://2sen.dip.jp:81/cgi-bin/upgun/up1/source/up13514.jpg
http://2sen.dip.jp:81/cgi-bin/upgun/up1/source/up13515.jpg
http://2sen.dip.jp:81/cgi-bin/upgun/up1/source/up13524.jpg
http://2sen.dip.jp:81/cgi-bin/upgun/up1/source/up13516.jpg
http://2sen.dip.jp:81/cgi-bin/upgun/up1/source/up13517.jpg
http://2sen.dip.jp:81/cgi-bin/upgun/up1/source/up13518.jpg
http://2sen.dip.jp:81/cgi-bin/upgun/up1/source/up13519.jpg
http://2sen.dip.jp:81/cgi-bin/upgun/up1/source/up13520.jpg
http://2sen.dip.jp:81/cgi-bin/upgun/up1/source/up13521.jpg
http://2sen.dip.jp:81/cgi-bin/upgun/up1/source/up13522.jpg
http://2sen.dip.jp:81/cgi-bin/upgun/up1/source/up13523.jpg

[小林よしのり]現在のチベット騒乱までの流れがざっと分かる漫画[ゴー宣]
http://ikketushugi.info/blog/archives/3350

チベット問題に厳しい視線を
http://blog.goo.ne.jp/kanataylfc/e/485e7f89d4594e462fbaa904109fce86



中国人に何を言っても無駄です。
どれほどの残虐非道な行為が目の前で起きていようと、全て中国人以外の誰かが悪いのです。
何が何でも、自身の行為を正当化することしか出来ないのが中国人であり、ほぼ全ての中国人が中華思想かに染まっており、どうしようもありません。
比較的理性的な中国人でさえ、中国人なら誰でも中華思想を持っていると認めています。
中国とはできるだけ関わらない。これに尽きるでしょう。
AD

コメント(4)