日本国内で性犯罪を繰り返す在日問題

~  ルーシーブラックマンさん殺害犯も朝鮮人  ~


日本国内で、一年間に1800件の犯罪で検挙されている韓国・朝鮮人
しかし、これらがテレビで報道されることはまず有りません。


目白通りの連続婦女暴行事件では19名の女性が乱暴された後、
防犯カメラに映った犯人の姿が大きく報道されました。
しかし、在日韓国人の「宋治悦」が逮捕された途端、報道量は極端に小さなものとなりました。


「金允植」という人物は韓国で性犯罪を犯して指名手配され、日本に逃げてきました。
しかし、マスコミはこの事実を知っていながら『日韓友好』に配慮し、一切報じませんでした。

強姦される女性たちを見殺しにしたのです。
金允植が逮捕されたのは、約2年間で200名近くの日本人女性が強姦されたでした。
しかも、金允植の逮捕を報道したのは『産経新聞のみ』だったのです。



2006年6月、大阪で逮捕された在日韓国人「金平和」容疑者は、一人暮らしの女性宅の
窓ガラスを破って侵入し、帰宅した女性を性的暴行しました。そして暴行後、手足を縛ったまま
大型のバッグに閉じ込めて自宅に連れ去り、2日間暴行を続けました。
DNA鑑定から、多数の女性が被害に遭っていることが分かりました。

性的暴行は女性にとって命を奪われるようなものです。

しかし事実を報道したテレビ局は、『日本テレビ』と『ABC放送』のみだったのです。
『NHK』では「山元平和(やまもとひらかず)」と報じ韓国人であることを隠しました。
同様に『読売新聞』『朝日新聞』『毎日新聞』の大手新聞社でも韓国人であることを隠しました。


犯罪者が「在日」や「韓国人・朝鮮人」であることが分かると、
日本のメディアは事実を隠そうとするのです。
http://karutosouka1.hp.infoseek.co.jp/News2.htm

.

日本国内の外国人犯罪・・・「殺人、放火、強姦、暴行、傷害、脅迫、恐喝」の
ワースト1はすべて韓国人(朝鮮人)です。  (警察庁、平成15年度検挙数)

AD