私、うつ病、治りました。

一児の母です。産後うつ/うつ病より回復しました。闘病の記録、幼い子どもを抱えて病気になったその時の想い、今の想いを残すことで、今苦しんでいる方、不安な方、これから先そういう体験をするかもしれない全ての方に、私の体験が少しでもお役に立ば幸いです。


テーマ:

たいへんご無沙汰しています。

最後にこのブログを更新したのが、2014年の春でしたので、もう9か月くらいになってしまいました。

今まで書けなかったのですが、残念なことを書かなければなりません。
あまりに辛いことだったので、今まで書くことが出来ませんでした。


夫と姑に、子どもを奪われました。


もう、1年半、逢わせてもらっていません。(2015年3月現在)

私の人生は、夫と姑など婚家一族と、家庭裁判所の血も涙もない不当判決に、めちゃくちゃにされました。


せっかくうつ病を必死に回復させ、夫には文字通り「上げ膳据え膳」生活をさせるまでになった2011年の初頭、ある日突然、夫と姑の共謀で一人息子を奪われました。

夫が「こいつを公園で遊ばせてくるから」と私を騙し、そのままいきなり自分の実家に連れ去りました。

夫と姑は
「あんたが実家に帰るか、とにかくそこから出て行かない限り、この子は戻さないから」
と言いました。
夫は翌春から地元に転職だと言って、そのまま3人で住んでいたマンションは引き払うことに。

既に、姑と打ち合わせ済み、全て計画的な行動だったのです。


もう個人的に話し合いは無理と観念し、実家に戻り、両親に全て打ち明け協力してもらうよう頼み、司法に頼ることにしました。


その直後、東日本大震災が起きました。

大震災のときのエピソードは、以前、日記に書いたとおりです。



裁判には、それまで長年続けてきたカウンセリングの記録、病院の記録、主治医、カウンセラーの意見書、警察や女性相談センター、民間支援機関等々、相談した記録などは全て裁判所に提出しました。
主治医の先生方は、これは明らかなDVであるとして、意見書を書いてくれました。

夫は裁判に際し、「妻は精神障害で危険な状態だった」と連れ去りを正当化しようとし、「証拠」として「妻が錯乱してナイフで自分を傷つけ、その血がカーテンに付着した」とする写真を早々と提出していました。

完全な捏造でした。


提出から1年以上たち、裁判も最終を迎え、本人尋問となりました。

夫側の弁護士は鬼の首を取ったかのような勢いで、

「これは何なんですか!!」

と私に「証拠写真」を突き付けました。

私は、

「わかりません。何ですか?」

と冷静に返答しました。

「あなたが精神錯乱状態で暴れていた証拠でしょう!!」

と弁護士が言うので、

「私はそのような状態ではありませんでした。主治医の診療記録と意見書もあります。その写真はでっち上げです。血がついている?では画像を分析して証明してください。これは合成です。」

と言いました。

弁護士はひるみました。

すると夫が、

「いやそれは、すいません間違いです。。。プリントアウトしたときにプリンタの調子が悪く。。。」

としどろもどろの口調で言いました。

夫側弁護士は

「ああ、そうですか」

とバツが悪そうにそのまま席に戻りました。


そんな調子で、夫側が嘘の証拠を数点提出していることは本人尋問の際に明らかになりました。

尋問になるまで、2年ちかく、裁判所に対してウソをつき続けていたことになります。

でも、DVは認定されませんでした。
認定するだけの客観的証拠がない、という判断でした。
そして、

「子どもは現状相手方で問題なく養育されており・・・」

と、裁判にかかった期間がそっくり夫側の養育実績となり、それだけの理由で親権者は夫に決まりました。


私は、一方的にやられ損という形になりました。
裁判をしたがゆえに、夫側に養育の実績を与えてしまった形になりました。


支援者や先生方には、これほど第三者機関の記録がきちんと揃っているのはなかなかないんだ、よく頑張ったねと励まされて闘い続けました。
その記録も、

「本人の主張に基く記録であり、客観性に欠ける」

と却下でした。

DVの相談に、加害者を連れて行けというのでしょうか?

警察の保護のもと、息子を連れてシェルターに避難したこともありました。
それも、加害者である夫の記録もないと、意味をなさないというのでしょうか?

意味がわかりません。


強姦を訴える被害者に対し、「自分は同意していない」と訴えても「証拠がない」とよく言われるのと同じです。
強姦されるところを、一部始終をビデオや音声に記録して、ほら、私は同意など一度もしていません、と証明しろ、というのでしょうか?
そうでなければ客観性がないと、全て却下する、というのでしょうか?



高裁控訴など3か月程度で、一回目「これから審議開始します」、二回目「提出物は以上で間違いないですね、ではこれをもって結審します」、で終わりでした。
そして控訴判決文には、一審支持の内容に加え、
「原告(私です)の実家は児の養育に非協力的であり(二人とも未だ現役で働いていたので、年金暮らしの姑のように子どもの面倒をみれる状態ではなかった)、そのような家庭で今後児を養育することに対して、現状の父親側家庭での養育環境と状況を考えたとき、あえて環境を移すメリットはない」

といった文章も付け加えられていました。

子どもの母親は、祖父母ではなく私です。

裁判で訴えているのは、私です。

私には、実家の親の人生を、選ぶことは出来ません。


専業主婦だったり、年金暮らしに入って時間に余裕のある親がいなければ、子どもを母親から引き離してOKな理由になるのでしょうか?

母親自体が、重病だったり育児が困難な状態で、やむなく、というのなら百歩譲って理解出来ないでもありません。

でも、ここで引き合いに出されたのは、当事者同士ではなく「実家の親(特に母親)」でした。


いつでも連れてらっしゃい!24時間365日、バッチリ面倒みるわよ!!


そういう実家をもっていない人間は、子どもの養育には不適応だと、裁判所は判断するのですね。


専業主婦で産後に病気を併発した私は、無職でした。
復職したくても、出来ない状況でした。
それは私の責任でもワガママでもありません。

しかし夫や姑は

「うつなんて、ただの怠け病」「親になった覚悟が足りない」「病気になったのは自己責任」

と言い放ち、治療費も、そのうち生活費まで出さなくなりました。

「専業主婦になって家事育児をこなすって約束だったのに、話が違う。子どもを保育園に預けることで金がかかっている。お前の病気のせいなんだから自分のことは自分で何とかしろ。マンションの家賃や子どものお金は俺がなんとかする」

「追い出されずに、その家にタダで住んで食事が出来るだけでも有難いと思いなさい。息子もとんだ貧乏くじを引いたもんだわ」

と言われました。


だから私は、結婚後ずっと、自分の貯蓄を崩し実家から援助も受け、病気の治療と、日々の生活に必要なバス代等の交通費やお昼食にかかるお金、生理用品やコンタクトレンズの費用などの必要消耗品、その他を必死で賄ってきました。
治療にも、付き添いなど夢のまた夢でした。
病院も、治療法も、うつ病について、徹底的に調べました。
いつも、一人でした。


「私さえ元気になれば、すべて上手くいくのだ」

と、それだけを考えて、子どものために必死で血を吐く想いで過ごした4年間でした。


病気になったのは私の責任ではありません。

夫が子どもを連れて勝手に自分の実家に帰り、親子三人で暮らしていたマンションを棄てたのです。
私に、どうやってそこで一人で生活しながら裁判をしろと言うのでしょう?

「あんたが実家に帰るなどしてとにかくそこから出て行かない限り、この子は戻さない」

と言ったのは夫と姑です。

私が実家に帰って裁判を起こしたのは他に選択肢がなかったからです。

それすらも、全て「自己責任」なのでしょうか?



あまりの裁判所の「マニュアル」「お役所」判決に憤りがおさまらず、最高裁へ上告の申請を出しました。

弁護士は最高裁経験がなく、降りると言ってきました。
なので、申請は自分でやりました。

そして、上告趣意書という「上告する理由」を法的にしたためた書面が必要で、それは弁護士にしっかり書いてもらわないと、上告すら取り上げられない、ということなので、地元や近隣は言うに及ばず東京、大阪、神戸、名古屋、紹介された弁護士には片っ端から面談に行きました。
しかし、みんな

「まず無理」「判決をひっくり返すのは不可能」「日本の民法なんて、裁判所なんて、所詮そんなもんです」

と言うだけで、引き受けてくださる方が見つかりませんでした。


何より辛かったのは、

「あー子どもを相手に取られてたら、もうムリムリ」
「どうしてみすみす子どもを連れてかれるようなことになったの。甘いんですよ」
等々の台詞を、DVやレイプなど"女性の人権に強い”と紹介された弁護士や著名なカウンセラーに言われたことでした。

「子どもを取られるような母親がマヌケなの!考えが甘いのよ!」
と電話で吐き捨てられ、泣き崩れて過呼吸発作をおこし救急搬送されたこともありました。
マスコミに勤めている友人が地元の女性センターの所長と懇意にしており、なにかと協力してくれていて、そのつてで紹介してくれた、東京の弁護士の先生でした。
最後の頼みの綱、というか、本当に藁をもつかむ想いで電話をしたのです。

そして今度は、そういういきさつを他の方に話しても、今私が子どもを奪われたショックでうつ状態なもので
「被害妄想なんじゃじゃないの?」「いくらなんでも、いまどき、そんな酷い話・・・」
みたいに受け取られてしまい、なかなか信じてもらえないのです。


DV防止法は、レイプなどもそうかもしれませんが、『(弱い立場の)女性を守る』という本来の意味・役割は、法の世界では死んでいるのだなあと思いました。
上記の弁護士さん方は
「法の前では男女平等だから母親であっても子どもを先に取られたら無理」
と言っていました。

そうして、上告を一緒に闘ってくださる弁護士を探している間に私は過労で倒れ、救急搬送されて入院しました。

入院中に、上告趣意書の提出期限を迎えてしまい、控訴審判決が確定してしまいました。



子どもには、結審後1年半たちますが、一度も会えていません。

「せめて会わせてください」と、元夫(離婚が成立してしまったので、元です)に吐き気と震えをおさえながら連絡しました。

しかし元夫からは
「養育費はどう考えてるんですか」

「権利を主張するのも結構ですが、義務も果たしていただかないと」
という返信だけ。

鳥肌が立ちました。
冷血という言葉しか浮かびません。


私はお産の際、難産で帝王切開になりました。
2リットルの出血多量で、麻酔から目覚めなければ死ぬところだったと、退院すrときに麻酔を担当した医師に言われました。
(その先生に、肩をたたかれて
「○○さーん、聞こえる?○○さーん、産まれましたよー、聞こえるー??」
と何度も何度も呼ばれていたのを憶えています。その声で、意識が戻りました。
ご自分が担当した患者さんを、退院まで毎朝必ず様子を見て回るという先生で、私も退院するまで毎朝様子を見に寄っていただきました。
思った以上にしんどい出産になってしまったこともあって、少しナーバスになっていた私を「立派なお産でしたよ。よく頑張ったね」と笑って励ましてくださって、本当に有り難かった・・・)

命がけで子どもを産んだんです。

自分の子どもを、命がけで産んだ妻に対して、女性に対して、どうしたらこのような仕打ちが出来るんでしょうか。
虐げられ、病気とも闘い、挙げ句に子どもを奪われ、人生めちゃくちゃになりました。

自分がそう仕向けた女性に対から、更に今度はお金を奪おうというのでしょうか。


こんな人間と、私は結婚していたのか。

あんなにガマンして、家族のためにと、必死に病気と闘っていたのか。
「やり直そう」という言葉を信じて、子どものために家庭を守るために、ガマンしたのか。



どんなに被害者が努力しても、必死に耐えて闘っても、裁判所はそれを認めないのですね。
どんなに現場の警察や医師や支援機関が頑張っても、裁判所はそれを認めないで、無に帰すのですね。

そして、弁護士も支援機関も、

「判決が出てしまっていては、もうお手上げです」「お気の毒」「でもいつか、子どもさんはあなたのことを理解して帰ってきますよ・・・」

で、お終いなのですね。

「こんな理不尽なケースがあった」で、終わりなのですね。


私にも人生があるのです。

私は生きているのです。

あなたたちは「こんなケースがあったよ」で終わりでしょうが、私はそれによってめちゃくちゃになったまま、今も苦しみもがいているのです。

何故ですか。

何故こんなことになるのですか。


女性は、子どもを産んだら、身体を壊して使いものにならなくなったら、用ナシで棄ててもいい存在なのですか。

母親は、一度うつ病にかかったら、回復させようが健常者になろうが、それだけで母親失格なのですか。

一度うつ病になった母親は、子どもを一方的に取り上げられても、この国では司法も行政も警察も民間も、誰も助けてはくれないのですか。



こんな想いをしなければならないなら、あんなに苦しんでいたときに、自殺未遂をしたときに、あの男に「俺に関係のないところで死んでくれ」と命じられたそのときに、そのまま死んでいればよかった。

そう思って後悔しています。

いま自分がなぜ生きているのか、なぜまだ死んでいないのか、分かりません。



※ごめんなさい、皆さまに、お願いがあります。
励ましてくださるお気持ちは有難く、感謝しています、
ですが、どうかコメント等で「お母さんはあなた一人だ」とか「いつか息子さんのほうからお母さんを求めてくる」とか、そういうことは、書かないでください。


ずっとずっと、どこへ行ってもどこへ訴えても、それしか言われないんです。
そう言うしかないことは、他に言葉がないことは、よくわかるんです。
でも、辛いんです。苦しいんです。それしかないということが。


あなたは、自分が命がけで産んだ子を、奪われたことがありますか。

この子のためにと、必死で病気を治して、夫や婚家の理不尽な仕打ちも許そうと覚悟した、その子を、一方的に取り上げられたことがありますか。


あなたは、そういうことが出来ますか?

自分の奥さんに対して。
自分の娘に対して。
「出来る」と言う言葉を、私は聞いたことがありません。

でも、私は実際に、そうされてしまったんです。
そして、そういう卑劣な行いをされても、訴えても無視する司法に対して、社会に対して、どんなに声をあげて訴えても誰もどうにもできないのだそうです。

何故ですか?

どんなに声をあげても訴えてもどうにもならないのだ、という苦しみが、どんなものか、分かりますか。


あなたは、子どもが自分の意志で動けるようになるまで。。。と言う。
残念だけど日本の民法なんてそんなもんです、と言う。

だから子どもが大きくなるまで待て、子どもから会いにきてくれるまで待てと言う。

でも、私の踏みにじられた誇りは、どうなるのですか?

踏みにじられたまま、あとこの2倍、3倍、いったい何倍の年月を、生きて行けというのですか?
私にどうやって生きていけというのですか?
希望も信じる心も何もかも奪っておいて、何を支えに生きていけと言うのですか?


夫を信じた私の自己責任ですか?

家庭を守ろうとした私の自己責任ですか?

司法を信じた私の自己責任ですか?

人の支援を、女性の人権をうたう人々を信じた私の自己責任ですか?

あと何年、この地獄の苦しみを耐えなければならないのですか?
あなたが代わりにその苦しみを受けてくれるのですか?


法律って何なんですか?

支援って何なんですか?

人権って何なんですか?

弁護士って、裁判所って何なんですか?




AD
いいね!した人  |  コメント(50)  |  リブログ(1)

Campanellaさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。