まだ寒さが続きます。やはり鍋料理は体を温めてくれますね。
キャンプでもこの季節がよく似合います。

・「寒い時期のみ食べる」は58%、「年中食べる」人4割弱

 7割の方は、日頃の夕食、家族で食べる人が多いようです。
そして、その内訳はというと
1位「すき焼き」(56%)
2位「おでん」(51%)
3位「キムチ鍋」(47%)
以下
「しゃぶしゃぶ」
「湯豆腐」
「うどんすき」
「ちゃんこ鍋」
「かき鍋」
「もつ鍋」
「石狩なべ」
「あんこう鍋」
「豆乳鍋」
「きりたんぽ」
「てっちり」
「いわしのつみれ鍋」
「ほうとう鍋」
「はりはり鍋」
「どってり鍋」
「いも煮」
  などですね。中にはしらない物もあります。

 その調理は・・・
「だし・スープだけ市販品を使い、具材は自分で用意する」(41%)
「だし・スープも具材も自分で作る」(34%)

 今日は、なべ料理かな。


著者: 柳原 一成
タイトル: こだわりの鍋料理―厳選素材で作る究極の鍋レシピ46



著者: 荻原 悦子, 中村 晶子, ティーイーエヌ
タイトル: 今夜は鍋料理―定番はもちろん、郷土の味、世界の鍋まで、もっとおいしく家庭で楽しめる!



著者: 今泉 久美
タイトル: 特選 わが家の鍋料理

AD
皇太子殿下のお誕生日に際しての記者会見の内容から
会見年月日: 平成17年2月21日 会見場所 : 東宮御所

 下記の詩が大変感銘致しましたので、書きとどめておきます。

 愛子の名前のとおり,人を愛し,そして人からも愛される人間に育ってほしいと思います。それには,私たちが愛情を込めて育ててあげることが大切です。つい最近,ある詩に出会いました。それは,ドロシー・ロー・ノルトというアメリカの家庭教育学者の作った「子ども」という詩で,スウェーデンの中学校の社会科の教科書に収録されております。

『批判ばかりされた 子どもは
非難することを おぼえる

殴られて大きくなった 子どもは
力にたよることを おぼえる

笑いものにされた 子どもは
ものを言わずにいることを おぼえる

皮肉にさらされた 子どもは
鈍い良心の もちぬしとなる

しかし,激励をうけた 子どもは
自信を おぼえる

寛容にであった 子どもは
忍耐を おぼえる

賞賛をうけた 子どもは
評価することを おぼえる

フェアプレーを経験した 子どもは
公正を おぼえる

友情を知る 子どもは
親切を おぼえる

安心を経験した 子どもは
信頼を おぼえる

可愛がられ 抱きしめられた 子どもは
世界中の愛情を 感じとることを おぼえる』




著者: ドロシー・ロー・ノルト, 石井 千春, 武者小路 実昭
タイトル: 子どもが育つ魔法の言葉 for the Heart PHP文庫



著者: ドロシー・ロー ノルト, レイチャル ハリス, Dorothy Law〉 Nolte, Rachel Harris, 吉田 利子
タイトル: 子育ての魔法365日



著者: 加藤 諦三, Dorothy L. Nolte, 石井 千春, ドロシー・ロー ノルト
タイトル: ドロシーおばさんの大事なことに気づく
AD

 2月28日(現地時間:2月27日)に行われる受賞発表が行われます。
オスカーは、どの作品に輝くでしょう。

アカデミー賞の対象となる作品は、前年の1月から12月末までにロサンゼルス地区で1週間以上一般公開された作品からノミネートされていきます。

 昨年度の受賞作品は、ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還です。





タイトル: ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還 スペシャル・エクステンデッド・エディション




タイトル: ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還 コレクターズ・エディション




タイトル: ロード・オブ・ザ・リング コレクターズ・エディション トリロジーBOX セット
AD

 ノーベル平和賞を受賞したケニアの環境保護活動家『マータイ博士』が、日本語で素敵な言葉としてあげたのが、この「もったいない」この言葉の意味は、”物のあるべき姿を失う”という意から、「不相応」「ありがたい」「惜しい」の意味になるそうです。また、仏教で言う物とは、「生命」「衆生」のこと。つまり、『いのちを大切にすること』となります。
 この言葉を世界に広めたいと語っていました。

 キャンプでも自然にある物を大切に利用して「勿体ない」の言葉で自然と一体に楽しみたいと思った次第です。




著者: 高見 邦雄
タイトル: ぼくらの村にアンズが実った―中国・植林プロジェクトの10年



著者: 石 弘之
タイトル: 私の地球遍歴―環境破壊の現場を求めて



著者: スー ビートン, Sue Beeton, 小林 英俊
タイトル: エコツーリズム教本―先進国オーストラリアに学ぶ実践ガイド



著者: 佐伯 平二, 長崎 訓子
タイトル: 環境がわかる絵本



著者: サステナブルデザイン研究会
タイトル: 2100年未来の街への旅―自然循環型社会とは何か?



著者: 全国林業改良普及協会
タイトル: 里山の雑木林―みんなで活かそうくらしの森
 これから、花粉症の季節。
(そう言う意味でも冬は過ごしやすい季節と思うんですよね。)

・花粉症にかかっている人は42% 昨年より増えている。
 「かなり重い花粉症」(11%)、「軽度の花粉症」(31%)
・花粉症に関する情報源は「テレビ番組」(84%)が多い
「インターネットの情報」(41%)、「新聞の記事」(39%)
・症状ベスト3は「鼻水が出る」(85%)、「目がかゆくなる」(83%)と多く、「くしゃみが出る」(68%)
・対策ベスト3は「市販の目薬・目の洗浄液」(42%)、「マスク」(36%)、「医師の処方薬」(35%)


 対策その他
・医師の処方薬が一番確実なので毎年1月には受診して花粉が飛ぶ前から薬を使う
・まず空気清浄機と加湿器をセットします。それから甜茶を飲みます。鼻洗浄スプレー
・ヨーグルトを食べると免疫が出来るらしい
・花粉情報をTVなどで調べて洗濯物を外で干すことはやめる
・外に出ない 花粉の飛ぶ場所には行かない

 どうぞお大事に



著者: 三宅 健
タイトル: アレルギーなんかこわくない!―花粉症、アトピー、ぜんそくの治し方




著者: 川端 一永, 日本アロマセラピー学会
タイトル: 医師がすすめるアロマセラピー―花粉症、ぜんそく、肥満、自律神経失調症、皮膚病、月経痛に効く



著者: 千葉 晴夫
タイトル: 元気は環境が細菌がつくっている―花粉症、アトピー、ぜんそく、ガン、腎石、電磁波対策ほか



著者: 斎藤 洋三
タイトル: これだけは知っておきたい花粉症―早めの対策と治療法



著者: 鈴木 五男, 北中 進
タイトル: シジュウムでできる花粉症対策



著者: 順天堂大学医学部
タイトル: 花粉症―対策と治療法

 続報
国産ロケット「H-IIA」7号機の打ち上げに成功の
ニュースがありました。
打ち上げ時刻は当初予定より1時間ほど遅れ、午後6時25分



祝 おめでとう。






著者: 松浦 晋也
タイトル: 国産ロケットはなぜ墜ちるのか



著者: 松浦 晋也
タイトル: H‐2ロケット上昇―国産大型ロケット開発12年の軌跡



著者: 五代 富文
タイトル: 国産ロケットH‐2宇宙への挑戦―最先端技術にかけた男たちの夢
 前回の失敗から1年3ヶ月ぶりで今日の午後5時過ぎに種子島宇宙センターから打ち上げられる予定とのニュースを聞きました。
今回は、成功するのでしょうか。無事を願っていますよ。

燃料の液体水素や液体酸素を充てんするのに3時間もかかるんだって。それだけ一気に燃やしてしまうロケットてすごいね。


ちょっと調べてみました。
・H-IIAロケットは日本が開発した純国産ロケットであり、全長53mの機体は日本の先端技術の結晶であるらしい。
世界的の人工衛星打上げ用ロケットとしては、インドのSLV-3、日本のH-IIA、アメリカのデルタ、中国の長征、ESAのアリアンなどの他、宇宙船用では、旧ソ連のA-Iがウォストーク宇宙船を、A-IIがソユーズ宇宙船を、D-I がサリュート宇宙ステーションを、アメリカではサターンがアポロ宇宙船を打ち上げ、また、インテルサットなどを打ち上げたタイタンや、スペースシャトルがある。


打ち上げ場所は、種子島宇宙センター(TNSC)
種子島の東南端に位置し、総面積が約860万平方メートルにも及ぶ日本最大のロケット打ち上げ射場 ここは、世界で最も美しい打ち上げ射場と言われているそうな。一度行ってみたいです。


・ロケットが飛ぶ仕組みは・・
「 いっぱいにふくらませたゴム風船は、手をはなすと空気を吹き出しながら飛んでいきます。このとき風船を動かしているのは、空気を吹き出した反動による力で、これを「推力」(すいりょく)といいます。推力は、空気が吹き出される向きとは反対の方向にはたらきます。ロケットが飛ぶ原理もこれと同じで、ロケットはエンジンの中で高圧の燃焼ガスを大量につくり、それを後ろに高速で噴射(ふんしゃ)することによって、前に進む力を得ている」とのこと。(宇宙情報センター)

・打ち上げ速度は。。
秒速11.2キロメートルであります。地上の乗り物で勝てる物はないですね。





著者: 日本モデルロケット協会
タイトル: 飛ばせ!手作りロケット―Flying Model Rocket



著者: 久下 洋一, 日本モデルロケット協会
タイトル: アマチュア・ロケッティアのための手作りロケット完全マニュアル



著者: 宇宙と天文編集部
タイトル: 特集・世界のロケット最前線

 三寒四温とは、三日寒い日が続くと必ず四日は暖かいというように寒い日と暖かい日が交互に訪れることを示す言葉です

 昨日、みぞれ交じりの湿った雪が、東京にも降り続きました。結構積もりましたが、気温も暖かいせいかかなりの雪が溶けてしまいました。

 暑さ寒さも彼岸まで

春はもうそこまでやってきていますね。




著者: 五味 太郎
タイトル: ことわざ絵本



著者: 金田一 春彦
タイトル: イラストことわざ辞典



著者: 秋本 弘介
タイトル: 新版 英語のことわざ

 鉄人28号も6まで見終えました。
これまでも紹介したとおり鉄人28号は、脇役であり人間ドラマ仕立てになっています。どちらかというと昔見ていたおじさん向けに作られています。
妻曰く、「毎回、切ない話ね。」続けて「今、こんな切ない内容はあまり無い時代ね。」なるほど、「そうかもしれん。」ちょっと暗めかな。
 今回びっくりしたことは、なんとチェリシュの「なのにあなたは京都へ行くの」が挿入歌として使用されていたことです。懐かしさがこみ上げてしまいました。時代的には鉄人28号が放映されていた時期とはずれてはいますが。どちらにせよ、懐かしいねぇ。
 もう1つ、毎回鉄人は弱い、必ず腕をもぎ取られる。何せ今回は、人工知能搭載のロボットが相手でした。これでは、ただの大きいだけのロボットにすぎないね。まあ脇役ですから。これで善いのかも。






タイトル: 鉄人28号(6)

 ブログは、とても書きやすくその容易さが、また魅力だ。あれも書きたいこれも書きたいと、思いはつきないのだが、やはり、いざ書こうとすると、記憶が曖昧だったり、言葉が思い浮かばなかったりと迷ったり困ったりすることが多々ある。まあ、それがまた楽しいのかもしれない。

 ブログに限らず、パソコンに向かう時間が多くにると
1.家族との会話が確実に減ってしまう。
 これは、絶対解消せねばと思う。
2.次に目が疲れ、それが体の疲れに知らず知らず陥っていくことだ。
3.いろいろなことを調べたり、学ぶことが多い反面、他のすべき行動がおろそかになっていくこと。


 そんな、思いもある。自制しながら、のんびりと行きたいと思うこの頃である。




著者: 森 昭雄
タイトル: ゲーム脳の恐怖



著者: 森 昭雄
タイトル: ITに殺される子どもたち 蔓延するゲーム脳