1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /
2005-07-31 10:36:12

やっちゃったぁ・・・

テーマ:ペット

camel



キャメルは家の中で一番の早起きで、起きるとすぐにリビングへ行って、トイレで用を足したりお水を飲んだり部屋という部屋をパトロールしたりする。


ひとしきり仕事を終えるとつまらなくなってワタシたちを起こしに来る。


が、それでも起きないとイラついてリビングで何かしらイタズラをしていることがある。


ようやくワタシが朝起きて寝室から出てくる時、イタズラをしているかしていないかはキャメルの態度ですぐに分かる。


いつもだとちょこまかくっついて歩くのに、イタズラをしている時はワタシが寝室から出ても、モジモジと寝室の中から様子を伺っているからだ。


上目遣いでワタシの反応をうかがっている。


ワンコを叱る時は、そのできごとのすぐ後、少なくとも5分以内に叱ることが鉄則だという。


そうしないと、例え目の前にティッシュがメタメタに散らかっていようと、トイレじゃないところにおしっこがしてあろうと、時間が経ってしまった後では何のことを叱られているのか理解できないからだ。


しかし、キャメルのそのモジモジ加減を見ていると、10分以上前にはやっていたであろうそのイタズラを後悔しているようにしか見えない。


そうでなければ何をモジモジする理由があるだろう?


そんな様を見ていると、どうしてもワンコの感情を人間の感情に当てはめてしまいそうになる。


でも、ワンコには罪悪感なんてものは一切存在しないんだって。


それがあるように見えるのは「飼い主に怒られるのが怖い」という気持ちのせい。


専門家にそう言い切られても、やっぱり飼い主としては、ワンコに複雑な感情があるように感じてしまうんだなぁ。



camel








AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2005-07-30 16:25:32

ノビィ、四谷三丁目へ<本編>

テーマ:食い物

と言う訳で、本編に入る。



050729_1320~0002.jpg


四谷三丁目駅から徒歩5分ほどの場所にある『カルミネ・エドキャノ』は日本家屋の一軒家を改装してあるお店で、初めて入った時は、


「え?ど、土足でいいのぉ~?!」


と激しく戸惑ってしまう。


しかし、その和洋折衷な雰囲気に、すぐにうっとり。


1階席と2階席があるが、通常2階席の一番広い部屋に通される。


店は全体的にレトロな照明や小道具で演出されているが、しつこい程ではなく、ほどよく調和されている。



そして大本命のお料理だが、なんと今までの例に漏れず、運ばれてきたとたんにかぶりついてしまい、写真は食べかけばかり・・・。


一口二口食べてから写真を撮り忘れたことに気づくアホさ加減で、デザートに至っては食べるのに夢中で完全に撮り忘れた。


しかもメニューをメモっておくのを忘れて、ほとんど曖昧。


リポートになっていない。


バカですわ・・・・。


しかしめげずにご紹介。



本日は1,575円(恐らく)のパスタ・メインディッシュ・デザート&コーヒーのミニコースを頂いた。


他には2,100円(前菜・パスタ・メインディッシュ・デザート&コーヒー)のランチコースと、1,050円のワンプレートランチがある。


ワンプレートでも十分に満足できる内容なので、気軽に食べに行ける。





まず。


パスタは「茄子と白身魚のラザニア」。


lunch


これが、ふわっふわでうまいことうまいこと!!!


茄子と白身魚はあまり主張し合わずに下の方で折り重なっていて、その上にはポテッとしたホワイトソース(他に名前があるんだろうか・・・?)がたっぷり!


それを上下ラザニアがはさんでいる状態。


口に入れた瞬間クリームが口中に広がり、何とも言えず幸せ顔になってしまう。


添えられた深みのあるトマトソースがまたまたピッタリで、あっという間に完食。


だって、口に入れた瞬間に溶けちゃうんだもん!!




メインディッシュは「旬の白身魚のナントカ赤ピーマンソース」。


「ナントカ」の部分はご勘弁・・・。


頼んだ後に気づいた「ダブル白身魚」。


何故気づかなかったんだろー?ま、白身魚好きだからいいんだけど。


lunch


赤ピーマンソースってどんなだろう?って思ったけど、食べてなるほど赤ピーマン!


本来の甘みを生かしてあり、これが白身魚にとても合う。


白身魚も肉厚で美味しかったよー。


これもあっという間に完食。





そしてデザートは「レモンのナントカ」。


・・・・・・・・。


しかも写真もナシ。


・・・・・・・・。


ご、ご勘弁をぉぉ~!!!


ご説明だけしておきますと、ババロアとアイスの中間のようなお菓子。


細かく刻んだレモンピール(?)も入っていて、甘さと酸っぱさのハーモニーだった。


苦いエスプレッソと一緒で丁度いい感じだったかな?




たまにカルミネさんご本人もいらしてオーダーをとってくださったりするので、そんなサプライズもうれしい。


夜は分からないけど、昼は予約しなくてもダイジョウブ。


ただし、テレビで紹介されたすぐ後だったりすると混む場合もあるから、不安だったら電話で確認してみるといいかな?





今日はりかっぷ先生とのランチだったんだけど、しばらくしてヒロシ の記事で既出のM本さんがお店に現れたので合流した。


とっても楽しいランチだったわ。








AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2005-07-29 17:44:26

ノビィ、四谷三丁目へ。

テーマ:食い物
050729_1320~0002.jpg
今日は友人りかっぷ先生と四谷三丁目にてランチ。

一軒家を改装したイタリアンレストラン、『カルミネ・エドキャノ』へ行った。
テレビでお馴染みカルミネさんの店だ。
何度となく通ってるが変わらず美味しい!

ケータイからなので写真が一枚しかアップできない。

詳細は後ほど。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005-07-28 11:42:46

美味しく食べられます

テーマ:ブログ


キャメルの白内障進行を抑える為に病院で出してもらったサプリメント。









kusuri  賞味期限・・・・。







平成18年7月までは美味しく食べられるようだ。








いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2005-07-28 10:22:35

大人の階段上ってる

テーマ:ブログ

ワタシは中年のオバサマあたりの年齢の方から、初対面で「料理もできない未熟な未婚の女の子」の扱いを受けることが多く、買い物なんかに行っても、「こういうの買ってあげたらお母さん喜ぶよー」とか「これならお嬢ちゃんでもお料理できるわよ」なーんて言われたりして、主婦数年目のプライド(あるのか?)が少なからず傷つけられる。


がしかし!


昨日、ほぼすっぴん状態で、Tシャツにハーフパンツという油断しまくりのファッションにてスーパーへ赴いた時のこと。


今日が土用の丑の日とのことで、うなぎコーナーが派手に作られていたのでふらふらと近寄った。


すると売り子のオバサマが話しかけてくる。



「こういうのお子様喜びますよ~」



「暑いからお子様にこういうの食べさせてあげないとね~」



「ね?ね?お子様に」



どういうことだ?ワタシに対して完全に子持ちモードで話しかけてくる。


あまりの子持ち攻撃に閉口し、「子供いないです」とつぶやいた。


「え?あらー?!あらやだごめんなさいね。じゃあ旦那様に!」


オバサマはホントに意外そうに驚いて、すぐに旦那様モードへシフトした。


実際に歳とってるから、歳相応に見られることは全く構わないが、完全に「子持ち」扱いされるというのは、オバサンの目にはどう見えていたんだろう?


子育てや生活に疲れてるように見えたってこと?


わぁぁ。なんかショックだわぁ。


ご近所とは言え、気を抜いていると一気にあっちの世界へ行ってまうどー。







いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。