知っとうや2

2900年続いた人類中心文明は、もうすぐ本来の神代に戻ります。
十界、六道輪廻等宇宙の法則を知らずして未来は語れません。
歴史の真実を知り、波動変化についていきましょう!


テーマ:

明けましておめでとうございます。本年もご拝読よろしくお願いします。

 

大転換の年、2020年まであと3年となりました。この3年間は、霊的には大変重要な期間になります。時間が経過する程、身魂が磨かれつつある人は世の中の変化を感じられていくでしょう。この3年間は、霊性(波動)が高い人と低い人の2通りに、だんだん明確になっていくと思われます。天佑を感じている方は、是非波動を上げる努力をしてください。

 

さて、今回は河川の浄化システムについて、最近分かったことをご紹介します。

 

そもそも、私が日本に魂の浄化システムが存在することを知ったのは5年前、祓戸大神を知ってからです。

<祓戸大神>

 

琵琶湖に集められた世界中の寿命を全うした魂は、生前の垢を落とすため琵琶湖最南端の瀬田川を流れて行きながら少しずつ浄化されていきます。瀬田川が淀川となって大阪湾に運ばれ、そこから海流に乗って淡路島から鳴門にたどり着き、鳴門の渦潮から地下水道に流れ込むと考えました。

 

そして中央構造線下の水道を通って九州山地まで辿りつき、そこから筑後川上流を下流へと下って行き、有明海に出るのです。有明海は広大な遠浅の海、そこで濃い塩分を含んだ海水によって最終浄化された後、霊界へ戻っていくという仮説を立てたのです。

 

琵琶湖-淀川-大阪湾-鳴門渦潮-筑後川-有明海のルートが、魂の浄化システムだと考えたのです。

 

ところが、その後、四国に行くとになり、そこで見た吉野川も、魂の浄化システムを行っていることが判明しました。3年前のことです。

<四国の秘密その1> <四国の秘密その2>

 

吉野川にも魂の浄化の役割があるのであれば、淀川や筑後川と何が異なるのかが問題となりました。そこで、私なりに考えて出した結論が、琵琶湖に集まる魂は、主として動物や植物で、四国に集められ吉野川で浄化される魂が人間の魂である、と結論に至ったのです。

 

しかしながら、その後、リアス式海岸の三陸海岸に行き、そこでも魂の浄化を行っていることが分かってきました。

<三陸海岸の役割>

 

さらに、広島と長崎は、男神と女神の魂を浄化する場所であることが判明したのです。

<広島と長崎の謎>

 

他にも全国の主要河川を中心に、魂の浄化の役割があることが分かってきたのです。

<水ラインの秘密>

<長良川河口堰の狙い>

<利根川本来の流れ>

<四国の秘密その5>

<神田川の真実>

 

このように、淀川、筑後川、吉野川以外の主要な川にも、魂の浄化の仕組みがあることが分かってきたのです。

 

そして、昨年の秋頃になって、日本の川の役割の全貌が見えだしました。

 

結論を先にいいますと、日本全国の川には、その長短、大小を問わず、全てに魂の浄化作用の役割が与えられているのです。

 

日本の川は、地表面を流れる霊的水道の一部なのです。

<水道の真実>

<水道の真実その2>

 

水道には、川以外にも、海流、地下水脈、湖沼、池・湿地も含まれます。人工的な井戸も地下水脈に繋げる訳ですから水道になってしまいます。

 

従って、川、海岸、湖沼、池・湿地等を埋め立てると、水道を侵害してしまうので、霊的な報復を受け、その場所に建てた事業所、住宅等に関係する人に、憑依等の禍が生じるのです。井戸を埋めて適切な手続きを怠った場合も同様です。

 

話が飛びましたが、川の役割に戻ります。全国の川には魂の浄化の役割があるのですが、全ての川が同じ役割ではなく、川それぞれに特徴があるのです。

 

その特徴とは、浄化する魂の種類が異なるのです。

 

浄化される魂が、十界の世界のどの界に属するかで、浄化される川が異なるのです。

 

例えば、利根川、筑後川、吉野川は人間の魂を浄化しているのですが、石狩川や北上川は菩薩の魂、多摩川は縁覚・声聞の魂、大淀川や太田川、神田川は天人(神)の魂を主として浄化しているのです。

 

寿命を全うした魂は、肉体の死後、霊界に戻っ手続きを行った後、魂を浄化するため再度、現界の日本の山に送られるのですが、送られる山は各界毎に異なっているようなのです。

 

菩薩界だと大雪山や岩手山、縁覚・声聞だと高尾山、天人だと霧島山や冠山、人間だと浅間山や九重山、石鎚山、剣山などです。これは悪まで一例です。

 

それら各山に送られた浄化前の魂は、各山の山頂からその山を源流とする川を辿って下流に向かって流れていき、その過程で浄化されていくのです。

 

従って、山、川によって浄化される魂の種類が異なることになります。

 

また、同じ人間の魂であっても男女の場合は、少し異なります。利根川を例にとって説明すると、大水上山を源流とする利根川本流が人間の男性の魂を浄化しています。一方、浅間山を源流とする利根川支流の吾妻川が人間の女性の魂を浄化しているのです。

 

同様に、石鎚山山系を源流とする吉野川本流が人間の男性の魂を浄化剣山山系を源流とする吉野川支流貞光川が女性の魂を浄化しているのです。

 

このように、大きな川の場合は、本流、支流で男女魂がそれぞれ浄化され、中下流域で本流と支流が合流し、それ以降は男女の魂も混ざって浄化されていくようになっています。

 

人間の魂だけでなく、菩薩や天人などの魂も同様です。

 

とにかく、全国の川は全てに浄化機能があり、川それぞれに浄化する魂に特徴があるのです。

 

現代では、川は洪水対策として流れを変えられたりダムを造られたりして侵害されています。また、都市化によって暗渠になったり、埋立てられたりしています。これらは、魂の浄化能力を落とし、神国日本の波動を下げる熊襲の狙いでもあったのです。それが現代社会の矛盾に繋がっています。

 

世の中を根本的に変えるには、魂の浄化システムを元に戻すことが必須なのです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

AD
 |  リブログ(0)

calseedさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

同じテーマ 「浄化システム」 の記事

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。