知っとうや2

2900年続いた人類中心文明は、もうすぐ本来の神代に戻ります。
十界、六道輪廻等宇宙の法則を知らずして未来は語れません。
歴史の真実を知り、波動変化についていきましょう!


テーマ:

何度も書いてきましたが、現在のような人間中心の文明になったのは約2900年前。それ以前は、人間の上に神通力が使える神々が存在し、地球を統治していたのです。

 

しかし、熊襲が憑依を中心にした欲望をくすぐる戦術を使ったことで、多くの神々が堕落していったようです。

 

その結果、天空を支配していた神々は堕天使となってしまったのですが、天を追い出された神々が地上に集まったことで、地上の状況はさらに悪化し、元々地上を治める神々(国津神)とともに、熊襲の思う壺に陥ってしまい、地球だけでなく太陽系全体が荒廃して行ったようです。

 

最終的には佛の天罰によって、地球は、全生物が絶滅するような大艱難が生じ、一旦歴史がリセットされます。地球の歴史は、少なくとも数百億年に渡って、この繰り返しのようなのです。

 

その中でも最大のリセットが、日本神話に書かれている伊弉諾尊、伊邪那美尊が登場して国産みする前に起きています天地開闢の以前ですね。

 

天地開闢前は、天と地の区別もなかった、と記紀には書かれています。とても信じられないですね。これが300億年くらい前の話のようです。

 

天地開闢ほどではありませんが、直近、地球の歴史がリセットされたのが約3400年前で、その500年後の約2900年前に、地上から肉体を持った神は一掃され、人間を生態系の頂点とする文明が始まったのです。

<空白の500年>

 

しかし、人間中心文明となっても熊襲の魂は自然発生のように湧き出てきて、悪行が繰り返され、多くの人間がその餌食となって堕落してしまい、現在に繋がっています。

 

今回は、現在に至るきっかけとなった堕落した神々について、最近分かったことをご紹介します。

 

世界中の神話には、いろいろな神々が出てきますし、宗教によって神の扱いも異なります。仏教では佛や菩薩という概念が出て来て、神々とどこが違うのか混乱してしまいます。全体をまとめた文献が存在していないからこうなるのですが、熊襲が人類を混乱させる目的で、まとめさせなかったのです。

 

実際には世界中の神話、神道における神々、キリスト教における唯一の神や天使、仏教における菩薩や天界の存在は、全て繋がっているのです。

 

仏教に、八部衆という仏法を守護する役目の神々(護法善神)が登場します。仏教なのに神が登場しているのですよ。

<WIKI:八部衆>

 

八部衆とは、(てん)、(りゅう)、夜叉(やしゃ)、乾闥婆(けんだつば)、阿修羅(あしゅら)、迦楼羅(かるら)、緊那羅(きんなら)、摩睺羅伽(まこらが)の八種族の神です。

 

天というのは、梵天や帝釈天を初めとする、地上の少し上の世界に存在する天部の神々のことです。一般的に神とか天人とかいう場合は、この八部衆の天を指します(私がブログ中で「天」と呼んでいる存在はもっと上の佛の存在です)。

 

龍は、その名の通り龍族のこと。肉体は龍に変化することが可能だったのでしょう。八大龍王が典型的です。

 

夜叉は、です。鬼は、現代では悪い存在として捉えられますが、元々は良い鬼だったのです。

 

乾闥婆は、上半身が人の体、下半身が馬である半身半獣の神。ギリシャ神話のケンタウロスのことです。

 

阿修羅は、何度もブログで言及してきました。元々は良い神々です。

<修羅界の真実>

 

迦楼羅は鳥の姿をした神。インド神話のガルダです。

 

緊那羅は、音楽神で上半身が人、下半身が鳥の半身半獣の神です。

 

摩睺羅伽は、上半身が大蛇、下半身が人の半身半獣の神です。

 

これら八部衆は、地球の統括者、天帝である帝釈天の眷属として、地球を守る神々だったのです。

 

しかしながら、この八部衆に属する多くの神々が、熊襲の欲望をくすぐる戦術によって、本来の護法善神という立場をだんだん取り違えて行き、悪行を行うようになり、地上に堕天していったのです。

 

そして、地上でも悪さを繰返し行っていったのです。これら多くの神々が、私が熊襲と呼ぶ悪い魂の存在になってしまい、その魂が何度も転生を繰り返し、現代にも人間として存在しています。

 

法華経には、この八部衆が悪に堕ちていく様子が書かれており、阿修羅に至っては「阿修羅さかんなり」と最初から悪者扱いにされています。私が、当初、阿修羅を悪の存在と思い込んでいたのは、法華経を読んでいたからです。

 

しかし、前述したように阿修羅だけでなく、全ての八部衆が元々は、良い神だったのです。

 

ところが、神々でさえ欲望に負けるのです。神々が欲望に負けて地球及び太陽系は荒廃し、最後はリセットという佛の怒りを買ったのです。

 

ただし、佛も手をこまねいて荒廃した地上を見ているだけではなかったようです。これら堕天した神々を更正させるために、それまではなかった修羅界(修羅界が出来る前は五道輪廻だった)を創ったのです。

 

人間界より下に修羅界を開設し、そこで堕天した八部衆を好きなだけ戦闘させて反省させる仕組みにしたのです。

 

その修羅界を最初に卒業して、人間や正当な神になったのが阿修羅の存在だったのです。阿は「最初」という意味があります。

 

ちなみに、悪に堕ちた天や龍や乾闥婆、緊那羅の4種族は、その後更正し修羅界を卒業していったが出来る前に更正して人間界以上に転生したようです。

 

しかしながら、最後まで卒業できなかった存在がいたのです。それが、夜叉迦楼羅摩睺羅伽の3種族です。

 

結局、これら3種族は、熊襲の手先となって修羅界さえ乗っ取ってしまい、地上をどんどん荒廃させていったのです。宇宙の法則である六道輪廻を外れ、自ら邪神界を勝手に作ってしまい、勢力拡大のため六道輪廻している霊魂をどんどん外して仲間に入れ拡大しているのです。

 

これら全体を私は熊襲と呼んでいます。この3種族の魂は、人間中心文明となった現在でも、人間として転生しています。現代では、人類に占めるその割合は、全世界で7割近くに及んでいるようなのです。日本でも半分近くがそうなのではないでしょうか。恐ろしいことです。

 

ここ数年活発な活動をしているISや、裏社会を仕切っている存在などがその典型ですが、それ以外でもお皆さんの周りにはたくさん潜んでいます。性格が豹変しやすい人、金の亡者、凶悪犯罪を起こす人、新興宗教を取り仕切っている人、とても尊敬できない政治家等です。

 

その元は、遠い昔に起きた八部衆の堕天にあったのです。

 

ただし、このような状況はもうすぐ解決するはずです。それは末法の時代が終焉した後に見えて来ます。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

 

AD

calseedさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。