キラキラ星のブログ(【月夜のぴよこ】)

【月夜のぴよこ】自衛隊守る会代表 http://yakamochi.org/
「ペンネーム梨恵華」で日刊SPA!に隔週土曜連載中。&書道家 記事のご依頼よろしく。拡散・シェアはご自由に。
https://www.facebook.com/rieka.ogasawara


テーマ:

今国会で話し合われる内容の重要なポイント

 

○消費税2年後まで先送りをしたのだが、そうなると今度は社会福祉目的で入ってくるはずの資金15兆円ほどがはいってこなくなる。それをどうやって補てんするのんというのも大きな問題。

○今回の大きなテーマは4つのT対応
トランプ
東芝
東電
タカタ

 

この4つの経済に甚大な影響のある問題をどうするかが大きなポイント

 

----
○トランプ大統領対応はみなさんいろいろ議論しているとおりTPPも安全保障も含めて今一番ホットな話題だけど、まだトランプ大統領の真意がみえてこず、アメリカのメディアも偏向しているのでメディアからの情報も信頼できない状況。大統領自身が行政経験がないため、今情勢を理解し、外交も国内も把握している段階なはず。もうしばらく様子をみないとわからない。これからだよね。

 

 

○東芝、タカタは巨大企業なので、日本経済に多大な影響がでるため落としどころを模索中

。これから対処しなければならない経済問題。



○そして、重大なのが東電問題



いい気になって反原発が東電つぶれろとたたきまくったよね。

 

イラッとなったらともかく攻撃という単純脳の人たちのせい。


原発も全ていったん停止してしまい、電力会社に利益が出ない構造にしてしいまった。


-------
【ここ大事】
電力会社が安全に運用されるため
電力会社が原発事故賠償を払い続けるため


電力会社は儲からないといけない。
------------

電力会社の安全性を高めるためには多くの技術者や安全保守の担当を雇い入れ運用する必要があるが、儲からない企業ではそんなことは無理。安全性をそこなう電力会社の利益縮小をなぜ、単純脳の人たちは望んだんだの?バカなの?って当時から呆れてみてました。


それが今大きな問題に。

 

東日本大震災の賠償責任を東電に負わせるためには東電は毎年賠償費用7000億円ほどが払える黒字がないとダメ。

 

 

だから原発をとめてしまい利益が縮小された東電にはそんな支払い能力はない。いい気になって東電憎し、東電が困ればうれしいと騒いだ結果、東電が賠償金払えなければ、私たちの税金しか原資がない。東電の首を絞めているつもりで、自分の財布から賠償金をはらうことになったら自分の首をしめているのとかわらない。

 

東電が憎い人も東電が賠償を払えるように東電が倒産したり利益が出なくしたらダメってことにそろそろ気づくべき。

 

 

まとめている人がいるのでこちらも参考にどうぞ。
https://matome.naver.jp/odai/2146526987408361201

 


愚かな人にはお花畑しか見えないという図↑ これですねこれ。

----------

東京の人たちは東電が消え、電力が安定供給できなくなって、暗闇になっても平気なのかしらね。イラッと来たらすぐにこぶしを振り上げる人に拍手した人達はそんなことを想像することないのかしら?物事の本質をみることなく、単純に感情に任せて行動するのはやめたほうがいいですよね。そういう話が今国会でも問題になってくるようです。

---

 

○あと天皇陛下の生前譲位の問題。

これも色々な角度から議論しなければならないだけでなく、陛下のご意向を考えると早く対処しなければならない重要な問題。

 

この国会でいつもどおり、安倍総理を叩くだけの難癖つけるだけがお仕事の野党の人たちが国有地払い下げについてたたいているようだけど、東京の多くの企業や学校政党の事務所もふくめて国有地払い下げで安く土地を買って運用しているところは多いはず。

だから東京はたくさんの主要な企業や政治の中枢がそこにある。

全部ひっくり返してみれば、4大新聞やマスコミ各社も国有地を得ていた事実などがでてくるのだし、意味不明な難癖はやめて本当に議論の必要なこれらの問題についてきちんと議論してほしいものです。

---

野党の愚かさは十分わかったから、そんなことはいいから、ちゃんと国会は重大問題について議論してほしいものです。

 

 

 


ニュース ブログランキングへ ぽちっとよろしくね!!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(10)

月夜のぴよこ 梨恵華さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。