キラキラ星のブログ(【月夜のぴよこ】)

【月夜のぴよこ】自衛隊守る会代表 http://yakamochi.org/
元やまと新聞WEB記者、&書道家 記事のご依頼よろしくね。拡散・シェアはご自由に。


テーマ:

ひとりごと(戯言)と思って聞いてね

-----------------------

なぜ英国がEUを離脱したかが民主党元外務大臣岡田氏(当時)のせいになる件
(現民進党 党「岡田克也」氏)



なぜ英国がEUを離脱したかといえば、移民が押しかけてきたことの反動
            
            ↓

欧州に中東の移民が流入したのは、中東各国の不安定化による情勢悪化が原因

            ↓

中東悪化はアラビア海におけるテロ対策活動でパキスタンが撤退してしまった事でイスラム教の国々がなぜキリスト教圏国の味方をするのか?という世論に負けた結果


            ↓

なぜパキスタンが撤退したかといえば、自衛隊による給油活動が終わってしまったため、パキスタンが長期の外洋活動が出来なくなった事が原因

            ↓

なぜ自衛隊は撤退したのかといえば、不勉強でその意味を理解しないまま選挙公約だからという理由で実行した岡田元外務大臣の責任


            ↓

民主党岡田元外相が馬鹿だったからイギリスはEUを離脱して、世界は恐慌に陥った…と言おうと思えば言えるわけだ。


---------------------------




だからお花畑にいる人たちって・・・


今回のイギリス発の恐慌の可能性だって全くきづいてなかったわけだし。


ただ、いつもどおり反自民、反政府のメディアはイギリスのせいでおこった大恐慌なのに、平然と「アベノミクス」のせいだーとかいうんだろうとおもうので、


これは現民進党 岡田党首のせいだと反論しておくね。


拡散は自由でございます。ただ、まあ戯れ言ですが・・・





ニュース ブログランキングへ ぽ
ちっとよろしくね!!

日本共産党研究――絶対に誤りを認めない政党/産経新聞出版

¥1,404
Amazon.co.jp

カエルの楽園/新潮社

¥1,404
Amazon.co.jp

秘密結社 チャイニーズ・フリーメーソン ~裏と表で世界を動かす組織・洪門/宝島社

¥1,296
Amazon.co.jp
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:
英国がEU離脱へ、スコットランド首相は独立を示唆
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160624-00000032-jij_afp-int



そりゃそうだろうな。


そしてこの状況をつくりあげたキャメロン首相逃げる。


<英国>キャメロン首相が辞意表明…EU離脱派勝利で
http://news.yahoo.co.jp/pickup/6205361






今回なんで、離脱派がかっちゃったかということを最も簡単に説明していたのが、この人
イギリス在住のめいろまさん。


とてもわかりやすかった。

「イギリス国民が世界恐慌を起こしてでもEU離脱を希望した理由」 イギリス在住のめいろま氏が語る分かりやすい解説 @netgeek_0915さんから http://netgeek.biz/archives/76287


----------

大衆がとっても賢い人ばっかでEUの中でイギリスはシェンゲン協定(ヨーロッパの国家間において国境検査なしで国境を越えることを許可する)にはいってないので、国境での検査は可能。

EU離脱しなくても人の移動についてはフタをできないわけではないんだけど、そんなこと知ってるわけないよね。大衆ってちょっと気に入らなかったら、すべてひっくり返すちゃぶ台返しを選択する。


日本もついこの間、リーマンショックという経済危機に民主党政府を選択して、さらに経済回復を遅らせ、農業では口蹄疫、東日本大震災の混乱をながびかせ、原発事故をひきおこし、周辺国との安全保障情勢を悪化させた。

大衆ってそのとき最もやってはいけない。大ばくちを危機の時に選択する。

普通の時でも危険な大ばくちを、最悪の段階でうつのでそれこそ国家存続の危機になってしまう。今回のイギリスの選択もそう。

---------------





わが安倍総理がこの状況を予想していたということが伊勢志摩サミットの宣言の文章にみつかってます。消費税延期はこれをみこしてのことだけど、それでも、大きな経済的な危機ですから、これからの舵取りが大変です。

G7伊勢志摩首脳宣言
http://www.mofa.go.jp/mofaj/files/000160267.pdf



---------------


さて、ここで問題です。

民進党などの野党のみなさんなどの過去の発言をよんでください。

この中で1人だけ正しいことを言っているひとがいます。






間違いなく1人だけ正しい発言をしている人がいるのでそれを見つけれたら

(・∀・)エライ!!とほめてあげます。

みつけてね。



ニュース ブログランキングへ ぽ
ちっとよろしくね!!

日本共産党研究――絶対に誤りを認めない政党/産経新聞出版

¥1,404
Amazon.co.jp

カエルの楽園/新潮社

¥1,404
Amazon.co.jp

EU崩壊 (新潮新書)/新潮社

¥734
Amazon.co.jp

ふしぎなイギリス (講談社現代新書)/講談社

¥972
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
あああああああああああああああああああああああああ

離脱してしまいました。

これはリーマンショック以上の大恐慌きますわな。


参議院選途中の自民党には逆風。野党に神風。

WW3の可能性がさらに1段階あがり、世界の安全保障情勢はさらに緊迫化。

中国、ドイツ銀行にすぐに爆発しそうな次元爆弾。







日経平均一時1万5千円割れ





世界中で今日一日だけでも、この上海おじさんのような人があちこちでてるはず。






日経平均先物、一時1160円安 英国民投票で離脱派優勢と伝わり

http://www.nikkei.com/article/DGXLASFL24HHD_U6A620C1000000/





午前中からこんな状況

円相場 一時1ドル=99円台に急騰 英国民投票受け
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160624/k10010569801000.html



朝、このイギリスの国民投票についてまとめた記事を2本書いているのでそれも併せてどうぞ。


これが一番背景をまとめているよ。↓

EU残留・離脱を決めるイギリス国民投票開票作業中。

http://ameblo.jp/calorstars/entry-12173827405.html


経済的ダメージなのにイギリスでEU離脱派も強い理由が一発でわかる図
http://ameblo.jp/calorstars/entry-12173844974.html


どうなるんだろう。


怖いよー。。・゚・(ノД‘)・゚・。ウエエェェン


ニュース ブログランキングへ ぽ
ちっとよろしくね!!


カエルの楽園/新潮社

¥1,404
Amazon.co.jp


EU崩壊 (新潮新書)/新潮社

¥734
Amazon.co.jp


世界経済大乱 (日経プレミアシリーズ)/日本経済新聞出版社

¥918
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:
イギリスのEU離脱・残留を決める国民投票のライブ開票速報こっちのほうが詳しかった。

http://www.bbc.com/news/politics/eu_referendum/results

1つ前の記事でイギリスがEU離脱をしてしまった場合のトンデモない経済のダメージなどについてと、なぜ、イギリスがそれでも離脱したいのかという説明をしたんだけど・・・


EU残留・離脱を決めるイギリス国民投票開票作業中。
http://ameblo.jp/calorstars/entry-12173827405.html


離脱派というのが強くなってしまったわけは、超簡単。

この写真をみればわかるとおもう。



これがイギリスのEU残留派の皆さん。離脱反対派といってもいいかな。

     ↓↓↓↓







外国人流入問題がとんでもない状況になりつつあるので、


イギリスはシェンゲン協定(ヨーロッパの国家間において国境検査なしで国境を越えることを許可する)にはいってないので国境で止めることができるんだけど、怒ってる人たちはそんな細かい説明なんぞききやしない。



感情的に外国人問題におこっている人たちは感情のみで行動する。


移民が増えるのはゆるせん。EU離脱しろ!!


これです。



そういう人達は説明も聞かない。


仮にどんな状況か説明するために想像して

「 東京の人口過半数が帰化人で、皇居をなくせってデモが頻繁に行われて、街を歩いてるて日本語が聞こえる事があんまり無い…って状況で、さらに移民を押し付けられそうになったらという状況」



この状態になったときに国民はどう思うか…って感じで考えると

「移民反対!」という言葉に、感情的にぐあああああああっと動いてしまう人たちがたくさんいるって状況は想像できるでしょう。

まさに今起こっているのはそれ。





どうなるか気になりますね。日本にも下手すりゃリーマンショックのような打撃があるはずだけど、今、市場はどうなってるのかな。





ニュース ブログランキングへ ぽ
ちっとよろしくね!!

日本共産党研究――絶対に誤りを認めない政党/産経新聞出版

¥1,404
Amazon.co.jp

カエルの楽園/新潮社

¥1,404
Amazon.co.jp

秘密結社 チャイニーズ・フリーメーソン ~裏と表で世界を動かす組織・洪門/宝島社

¥1,296
Amazon.co.jp


日本の安全保障と日米関係についての講演をきいてきた 1

http://ameblo.jp/calorstars/entry-12167213343.html

日本の安全保障と日米関係についての講演をきいてきた 2

http://ameblo.jp/calorstars/entry-12167214253.html

日本の安全保障と日米関係についての講演をきいてきた 3
http://ameblo.jp/calorstars/entry-12167215407.html

日本の安全保障と日米関係についての講演をきいてきた 4
http://ameblo.jp/calorstars/entry-12167215929.html

日本の安全保障と日米関係についての講演をきいてきた 5
http://ameblo.jp/calorstars/entry-12167217028.html
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


イギリスのEU離脱問題はブレキジット(Brexit)と呼ばれている。これはBritain(英国)とExit(退出する)を組み合わせた造語。



投票が終わったのが日本時間で朝の6時、今(2016.06.24 朝8時時点)、開票中。

情勢が見えてくるのもっと後。


正式な出口調査は行われてないけど、株・為替のディーラーがそれぞれ独自に調査はしてるらしい。

その辺りのレポートで相場がどう動くか…って辺りかな。日本時間で昼ぐらいに第1報か2報かぐらいだと思う。




リアルタイム開票状況 BBCがやってるのはこちら
First results in UK's historic referendum on EU membership
http://www.bbc.com/news/politics/eu_referendum/results







一応、簡単にまとめると

【コレまでの経緯】

○イギリスはもともと海でへだたれているのでEU(大陸)との心理的な隔たりは大きい

○イギリスはシェンゲン協定(ヨーロッパの国家間において国境検査なしで国境を越えることを許可する)にはいってないので、国境での検査は可能だが、移民が大量に流入している問題は深刻化しているので、この点もEU離脱したい側の理由となる。

○イギリスは、先進国の中でも、産業や労働規制の少ない国であるが、EUに加盟していると、EU内で決められたルールは域内に適用しなければならず、イギリスだけ例外扱いはできない。


○イギリスの独自の金融政策によって、欧州大陸よりいい経済パフォーマンス得ていたので、法規制も独自のものにこだわる。EUの中にいるとそれも不自由となっていた。


----------------


そもそもEU離脱はイギリスが改革案をEUに飲ませるために、離脱案を使ってきたとされている。改革案をEUは合意した。


今ここ

で、国民投票。たぶん残留派が勝つんじゃないかとおもわれていたが、このところ離脱派もふえ両者は拮抗してきたのでちょっと心配。


----------------

【イギリス国民投票でEU離脱がきまると心配という理由】


離脱になった場合どうなるか。


○イギリスは貿易自由化や資本取引自由化の恩恵を受けられなくなる。

○スコットランドで英国からの独立を求める声、EU加盟を求める声を誘発する。

○ポンド安、通貨不安になる。

○欧州大陸への輸出に関税などのコストがイギリスに発生する可能性がある。

○英国のシティでは、金融機関はEU単一パスポート(免許)が有効でなくなり、欧州大陸で新たにEU単一パスポートが必要となり、シティの金融機能の一部が欧州大陸に移るかも知れない。


○金融業界をはじめとして産業競争力がなくなり雇用が激減、英国経済は壊滅的になる。離脱の場合、経済成長の落ち込みに対応する失業率は1.3~2.2%も増加すると、イギリス国民に離脱した場合の経済危機を警告している。


○離脱した場合、シティにある金融部門が大きく影響を受ける。

○イギリス経済とアメリカ経済は、シンクロ度が高い。シティで起こった話はアメリカのウォール街に波及して、米英の実体経済に悪影響することもありえる。リーマンショックのような自体になりかねない。


-------
なお、イギリスがなんでこんなことしてるのか、もうちょい本音で話をすると。


>結局俺らは俺らの損得で「こうなったら良いな」で物事を言ってるけど、投票してるのは英国の投票権を持ってる連中。
イスラム系の現ロンドン市長が残留派、旧市長が離脱派。
移民の流入と選挙に無関心な層のおかげで、移民勢が強くなって市長がそうなっちゃった訳で、「このままだとEUから移民をどんどん押し付けられる…」ってのが、そもそも話の始まり。「移民が俺らの仕事を奪ってる…」ってな事を言ってる層が離脱派の中心。
離脱となればありとあらゆる事が変わる訳だけど、「そんなの関係ねぇ、おれは移民が嫌いなんだ…」っていう感情論的な部分が大きいので、市場がとか経済がとか、その手は「そうなったらこういう影響が出ますよ…」ってな脅し文句と捉えられてる面もある。
で、既得権益側は当然残留派。これまで離脱派優勢って言われてた訳だけど、例の議員の死で結構情勢が変わった。ただ、それは「残留」に票を投じるのか、「棄権」するのかで話が変わる。現地は雷雨でその分投票率は減る。棄権が増えれば当然それでも減る。その時、運動員が元からのイギリス人の離脱派と、移民が主の残留派で差は出るだろうねぇ…って感じ。イギリスの場合金持ちが札束でひっぱだく…ってのが結構まかり通る面もあるんで、「本当に拮抗してる」なら、残留は有利だろうね。「茶番」ってのはそんな感じから言える面。離脱となったら「本当は」かなりの大差だったと見るべきとも言える。

★(その頃、アメリカの議会では、銃規制で民主党議員が座り込みで議会を占拠してましたとさ…)



------------

こんな感じ。↑↑↑↑


日本の議会も近隣諸国などの現状をみずに、憲法9条まもってたら日本は安全という基地外を普通にせんそうはんたーいと言われたら反応する市民がささえて、国防予算さかないからトンデモないことになってきているんだけど、どこも愚民に大変なんだね。

どうなるか生暖かく見守ります。




ニュース ブログランキングへ ぽ
ちっとよろしくね!!

日本共産党研究――絶対に誤りを認めない政党/産経新聞出版

¥1,404
Amazon.co.jp

カエルの楽園/新潮社

¥1,404
Amazon.co.jp

秘密結社 チャイニーズ・フリーメーソン ~裏と表で世界を動かす組織・洪門/宝島社

¥1,296
Amazon.co.jp


日本の安全保障と日米関係についての講演をきいてきた 1

http://ameblo.jp/calorstars/entry-12167213343.html

日本の安全保障と日米関係についての講演をきいてきた 2

http://ameblo.jp/calorstars/entry-12167214253.html

日本の安全保障と日米関係についての講演をきいてきた 3
http://ameblo.jp/calorstars/entry-12167215407.html

日本の安全保障と日米関係についての講演をきいてきた 4
http://ameblo.jp/calorstars/entry-12167215929.html

日本の安全保障と日米関係についての講演をきいてきた 5
http://ameblo.jp/calorstars/entry-12167217028.html
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。