2013-01-29 17:02:40

カブレラストーンの謎

テーマ:リコのトワイライト・レポート

ここアップおこづかいGET!!!


1961年に、南米ペルーで大雨による洪水が起きました。
洪水は多くの土砂を運び、それは付近のオクカヘ砂漠まで押し寄せましたが、
それから数日後に洪水が収まった後、村人がそこで奇妙な石を見つけ、
近くのイカ村で医者をしていたカブレラ博士のもとへ届けました。
石には変わった模様が刻まれていましたが、博士がその意味に気付いた時、
彼は唖然として言葉を失ってしまいました。

なんと石には、恐竜の絵が刻まれていたのです。
$君のポケットに届いた手紙・神酒のブログ♪
















不思議に思ったカブレラ博士は更に周辺を調査しましたが、
同じように様々な種類の恐竜が描かれた石が見つかっていきます。
しかもそれには恐竜の絵だけでは無く、例えば人間が恐竜に餌を与えたり、
その背にまたがっているものも見つかり、
もしこれが考古学的に証明がされるのならば、世紀の大発見になります。

みなさんご存知の通り、
恐竜が存在したのは今から2億3000万年前から6500万年前程度。
人間(ホモサピエンス)が生まれたのは40万年前。
人間と恐竜が共存した時代は存在しません。

この石が誰かのイタズラと考えれば納得もできますが、
1966年に考古学者フェルナンド・ラス・カサス博士とセサル・ソティーヨ博士の分析により、
この石が彫られたのが1万2000年前程度ということが判明しました。

またこれらの石には、他にも頭部の手術を表したような絵柄や、
天体観測をイメージさせる絵柄もあり、更に謎は深まっています。

この石はカブレラ博士の名前より【カブレラストーン】と呼ばれるようになりましたが、
人と恐竜が共存することは有り得るのでしょうか?

近年は人間と恐竜の足跡が一緒に残った化石や、恐竜型の土偶も発見されています。
恐竜の生き残りと人間が一緒にいる情景がどこかにあったと考えるのは、
現実は別にして、とても夢のあることだとは思いませんか?


$君のポケットに届いた手紙・神酒のブログ♪
おもしろかったらクリックしてね♪ダウンダウン
ブログランキング・にほんブログ村へ





君のポケットに届いた手紙 (クトゥルー神話外伝)/小夜

¥1,050
Amazon.co.jp
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

小夜さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。