2012-10-13 19:58:02

ニャルラトテップ【ナイアルラホトテプ】【ナイアーラトテップ】

テーマ:クトゥルー
ニャルラトテップは一応【外なる神】に属しています。
しかしこれはあくまでも【一応】で、分類が大変難しいです。

現在外なる神のほとんどは何処かに封印されているか、あるいは冬眠期に入っていますが、
ニャルラトテップは今でも自由に動き回り、外なる神のメッセージを携えたり、
人智の及ばぬ神々の計画を遂行しています。

しかしニャルラトテップが他の神々と圧倒的に違うのは、彼は人格がはっきりしていて、
時に他の外なる神に対し軽蔑する態度を取ります。

ですが魔王アザトースと副魔王ヨグ=ソトースにだけは話が別で、彼らには忠誠を誓い、
その証として幻の書物【アザトースの書】を所有することを認められています。

ニャルラトテップは様々な姿で人間の前に姿を現すため、その本当の姿は判りません。
しかし一部では「食腕、鉤爪、手が自在に伸縮する無定形の肉の塊と、
咆哮する顔のない円錐形の頭部」「黒い翼と三つに分かれた燃え上がる目」
「有毒な黄ばんだ粘体」という表現をされることがあります。
また出現の際には2人のフルート奏者を伴っていることもあるそうで、
その知性ある姿は、カダスで出現した時のものに近いでしょうか?
≪ウィキペディアより≫

ニャルラトテップの住み家は、7つの太陽の世界の宮殿。
あるいは宇宙の彼方のシャールノスと呼ばれる場所で、
北斗七星のことを指しているのでは?とも言われているそうです。

魔導書『妖蛆の秘密』によると、ニャルラトテップは「全てを見る眼」とも呼ばれ、
魔術と科学の両方に秀でた能力を持っていて、
ごく稀に選ばれた人間に究極の魔法か機械を与えるそうですが、
その恩恵を受けた後に必ず破滅への道をたどります。
しかしその目的は人類の破滅などでは無く、ただの暇つぶしらしいです。

ニャルラトテップは人の姿で人間に接するために大変知名度が高く、
宇宙の至るところに多くのカルトが存在します。
地球で特に有名なのは『ネフレン=カ』や『星の智慧派』などで、
そこにはニャルラトテップと深く関係する祭器『輝くトラペゾヘドロン』の姿があります。
また核兵器の開発にも深く関わっていた形跡もあり、なんと言うか・・・。

とにかく特徴のありすぎる存在ですね!

$君のポケットに届いた手紙・神酒のブログ♪おもしろかったらクリックしてね♪ダウンダウン
ブログランキング・にほんブログ村へ





君のポケットに届いた手紙 (クトゥルー神話外伝)/小夜

¥1,050
Amazon.co.jp
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

小夜さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

4 ■Re:無題

>をじさんさん
実際にいたということですか?
ニャルラトッテプは呼び名が多くて、その全ての作品に目を通してはいません。
これだけ特徴があるっていうことは、それだけ魅力的な神格として多くの人に手がけられたということなのでしょうね☆

3 ■Re:無題

>鉄屑 頑張って生きていますさん
>這い寄れニャル子さん・・・どうしてああなった・・・
あはは(´▽`*)アハハ
あたしもそう思います☆
でもあれはあれでたくさんの人がクトゥルー神話に興味を持つきっかけになってくれたので、あたしは良しと思っていますよ♪

2 ■無題

忘れてならないのは、

中世ヨーロッパ各地に存在した魔女の間で

サバトを行う際の重要人物である

「黒い男」として、ナイアーラトテップが

存在したという事です。

魔女と「黒の男」との関係は、

ラヴクラフト作品「魔女の家の夢」で

描写されております。

1 ■無題

ニャル様は状況や四季に応じて外見 形を変えるためこれと言った対処法がなく(彼)や(彼女)
と言った言い方ができ無いんですよね。
人間と交流することを娯楽にしている為か結構人間に迷惑を掛ける邪神なんですよね、まあクトグァやハスターを呼ぶのが(ニャル様を撃退することを最優先して)得策なんですがね。
這い寄れニャル子さん・・・どうしてああなった・・・

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。