2012-10-10 19:14:41

ロズウェル事件 その1

テーマ:シュンの宇宙の不思議
1947年7月2日のことです。
アメリカでは一般に『サンダーストーム』と呼ばれる雷を伴った嵐の夜に、
ニューメキシコ州の小さな街ロズウェルで、
金物商を営むウィルモット夫妻が光る飛行物体を目撃しました。
また同時刻には、ロズウェルの北にある大農場で働いていたウィリアム・ブレーゼルも、
激しい爆発音を耳にしています。

この時の時間はおよそ21時50分頃。
飛行物体は2枚の皿を裏返して貼り付けたような形をしていて、内部が燃えるように光り、
それは北西の方向に猛スピードで飛んでいったそうです。

どうやら光る飛行物体はブレーゼルの農場の上で雷の直撃を受けた様子で、
この飛行物体の落下が、今も解明出来ないミステリーの入口になっていきます。

翌日3日の朝。ブレーゼルは昨夜の爆発音の正体を確かめに行ったところ、
何かの破片が数百メートル四方に散乱してるのを発見し、
彼はその破片をいくつか拾うと自分の小屋に持って帰りました。
そして5日には有名な【ケネス・アーノルド事件】の噂を聞き、
もしかしたらあの破片は大変な物ではないかと疑念を抱くようになったのです。

そこで彼は保安官のジョージ・ウィルコックスと連絡を取り、
ロズウェル陸軍航空隊に通報することにしました。
連絡を受けたのは情報部のジェシー・マーセル少佐で、
基地司令官のウィリアム・ブランチャード大尉の命令により、
マーセル少佐、ブレーゼル・その他情報部の捜査員で
落下地点の調査をすることになったのです。

落下地点に散乱する破片は大変奇妙なものでした。
一見するとバルサ材や羊皮紙に見えるそれらは、
ナイフでは切れず、炎でも燃えず、丸めてもすぐに元に戻ってしまいます。

また破片には象形文字のようなものが刻み込まれていて、
ブレーゼルはこの時これこそがUFOのものと確信したようですが、
機器類や道具の類は一切見つからなかったということでした。


その2につづく


$君のポケットに届いた手紙・神酒のブログ♪おもしろかったらクリックしてね♪ダウンダウン
ブログランキング・にほんブログ村へ





君のポケットに届いた手紙 (クトゥルー神話外伝)/小夜

¥1,050
Amazon.co.jp
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

小夜さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。