2012-10-01 19:26:17

タイムスリップ? ヴェルサイユ宮殿の怪異

テーマ:リコのトワイライト・レポート
1901年8月10日のことです。
当時オックスフォード大学聖ヒューカレッジの学寮長と学寮長代理だった
イギリスのエレノア・ジョーダンとジャーロット・モバリーは、
観光でヴェルサイユ宮殿を訪れていました。

ヴェルサイユ宮殿の敷地は大変広く、そう簡単に全てを観て回ることはできません。
そこで2人はじっくりと時間をかけて観光を続けていたのですが、
夕方の4時頃。不思議な出来事が起きました。
大トリアノン離宮に差しかかった時、2人を急なめまいが襲ったのです。

それは感覚的に気だるく、まるで自分が夢遊病にでもかかったような錯覚を憶えます。
それでも2人は負けずに小トリアノン離宮へと向かっていったのですが、
その途中で道に迷った時、奇妙な庭師に出会いました。
庭師は夏にも関わらずボロボロの衣服を着ていて、少し時代がかった印象を受けます。

そしてその後でした。
2人が辺りを見回すと、そこでとても信じられない光景を目撃したのです。

彼女たちの回りにいたのは、その全てがおよそ18世紀の宮廷衣装を身に付けた者たちでした。
まるで博物館や蝋人形館に飾られている宮廷夫人や紳士たちが闊歩し、
そこはまさに映画のようなヴェルサイユ時代の宮殿と化していたのです。
宮殿の中には、特に豪華な衣装を身に付けた、
肖像画でしか知らないはずのマリー・アントワネットとおぼしき貴婦人の姿もあり、
2人はしばらく呆然とこの光景を眺めていました。

説明の出来ない現象に遭遇した2人は、すぐにヴェルサイユ宮殿の正面門に向かいました。
不思議なことに、先程の宮廷から離れる毎に、奇妙な不安感は薄れていきます。
しかし反面疲労感が大きく増していき、
2人はやっと見つけたカフェに立ち寄ると、そこでようやく一息ついたということです。

この2人の体験は、1911年に出版された際に大きな話題に上りました。
2人が権威ある大学の学寮長だったことが、その信憑性を増したのでしょう。

タイムスリップしたのか、それとも宮廷の亡霊が現れたのか?
どちらにしても、貴重な体験ですよね☆

$君のポケットに届いた手紙・神酒のブログ♪
おもしろかったらクリックしてね♪ダウンダウン
ブログランキング・にほんブログ村へ





君のポケットに届いた手紙 (クトゥルー神話外伝)/小夜

¥1,050
Amazon.co.jp
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

小夜さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

2 ■Re:無題

>をじさんさん
今だとドッキリ番組的なものも考えたりするけど、お話からだとそんな感じも無いですよね。
クトゥルーの【星辰】と同じで、稀にそういうことが起きる環境が整ってしまうことがあるのでしょうね。

1 ■無題

一人の人間がこうした異常体験をしても

錯覚の類として済まされてしまうでしょうが

二人の人間が同時に体験したというのは

注目すべき点に思われます。

現代の科学では、

集団催眠というものは存在しないとされているので、

複数の人が同じ幻覚に陥るのは

困難だと判断されるでしょう。

何かしらの、人知を超えた状況に

遭遇したと考える方が正しい気がします。

二人して口裏を合わせた悪戯でないかぎり…

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。