2012-07-14 11:20:54

深きもの・インスマスに棲むディープワン

テーマ:クトゥルー
クトゥルー神話の中でも最も良く知られる、クトゥルーの眷属。
マサチューセッツ衆の荒廃した港街に棲む呪われた種族。
それが深きものどもです。

彼らは「ディープワン」とも「インスマス人」とも呼ばれ、
生まれた時こそ容姿は普通の人間と変わりありませんが、
やがて成長するに従い両眼が離れ、額が突き出し、口が平たくなります。
それはあたかも魚かカエルのようで、これはかつてインスマスの船長
オーベッド・マーシュがポリネシアのある島で魔人の子孫と交配し、
その血が広がり生まれたものと考えられています。

深きものは寿命が無く、他殺や事故以外では死に至ることはありません。
毎夜人目のつかない海では半魚人の姿になり、悠々と海を泳ぎ回ります。

この姿が特に見られるのはインスマスの「悪魔の暗礁」と呼ばれる海域でしたが、
インスマスが1928年に政府の攻撃を受けた後、マサチューセッツ沖のイハ・ンスレイや
コーンウォール近くのアフ・ヨーラ、北海のグル・ホーなどで見かけられるようになりました。

インスマスに棲む深きものは人間との交配種で、そのオリジナルの起源は古いです。
彼らは太古にクトゥルーの配下として地球に降り立ち、
その尖兵として他種族と戦いました。

世界に知られる人魚伝説にも彼らの影響は大きいようで、
半魚人から深きもののイメージが生まれたのでは無く、むしろその逆のような気さえします。

深きものはそのほとんどがダゴンやハイドラを信仰していますが、
それは指導者として崇めているだけだと唱える人もいます。

深きものの本当の信仰の対象は、やはり『クトゥルー』なのでしょう。

だから彼らの真の姿を見たいのなら、ルルイエに行くのが一番ですね。



$君のポケットに届いた手紙・神酒のブログ♪
読んでいただいている方々へ。
クリッククリック!↓ドキドキ

にほんブログ村 小説ブログ 少女小説へ
にほんブログ村 小説ブログ ホラー・怪奇小説へ



君のポケットに届いた手紙 (クトゥルー神話外伝)/小夜

¥1,050
Amazon.co.jp

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

小夜さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

2 ■Re:オスカルでございます。

>macineさん
ありますよ~☆
よろしかったらこちらでド~ゾ♪
http://ameblo.jp/call-of-cthulhu/entry-10474485263.html#main
http://ameblo.jp/call-of-cthulhu/entry-10475166206.html#main
http://ameblo.jp/call-of-cthulhu/entry-10475993287.html#main
http://ameblo.jp/call-of-cthulhu/entry-10476836983.html#main

1 ■オスカルでございます。

こちらのサイトでは、まだ『ダンフィッチの怪』を拝見したことがないような気もするのですが、気のせいかも知れません。
創元推理文庫は、名状しがたい無定形の読みにくさがありましたが、『ダンフィッチの怪』はすらすら読めました。

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。