2012-06-17 09:45:07

実在した狂気山脈?

テーマ:クトゥルー
1958年に行われた第3次ソビエト南極探検の際、ある奇妙な報告がありました。
地震波の計測の結果、南極の氷河の下に山脈らしきものの存在を疑うデータがあったのです。
そこでそのデータをもとに、1974年にスコット極地調査機関、アメリカ国立科学財団、
デンマーク工業大学の合同チームが調査を進めたところ、
レーダー観測により山脈の存在が正式に確認されました。

しかしこの時の調査では山脈の範囲が広すぎるため、全体の把握には至らなかったそうです。

そこでさらに2007年から2009年にかけてのAGAP計画によりアメリカ、イギリス、イタリア、
オーストラリア、カナダ、中国、ドイツ、日本、フランス、ロシアのスタッフによる
合同チームの調査の結果、2009年1月25日に観測結果が出されました。

山脈は『ガンブルツェフ』と名付けられ、大きさはほぼアルプス山脈程度。
非常に起伏が激しく、2億5000万年程前に形成されたものだということが判ったのです。

ガンブルツェフ山脈は地下にあるために、地上の山々のように雨風に侵食はされません。
だから峰や谷の角度はとても鋭利で、その景観は禍々しさすら感じられるそうで、
まさに『狂気山脈』のモデルにピッタリ?
もしCGで表せるなら、きっとその雰囲気を味わえたでしょうね。

また、つい先日の2012年2月5日にはロシアの調査チームが南極の地底湖に到着し、
貴重な生命のサンプルを採取出来る可能性を示唆していました。

『古のもの』の存在は、もしかしたら・・・なんて思っちゃいませんか?

$君のポケットに届いた手紙・神酒のブログ♪
読んでいただいている方々へ。
クリッククリック!↓ドキドキ

にほんブログ村 小説ブログ 少女小説へ
にほんブログ村 小説ブログ ホラー・怪奇小説へ



君のポケットに届いた手紙 (クトゥルー神話外伝)/小夜

¥1,050
Amazon.co.jp

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

小夜さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

2 ■Re:リアル狂気山脈ですね!

>えりさん
いや~やっぱり居て欲しいですよ(=⌒▽⌒=)
こんな記事を見ると、ラブクラフトもどこか未来を予言していたのかもと思ってしまいます。
著名な作家さんや漫画家さんて、こういう偶然の符号を持つ方が多いですよね☆

1 ■リアル狂気山脈ですね!

ここに古のものがいたのではないか…と妄想をしてしまいますね。
原始的な、ショゴスみたいなのがいてほしいです。
…いや、いないほうがいいのかも…。
想像が膨らみますね。

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。