2012-05-17 21:20:00

旧支配者の象徴『クトゥルー』 その1

テーマ:クトゥルー
あたし今までクトゥルー神話の解説いろいろやってきたけど、
肝心のクトゥルーの解説ってしたかな?

皆さんご存知の通り、クトゥルーは海に眠る旧支配者で、
数多くのクトゥルー神話愛好者の核とも言える神格です。

南太平洋の南緯47度9分・西経126度43分付近。
ポナペ島の近くに遥か太古に沈んだ海底都市『ルルイエ』に、
今もクトゥルーは仮死状態で眠っているとされていて、
いつか星辰と呼ばれる空の星が特別な配置についた時にクトゥルーは再び目覚め、
宇宙の覇権を握ると言い伝えられています。

先日グスタフ・ヨハンセンの解説をした際に、
彼が浮上したルルイエに上陸しクトゥルーに遭遇したことを書きましたが、
実はこの日に世界中の自殺率が格段に跳ね上がり、
特に心理学者や芸術家などのインスピレーションに深く関わる人間が
悪夢に悩まされたという調査結果がありました。

つまりこれもまたクトゥルーがただの怪獣の類では無くて、
『邪神』と呼ばれる理由の一つです。
クトゥルーの存在は精神にも大きく侵食し、人間を破滅に導きます。
クトゥルーが寝返りをうつだけで世界が滅ぶと言われるのも間違いでは無いのかも知れません。

クトゥルーの容姿は一般的には巨大なコウモリの羽とタコの頭、
鋭い鉤爪を持つ二足歩行のものとされていますが、実際には狂気に満ちおぞましく歪んでいて、
その姿を見た者は高い確率で発狂してしまいます。
しかしこの表現が本当に正しいのか、またはこの姿が仮のものなのかもよく判りません。

ただグスタフ・ヨハンセンがルルイエに上陸した時、
クトゥルーの姿をまともに見て発狂死した船員が多くいたのは事実のようです。


$君のポケットに届いた手紙・神酒のブログ♪
読んでいただいている方々へ。
クリッククリック!↓ドキドキ

にほんブログ村 小説ブログ 少女小説へ
にほんブログ村 小説ブログ ホラー・怪奇小説へ



君のポケットに届いた手紙 (クトゥルー神話外伝)/小夜

¥1,050
Amazon.co.jp



いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

小夜さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

2 ■Re:一番有名ですよね

>えりさん
コメントありがとうございます♪
やっぱりなんと言っても大御所ですよね~♪

おそろしくて強いほどに魅力を感じます。
やっぱり人類滅亡の原因はクトゥルーであってほしいですね。
それなら未練はありません(≡^∇^≡)

1 ■一番有名ですよね

なんたってクトゥルー神話ですから!

そはとこしえに横たわる死者ではあらねど
怪奇なる永劫ののちに死すら終焉をむかえん

でしたっけ。
すごく興味を引かれた言葉でした。
人の精神に介入できるらしいですが、その悪夢をちょっと見てみたかったりします。
いあ・いあ・クトゥルー♪

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。