2012-01-04 17:38:54

ネクロノミコンの著者アブドゥル・アルハザード

テーマ:クトゥルー
最も有名な魔道書ネクロノミコンの著者と言えば、もちろんアブドゥル・アルハザードです。
他にもアル・アズラッドとかアル・アジフとか読み方がいろいろあるようですが、
まずはアブドゥル・アルハザードで進めていきます。

アルハザードはイエメンの詩人で、元羊飼いということになっていますが、
その生涯のうちの前半部分は謎に包まれています。
彼は中東やアフリカ方面を多く旅をしていて、その途中で魔術師ヤクトゥーブに出逢いました。
ヤクトゥーブは彼に様々な修行を施し、その弟子たちと共にアイレムなどに赴きますが、
その途中で奇妙な事故が重なり、弟子たちは命を落としてしまいます。

そしてその後に幻だった無名都市を発見し、短期間ですがそこに滞在。
ネクロノミコンの中心となる知識を手に入れます。

その後にもアレキサンドリアやダマスカスなどを訪れますが、
ガラリヤ湖のコラジンへの巡礼の際にトランス状態に陥り、
この時にネクロノミコンの原型になる論文『キタブ・アル・アジフ』を書き上げるのです。

アルハザードのトランス状態は実に8年間も続き、
この間に彼は異次元の向こう側とも思える多くの幻覚を目にしますが、
これもまた『キタブ・アル・アジフ』の完成のための大きな要因になりました。

そしてこの論文をテオドラス・フィレタスがギリシャ語に翻訳した時に、
遂に「ネクロノミコン」という名前が付けられたのです。

12世紀のアルハザードの伝承作家イブン・カリカンによると、
アルハザードはダマスカスの市場で、
白昼に公衆の面前で不可視の怪物にむさぼり喰われたとされています。
でも一部では彼は無名都市に連れ去られたと主張する人もいて、
もしかしたらいつか、ネクロノミコンに新しい章が加わるかも知れません。

ちなみにアブドゥル・アルハザードというのはアラブ人っぽい名前ですが、
彼はもちろんそうではありません。

なぜアラブ人の名前になったのか?
というのは、諸説ありますが、とりあえず省略しときますね☆

$君のポケットに届いた手紙・神酒のブログ♪
読んでいただいている方々へ。
今年最初のクトゥルークリック!↓ドキドキ

にほんブログ村 小説ブログ 少女小説へ
にほんブログ村 小説ブログ ホラー・怪奇小説へ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

小夜さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。