2011-12-16 21:00:35

ラーン=テゴス 蝋人形館の恐怖

テーマ:クトゥルー
ラーン=テゴスは、北極に住み着いた旧支配者です。
(けっこう至る所にいるね)

北極には他にもノフ=ケーという怪物がいることで知られていますが、
この2種が同じものなのかどうかは判りません。

ラーン=テゴスは300万年前に冥王星ユゴスから地球に飛来し、
当時の原始人を信者にして、その生贄によって活動を続けていました。
しかし現在は信仰が失われているため、冬眠していると思われます。

20世紀初頭に、蝋人形館の館長がノアタック川の探検を行なった際に、
ラーン=テゴスの棲む都市の発見に至りました。

彼はそこで巨大な象牙の玉座に鎮座するラーン=テゴスの像を見つけ、ロンドンに持ち帰りましたが、
探検に関わった館長が失踪するという悲劇が起きています。

その後この像はオンタリオ美術館に移され、アレウト族の彫像として脚光を浴びましたが、
結局偽物扱いされ、そのまま彫像は行方不明となってしまいました。

ラーン=テゴスの容姿は、丸い胴体にハサミ状の6本の足。丸い頭部と魚のような3つの眼。
鼻は長く体毛のような無数の触手があるとされていて、
クトゥルー神話の中でも特に奇妙な姿をしています。

ラーン=テゴスがいなくなると旧支配者の復活が妨げられるという噂があるそうですが、
いったいどういう位置付けの神格なんでしょうね?

$君のポケットに届いた手紙・神酒のブログ♪
読んでいただいている方々へ。
クリックしないと蝋人形にするぞ~↓ドキドキ

にほんブログ村 小説ブログ 少女小説へ
にほんブログ村 小説ブログ ホラー・怪奇小説へ

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

小夜さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

2 ■Re:「博物館の恐怖」でしたっけ

>えりさん
いつもコメントありがとうございます♪
はい、「博物館の恐怖」からの抜粋です。

ノフ=ケーのことはあまり調べられなかったんだけど、名前からしても毛だらけモフモフって感じですよね☆

でも復活の妨げみたいな存在のラーン=テゴスですけど、あたしのイメージだと、そんなに重要な鍵を握ってるって雰囲気でもないんですけどね~。

1 ■「博物館の恐怖」でしたっけ

本でラーン=テゴスの姿を見たことがありますが…こんな彫像があったら近づきません!
面白い姿をしていますよね~♪

あまり需要でないグレート・オールド・ワンらしいですが…いなくなると旧支配者が復活できないとあれば、ヤツさえいなくなれば地球は安泰…!!

ノフ=ケーとの関連も気になりますね。
ノフ=ケーはモフモフしてみたい種族です♪

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。