2011-11-24 20:12:24

名作解説 『インスマスを覆う影』 4/4

テーマ:クトゥルー
ギルマンハウスでの一泊を余儀なくされたロバートは、
深夜に不意にした大きな物音に気付き、客室のベッドから飛び起きました。
誰かが彼の部屋の扉をこじ開けようとしているようで、部屋の外からは大勢の人の声がします。
その正体はインスマスの住人たちで、どうやら彼に危害を加えようとしているようです。
身の危険を感じたロバートは命からがらギルマンハウスを抜け出すと、深夜のインスマスへと飛び出していきました。
全ての住人が彼を狙っているらしく、どこまでもロバートを追いかけてきます。
しかしその逃避行の中、彼は月明かりの下で恐ろしい光景を目撃しました。

街の中に溢れる半魚人の群れ。
やはり彼らの正体は、南海の魔神ダゴンや旧支配者クトゥルーの眷属であり、
人間を闇に追い込む脅威の存在『深きもの』たちだったのでした。

この後、ロバートは気を失いながらも、なんとかインスマスを脱出します。
しかしそれから数カ月後、彼はある隠された事実に気が付くことになりました。

不思議に湧きあがるインスマスへの望郷の念、そして次第に変わり始めたロバートの容姿。
彼が鏡を覗きこむと、そこにはすっかり『インスマス面』になってしまった自分がいます。

実は彼の祖先にもマーシュ家に血が流れていて、ロバートもまた『深きもの』の1人だったのです。

ギルマンハウスに現れた大勢のインスマスの住人は、ロバートを襲おうとしていたのではなく、
実は彼を迎え入れるために大挙していたのだということをロバートは理解したのでした。

その後、ロバートは別れする告げず姿を消してしまいます。
おそらく『深きもの』としての自分に目覚めた後に、
クトゥルーの眠る海底都市・ルルイエへと旅立ったのでしょう・・・。


end



$君のポケットに届いた手紙・神酒のブログ♪

読んでいただいている方々へ。
クリックしてインスマスへご招待↓ドキドキ

にほんブログ村 小説ブログ 少女小説へ
にほんブログ村 小説ブログ ホラー・怪奇小説へ


いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

小夜さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

4 ■Re:ラストが衝撃でしたね

>えりさん
これと「クトゥルーの呼び声」は、絶対に押さえておかなければならない作品ですよね☆
彼らの意識といえばいいか考え方って、おそらく永遠に理解はできないと思うけど、でもそれもこの作品の魅力の一つです。
単なる半魚人で終わらせないところがすごいと思いました。

3 ■Re:学研の

>ひろさん
読んでないです!
ぜひと思ってるんですけど、なかなか時間がさ~!

2 ■ラストが衝撃でしたね

インスマスの住人もドアをこじあけようとしたり、対応が悪かったですよね。
せめてわけを話してくだされい。
と、ロバート側に立ってみて思いました。
いや、話せばわかる問題ではないからでしょうかヽ(;´ω`)ノ

小説のラストの文章が衝撃的で、
そうか、幸せの形も色々だものね…
と、ずれた感想を持った覚えがあります。

これを読んでクトゥルー神話にはまりました≧(´▽`)≦

1 ■学研の

「インスマス年代記」は読まれました? あれも面白かったですよ。

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。