2010-06-09 19:56:00

ネコの街 『ウルタール』

テーマ:クトゥルー
ウルタールは、ドリームランドの中にある小さな街の一つです。
「深き眠りへの700段の階段」を下り、魔法の森からスカイ河へ抜けた後に平原を目指すと、
ウルタールの目印となる美しい橋があり、それを渡ればウルタールにたどり着きます。
玉石敷きの通りがあり、尖り屋根の家や豊かな農場が広がり、
神官アタルが住む美しい神殿が特徴のこの街には、実は他とは違った大きな法律があります。
それは『ネコを粗末に扱わない』ということ。
200年前にネコを大量に殺した夫婦が、ネコ好きの隊商の少年に呪い殺されたという言い伝えから、
この法律が制定されたということです。
ちなみにここの神殿で信仰されている神は、バテストと呼ばれる猫神のようです。

ウルタールには世界各地の様々な種類のネコが住みついていて、
至る場所でネコの集会が開かれ、人間とは別に彼ら独自の社会を形成しています。
ネコ特有の言語を用いていますが、ネコ語を話せる人間も少数存在しているので、
見た目こそ中世の街並みのようですが、お互いの敬意を払って共存しています。
もちろんネコたちは人間の言葉を理解しています。

ネコたちは大変律儀で、仲間を大切にします。
以前にドリームランドのズーグという種族が人質(あ!ネコ質だ!)を捕え、ネコたちの社会に戦争を仕掛けようとしました。
しかしそれを知ったネコたちは、ネコ老将軍(ナイス!)の指揮のもと、
森を覆うほどのネコの大軍を率いてズール族を打ち負かしたことがあり、彼らも立派に一大勢力として扱われています。
(これ、本当にクトゥルー神話?)

しかし、小説の中では緊迫した雰囲気で書かれていましたが、
実際にはニャンニャンニャンニャンニャンニャンニャンニャン・・・・・・・
まあかわいらしい行進だったんでしょうね~。

ティムやアルマちゃんやキャンディちゃんの知り合いも、なんだかこの街には住んでいそうです。
(内輪ネタ)

$君のポケットに届いた手紙・神酒のブログ♪

にほんブログ村 小説ブログ 少女小説へ
にほんブログ村 小説ブログ ホラー・怪奇小説へ

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

小夜さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

6 ■Re:無題

>闇の仕置人勝部明さん
詳しく読んでみると、あまりのネコの数の多さに、敵は戦わないで戦意喪失したみたいでした☆
なんだか気持ちは判るような気がしますね♪

5 ■無題

猫の攻撃となると、高所からの奇襲攻撃を連想させられる(それも夜間の)。

4 ■Re:無題

>ひえんさん

ネコの街ってメルヘンだよね~。
ちょっとクトゥルーには場違いなぐらいにね☆

あたしは今、君ポケの続編書いてるよ~。
ちょっと長編ぽくなってるので、完成までもう少し時間がかかりそう。

最近ebookは本当に人が少ないよね。

3 ■無題

猫の町とかいいねー
妄想にふけりたい設定www
あ、りささんスランプなのね。
私は設定が弱くて(妄想が膨らまなくて)話が書けてない・・・。
小夜さんは最近書いてる??

2 ■Re:無題

>リサまん。さん

は~い、内輪ネタで使わせていただきました!

なんだかほのぼのとした街だよね。
これから小説書く時使いたいな~と思っちゃった♪

1 ■無題

おおーここでキャンディ登場なのね^^ティムちゃんとアルマちゃんと一緒~嬉しい。
…というか、あれの続き書けてないよー。

このネコの街、行ってみたいなぁ。しかもネコと話せるのか。良いなぁ。ネコに包まれてのんびりしたいなぁ。妄想~♪
ニャンニャンニャンニャン…って、笑ったよ~。

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。