2010-05-27 21:26:22

クン・ヤンの3つの領域

テーマ:クトゥルー
地下都市クンヤンの中にある、青いオーロラに照らされた中枢都市ツァス。
そこには、たくさんのクンヤン人が住んでいます。
文化形態は失われたアトランティスやレムリアなどの文明が引き継がれたもので、
高いレベルの技術や芸術を保有していました。
ツァスの中にはコロセウムがあり、そこでは剣闘士や地下特有の奇妙な生物の戦いが行われていました。

赤く輝く遺跡の街ヨスには、古代都市が眠っています。
かつてレムリア大陸のヴァルーシア帝国で繁栄を極めた蛇人間が元々の主で、
彼らは独自の科学と文化をそこで発展させていましたが、
信仰する神の違いから2派に分裂し、(蛇神イグ派とツァトゥグァ派)
その争いからさらに蛇人間の衰退は進みました。
分裂した原因は、蛇人間が偶然ツァトゥグァの偶像を発見してしまったからだそうで、
それまでの信仰の対象だった蛇神イグは、改宗してしまった蛇人間たちに呪いをかけましたが、
ツァトゥグァ派の台頭を止めることはできなかったようです。
そして呪いを受けた蛇人間たちは四肢と知性を奪われ、
僅かなイグ信仰の蛇人間たちはハイパーボリア大陸のヴーアミタドレス山へ移り住むことになります。

暗黒世界ンカイは、常識ある者は決して足を踏み入れてはいけない場所です。
位置的にはヨスのさらに深い地下、あるいはヴーアミタドレス山の地下にあるとされていて、
そこはどうやら旧支配者の一員であるツァトゥグァが支配する世界のようです。
ツァトゥグァの解説はこちら
かつてヨスの住人がンカイを探検した時に、彼らは『無形の落とし子』と呼ばれるツァトゥグァの従者を発見しました。
(『無形の落とし子』は、黒いタール状の生物です)
しかしこの探険は死と隣り合わせの危険な旅だったようで、何人もの蛇人間たちが命を落とし、
生き残った僅かな者たちが、ンカイへの入り口を封鎖したそうです。
この時に発見されたヒキガエルの偶像がツァトゥグァを表すもので、おそらくンカイの奥にはツァトゥグァの神殿があり、
そこにはヒキガエルに似た邪神が巨大な体を横たえて眠っているのではと想像します。


$君のポケットに届いた手紙・神酒のブログ♪

にほんブログ村 小説ブログ 少女小説へ
にほんブログ村 小説ブログ ホラー・怪奇小説へ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

小夜さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。