2010-05-10 21:38:01

失われたレムリア大陸

テーマ:クトゥルー
レムリア大陸は、ムーやアトランティス同様に大昔に海底に沈んだと言われる幻の大陸です。
クトゥルー神話の中にも度々登場するこの大陸は、物語オリジナルの産物では無く、
『実在したのでは?』と昔から囁かれているものの1つです。

19世紀半ばにイギリスの動物学者フィリップ・スクレーターが、
キツネザルの一種であるレムールの分布地域について調査したところ、
違う大陸であるはずのスリランカとインドに渡り共通に生息していたことから、
この2つの国の間に、もう1つの幻の大陸があったのではと考え提唱したものです。
(ムー大陸と同一視する説も多いようです)

二畳紀。
かつて、こちらも幻の大陸と呼ばれるハイパーボリア大陸には、
【ハイパーボリア大陸の解説はこちら】
2足歩行ができ、高度な文明を持つに至った爬虫類を祖先に持つ種族が住んでいました。
一般に『蛇人間』と呼ばれるこの種族は、ハイパーボリア大陸が氷河期に突入した際に、
その急激な気候の変動を逃れるために、50万年前にレムリア大陸に移ったと言われています。

しかし、やがて台頭してきた人間たちとの戦争に敗れ、蛇人間は姿を消しました。
そしてレムリアでは人間同士の争いごとが繰り返されます。
レムリアには9つの王朝が建国され、それぞれが覇権を争い、
ゾンガーと呼ばれる蛮族が建国した『太陽の黄金帝国』に統一されるまで続いたそうです。
その後の地殻変動により、約12000年前のハイボリア期にはレムリア大陸は消え去ってしまったということらしいですね。
(ハイボリア期という言葉自体が架空らしいですけど)

ちなみにレムリアから避難した人間はどこかに生き残っていて、
その人たちが使ったレムリアの言語が、現在のサンスクリット語の原型になったという説があります。


※ハイパーボリア大陸とレムリア大陸については、作品により海に沈んだ時代にずれがあるようです。
 どちらが先に滅亡したかは、はっきりとは判りません。


$君のポケットに届いた手紙・神酒のブログ♪

にほんブログ村 小説ブログ 少女小説へ
にほんブログ村 小説ブログ ホラー・怪奇小説へ

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

小夜さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

2 ■Re:無題

>リサまん。さん
今日書いた記事の中に「ハイボリア期」ってあるけど、これって剣と魔法が中心のファンタジー世界の時代を表すみたいです。
コナン・ザ・グレートという映画で使われてから、一般に広まっていったらしいですよ。

1 ■無題

異種による戦乱。RPGだ~。
この記事の中に、幾つものファンタジー小説が
潜んでいそうだよね!
想像するの楽しい。

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。