2010-04-19 20:27:55

ピリ・レイスの地図

テーマ:リコのトワイライト・レポート
1929年の出来事です。
現在のイスタンブールであるコンスタンチノーブルのトプカプ宮殿から、1枚の古びた地図が発見されました。
埃を被ったその古地図は、当時は大した価値のあるものとは思われていませんでしたが、
たまたまこの地図に興味を持ったアメリカの研究家アーリントン・マレリーが分析を試みたところ、
そこから信じられないような事実が浮かび上がってきました。

この通称ピリ・レイスの地図が製作されたのは1513年です。
地図の制作者は16世紀の海軍提督ピリ・レイス(本名ピリ・イブン・ハジ・メムド。レイスは提督の意)という人物ですが、
1513年と言えばコロンブスがアメリカ大陸を発見して間もない頃です。
しかし不思議なことに、当時まだ十分に探索されていなかった中南米を中心とした地域が、
ピリ・レイスの地図には正確に描かれていたのでした。

特筆すべきことは南極に関する描写で、実際に南極大陸が発見されたのは1818年のこと。
しかし地図にはすでに南極大陸北部の海岸線が描かれていて、しかもそれはエジプトはカイロからの航空写真とほぼ一致していています。
NASAの分析によると、これは高度26000キロの衛星写真と正確に符号するそうで、
しかもまだ南極に氷が無かった紀元前1万3000年から紀元前4000年の間の地形により酷似しています。
ピリ・レイスは、いったいどうやってこの地図を描いたのでしょうか?

実はこの地図は、どうやらピリ・レイス自身も元々存在した別の地図からコピーした物のようで、
その原本があった場所は、紀元前300年頃にエジプトに存在したアレクサンドリア図書館と言われています。
単純に計算してみると、原本が製作された時期は先史時代まで遡ってしまいます。

アレクサンドリア図書館は、人間の歴史の中で最大最高の図書館だったと言われています。
もちろんそれは現存していませんが、ここにはたくさんのレベルが非常に高い知識が埋もれていたようです。

このピリ・レイスの地図のようなオーパーツの存在を深く知ると、
超古代文明は本当に存在したのかな~?・・なんて信じたくなっちゃいますよね。

$君のポケットに届いた手紙・神酒のブログ♪

にほんブログ村 小説ブログ 少女小説へ
にほんブログ村 小説ブログ ホラー・怪奇小説へ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

小夜さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。