2010-04-18 20:01:57

邪神からの護身術集 『セラエノ断章』

テーマ:クトゥルー
かつてセラエノを訪れたラバン・シュリュズベリイ博士が、クトゥルーの人間への脅威を退けるため、
セラエノ大図書館の究極の知識を集めた資料集。
それが『セラエノ断章』です。
シュリュズベリイ博士は1915年に失踪する前に、このセラエノ断章をミスカトニック大学に保管しました。
彼が再び地球に戻ったのが1935年で、この時彼は全く以前と変わらない姿で現れました。
この後シュリュズベリイ博士は、再びクトゥルーの脅威から逃れるために姿を消しますが、
この時もどうやら彼は、セラエノに戻っていったようですね。

セラエノ断章は約50ページほどの書物で、
これは元々シュリュズベリイ博士が記した記録を、ボストンのアサフ・ギルマン教授が複写したもので、
セラエノ断章のオリジナルは、書物としての形では無かったと言われています。
ちなみに資料持ち出し厳禁のセラエノ大図書館から、彼は断章の一部が記載された石片を持ちだしていたようで、
これは後にミスカトニック大学でエイモス・タトルにより写しが発見されています。
(この石片がオリジナルらしいですね。)

断章の起源は少なくとも三畳紀中期にまで遡り、
炎を司る旧支配者クトゥグァの召喚方法、神秘の黄金の蜂蜜酒の製造方法、旧き印についてなど、
邪神から身を護る護身のための知識が多く記されていたようです。
シュリュズベリイ博士はクトゥルーから身を護るため、ハスターの力を借りる方法を考案していたらしいですよ。

セラエノ断章は現在もミスカトニック大学の図書館に保管されていますが、
その書庫には厳重に鍵がかけられ、誰の目にも触れることができないようにされています。

セラエノの究極の知識が集められた資料ですから、やっぱりそれなりに危険だと見なされたんでしょうね。

$君のポケットに届いた手紙・神酒のブログ♪

にほんブログ村 小説ブログ 少女小説へ
にほんブログ村 小説ブログ ホラー・怪奇小説へ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

小夜さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。